久住高原 DAR VIDAから

大分県久住高原での日々の暮らしのあれこれ

日々あれこれ

すべて表示

暖を取る

朝から本格的に降り出した雨は、時折強く降ったりで、一日やむことのない雨の一日。出かける気にもならないし、ボチボチと仕事。猫は雨の日の定位置、勝手口の棚の上で時折思い出したように周囲を監視しながら、後は惰眠をむさぼっていました。 仕事の方は、頭を使う内容で、ドツボにはまると一向に前に進まない。働かない頭は最後には現実逃避して眠気をもよおす始末。どのくらいだったか、うたた寝してしまったよう。それほど低い室温だったわけでもないのに何げに少し寒気も。 こんな時は暖を取るに限ります。木工作の鉋屑などを焚付けにスキャンに火を入れ、暗くなって行く外を眺めながらぼんやりと。冬場の本格的な焚き方と違う小さな炎が揺らめくだけで、体も心もじんわり温もりが戻ってくるようでした。 ここ当分は雨続きらしい。代わり映えしない天候ならば、自分でメリハリをつけるすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

500C その3

2018/9/10(月) 午前 10:58

見栄え重視の500Cではあっても、楽しさは当然歴史の古いお国だからでしょう。オープンゆえのブルブルとしなる剛性感。低回転でのエンジンのバイブレーション。1速のクラッチのつなぎが下手なミッション。そんな悪しきようなウイークポイントも。運転してみれば楽しさに変わるから不思議なものです。おまけにインテリアのオシャレなこと。質感なんてものは無視しても、まず形ありき。 ...すべて表示すべて表示

500C その2

2018/9/10(月) 午前 10:57

今回の足車選択にオープンであることを第一のポイントにしたのは、どうもセブンを21年ほど乗ってきたことが大きいようです。他にもホンダビートをを足車にしていた時期もあって、あの心地よさをもう一度と言ったところでしょうか。もういつまで車を楽しめるかも怪しい年齢になって、なおさらその思いが強かったのかもしれません。 果たして500Cのそれは、もちろんレーシングス ...すべて表示すべて表示

500C その1

2018/9/10(月) 午前 10:56

500Cがやって来て数日後には、トラブル発生。入院治療も大分には正規ディーラーがないこともあって、結局退院したのは1カ月以上経った8月も3日になってからでした。それから1カ月以上を経過して、63000km弱だった走行距離もすでに65000km+。いろいろあった一カ月だったこともあって、ひと月に2000kmほども。そんなに走ったかなと思えるほど苦にならなかった ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事