河内の銘太鼓台

終わるなら、暴れてみよう、銘太鼓!

全体表示

[ リスト ]

皆さんこんばんは!
今日はすごく珍しい “船だんじり” をご紹介したいと思います。
所有していた町は大阪市住之江区安立町七丁目。
どこやねん!となるかもしれませんがあの上だんじりの名門『住吉大佐』もこの地で店を構えていました。

現在は住之江区自体、だんじり所有台数はゼロとなっています。
しかし昔は海の町として栄え、住吉大社を中心に盛大にだんじり曳行が行われてきたとされています。
安立町七丁目ということは他の地区もだんじりを所有していたということでしょう。。

では今では貴重となった船だんじりをご覧下さい!



旧安立町七丁目だんじり

寛政年間 (1789〜1801年) 新調

大工 地車大工と船大工によって製作
彫師 相野藤七、小松源助



《姿見》

イメージ 1

下半身が船。
上半身がだんじりといった珍しいだんじりです。
化粧にも注目!
提灯は屋根の横に付き、『御座船』と書かれた提灯が誇らしげですね。



イメージ 2

正面より。
腰廻りが船のカタチなのでスラッとした印象です。



イメージ 3

後ろから。
写真では見にくいんですが、後屋根がありません。
その代わりに小松源助の大きな獅噛が付きます。



《主屋根廻り》

イメージ 4

上だんじり特有のテリがある屋根とは対照的に、屋根の勾配に特徴がありました。



イメージ 5

獅噛は相野藤七の風作ですね!



イメージ 6

出人形 三韓征伐 如意宝珠を海中に投げ入れる武内宿禰

彫物の中では一番の見所ですね!



イメージ 7

そして武内宿禰の位置ですが、お社のような階段になっていました。
このような大工仕事は寺社仏閣の要素がないと製作できません。



イメージ 8

きちんと勾欄合には牡丹の彫物が入ってました。



イメージ 9

ここからは船大工の仕事です。
勾欄の曲線が素晴らしいですね〜!



イメージ 10

縁葛も美しい曲線を描いており、本当に凝っていますねヽ(´∀`)ノ



イメージ 11

このようなちょっとした隙間にも模様が彫られていました。



イメージ 12

縁葛の先端にはご覧のように金具になっており、通常の上だんじりとは全く違う造りになっていますね!



イメージ 13

船のフチには模様が彫られておりすごく凝っていました。



イメージ 14

脇障子もご覧のように出人形のようになっていました。
三枚板とも図柄が統一されており三韓征伐になっています。



イメージ 15

右三枚板 三韓征伐 神功皇后の新羅征討
正面三枚板がなく、左右のみとなります。



イメージ 16

アップで。。
神功皇后の表情も素晴らしいですね〜!



イメージ 17

左三枚板 三韓征伐 錦江の龍を退治する安部介丸



イメージ 18

ちょっと見やすくなったでしょうか?



イメージ 19

正面三枚板がない分やぐらのようになっておりそこに獅噛がついています。



イメージ 20

大迫力の獅噛!!!
小松源助の良さが出ていますね〜。



イメージ 21

鳴物はこの隙間から入ったんでしょうか。
中には太鼓がありました。



イメージ 22

平台と猫木が同じぐらいの大きさでした。
波の彫物も船らしくいいですね!



いかがでしたか?
どのような曳行方法だったのか。
どのようなだんじり囃子だったのか。
考えたらキリがないほどです(°_°)
是非とも今後も残していってほしいですね!

久しぶりに太鼓も見たいですねぇ〜。

閉じる コメント(2)

船の形は珍しいね浮くんかな?
住之江は海が近いから海に入ってたかも

陸海で楽しめたらええのにな。

2014/3/9(日) 午後 8:52 [ マサ ]

マサさん

コメントありがとうございます!
バランスの問題もあるんで陸海はきついですね〜💦

でも、淡路島なんかではだんじりではないですが淡路島で言うだんじりが海に入りますよね!
確かふとん太鼓か檀尻も海に入っていたような…

2014/3/9(日) 午後 10:06 [ 孔舎衙人 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事