久住高原 DAR VIDAから

大分県久住高原の週末と祝日オープンのアートスペースです。

日々あれこれ

すべて表示

足慣らしに

朝から眩しい光。いいお天気が約束されたような青空。まだ暑さはなく、心地よさが勝っています。 午前中にひと仕事終えて、早めの昼食。午後はまた軽い足慣らしに。先ずはキャトルで牧ノ戸峠を越えて長者原へ。開けた窓から入り込む風で、クーラーの出番はまったくなし。長者原から見える山々はすっきりクリア。 着いたのは男池。こんこんと湧き出る男池を拝んでからは、新緑が眩しい森を愛でつつ、少しの登りを足で確かめながら、かくし水まで。ほんの片道30〜40分。しばし鳥の声、風のざわめき、虫の羽音を聞きながら木々の間の青空を見上げると、すぐに思考は遠のき、ここだけ隔絶された世界のようでした。 帰りは少し早足で。意識的に足をあげる感じで尚かつ注意深く。脚のあちこちを意識しながらの歩きだけで、体の動きのゆがみを修正できるような気がします。清流に架かる木橋が見すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

退院

2017/4/23(日) 午後 10:28

昨日、滝巡りに行った山深い駐車場に一本の電話。主治医から、キャトルの治療を終えたとのこと。そんなことで、滝巡りを終えたその足で大分へ。10日ほどの入院でした。 今回はドライブシャフトのブーツの交換にシャフトのミッション側のOリングの交換。わずかに排気漏れしていたパイプの溶接、それにクーラーのファンの異音とガス漏れの修理。これまでの入退院で、実に様々な治療 ...すべて表示すべて表示

17万キロ

2017/4/9(日) 午後 11:01

キャトルも今月末で我が足車になって丸4年。早いものです。購入時12万キロ手前だった走行距離も気づけば昨日17万キロ超え。4年ほどで5万キロ+は、入退院を繰り返したことを考えると、やはり足車だと思える数字です。 最近はクラッチ交換後にミッションの渋さがとれず、交換直後に比べればはるかにスムーズにはなっていますが、バックギアのギア鳴りは相変わらず。他にも交換 ...すべて表示すべて表示

退院したキャトル

2017/1/5(木) 午後 5:22

年末に何とか退院したキャトル。実際に精密検査をすると悪い箇所があれこれ出て来ると言う、古い車ならではの展開で、今回はかなりの手術になりました。 クラッチが寿命を迎え、ジャダーをごまかしながら主治医に駆け込んだのが11月末。すぐにエンジンを降ろしてみると、クラッチだけでなく、ウォーターポンプ、カムシャフトも交換した方がいいとのことで、部品を発注。これらを交 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事