久住高原 DAR VIDAから

大分県久住高原の週末と祝日オープンのアートスペースです。

全体表示

[ リスト ]

春の企画展-17

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

週間予報では、曇りの予報でしたが、企画展最終日は午前中快晴。午後も少し雲が広がることもありましたが、晴れは夕方まで続き、いい季節の久住を感じていただけたようです。
午後、テーブルを動かし、エンディングのセッティング。持ち込んでいただいた明石さんの野菜料理とパン、お豆腐。堀田さんの創作料理が見事に並べられ、参加いただいた方々も三々五々集まって、のんびりとしたDAR VIDAらしい始まりです。顔見知りの方、初めての方など様々ですが、美味しい料理を味わいつつあちこちで話が弾み、ゆったりしながらも密度の濃い時間が夕方まで続きました。
皆さんがお帰りになったのは7時過ぎ。2時間ほどかけてひとりで片付けを。一段落して椅子に腰を下ろし、ゆっくりと企画展をかみしめる時間は、自分だけの豊かなひとときなのです。9時をまわってすっかり暗くなった夜道を大分へ戻りました。
今回の企画展も思いつきが始まりでした。声をかけさせていただいた10人の方々がこれに快く応えていただいて、企画展が成立したわけで、皆さんには感謝するしかありません。本当にありがとうございました。来られた方々も新緑の季節、10日間の開催中はほぼ雨の降ることもなく久住のよさを感じていただけたのではないかと思います。感謝!
企画展の開催中に、ある作家さんとまたしても思いつきのような企画が頭に浮かび、うまく行けば秋に開催となるかもしれません。思いつきもきちんとした形にできるかが問題で、実現するためには、それなりのハードルがあるわけです。スローペースですが、これから考えていきたいと思います。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

この度は、愚息が大変お世話になりました。最終日、僕も行きたかったのですが、残念です。その代わり、知り合いが何人もお邪魔したようです。DAR VIDAのあの空気感、もっとたくさんの人に味わって欲しいですねえ。また、近いうちに。

2012/6/2(土) 午前 7:41 [ bunbo ] 返信する

顔アイコン

こちらこそ、しずく君には大変お世話になりました。大人に交じって、どんな感じだったのでしょうか。しずく君の本を見て、多くの人が感心していました。
ありがたいことに、江副のお知り合いの方が、お見えになりました。感謝します。
東奔西走お忙しい日々のようですが、またお話を聞かせてください。

2012/6/2(土) 午後 6:34 [ sev*n*s51 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事