久住高原 DAR VIDAから

大分県久住高原での日々の暮らしのあれこれ

日々あれこれ

すべて表示

元気

今日も相変わらずの高めの気温。陽射しのもとでは30℃を超えるほどになるはずと、午前中の涼しいうちに日陰で薪割りを。亀の歩みのようなペースでも、割った薪は少しずつ山になっていきます。 薪割りをしていると前の道を地元の人が時々行き交ったりして、軽い挨拶も。そんな作業中に声をかけてきたのは、近くのAさん。この近くの方はだいたい名字がAさんか、Sさん。今日のAさんは、時々お見かけするくらいでしたが、久しぶりの今日は、軽トラではなく電動カート。足下には酸素吸入器。少し体調を崩していたらしい。考えてみれば最初にお会いしてからかれこれ20年。軽トラから元気な声で話しかけてくるイメージしかなかったAさんも、それなりのお年になったと言うこと。時間は変わることなく流れているようです。この天気に気分転換の散歩なのでしょう、少し話をしてから電動カートは森の小道すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

藤原香奈水彩画展

2018/3/28(水) 午後 10:08

風の家のこの春の企画展は「藤原香奈水彩画展」。香奈ちゃんの水彩画は、展覧会で二度ほど見せてもらったことがありますが、水彩画にひた向きに情熱を注ぎ込んでいるのが、作品だけでなく彼女の話からも伝わってきます。まるで他のことにはまったく興味がないかのように水彩画に寄り添っている彼女です。 そんな彼女がここで作品展を開きたいと思わせた風の家。ごく普通の民家ではあ ...すべて表示すべて表示

モルソーのパーツ交換

2018/1/29(月) 午後 11:32

数日前の朝、いつものように薪ストーブの灰を掻き出すと何やら堅いものが。取り出すと重さのある固まり。これは何!と、よくよく見るとストーブの鋳物のかけらのようなもの。炉内を見回すと、上部にあるパーツが一部欠けていました。日頃は見ることのない箇所でこれまで気づきませんでした。どうやら交換するしかなさそう。 そこで地元の薪ストーブ屋さんに電話。親切に対応していた ...すべて表示すべて表示

年の瀬に 2017.12.29

2017/12/29(金) 午後 9:39

今年でDAR VIDAを閉じます。そして独りの場に。 DAR VIDAをオープンしたのは2006年。その前年にも企画展を開催したので丸12年。いろんな企画展を思い出すと、自分の中の重みとして、この12年間は大きかったなと改めて思うのです。勿論いろんな人の協力と存在があってのことですが、確かな記憶として残せたことは、自分自身のかけがえのない財産になりました ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事