darlのblog

マイルを貯めて旅に出るー酔いどれおやじの飲んだくれ放浪記

ごあいさつ

すべて表示

はじめまして

はじめまして。
 
このブログは、コツコツ貯めたマイルで旅するサラリーマンのブログです。
ずばりテーマは「お酒と旅」。
 
国内外を問わず、旅先で見る景色、食べ物、そして酒・・・。
それらをこのブログに記録していきたいと思っています。
 
最近、物流が発達して、酒や食べ物も随分、身近に味わえるようになりました。
そう思いませんか?
私も楽天市場などを利用して、全国の地酒を普段からおいしくいただいています。
ですが、気軽に家で飲める喜びの反面、現地で飲んだ味と比べて何か違う・・・。
そんな感想を持たれた方も多いと思います。
 
例えば、ビール。
沖縄のオリオンビールは、家で飲むと薄く感じるけど、沖縄で飲むと抜群にうまい。
ドイツのビールも、日本で飲むと何か味が変。
 
それと、シンガポールスリング。
あれは、シンガポールの「ラッフルズホテル」にある「ロングバー」で飲まないと美味しくない。
 
だったら、現地で飲めばいい。
そんな気軽な感じで、毎年旅を企画し、実行しています。
肩肘張らず、のんびりとした感じのブログにしていくつもりですので、暇つぶしにご覧ください。
 
コメント大歓迎です。
どうぞよろしくお願いします!
 
【思い出の一杯】
イメージ 1
■ヴァイスビア(ドイツ)
 独特の風味と、フルーティーな味わいが特徴。
 初めて飲んだのは、ベルリン・国会議事堂近くのカフェバーでした。
 渡欧の際には、必ず飲む一杯。
 自然、ドイツには必ず入国してしまいます
 <2010年 ドイツの旅>
 <2011年 ヨーロッパビールの旅>
 <2012年 スペインの旅>
 
 
 
 
 
イメージ 2
■シンガポールスリング(シンガポール)
 甘いカクテルは苦手なのですが、なぜか、シンガポールスリングだけは抵抗なく、飲めてしまいます。
 ラッフルズホテルのロングバーで飲むこのお酒は、南国らしい濃厚な甘さに、ほろ苦いアルコールの味わいが絶妙。
 わざわざこの一杯を飲むために、シンガポールを訪問し、トルコへ行く際もシンガポール経由にしたほどです
 そういえば、最近は全然飲んでいないなぁ〜。
 <2006年 シンガポールの旅>
 <2007年 トルコの旅>
 
 
イメージ 3
■ブラウハウス・ボンシュの地ビール(ドイツ)
 旧西ドイツの首都・ボンにあるビアレストラン、ブラウハウス・ボンシュで飲んだ地ビール。
 あっさりとしていて飲みやすく、キリリと冷えているので、真夏のテラスで飲むのは最高!!
 訪れた日は、サッカーW杯南アフリカ大会準々決勝:ドイツ対アルゼンチン当日。興奮したサポーターに割られるのを避けるため、プラカップでの提供ですが、普段は手のグリップの形状をしたグラスで提供されます。
 お土産としてグラスを購入し、しばしば自宅で使用しています
 <2010年 ドイツの旅>
 
 
イメージ 4
■もろみハイボール(喜多方)
 喜多方を街歩きしていたとき、たまたま立ち寄った酒蔵の茶屋で飲んだ一杯。
 酒蔵だけあって、もろみの味がしっかり残っていて、美味しかった。
 レモンのほどよい酸味が気持ちよく、夏の昼下がりにゆっくり飲むにはいいかも
 <2008年 会津若松・喜多方>
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
■モヒート(アメリカ・サンフランシスコ)
 思い出に残る一杯といえば、外せません。
 海外で初めて体調を崩し、朝から飲まず食わずのまま観光へ。
 サンフランシスコの潮風に吹かれ、徐々に元気を取り戻してから、フィッシャーマンズワーフのボーディンという店でクラムチャウダーと一緒にいただいた一品。
 爽やかなミントと、甘酸っぱいベリーの味が、完全に体調を戻してくれました
 <2011年 アメリカ西海岸の旅>
 
 
 
 
イメージ 6
■QUEEN OF BLUE(JAL機内)
 お酒ではなく、お茶です。
 しかし、芳醇な味わいとその香りには驚かされました。
 食事の最後に、ワイングラスでゆっくりと味わえる飲み物ですね。
 また機会があれば、ぜひ出会いたいと思う一杯です
 <2012年 インドネシアの旅>
 
 
 
 
 
 

その他の最新記事

すべて表示

さぁ、今日で「平成」の世も終わりですね。 なので、今夜はこのお酒で乾杯します。 「灘菊 ありがとう平成」 思 ...すべて表示すべて表示

今年もゲットできました 「貴 純米吟醸 新酒」 「新酒」という文字がまぶしい 地元・宇部産の山田錦を100%使用 ...すべて表示すべて表示

今年の城島酒蔵びらきで、私の呑んだ中で一番のお酒 「池亀 純米大吟醸 無濾過生酒」 キングにふさわしいゴールドの文字 現地で試 ...すべて表示すべて表示


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事