冬の月夜

新しい一歩を、踏み出してる

全体表示

[ リスト ]

やっと、ドイツのホテル回りの記事をあげられました。
11日の日付、日記公開です。写真がうまく乗せられなくて。
写真の整理は、たぶんもっと簡単なんだろうなぁ。
ちゃんと、勉強時間をとりたいな。と、おもっています。

そんなことしてる間にも、京都でも東京でも、暦はすすむので、帰ってからのことを。
イメージ 1
祇園祭は春から始まってる訳ですが、いよいよ、お囃子の練習が始まったようです。
これから、ここの二階の窓が開いて、夜な夜な、聞こえてきますよ。
イメージ 2
桜も緑濃くなってます。日中はいざ知らず、夜は寒いくらいです。
どうなってるんだろう。っておもうけれども、アジサイも、準備が整ったようで。
イメージ 3
ストりべりームーンでしたね。一番小さく見える満月の夜。
肉眼ではそうそう、いつもと変りなく見える満月も、画像で圧縮していくと、やっぱり赤っぽく見えます。
イメージ 4
毎夜、散歩してる中、好きな人と眺めるといいと言われている月の夜、
この日はこんな子に会いましたョ。しばし見つめあい、ハハハ。

イメージ 5
そうそう、天天有さんにも行きました。鶏だしの有名ラーメン店。
古今烏丸の地下です。
イメージ 6
近所ご飯といえば、てんぷら屋さんのランチも。
夜しかなくて、夜はやっぱり高いと思ってたのですが、今京都はもう、驚くくらいの観光客の数。
そのおかげで、いろんなお店が、お手軽なランチをやり始めてくれて、
じつは、私としてはうれしいのです。一人ランチ、しやすい!
イメージ 7
あれれ?どこのきっさてんだった?
イメージ 8
仕事がてらに遊びに行ったともだちが、ピエールエルメのチョコを出してくれました。
いっぱいだ〜〜!たべほうだい〜〜!
しょうがの砂糖漬けものってます。幸せ。
ヨーロッパ帰りの友だちに、おいしいものやら素敵なものをもらいました。って、
えっと、ドイツから帰ってきたのは、どこのどいつ。ですよ。(恥)

さて、散歩してて見つけた、ほんとに近所のギャラリーが、もとは骨董やさんだったことがわかりました。
そして丁度、ギャラリー期間ではなく骨董品期間でした。
すごく素敵な町家の一階が、週末三日間貸し。
いぜん東京のPさんに、いいとこあれば教えてとも言われてたので、入ってみました。

で、なんでだ?
うちに、古いものがやってきました。ああ……
イメージ 15
糸巻きの使い方。思い付いちゃった。
いつもの定位置、父の陶板の焼きもの、浮きました^^
右に写りこんでるお茶碗は、クライアントさんからの頂き物で、江戸のもの。
のど飴いれにしてます^^;
イメージ 9
もう一つやってきたものは、これ。子引き出しです。

お店の奥さんに、長いことお話を聞かせてもらって、とにかく持って帰ってほしいと。
ガラスのケースがすごく良くて、迷ったのですが、重すぎてあきらめたのに、
これが帰り際にふいと目に入って。ならば、こちらをぜひ、持って帰りますって。
お値段いうのはなんですが、

とう板焼きのしたの糸巻きは、一つ100えんでそんなものですが。
子引き出し、2000円です。ありえない。なのに、
まだ蔵から出したばかりで掃除してないから、おまけしとくって。1500円に。
もう、そりゃ持って帰ります。

貸しぎゃらーに徹するそうです。アンティークが好きで、買い集めから始められたお店。
体調を思ってしめることにされたので金額はもう、いいや。って。
どこが好きで手に入れたか、自分はどれが好きか、
いろんな品物の思い入れを聞かせてもらってました。
最後に、好きな人にもっていってもらった方がいいって。うちで使うのは、もう、十分あるもんね。って。
ご縁です。
大事にします。ありがとう。
イメージ 10
おじいちゃんの小さな町の料亭で使ってたお店用の水屋。
これが中心のうちです。
そう思った時から、京都のうちに置くものは、増やすというより、少しづつ入れ替えです。
和洋とわず。古いものにこだわってるわけではないのです。
アンティークってことじゃなく、たぶん、プラスチックのものが減っていって、
なんとなく、こんな感じのものが、集まってくるようです。

イメージ 11
山梨への車窓から。画像ではこれですが、緑が美しい。
いままでより、もっと、電車時間を楽しめます。
イメージ 12
お弁当、っていうのを買ってみましたよ!
一時間半ですけど、お夕飯に。十分一人旅だなぁ。って、楽しかった。
イメージ 13
東京で。
甘鯛が、おいしい。少しづつうつろう季節は、食べ物がわかりやすいなぁ。
北海道からは、Aの友人のお母さんから、夕張メロンが届いてました。
イメージ 14
今日は、雨。雨に当たった緑は、町のまんなかでも美しい。
つゆになっちゃいましたから、緑を楽しむことにします。

明日から東京仕事開始。
これからあとひと月くらい、静かな小さな一大事までは気ぜわしいとはおもうのですが、
慌てない。
大事なものの順番を、間違わない。
友達が言った「自分が不快になることは、しない」

そうしたら、体じゃなく、心はゆったりと過ごせる。
そんな風にいくわ。って、今、思っています。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事