徒然雑記と気まぐれポタ記

フェイスブックの方が忙しく、なかなか投稿が出来ません。今年も月間目標100Kmni挑戦します。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

中仙道(17号線)を更に進み、坂を下り始めると、右側に白い塀が見えて来ました。白い壁の手前に急坂があり、見上げると坂上には六角堂(妙亀霊廟と見える)が建ち、総泉寺とあります。腹が減って登る気力が湧きません。

イメージ 1
 総泉寺の妙亀霊廟 

総泉寺は江戸3箇寺の1つ、台東区橋場町にあり関東大震災で破壊され移転(大善寺を吸収合併)したとのこと。

梅若伝説(梅若塚のある木母寺は行ったことがある)の母(妙亀尼)や平賀源内の墓等との関係が深い(現在も元の場所にある)

白壁沿いに進むと薬師の泉と言う庭園の門がありました。ここで、コンビ二で買った昼食を食べることにしました。

イメージ 2
 庭園内、ここが見えるベンチで・・・

昼食後、江戸名所図会にも登場する庭園内を一巡しました。薬師の泉の湧き水は、今は昔、その面影はありません。

イメージ 3


イメージ 4
 湧き水・・・・

イメージ 5
 これは水道水・・・・

前の道を辿ると右側に小豆沢公園の崖が続きます。途中に祠がありました。立て看板によると御手洗不動旧跡とあります。富士・大山詣での禊場だったそうです。

イメージ 6


公園の端の急峻な坂を上ります。時間が無くなりました。ポタしてからも時間が経ってしまいましたので、これからは立ち寄った場所の写真を載せてゆきます。

イメージ 7
 龍福寺、板碑寺として名高いそうです。

イメージ 8
 本堂に黒猫が・・・

イメージ 9
小豆澤神社、十二天社と呼ばれ航海の神様として信仰を集める。

イメージ 10
 清水坂、ここも旧中仙道、道中最初の難所、富士山が望めた。

イメージ 11
 熊野神社本殿、志村城二の丸跡に建つ。

イメージ 12
 延命寺、こぶ寺の異名を持つ。(こぶ持ちのけやきの大木)

イメージ 13
 延命寺の蛸薬師庚申塔、いぼとりの仏として有名

イメージ 14
 常楽院、土器寺〜弥生式土器の展示、見なかった・・・

イメージ 15
 長徳寺、豊島88箇所第14番札所

イメージ 16
 弘法大師霊場と刻まれた巡拝塔等

今回の第2回板橋区ポタ「旧中仙道を走る」は、当初天気の心配をしながらの出発でしたが、幸いにして途中に、ほんの少しのお湿りに会っただけで済みました。

相変わらず坂道が、きつい場所であることは変わりませんでした。帰路は、往路を辿って帰りましたが、白山通りは概ね下りが続き楽な走行でした。板橋区へのアクセスは今回のコースが良いかな・・・・・

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事