久住高原 DAR VIDAから

大分県久住高原での日々の暮らしのあれこれ

日々あれこれ

すべて表示

初霜

快晴の朝は放射冷却が加わって、身の引き締まる空気。隣りの放牧場にはうっすら霜が。これが初霜。と言っても私が目にした最初と言うだけで、気づかない内に霜が降りた日はあったかも。どちらにしても霜の降りた風景を見ると、いよいよ冬がやって来たと思うのです。 山々を赤く染めるモルゲンロートは夕方と違って右からの光。やはり山の表情は違って見えます。 午前中から雑用があって大分へ。今日はまずS氏の事務所へ。偶然にもK氏もやって来て、久しぶりの三馬鹿トリオがそろい、雑談に花が咲くことに、春以来の山行きも決まり、また賑やかな登山になりそうです。 自宅に戻り昼食と雑用を。2時過ぎに戻り、久住支所へ書類を持参。ネット環境の見直しですが、すべてが終わるには1〜2カ月かかりそう。気長に待つしかなさそうです。

その他の最新記事

すべて表示

書と花展

2018/10/3(水) 午後 10:18

今週末5日から7日までの3日間、三重町の風の家で開かれる「書と花展」。花の水口さんは旧知の間。花だけでなくパッチワークも手掛ける多才な人。花を生け始めると周囲を無にしてしまうほどの集中力。その厳しさと裏腹にいつもにこやかな人柄なのです。 一方、書の今井さんは、まだお会いしとことのない人。書はきちんと見ていない、と言うよりは、今日はあまり見ないようにしてい ...すべて表示すべて表示

500C その3

2018/9/10(月) 午前 10:58

見栄え重視の500Cではあっても、楽しさは当然歴史の古いお国だからでしょう。オープンゆえのブルブルとしなる剛性感。低回転でのエンジンのバイブレーション。1速のクラッチのつなぎが下手なミッション。そんな悪しきようなウイークポイントも。運転してみれば楽しさに変わるから不思議なものです。おまけにインテリアのオシャレなこと。質感なんてものは無視しても、まず形ありき。 ...すべて表示すべて表示

500C その2

2018/9/10(月) 午前 10:57

今回の足車選択にオープンであることを第一のポイントにしたのは、どうもセブンを21年ほど乗ってきたことが大きいようです。他にもホンダビートをを足車にしていた時期もあって、あの心地よさをもう一度と言ったところでしょうか。もういつまで車を楽しめるかも怪しい年齢になって、なおさらその思いが強かったのかもしれません。 果たして500Cのそれは、もちろんレーシングス ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事