顕正会を辞めて、自分らしく生きてます☆

顕正会を脱会し、日蓮正宗で信心してます。正しい信心の有り難さや、顕正会時代の思い出、指導の事後相違などをお伝えしていきます。
こんばんは☆

いつもblogを読んで下さりありがとうございます!
 

本当に本当に、皆さんに見てもらってコメント頂いて嬉しいです。


今日は私が顕正会を辞めて正宗に御受戒を受けた記念すべき日なんですよ✨


今日だけはどんなに忙しくても参詣に絶対に行くぞ〜!


と参詣に行ったら、いとまん先輩と先日御受戒を受けたWさんが参詣に来られました。

Wさんの息子さんのお嫁さんが顕正会の強信者と聞いたので思わず励ましてしまいました(笑)

まだ、総班長抜けてないかも〜(笑)



この1年間、blogを読んで下さった方から、励ましてもらったり、たくさんの勇気をもらいました。


本当に感謝、感謝です



こんなにもたくさんの人が支えてくれたお陰で顕正会に未練の1つもなく現在まで正しい信心をさせてもらい1年でスゴく変わらせて頂きました


今は、お仕事をしながら家事をこなし、更に夢に向かって勉強中なんです
(義母はなんの後遺症もなく完治しました)


コメントを頂いても返せなかったり、更新が滞る事が心苦しくて、皆さんに申し訳ないので、blogは今日でお休みしようと思います。


今まで本当にありがとうございました


顕正会員になり立ての頃も夢がありました。


あの頃は、手作りが好きで、作品を手に取った人が幸せだなぁ〜と思う作品を作ったり、そんな想いの作家さんを集めてイベントをしていたのです。

新発田では最大級のイベントで県外や県内でも有名な作家さんが集まるイベントを主催していました。

当時の先輩に、


「手作りで、人を救えないよね!」


って言われて、悲しかったけど、スッパリ諦めた事を今でも思い出します。


私が今しようとしてる事は手作りではないのですが、自分の魅力がわからない、自信が持てない…そんな女性をメイクや似合う色でサポートして自分らしく輝いて生きていけるようなサポートをするお仕事を目標に日々頑張ってます。


自信をもって、自分らしく生きる事のお手伝いですね


毎日本当に大変なんですけど充実した毎日を送っていますよ〜


こうした自分のやりたい事を仕事にして社会に貢献しながら自分らしく生きていく事も正しい信仰の証明なんじゃないかなって感じてます。


顕正会員は、やりたい事は勿論、勧誘活動で家庭の事も仕事もまともにできませんから、社会的にも信用がなくなりますよね。


当時は本当に信じていたから全てを差し置いて戦う事が人生の目的でしたけど、結局は何も得るものはなく、失うものばかりでした。


そうなる前に、どうかこのblogを読んでいる現役さんは、目を開いて、耳を澄まして、日蓮正宗の法華講員の方の話を聞いてください。

逃げる必要なんてないですよね?


本当に本当に、救いたいと皆さん一生懸命なのです。



私が縁出来たのは、

自分が見て、聞いて、実際に判断しよう!


そう思ったからなんです。


話を聞こうともしない、お寺にも行かない、二言目には“浅井先生を信じる”って…。


どうしようもないですよね(私もそうでした)


組織がおかしくて、人間関係に傷付いて辞めたとしても顕正会から離れられたのならそれは本当に幸せな事だし、ここからたくさんの大切な人を作って幸せになれますから、寂しいと思ってる人は元気を出して下さいね。


寂しさに負けて顕正会に戻ってはダメですよ〜


罰なんて、でないから(笑)
普通に生きてたら良い事、悪い事起きてきます。


どうか勇気を出して、真実を確かめにお近くの日蓮正宗へ足を運んでみて下さいね!


金色の御本尊様が待ってて下さります



コメントは今月迄は出来るようにしておきます。
お返事は遅れても必ず返しますよ〜



メールアドレスはそのままにしておきますので相談したい方はご連絡下さいね


たくさんの顕正会員の方が一日も早く間違いに気づいて、


☆自分らしく生きて行けますように☆



暖楽鳥より

この記事に

開く コメント(6)

こんにちは!
いつもblogを読んで頂きありがとうございます


先日、幻さんのblogを読んでいて、

ここここここ、これは許せんぞ〜

と思う記事がありました。


基礎教学書が出た時に、B4のカラーコピーが会館で売られていましたね。
その時も会員さんは一生懸命配布してました。

ちょうど私が顕正会を辞めた頃の話でカラーが出る前に私は離れたけど、白黒のコピーを入手しては、

○○新聞の広告に掲載されたんだって!

遂に、一般の書店にも基礎教学書が並ぶんだね!

などなど、浅井先生のお顔をうっとりと眺めながら(気持ち悪い表現になってしまった)語りあってたものです。


1枚10円なんだから、顕正会にお金がたくさん入るなんて考えもしないですよね?

でも、でも、実際は6000万円もの利益が出てる?!


以下幻さんのblogからの抜粋です!
(幻さん引用させてもらいますね)


⬇⬇⬇


意味の無いカラーポスター600万部配布です。
労働賃金0です。おいしいですよね。
私は600万部と聞いて、開いた口が3日ほど塞がりませんでしたが、わずかな期間に、貧乏な顕正会員から最低でも5000万円の利益を上げています。
あんなポスターを見て、誰が「日蓮大聖人の仏法 基礎教学書」など買うと思います?
「浅井先生とか、特定の人を除いた」常識から考えて下さい!
売れたとして、6千円を超えても、6000万円を超えますでしょうか?

無理です。

目的は会員に配布させる一枚あたり原価数十銭、顕正会員に買わせる売価10円の売り上げです。
これが浅井会長の懐に入る6000万円です。

原価、数十銭を疑ってはだめです。私は自分の商売で、同じB4サイズのフルカラーチラシを10万枚単位で〈外注〉してます。原価は1円五十銭です。
顕正新聞社が印刷すれば、絶対に一枚あたり1円を切ります。

顕正会のみなさんは完全に浅井会長の思うツボにハマってます。

そして怒れ顕正会諸氏!

……………☆……………☆…………☆

はぁ〜〜?!?

6000万も儲けてるのーーーー?


あんなに純粋に皆が配布して宣伝して頑張ってたのに、実はその10円のチラシを会員に買わせるだけで6000万…


何が、全日本人に仏法を伝えたい!じゃ!

この、ホラ吹き爺さんめーーーー!


と怒りがこみ上げて来ました…


え???


じゃ、もしかして、次々に出来されてる顕正新聞特集号も、もしかしてお金儲け??


特集号が出来されると婦人部も女子部も大量買い。

特価にしていただいて、有り難いね〜!と口々に語り、今日も頑張ろうと決意し、寒い日も暑い日も配布に向かいます。

そんな健気な会員とは裏腹に、配布すればするほど顕正会にお金が入るなんて…


想像もしなかった…

(だって、30円とか50円だし…カラーコピーは10円だよ?)


そう言えば昔は特集号なんてなかったのに、ここの所頻繁に出来してる気がします。

しかも仏法と言うより、政治的な内容で…


あ〜

自分も一生懸命配布してきたので、とても悲しいです。



悲しい現実です

この記事に

開く コメント(6)

久しぶりの更新です!

こんにちは!
皆さんご無沙汰してますが元気ですか??


私の方は3月末に無事に仕事での営業目標をクリアした後、担当地区が変わり、仕事上忙しくなりました。

春の農繁期で忙しさが更に増して来た時に、同居のお母さんがくも膜下出血で即日入院となり家事全般を私がする事となり忙しい毎日を過ごしています。


こんな事を書くと現役顕正会員さんは、


「日蓮正宗へ行った罰だ!!」

とか言いそうですね(笑)
(私なら絶対言うね)


4月菩提寺の実行寺で体験発表をさせて頂いた当日の夜の出来事だったので、私も何か仏法上の意味があるのではないかと思いました。


悪い事があると、自分の信心か足りないのではないかと以前は不安になっていたけど、正宗で信心してから起きてくる出来事は受け止められるようになっていたので悲観などせず自分にできる事を頑張ってきました。


くも膜下出血と言えば、3分の1はそのまま死亡、残りは麻痺が残り介護状態か回復する病気ですが、有り難い事にお母さんは麻痺もなく、体力面では1ヶ月半以上寝たきりだったので筋力は低下してしまいましたが、無事に退院し自宅療養となりました。


そんなこんなで生活が著しく変化してしまい、ブログの更新もしてなかったのですが、仕事の担当地区が変わった事で自分の未活動の班員さんに会えて語れたりと少しではありますが顕正会の間違いを話せる事が有り難いです

家事も思ったよりスムーズで、夜は早く寝て朝早く起きて頑張ってますよ〜

そして、前からしてみたかった新しい事にもチャレンジして資格を取得するのに講習や勉強も同時に頑張っています。


もちろん、良い事ばかりが起きてくるわけではないけれど、罰とか功徳などに振り回されず自分の足で人先生を歩いてる!そんな気持ちです。

うーん。
今振り返ると、顕正会に人生を支配されてたんだな〜と感じます。

顕正会を辞めて、自分らしく生きてます!

この記事に

開く コメント(12)

文房四宝

先日、御住職様から有り難いお話を聞きました。


現在は便利で様々な文房具がありますが、大聖人様の御在世は宝の様に貴重とされていた文具があったそうです。


4つの文房具…
何だろう…


考えてみて下さい



【文房四宝】

1、紙
2、筆
3、墨
4、すずり


大聖人様の御在世はモノがなくて、筆は楊子(ようじ)の木を細かく裂いて筆として使用していたそうで、その筆にて顕した「楊子御本尊」があるそうです。


また、当時は紙も非常に貴重でした。


大聖人様が残してくれた御書は膨大ですが、そのたくさんの御書を顕した紙は、何処から調達していたのでしょうか?


なんと、富木殿が送ってくれたそうですよ!



富木殿は千葉の文筆官僚(裁判の記録をする人)だったそうで、不要になった記録書を大聖人様に送り、その記録の裏に、御書を顕してくれてたんですね。



その御書は和紙なので、日本の技術で裂いて剥がすと昔の裁判記録が残っているので政治の歴史的にも貴重な資料となっているそうです。



大聖人様は鎌倉時代、この和紙に、たくさんの御書や御本尊様を顕してくれたんですね。



う〜!感激!



紙が自在に手に入る、その環境にお弟子さんが居る事がスゴイ!!



現在は再生紙から和紙まで色々な紙が安価で手にいれる事ができますね。



でも、その時代にしか作成されていない紙があります。



御本尊様を顕して下さった紙質…



これも、御本尊様が本物なのか、偽物なのかを見分けるのにとても有効です。



詳しくは桜梅桃李さんのブログをどうぞ!

http://kenshokai-hashaku.com/kenshokai-fake-idol/kind-of-paper/




モノがない時代、不思議にも紙が富木殿から送られ、大聖人様はたくさんの御書を私達に残して下さいました。


私は日蓮正宗で信心をして、御書の全てを拝する事ができます。


顕正会員が、都合良く一部分しか教えられてない御書もたくさんあります。



本物の御本尊様と仏法は顕正会には存在していません。


一日も早く顕正会から離れよう!

この記事に

開く コメント(12)

信心していない人でも、仕事で成功したり、災難や事故から運良く守られる事があります。

それは、その人が過去世に何らかの世間的な善業を作っていて、その果報が現世に顕れてくる為です。

だけど、過去世に作った善業という貯金は災難を免れたりして果報を受け終わればなくなっていくのです。


小さな善業ではとても通用しない大きな災いも起きてくるかもしれません。


これは、顕正会でも習いました。


福運がなくなれば、今幸せな人も不幸になると…


福運なんて、すぐなくなる。
バケツを逆さにした水のように、あっという間に福運は尽きると…


そして、自分達は正しい信心により、朝晩の勤行で福運を積んで、いざと言う時は必ず御守護頂けると…


信じていました。


この世で一番恐ろしいのは、謗法の罪。


現世で苦しんでいる原因は“過去世からの謗法の罪”ですよね。


だから顕正会員は、親の葬儀にも出席しないし、もちろん、神社仏閣にも行きません。


これ以上、罪を作りたくないから。


過去に作った罪を消そうと、一生懸命勧誘して、何年も頑張って、今の生活はどうですか???



幸せな人っているんでしょうか?



今、一番、可哀想に思う事は、罪を消そうと頑張って勧誘して、国を救おうと間違った宗教を国にばらまき、結果的に会員自身が謗法の重い罪を積み続けてる事です。


さらに偽物の本尊を拝み、朝晩、改変された勤行でも罪障を積み続けてる。


毎日、毎日、功徳を積めると頑張ってる勤行で、


毎日、毎日、罪障を積み続けてる。


鳥肌が立つくらい恐ろしいし、吐き気がする位気持ち悪くなります。

毒を毎日少しずつ飲み続けてるイメージです。


不幸の原因を自らが積んでいる。



同じお題目を唱えて、不幸になっていく顕正会員は、本当に可哀想です。

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事