徳島医療福祉労働組合

労働相談はここにメールください。秘密厳守!医療・福祉の職場の団結を!メール:danketudanketu@yahoo.co.jp

3・19中四国青年集会

3・19中四国青年集会を倉敷労働会館で開催!中四国各地から30人が結集し、職場での取り組み、労働の奪還について意見を交わし団結を固めた。


3月19日、中四国青年集会が倉敷労働会館で開かれ、30人が結集しました。司会を徳島医療福祉労組の元木委員長がつとめ、基調を動労西日本の山田書記長がおこない、「動労総連合青年部建設の課題や苦闘は、すべての青年にとって共通の課題だ。時代認識と路線で一致しよう。」と提起しました。そして、参加した各地の青年が、職場での取り組み、労働の奪還について意見を交わし、団結を固めました。徳島医療福祉労組の原書記長からは、「絶対反対で闘う春闘と連合に代わる新しい青年部運動を作ろう」と意見が出されました。そのほか討論では、「国鉄闘争は社会変革への力であり勝利への最短の道だ」などの意見が出されました。


集会後は交流会を開催し、動労西日本の大江委員長から檄がとばされました。さらに、沖縄出身で倉敷在住の唄者(うたしゃ・歌手)の玉城貞子さんがサプライズ出演し、2曲も披露していただきました。たまたま写真撮影に来ていたそうで、星野署名をきっかけに曲を披露していただくことに。

この記事に

開く コメント(1)

  仕事への誇り、未来を奪い返そう!
呼びかけ:国鉄西日本動力車労働組合青年部、広島連帯ユニオン青年部、
       香川連帯ユニオン、徳島医療福祉労働組合

       3・19中四国青年集会への参加・賛同のご案内


 このたび動労千葉を軸とした国鉄1047名解雇撤回の闘いでつながった、4労組の青年から「3・19中四国青年集会」を幅広い仲間のみなさんに呼びかけます。
ご存じのとおり、韓国では民主労総のストライキが軸となって、財閥支配とパククネ退陣を実現しつつあります。また、トランプ・アメリカ大統領の登場と同時に、アメリカ国内ではトランプ反対デモが100万人の規模で始まりました。世界中で、私たちを競争と分断に追いやろうとした新自由主義に反撃がはじまっています。その原点は、日本の国鉄分割民営化に、30年間、解雇撤回・職場復帰の闘いを貫き和解拒否し勝利してきた動労千葉(国鉄千葉動力車労働組合)の不屈の闘いにあります。
「アメリカ第一」という1%の富裕層による保護主義・排外主義の行きつく先は、侵略戦争・世界戦争に他なりません。労働者はその対極で、国際的に団結しましょう。「ミニトランプ」安倍政権の「働き方改革」は、私たち青年労働者を長時間労働、生涯非正規労働の繰り返しに追い込むものです。その狙いの一切は、労働組合の破壊です。電通過労死事件、三菱電機労災事件、「やまゆり園」事件、どれもが青年の働く誇りを奪い、未来を奪っています。まさに「民営化と競争は悪!」です。
「闘ってもしょうがない」という、古い労資協調の現状を打破する時代認識。労組青年部が生き生きと闘っていける路線。これを私たち自身の手で産みだす集会を、一緒にやりませんか。ぜひ、労働を奪還し、未来と誇りを奪い返す「3・19中四国青年集会」にご参加・ご賛同をよろしくお願いします。
                       記
1. 要請主旨:「3・19中四国青年集会」への参加・賛同
2. とき:3月19日(日)13:00〜17:00
3. ところ:倉敷労働会館207大会議室
4.連絡先:国鉄西日本動力車労働組合
  ℡&Fax:082−263−6103 携帯:090-1325-0414(山田和広)

この記事に

開く コメント(0)

民営化は悪だ!2・12中四国国鉄闘争集会を
    岡山国際交流センターで開催し、100人が結集
     

国鉄分割民営化から30年JR北海道のローカル線切り捨てが大問題になっています。誰の目が見ても、民営化の矛盾・崩壊があきらかになりました。
さらに、第2の国鉄分割民営化攻撃として地方切り捨てが始まっています。韓国の労働者のゼネストと連帯し日本でもゼネストをやろう。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事