久住高原 DAR VIDAから

大分県久住高原での日々の暮らしのあれこれ

日々あれこれ

すべて表示

また大分へ

朝の内に洗濯を終えてからまた大分へ。キャトルの四つの窓を全開にして、トンネルのような深い緑の道を走ると実に心地いい。ただ昨日と同じで標高が下がると気温はどんどん上昇。救いは空気がカラッとしていること。今日もクーラーなしで何とかなりました。 荷物を載せ、昼食をとってから暑さのピークを迎える前に久住へ。今日は57号経由。途中、買い物もし帰宅したのは2時半頃。片付けに汗を流してから近くの温泉へ。今回の持ち込みは今日の分までで終了。結局、事務所の2階は手つかずですが、これはまた季節がよくなって。明日からは捨てる物を選びながら片付けでしょう。 夕暮れ時の散歩はまた猫も。少し暗くなって段ボールと格闘し、噛み散らかすのを叱ると、神妙な顔で警戒。昼間と違って瞳が大きく、少し顔つきが違って見えます。 明日は雨の予報。南部九州はそろそろ梅雨入りか。すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

藤原香奈水彩画展

2018/3/28(水) 午後 10:08

風の家のこの春の企画展は「藤原香奈水彩画展」。香奈ちゃんの水彩画は、展覧会で二度ほど見せてもらったことがありますが、水彩画にひた向きに情熱を注ぎ込んでいるのが、作品だけでなく彼女の話からも伝わってきます。まるで他のことにはまったく興味がないかのように水彩画に寄り添っている彼女です。 そんな彼女がここで作品展を開きたいと思わせた風の家。ごく普通の民家ではあ ...すべて表示すべて表示

モルソーのパーツ交換

2018/1/29(月) 午後 11:32

数日前の朝、いつものように薪ストーブの灰を掻き出すと何やら堅いものが。取り出すと重さのある固まり。これは何!と、よくよく見るとストーブの鋳物のかけらのようなもの。炉内を見回すと、上部にあるパーツが一部欠けていました。日頃は見ることのない箇所でこれまで気づきませんでした。どうやら交換するしかなさそう。 そこで地元の薪ストーブ屋さんに電話。親切に対応していた ...すべて表示すべて表示

年の瀬に 2017.12.29

2017/12/29(金) 午後 9:39

今年でDAR VIDAを閉じます。そして独りの場に。 DAR VIDAをオープンしたのは2006年。その前年にも企画展を開催したので丸12年。いろんな企画展を思い出すと、自分の中の重みとして、この12年間は大きかったなと改めて思うのです。勿論いろんな人の協力と存在があってのことですが、確かな記憶として残せたことは、自分自身のかけがえのない財産になりました ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事