手術後

手術後、初めての外来診断
とりあえず、転移はなかったので、初期の癌であることが判明した。
後は、定期的に診察してもらい、様子を見るしかない。
仕事も辞めたし、今後の目標としては来年、行政書士うぃ開業できたらと思っている。



この記事に

開く コメント(0)

無事退院

今週の月曜日、胆管癌の手術(8月22日)後、手術前も含めて、2ヶ月入院していたが、無事退院することが
できた。
あとは、術後の経過と再発がないかを含めて、過ごすしかない。

この記事に

開く コメント(0)

検査結果と次の治療

木曜日の検査結果、初期の胆管癌と消化器内科で診断された。
来週火曜日、外科の診察を受診する。
そこで、次の治療が決まる。
たぶん手術であろう。
手術できるということは、初期の段階である。
これまでも、2回癌で手術しているので、手術といわれたら、迷い無く受ける。
唯一の根治手段だから。

この記事に

開く コメント(0)

検査入院の退院

本日検査のための入院は無事退院した。
今週木曜日運命の検査結果を知る診察日がある。
検査入院のなかで、ある程度まだ初期だと言われてきたが、場所が場所だけに
手術も難易度の高い手術になると想定される。
近所の町医者に毎月行っていたが、何ら精密検査を進められず、また検査もしてもらえなかった。
町医者とは何のために存在しているのか。
町医者ももっと血液検査なり、超音波なりの検査をして、素早く大病院に紹介してもらわなければ
どうしようもない。

この記事に

開く コメント(0)

癌体質

私は癌体質かもしれない。
定年後(60歳)後、腎臓癌、続いて肺がんをわずらった。いずれも初期の原発性の癌で
あったため、手術して、生き延びることができた。
今度は肺がんの定期チェックのため、CTを受けていて、昨日の検査で
胆管癌の疑いありとのことで、来週月曜日から10日、検査入院することになった。
次から次へとがんがみつかるようだ。
このブログもしばらくお休み。



この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事