久住高原 DAR VIDAから

大分県久住高原での日々の暮らしのあれこれ

日々あれこれ

すべて表示

峠越え

朝は冷え込んだ今日。午前中は室内に居る限りはぽかぽか陽気。ただ、少し風が冷たい感じ。 予定通り、仕事の校正のやり取りを数度。ただ、空いた待ち時間は、軽い外仕事も。午後には、いい天気にじっと待ってばかりもいられないので、500Cを走らせ峠を越えて長者原へ。昨日の外仕事で、山行きでも使わない筋肉を使った感じで、膝に少し違和感が。ここにやって来たのはタデ原湿原の木道を散歩するため。ただ、予報通り西から雲が広がって、着いた時には完全な曇り空で雨の気配も。30分ほどゆっくり散策して、膝の感覚を確かめました。ついでにここにあるモンベルショップにも。目的のものがありましたが、いま一つ決めきれずに次回へ。帰路はオープンにして冬の峠道を楽しみながら久住へ。このくらいの気温であれば、ヒーターを効かせて走れば寒くはありません。気分良く帰宅。 帰ってから戻すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

書と花展

2018/10/3(水) 午後 10:18

今週末5日から7日までの3日間、三重町の風の家で開かれる「書と花展」。花の水口さんは旧知の間。花だけでなくパッチワークも手掛ける多才な人。花を生け始めると周囲を無にしてしまうほどの集中力。その厳しさと裏腹にいつもにこやかな人柄なのです。 一方、書の今井さんは、まだお会いしとことのない人。書はきちんと見ていない、と言うよりは、今日はあまり見ないようにしてい ...すべて表示すべて表示

500C その3

2018/9/10(月) 午前 10:58

見栄え重視の500Cではあっても、楽しさは当然歴史の古いお国だからでしょう。オープンゆえのブルブルとしなる剛性感。低回転でのエンジンのバイブレーション。1速のクラッチのつなぎが下手なミッション。そんな悪しきようなウイークポイントも。運転してみれば楽しさに変わるから不思議なものです。おまけにインテリアのオシャレなこと。質感なんてものは無視しても、まず形ありき。 ...すべて表示すべて表示

500C その2

2018/9/10(月) 午前 10:57

今回の足車選択にオープンであることを第一のポイントにしたのは、どうもセブンを21年ほど乗ってきたことが大きいようです。他にもホンダビートをを足車にしていた時期もあって、あの心地よさをもう一度と言ったところでしょうか。もういつまで車を楽しめるかも怪しい年齢になって、なおさらその思いが強かったのかもしれません。 果たして500Cのそれは、もちろんレーシングス ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事