久住高原 DAR VIDAから

大分県久住高原での日々の暮らしのあれこれ

日々あれこれ

すべて表示

森羅万象

朝の光はすぐに失われて梅雨空へ。ただ、雨は午後のわずかな時間だけでした。本格的に降り出すのは明日になってからのよう。 仕事はほんの少し前進。頭がフル回転になるには、もう少し時間が必要。 明日からの雨は梅雨末期の大雨になる予報。やはり今年もこれを避けるわけにはいかないようです。例年通りであれば、これを乗り切れば来週には梅雨明けになるはず。毎年多少の違いはあっても、一年のサイクルが繰り返されるのは、森羅万象の中にあって、変わらない日々を送る自分も、そのリズムと共振している気がします。

その他の最新記事

すべて表示

来期用の薪

2019/4/17(水) 午後 10:22

今期の薪作りも今日でお終い。屋外の三カ所の薪棚に積み上げた薪は昨年よりは少ない感じ。それでも今期使わず温存したクヌギが、室内の二カ所にそれなりのストック量が。来期に燃す頃には、これが二年乾燥の熟成された薪になるのです。 こうして自力で薪作りを終えると不思議なもので、自然からまた一年の暮らしを許された様な気持ちになります。いつまでこうして薪作りが出来るか、 ...すべて表示すべて表示

久間清喜展

2019/3/15(金) 午後 9:44

大分県立美術館で開かれている久間さんの展覧会。相変わらずエネルギッシュで圧倒される大作がずらり。近作には以前のイメージと違ったカラフルな作品も。何となく円やかな印象が残るのは、久間さんも円熟期に入ったのかなあと。素人ながらそんなことを思いながら広い会場を見て回りました。小品も久間さんの手にかかるとひと味違ったものに。規模の大きな個展としては10年ぶりになるら ...すべて表示すべて表示

書と花展

2018/10/3(水) 午後 10:18

今週末5日から7日までの3日間、三重町の風の家で開かれる「書と花展」。花の水口さんは旧知の間。花だけでなくパッチワークも手掛ける多才な人。花を生け始めると周囲を無にしてしまうほどの集中力。その厳しさと裏腹にいつもにこやかな人柄なのです。 一方、書の今井さんは、まだお会いしとことのない人。書はきちんと見ていない、と言うよりは、今日はあまり見ないようにしてい ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事