ここから本文です

書庫真暗闇本UNO mini

鵜呑みにしたらダメですよ
記事検索
検索

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

フェスのこと

ARABAKI不参加の人へ

参加した人は見たらダメです
絶対です
見たら嫌いになります
お互いにw

ARABAKI不参加の人で
心に余裕がある人だけ読んでくださいね
あとセトリのことも書いてます
知りたくない人もダメだね

もういっかい
ARABAKI参加した人は
見たらダーメ!!!






では、
えっとですね、
そもそもフェスってやつは、
野球でいうオールスター的なお祭りで、
見せ方が全然違うぢゃない?

だからね、
そこに乗っかれるかどうかで
もうとんでもないことになっちゃうわけ

フェスやオールスターでは、
エンタメ性が強くなると言えばいいかな
自分たちの個性をより出していく、みたいな

力と力、技と技、小細工なし、とか言うよね
小細工が武器な人は逆に小細工するだろうけどさ

だから、
「実戦」と「オールスター」の違いを知らずに、
それぞれに違う方の魅力を望んでしまうと
感想や評価が大きく変わるわけだ

ここが大事

で、
改めてセトリを見る

①勇み足サミー
②使い放題tenderness
③でも!?しょうがない
④ごめんなさい
⑤目を閉じておいでよ
⑥女ぎつねon the Run
⑦わぁい わぁい わい
⑧三日月の憂鬱
⑨負けるもんか

わかりやすいとこでいえば、
シングルが8曲
1987年以降の曲が7曲
同じようなことで
Black List未収録が7曲

もう少し細かく分けると
1st OPTION 0曲
Freebee 2曲
3rd.BREAK 0曲
Listen! 3曲
√5 1曲
eeney 2曲
他 1曲

そもそも、として、
シングルとは、
Black Listとは、というような部分で、
そこまで意識しなくて良いという意見、
それを否定はしません
正しい!!!

このセトリに不満があるという話でもない
そんなこと思うはずもない
(全然知らん人が決めたなら、ブーブー言うかもだけど)

だけど、フェス用だよねぇ、とは思うわけ

もちろんただ結果として
シングルが多めになったとかもあるだろうけど

でも
でも
でも
だってさ
デビュー前からレパートリーがそれなりにあったバービー
その中から選ばれた楽曲が1st OPTIONでしょ
そこからゼロなんだよ
面白いよねー

バービー不変のエッセンスが2曲

だからね、
「あは、おあずけくらってやんの」
くらいでいいと思いますねw

あっほんまに言わんとってね
マインドの問題っす

ついでにいうと
NHKが決まった時点で
ライヴしないわけないのよ

で、とりあえずフェス見て、
これで終わるわけがないのよ

普通にしてりゃあ
杏子のソロも
KONTAのソロも
IMASAのギターソロも
リズム隊の変拍子も
たーっぷり詰まった「次」がある
言い切る!!!

2010年武道館最高だったでしょ?
もうあれで最後でもいいって思ったくらい
すごく良かった

で、またやるってことはね
あれ以上の自信があるってことなのよ
バービーの場合は!!!
これも言い切る!!!

だから、ある!!!

フェスがダメとか言ってないからね
あれはあれ、べ〜つ〜も〜のっ

仙台と北海道で終わるわけもないし、
メンバーが完全燃焼できないだろうし、
セトリみたらまぁわかるよねー
慣らし運転だね、これは

ということで、
誤解を恐れずに言うと、
バービーボーイズの最高はこんなもんではない!!!

フェスとしての最高ではあったけど、
バービーの最高を出すには
リミッターが色々とあったからね

リミッター解除のライヴを楽しみにしましょう!!!

ちなみに2008年の時と似てるとこも多い
・シングルのギターイントロ曲がオープニング
・2曲目もダメ押しでシングル
 (今回は・ふ・た・り・ぼ・っ・ち・効果?)
・これでもか攻撃


とりあえずまぁこのへんで
続きは、真暗闇MTGで語ります

言いたいことはね
「ドンマイ」これだけっす!!!

あっでも慣らし運転にしては、良かったなぁ〜
(参加者に見たらダメって言いながらも
        見てくれるかもということで)
STARS ON SPECIAL
1988年7月26日 阪神甲子園球場
1988年8月22日 東京ドーム

甲子園球場と東京ドームの両方でライヴをしたのは
おそらくはバービーボーイズが初である

そんなバービーの東京ドーム公演の映像が
ノーカットで上映されるということで
少し書こう

セトリを知りたくない人は見たらダメ

ではそのセトリ

甲子園           東京ドーム
1 負けるもんか       1 なんだったんだ?7DAYS
2 瞳の奥でまばたくな    2 帰さない
3 MIDNIGHT CALL     3 MIDNIGHT CALL
4 もォやだ!          4 もォやだ!
5 でも!?しょうがない    5 あいさつはいつでも
6 小僧-cryin' on the beach-  6 midnight peepin'
7 プリティドール        7 小僧-cryin' on the beach-
8 タイムリミット      8 ふしだらVSよこしま
9 ラストキッス       9 タイムリミット
10 泣いたままでlisten to me  10 打ち上げ花火
11 使い放題tenderness   11 Dearわがままエイリアン
12 ごめんなさい       12 泣いたままでlisten to me
13 なんだったんだ?7DAYS   13 はちあわせのメッカ
14 ナイーヴ         14 わぁい わぁい わい
15 どんなもんだいッ     15 ごめんなさい
16 わぁい わぁい わい     16 ナイーヴ
17 離れろよ         17 C'm'on Let's go!
18 翔んでみせろ       18 離れろよ
19 ラサーラ         19 負けるもんか
E1 Dearわがままエイリアン 20 翔んでみせろ
E2 女ぎつねon theRun    21 ラサーラ
E3 チャンス到来       E1 使い放題tenderness
              E2 女ぎつねon the Run
              E3 チャンス到来

2曲多いだけでも「やっぱ東京キラーイ」ってなりそうだけど
同じツアーで1ケ月違うだけなのに
セトリを大きく変更してる
これは杏子姐さんのいうところの
(東京ドーム公演が)STARS ON SPECIAL SPECIALだから

実はこの阪神甲子園球場のセトリは
4月5日6日の代々木体育館でのセトリとほぼ同じなので
流れ的には
代々木の延長に甲子園があって
東京ドームは別格・・・みたいな
くやしいがね

でもここで一言言わしてほしい
代々木体育館の3ケ月前に
関西では
大阪府立体育館でやってるからね!!!

エンリケも
この大阪でのアリーナ公演の成功を感謝してくれてたし

府立体育館からの代々木体育館で
代々木体育館からの甲子園球場で
甲子園球場からの東京ドームって感じ

その間には
Black Listも出てるし
1988年はすごい

ドーム公演みどころとしては
1 やっぱりKONTAのMC
   東京ドームでのライヴというのをどう言うか
2 イマサのギターの持ち替え箇所
   アコギ以外はダンカンのはず
   白と黄で3本くらいか
3 オーラスの「チャンス到来」
   どんなバージョンでくるのか

封印されてる曲もあるが
『お祭り』として、必見であることは間違いない
バービーボーイズとmisato

プリンセスプリンセス再結成からみるバービーボーイズ
REBECCA再結成からみるバービーボーイズ
TM NETWORK and BARBEE BOYS

misatoが
2017年も絶好調で音楽活動してる嬉しさと
変わらぬキュートさに敬意を表して・・・

バービーボーイズとmisato

misatoは1985年デビューで
バービーボーイズと同じエピックソニー所属である

1984年デビューのバービーの1年後輩にあたるが、
どうやら今でもエピックらしい
それはすごい

2003年にあったLIVE EPIC25の出演者の中でも
現在もエピック所属っていうアーティストは
きっと多くないので、その少数派だと思う

今年も含めこれまでに60枚近くのシングルをリリース
オリジナルアルバムも19枚ほどリリースしてるらしい
これもホントすごいです

自分はえっと
さすがにMy Revolutionは知ってたけど
初買いは、ribbonで88年でした
(たぶん)

その影響は
うちの学校でダントツギターの上手かった原田クンが
misatoのファンで
オススメされたっていうのと
UCCコーヒーのCMの影響だと思います

88年の5月か6月頃に行った長野あたりへの修学旅行のバスで
misatoが流れたのは
まぁ間違いなく原田クンのリクエストでしょう
ちなみにクラスでイチバン可愛かった和子ちゃんは
キョンキョンのGOOD MORNING-CALLでしたね
あっこれ、作曲小室哲哉だわ
すご

で、misato
このribbonのアルバムジャケで
渡辺美里でも
MISATOでもなく
misatoなので
なーんか今でも
misatoと書きたくなっただけです

あと
このブログで
歌詞を載せてもOKだったころに
misatoの中から自分が載せたのは
Lovin'youでした
曲は、杏子姐さんを好きだった岡村靖幸
この曲はほんまに良いですね

脱線するわぁ、もぉ

で、
LIVE EPIC25
あれが2003年でしょ???
そこからアルバム6枚出してます
カバーとかを入れるともっとです

そしてDVDの数にもびっくり
出してますねぇ
ファンはたまりませんねぇ


そんなこんなのmisatoちゃんなのですが
まぁバービーボーイズとの関係もまぁまぁで
大辞典にも書いてるとおりに
misatoのアルバムには
エンリケとイマサが参加してます

tokyo
Oh!ダーリン Bass ENRIQUE
恋するパンクス Guitar IMASA

Lucky
ライオンドリーム Guitar solo IMASA
めまい Guitar solo IMASA
大冒険 Guitar IMASA

書いていいのか悪いのか
曲を提供する提供しないの話があったりの
そんな昔話はもう忘れてしまってて
今となっては・・・
・・・というか
もうかなり前から
なんなら90年当初から
イマサの恋するパンクスでのパフォーマンスは
最高レベルに好きだし
その参加アーティストがまた素敵だしで
misatoに悪いイメージがないわけ

しかもここ数年のセットリストを見てても
恋するパンクスを結構な確率でやってるので
もちろんギターイマサでないのは残念だけど
それでも嬉しいのでした

夏のイメージは
TUBEよりmisatoだし
青春系の歌詞なら
ほぼほぼ無敵
そこには
バービーにはあまりないノスタルジックさ

だからハマれば
どえらいキュンっと
いやズコーンっと
くるわけですよね

そんなパワフルボーカリスト
misato
それにしても
いやぁまぢでキュート!!!
バービーボーイズ『全曲同一曲アルバム』を科学する

2017年TM NETWORKが
全36曲すべて同一曲というアルバムをリリースし
とても話題になった

その曲は、Get Wild

リリースが決まったときから
これがバービーなら、と考えていたが
36バージョンとなるとなかなか難しい

我らがバービーボーイズの中で
バージョンが違うとなると
アコースティックバージョンのある曲か
イントロや間奏が違うライヴバージョン
(基本ライヴは違うが)
シングルとアルバムで○○バージョンてのも
何曲かはあるし・・・
まぁわりと大きく違うのは
暗闇でDANCEかなぁと思ってみたり・・・

でもそんな暗闇でDANCEでも
サックスありのイントロと
サックスなしのイントロの2バージョンに
大サビなしのデビュー前バージョンくらいしか
すぐには出てこないもんだ

アコースティックバージョンが闇にあるなんセブも
例えばこれが映像つきならば
なかなか種種雑多な状態で楽しいかもしれない
この曲自体
3rd.BREAK当初から異質な存在だったし
セトリでも困らせてそうだったし
なんなら好きではないメンバーがいたそうだしで
それこそ色んな絵があった
けどそれは映像あればこその部分が大きいので
今回は残念だがハズレとなりそう

だいたいそれに1st 2ndあたりからの選曲が
やはりセオリーなのかなという気もするしなぁ

というわけで
『チャンス到来』になるわけです

おいおいそんなにバージョン違いないやろ、と思うでしょうが
これ、CDとライヴの違いはもちろんのこと
ライヴでもけっこう違うんですねぇ

特にIMASAのギターは全然ちゃうし
そもそも弾いてるギターもちゃうし

というわけで、こんな感じ
①チャンス到来 シングル
②チャンス到来 85年 渋谷公会堂
③チャンス到来 85年 後楽園ホール
④チャンス到来 86年 日比谷野外音楽堂
⑤チャンス到来 86年 日本武道館
⑥チャンス到来 87年88年 on the Runツアー
⑦チャンス到来 88年 代々木体育館
⑧チャンス到来 88年 甲子園球場
⑨チャンス到来 88年 東京ドーム
⑩チャンス到来 88年89年 THE BLACK AND WHITE SHOW
⑪チャンス到来 92年 FINAL
⑫チャンス到来 03年 LIVE EPIC25
⑬チャンス到来 09年 Re:
⑭チャンス到来 10年 Bcc:
⑮チャンス到来 Black List

これらには特に映像はいらないし
逆にそんときの絵をイメージして
ギターはもちろん
声がどうとかテンポがどうとか
尖ってるとか虫歯になるほど甘いとか
うん、これはいい!!!
ご飯何杯でも食えますわ

っていうかオレ
『ききチャンス到来』かなり自信あるけどね
IMASAのリフとかですぐにわかる

ほいでもって
バービーちゃうやんって言われるので
あくまで特典として
IMASAボーカルや
IMASAと杏子のんも欲しいな、と・・・
できれば、いや絶対インストも欲しいな

うっ、本気で欲しい
Get Wildみたいにカバーは特にいりませんが・・・

というわけで
バービーボーイズ『全曲同一曲アルバム』は
『全曲チャンス到来』となるのでした

あと、アウトロIMASAギターソロ曲集もお願いします
ダメージ、ナイーヴ、ヒステリ、などなど
病気ですネ。。。

 
 
 
 
 
 
 
 
 







全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事