バッチョーネ THAILAND

久々に日本で正月を過ごしたら…イサーンへの熱意が冷めてしまいましたw

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


さて今回「金儲けの出来る農場へ変えていこう大作戦」の本命のテストに着手することにします。

それは…「井戸の復活」でございます。

現在放置されていてこんな状態なんですよね。

まーただね、井戸を復活しても面白くないですよね。前回の井戸の水を汲み上げるポンプに給電していたのは、 でした。
今回は「ソーラーパネルによる給電」とします。
現在〜うちではソーラー発電を利用していますが、それは電気を点灯するために使用しています。
その仕組みを汲み上げモーターへ使おうってことです。

イメージ 2


今回はテストということで、まーお手軽なポンプを購入しました。
ソーラーパネル2枚とこのポンプを使って揚水しようと思います。

とりあえずちょー簡単なシステムで運用します。太陽光発電が始まれば揚水開始〜太陽光発電が終われば揚水停止…ようはお天道さんが出ていれば揚水するって仕組みです。
今回はポンプの選定はとりあえずやすいことと空運転して壊れないようなセンサーがついていることにしました。
ポンプの他にセンサーも井戸に投入しなければならないのはめんどくさいですからね。
とりあえず一度設定したらお天道さん次第で揚水するシステムにします。
もっとシステムを高利用度仕様にして複雑にも出来るのですが、まずは揚水とその揚水された水がどのようになるかのテストを行います。

何時もフロンティアになるのは厳しいですが、こんな場所でこんな馬鹿なことする人はいないでしょうから仕方ないですね。

もちろん私もきーにゃおですから、生データをblogに書いたりしませんけどねw

とりあえず〜ぼちぼち着手していきます。


にほんブログ村 海外生活ブログへ



参考になりましたら〜ポチッ♪ポチッと2度お願いします!↑

それでは皆様チャオ♪バッチョーネ

#タイ #イサーン #移住 #営農 #太陽光発電 #金儲け

この記事に

閉じる コメント(12)

水が欲しい時期には、太陽光がふんだんでしょうから、
良さげですね

2017/11/26(日) 午前 7:07 ハシビロコウ 返信する

顔アイコン

ソーラの電力で乾期に揚水できるかぜひ実験してみてくだい。
うちは250wの普通ポンプ使ってますが乾期末は水位が下がってかなり苦しい。それでも汲めるだけラッキーです。

2017/11/26(日) 午前 9:25 サコンナコン 返信する

顔アイコン

汲み上げた水は超硬水だと思いますが、何に使えますか?

2017/11/27(月) 午前 1:09 メンカーム 返信する

> ハシビロコウさん
いやーほんとは雨季に実施する予定だったんですが…まーイサーンならこんなもんです。

2017/11/27(月) 午後 0:23 [ JABBA ] 返信する

> MEGA殿
データは既に取得済みなんですよ…ただね…実施が遅れ遅れになっただけです。
あーもちろん乾季でも水位は下がりません。余裕で揚水可能です。

2017/11/27(月) 午後 0:25 [ JABBA ] 返信する

> メンカームさん
とりあえず土壌データと水のデータは取得済みです。
うちの農場は一番高台にありまして…雨に洗われて表土には何もないんです、もちろん1m下も何もない状態です。多少の硬水は大丈夫でしょう。

2017/11/27(月) 午後 0:27 [ JABBA ] 返信する

顔アイコン

「塩分はかなり少ないのですが、カルシウムが多く
これまた農業には不適ではありませんが、適さない水でした」
と書かれていたので、何に使われるのかなと思いました。
別の井戸?それとも適さなくても使ってみるかな?
最近軟水器に興味があり、情報を集めてます。

2017/11/28(火) 午後 9:11 メンカーム 返信する

> メンカームさん
実は仔水牛を飼う予定で専用の水浴び場用に使う予定です。とりあえず1週間単に水を汲み上げてどのくらい溜まるかのテストします。まーソーラーも安くなりまして、予定の半額で設置できました。
ゆえに〜もう一つ今井戸掘ってまして…それはまた次の機会に…
軟水器ですがイオン交換樹脂とかで軟水化するのはやっぱり金がかかりますからねぇ…フィルターでは確実に詰まりますから…うちはせいぜいイネ科の植物へ給水するくらいですから硬水でもあまり問題ないかと思います。

2017/11/28(火) 午後 10:05 [ JABBA ] 返信する

顔アイコン

プーヤイバーンが作る簡易水道は深井戸で使えない水ですが、水道局が作る集落水道は水質が良い溜池の横に浅井戸を露天掘りして、水質が良いままの滲み出る水を使ってますね。
既にその方向で試しておられるのかなと思いますが、超硬水は人間でも痒くなりますから、水牛の皮膚にも問題を起こしそうですね。

2017/11/29(水) 午前 8:07 メンカーム 返信する

> メンカームさん
イサーンの溜池も全て硬水です、まったくの天水の池で300mg/lくらいです。うちの集落の汲み上げ水道で450mg/lくらいです。
イサーンはそもそも硬水ですから、軟水で育った日本人とは硬度に対する耐性が違うと思います。またイネ科の植物は脱塩能力も高いですから大丈夫かと思います。
イオン交換樹脂はリサイクル可能ですが、1日中汲み上げた膨大な量の水を処理することは難しいですよ。
汲み上げの仕組みとしては、太陽が昇ると汲み上げスタート、落ちるとストップと一日中汲み上げる仕組みになってます。

2017/11/29(水) 午前 9:24 [ JABBA ] 返信する

顔アイコン

イサーンはほぼ硬水ですが、調べると軟水の池も多いのですよ。
タイ政府はそういう場所を狙って溜池を作ってます。
JABBAさんの農場の家もECは100ちょっとじゃなかったかなあ?
一般家庭でイオン交換樹脂を使って日に5トンくらいは処理している人は居ます。
タイは樹脂が易いので、採算取れないかなと思ってます。
最近はイオン交換樹脂を使わず触媒を使った軟水器もあるようです。
これだと再生も不要で3年位使えるそうです。
只今研究中です。

2017/12/1(金) 午前 1:29 メンカーム 返信する

> メンカームさん
とりあえず現状は水確保します。
来月後半から時間ありますから、いっちょ軟水化をしても良いです。まータイは水関係は機材が揃ってますからね…

2017/12/1(金) 午前 10:27 [ JABBA ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事