ここから本文です
街中を歩いて日常の風景を撮っています。Part 1が満杯でPart 2の開始です。

書庫全体表示

燈籠山祭り

アメブロをメインに活動中です。アメブロに訪問して下さい。
この記事はアメブロのコピーです。

大半の人は引っ越しが済んだようです。
残り少ない人と共に最後を見届けるつもりです。

今日の写真は20日の散歩風景です。地元珠洲市飯田町「燈籠山祭り(とろやま)」を見て来ました。

珠洲市まで片道132km、約2時間半の予定で午後3時家を出発、5時少し過ぎて港そばの駐車場に到着。


自衛艦が停泊していたので見学と思ったら時間は過ぎてました。


「さいはてのキャバレー準備中」は地元で有名なのか。


珠洲市(すずし)は、石川県の北東部、能登半島の先端に位置する市。人口は1万3千人余り、過疎で市の要件である3万人を大きく下回っています。飯田町は市町村合併で今は珠洲市です。


天気予報は曇りだったけど途中から降り出して傘を差して歩きました。


去年も来てるので勝手は分かってるのですが、傘を差しての撮影はどうにも不自由です。


「燈籠山祭り」は春日神社の祭礼です。歴史はもう400年になると言います。


春日神社では、7/19に前夜祭、20日には本祭・榊神輿渡御・燈籠山、山車巡行、21日には氏子全域への燈籠山巡行が斎行されます。


山車(やま)に巨大な人形を飾ったものが燈籠山(とろやま)と呼ばれるものです。


かつてすべての山車が燈籠山でした。それが電線電柱の登場によって全てが廃止されたそうです。


現在は電線の地中化や支障の無いようレイアウトされて燈籠山が復活しています。


それでも山車9基のうち2基だけです。全てを復活する財力も人力も無いのでしょうか。


文房具屋さんの看板でしょうか。顔写真のパネルかもです。


生憎の雨でビニールが被せられ残念です。


燈籠山は初めから濡れるのを覚悟で被せて無かったみたいです。


祭りは2時開始です。分かってたのですが空と睨めっこで決心がつかなかったのです。


お陰でこの日の昼の巡行は殆ど終わりでした。橋の上に並んで8時の花火大会を待ちます。


やっぱり2時に来なきゃ、しかし、時間が長過ぎる。2日連続の見物も無理だし。


昨日パソコンが使用中にまたプツリと停止。触ってみると異常な熱さ、先日もこれが原因だったようです。


かと言って、異常な熱さになる原因は分かりません。不在の時は消しておかないと火事になりそう。


写真も動画もせっかく行ったのに材料不足。ともかくシンプルに纏めてみました。





  • 顔アイコン

    かつての合併で、馴染み深い地名が消えて、知らない地名が増えました。
    それはどこにあるのだろうと、地図を開く機会が増えました。

    寅 太 郎

    2019/7/22(月) 午前 9:49

    返信する
  • 顔アイコン

    (2019・参院選〜大きな変化を望まなかった参議院選挙!
    (衆院選)のような政権選択の場ではない(日経 社説)

    (重度障害の方(れいわ)が当選されたり女性の当選!
    選挙区で過去最高の18人⇒東京で3人は御立派ですね
    (まっとうな政治)⇒(家計第一)を目指して頂きたいもの〜
    御訪問感謝致します! 有意義な一日を.今後とも何卒宜しく!

    Lucky PAL!

    2019/7/22(月) 午後 0:47

    返信する
  • 顔アイコン

    ナイス!

    hpyclover

    2019/7/22(月) 午後 2:20

    返信する
  • 顔アイコン

    >皆さんおはようございます。

    連日の訪問に感謝感激しております。

    今日は朝から雨降りです。
    気温も高くてバテ気味です。

    ヤフーブログは元気に頑張りましょう。

    [ dareya 2 ]

    2019/7/23(火) 午前 5:49

    返信する
  • 顔アイコン

    お祭りのスタッフも雨に濡れないようご苦労されたと
    思います。
    伝統行事であれば休むわけにもいかないでしょうね。

    [ Duke Friedrich Ronniele ]

    2019/7/23(火) 午後 2:28

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事