ここから本文です

書庫×真暗闇日報×

ただの日報です・・・

編集作業をしてるため
書き込み日時が前後してる場合があります
記事検索
検索

全252ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2018総括

2018総括

バービーボーイズ版今日は何の日
これのおかげで1年がとびきり早かった

イマサとエンリケのライヴ
あいかわらず素晴らしかった

東京ドーム公演30周年
映画館の最前列はちょっと観にくかった
1988年にタイムスリップできたが
甲子園参加者としては複雑でもある
でもその数倍嬉しかった
そして、
甲子園に参加できたこと改めて嬉しく思う

Blu-rayとDVD
当時ビデオの価格が高めで
まぁ色々と大人の事情があるんだろうけど
どうせならあと2、3曲入れといてほしかったな、と
ふしだら、あたりが、あのビデオに入っていたなら
もしかしたら
バービーボーイズの捉えられ方が違ってたかも・・・
文句ぢゃないですよ

チッタ
やっぱり不思議なセトリだなぁ
ここに、KONTAの曲が1つもないとこで
バービーへのリスペクトがあるのはわかる
しかしここでそういう感情が出ることに
とても違和感がある
終り始まったと思ったのは、
そういった背景から・・・

カバフェス
番組のことは置いといて
とりあえず振り返るならば、
イマサやKONTAの
まぁこりゃ再結集ないだろうな発言から
幾度も大逆転してきた過去があるように
バービーの誰が何を言おうが
気にしてない、というか、
気にしてたらやってられない

引き続き傍観モード継続

タイチョーが心配です

2016総括

残暑の頃に行ったオーバーホールが
来年の春頃には結果として出たらいいね

といった年末で
後半のライヴには不参加でしたが

『桜華に舞え』にあった
「死して何を残すか」
「新しい時代の礎となる、肥しとなる」
このあたりを
解散であったり、退団であったりといったこととリンクさせて
遊んでます

それでは

20150115-1231 2015総括

こんばんは

とりいそぎ総括を・・・

2015年は
バービーボーイズ
デビュー31年目で
こういう1984年からの計算をするたびに
自分の年齢を感じて
吐き気がするわけだけど
運命の1st アルバム
『1st OPTION』が
同日の2.25に再リリースされたのは
かなり感慨深いモノがあったね

でもそのキッカケは
渋谷公会堂の音源だろうし
そっちはそっちで
すっげーなーって思うわけだけど
自分の記憶を証明するようなことがあったり
記憶と違う部分があったりで
どっちかといえば複雑な感じだった

杏たんそんなにしゃべらなかったから
ずーっと怖いイメージだったのかなぁとか・・・

こんなフレーズあったっけとか・・・

もちろん、
メンバーが最高だと豪語していたbodyだったり
また映像観たいなという気持ちはあるけど
やっぱりどっちかといえば
『今』だし
こんだけ過去のことほじくる自分がいうのもなんだけど

・・・以上のことをふまえて、で、今は???

といったことが根底にあったりするので
自分としては
バービーボーイズの最高のパフォーマンスは
2010年の武道館だと思うね、やっぱり

だから
再結集がないとかあるとかは、
その“以上のことを踏まえて”の部分であり
キッカケ1つだという気持ちは変わらない

KONTAのいう懐かしむ気持ちではありませんよ

で、ヒトサライもアルバム出したし
神戸チキンジョージで
そのヒトサライやキープロ観れたのも感動だし
安部OHJIのヒトサライも観れたし
数年ぶりにR・O・M・Aも観れたし
なんやかんやでライヴな1年でしたね

あーIMASAのライヴに杏たん参加もあったっけ
杏たんもやっぱ好きやなぁ
しかも
チャンス到来
STOP!
聴けるなんて
これ以上はもうきっとないだろうなって感じ

ヒトサライは
IMASAの集大成的な印象もあって
気持ちよく歌い手さんの横で
ギターを弾くIMASAを観てたら
わしゃいつまでもガキの気持ちに戻れるわけですわ

そりゃ『祝!!!』でしょ
って思ったところ
とても気が利く花屋さんが
イメージカラーで贈っておきますね
っていうもんで、ええ仕事するなぁ、と思った次第

他にも色々あったけど、さよなら2015
チャックムートンとヒトサライの前座をする際には
皆さん、花束をチャックに・・・

イメージ 1

2014年10月
約1年ぶりにイクノディクタスに会ってきました
 
イクノディクタスはこの時、27歳
 
昨年もそうだったように
他のお馬さんや他の牧場には目もくれずに
イクノディクタスだけに会ってきました
イクノディクタスだけです
 
しかも今年は、新冠以外には行かないという
新冠で1泊のみのホンマのイクちゃんだけのため・・・
 
それだけお世話になったのん
こうやって会いにいけるのは嬉しいなぁ
 
で、今年レンタカーを借りなかったのは
これに乗りたかったから・・・
イメージ 1
わかりにくいかな
連結してるとこ付近というマニアな部分です
 
 
降りた駅は新冠(にいかっぷ)
イメージ 3
1つ手前の駅は「ぜっぷ」ではなく「せっぷ」・・・なんかおしい
 
 
で、泊まりは新冠のレコードの湯
イメージ 2
新冠ってサラブレッドとレコードの町なのよね
イメージ 4
 
駅とホテルの間にあるレコード館は撮影できなかったけど
バービーボーイズのレコードもちゃんと保管されていましたよ
家にあるのに、こういうのって嬉しい
中古屋さんで見つけるのとは違う
 
手に持てたのは2月25日リリースの『1st OPTION』
これも縁だなぁ、ほんま
 
他のアルバムも保管リストにちゃんとありました
 
レコードってほんと存在感もあって
持ってる感もあって、いいよねー
 
 
ほいで、レコード館の展望喫茶店からの景色
イメージ 5
 
 
線路マニア的視点から、レコード館と新冠駅
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
素晴らしい
線路好きやわぁ
なんかワクワクする
 
 
ほいでもってイクノディクタス
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
この馬のおかげで
バービーボーイズのライヴに行けたり
アロハシャツ買えたり
ファンクラブの更新ができました
原付買ったのも彼女のおかげだったっけ・・・
 
イクちゃんの鼻んとこ、北海道みたいな形なんですよねぇ
とにかく長生きしてほしいです
イメージ 10
イクちゃんまたな

8月1日といえば
元関西人の自分にとっては、PLの花火大会の日
ってな認識だけど
実際は行ったことありまへん
 
花火はやっぱり三重県熊野市の熊野大花火大会だぜ
って思ってるわけでー
 
でも、そんなん関係なくて
今年の8月1日は
ほら、あの“半沢直樹もバービーボーイズも”でお馴染みの
半沢直樹シリーズの原作本の最新作
“銀翼のイカロス”の発売日でした
 
ドラクエとかルービックキューブばりに
並んで買ってきましたよ
 
下町ロケットも面白かったし
ドラマは三上博史だし
七つの会議もアレだったし
池井戸潤贔屓だなぁ小説は・・・
 
でもやっぱり自分はいつまでたってもバービー贔屓なわけで
バービーにちょっとでも関係することには
とっても贔屓目で見るわけで
前回の“朱星(あかり)ちゃん”も気になるわけで
またまたバービーっぽい写真を撮ってもらった
 
今回は、朱星(あかり)の名前の由来となった
バービーボーイズの名曲
“チャンス到来”をイメージしたとか・・・
どういうことだ?って思ったら
えっとまずは・・・
聴き耳をたててる写真
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なるほど、そういうことね
 
で、うかつに動けない写真
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
よくみたらベネトンの三輪車ぢゃん
ベネトンってなんか懐かしいな
まだまだ現役ブランドってことで
カステルバジャック同様、好きになりそう
 
ほいで、手も出せない写真
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チンと座ってるのが、なんかイイ
そりゃ手も出せないわ
 
で、最後が秘密のジェスチャー
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ささっとるささっとる
というわけで、このオチのための記事でした
 
さぁて、こっちは仕事で倍返ししてくるかっ!!!

全252ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事