ミーハーのこだわり。

グルメじゃない、ただの食いしん坊の日記。大体何でも美味しく食います。行間も読んでね( ̄ー ̄)

家電&カメラ&Mac

[ リスト | 詳細 ]

大好きな家電全般、特にオーディオ・ヴィジュアル系と、写真や動画の撮影・編集、そして仕事からプライベートまで手放せないMac&Apple製品他PC周辺機器などの話題です。

Mac・Apple関連のサイト「Mactune-まっくちゅーん」もご覧ください→ http://mac.club16.net
記事検索
検索

全199ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

壊れましたオーブントースター。
前の借家に住み始めた時に買ったから、えっと・・13年くらい使ったかな。
National(そう、まだPanasonicじゃない時!)の6000円くらいのやつ。

イメージ 1

どんなの買おうかなーと考える。
しかも早急に。

今までも特に変わった機能もなく、
まあパンさえちゃんと焼いてくれればいいや、くらいな気持ちだったので、
今回も・・いや・・ただパン4枚/グラタン2皿/25cmのピザが
焼けるのがいい。
↑となると、アラジンやバルミューダなどのオシャレトースターは候補外。

まあ、4枚焼きできるトースター探していくと、
自ずと数えるほどに絞られちゃう。
ホントは家電メーカーが好きなんだけどね、
いろいろ機能と価格のバランス考えて、予算を1万円程度に設定。
結局候補に残ったのが象印とタイガー魔法瓶という、調理機器メーカー。

イメージ 2

最後は見た目で(笑)コイツにしました。

タイガー魔法瓶の、コンベクションオーブン&トースター「やきたて KAS-G130」。

ホントはこの上のクラスの「GRAND X やきたてKAX-X130」がすんごくかっちょよかったんだけどねー。
トースターに2万円出すのも・・ねぇ・・。

イメージ 3

庫内が広い!\(^o^)/

イメージ 4

なので躯体の奥行きがけっこうある。

イメージ 5

いろいろいらなそうな(笑)機能あるけど、これはいいかもってのが、
リベイク機能。
さっそくKawasakiのパン、リベイクしてみました。

イメージ 6

表面が軽くサクサク、
中はふんわり温かく。
レンジみたいにふわぁっとし過ぎないのがいいすねー。
これは使える機能だわ。

これからしばらくは
週末はグラタン、ピザ、トーストだなー(^^)

この記事に

開く コメント(0)

ちょっとタイトルがヲタっぽくなっちゃった(笑)

イメージ 1

Windows用のグラフィックカード、NVIDIA GeForce GTX750Tiを積んだ
うちのMac Pro2008、
http://mac.club16.net/archives/1350
ついうっかりOSをYosemiteからEl Capitanにアップデートしちゃって。

気づいたときにはすでに遅し、
アップデート終了後、起動はすれどログインができなくなりました。

イメージ 2

上記のリンク見てもらえばわかるのですが、
このグラフィックカード、ドライバをインストールして
環境設定で標準のドライバか、
GeForce GTX750Tiのドライバかを選択しておかなきゃならないので、
今回みたいに上書きとはいえ、うかつにOSアップデートすると、
環境設定が標準のドライバに戻っちゃうんですね。

そのせいで、起動はすれど画面も映らなくなっちゃうし、
他のMacから画面共有で入ってもログインができない。

こんなときは、もう標準のグラフィックカードに一旦戻すしかなく。

イメージ 3

戻せば問題なく一発起動。

システム環境設定>NVIDIA Driver Manager開いて、
標準のドライバ設定「OS X Default Graphic Driver」に戻っちゃってたのを
「NVIDIA Web Driver」の方にチェックを入れて、完了。
ココでMacを一度終了させます。

これだけのことなんですねどねー。めんどくさい(笑)や、自業自得ですが。

イメージ 4

んで、標準のグラフィックカード外して、
またGeForce GTX750Tiに付け替えー。

イメージ 5

完了。

イメージ 6

そして無事起動。

ちなみに、ネットあれこれ徘徊すると、
このMac Pro+GeForce GTX750Tiは
OSはEl Capitanまでしか上げられないらしいですね。
sierra〜Mojaveに対応できるドライバがないとか。
(てか、MacOSがNVIDIAのグラフィックカードをフォローしてないようです)
ひとまずこのまま使い続けるかー。


この記事に

開く コメント(0)

音楽プレイヤーとしての単機能だけでいいんですよ、私にとってのiPodは。
なのでiPodnanoが大好きだった。
けど・・今はiPodといえばiPod touchしかラインナップにないんですよねー。

私の使い方からだと、iPhoneやスマホでは代替えにならず、
やっぱ単体で音楽プレイヤーが必要なのですよ。

てなわけで、諸事情あって新しいiPod買おうかなーと考え、
容量的に64GBくらいがジャストやねー、なんて思ってたら、
今のiPod touchのラインナップって、32GBと128GBしかないんですね。
32GBは21800円、128GBは32800円と、11000円も開きがあるから、
「64GBないなら128GBで・・」と即決もできず。

イメージ 1

こんな時ゃ、困った時のApple認定整備済み製品。
https://www.apple.com/jp/shop/refurbished
2週間くらいちょこちょこ覗いてたら、
出てきましたiPod touch 64GB(第6世代)!そして希望の色ゴールド!
お値段も23600円♪即ポチでした(^^)

イメージ 2

パッケージ、説明書などの同梱品、
それと本体外装とバッテリーは新品とのこと。
要するに見た目は新品と変わらないってことすね。
バッテリー替えてくれてるのもありがたい。

中古購入も考えたけど、一番不安なのがバッテリーなんですよね。

イメージ 3

うほぅい!まっさら。新品と言っても差し支えなし!

ちなみに、コレ届いた翌日に、
ネットで新型iPod touch第7世代の噂が出てきました(^_^;
ま、いいけど。

イメージ 4

iOSも最新の12がプリインストールされていました。

イメージ 5

前のスマホXperia Z5のゴールドを使ってから、
この色に妙に取り込まれちゃって(*´∀`)

イメージ 6

iPod nano第4世代、iPod touch第4世代に挟まれて。
どちらも我が家では現役で使われてます。

イメージ 7

でもiPod touch第4世代にはぼちぼち引退フラグ立ってます・・(笑)

イメージ 8

USBとWi-Fiで、MacのiTunesとフル同期中。
容量で時代が解りますねー。


この記事に

開く コメント(0)

Macのファイル名やフォルダ名の部分に、色、付けられますよね。
Macでは「ラベル」や「タグ」と呼んでいます。

「Snow LeopardのMacから、El CapitanのMacにデータ引っ越したら、
Snow LeopardのMacでフォルダ名に付けた色(ラベル、タグ)、とれないんだけど!」
って輩がいました。
けっこう知られてないらしいので、ちょっと書いておきますね。

イメージ 1

[Snow Leopardの画面]
その「ラベル」「タグ」とはなんぞ?といいますと・・
色付け方法は他にもありますが、いちばん簡単で
たぶんみんながやってるやり方は、
対象のフォルダやファイルを選択して、
マウスの右クリックでサブメニュー画面を開き、
そこから色を選んで付ける方法。

イメージ 2

[Snow Leopardの画面]
ほれこんなふうに。

イメージ 3

[Snow Leopardの画面]
で、色を外すときは、
サブメニューから「ラベル」にある「×」を選べばOK。
これがSnow Leopardの場合。



イメージ 4

[El Capitanの画面]
El Capitanでは、まず名前が「ラベル」から「タグ」に変わっています。

でも操作方法は一緒で、
右クリックで「タグ」から色を選んで完了。

イメージ 5

[El Capitanの画面]
色の外し方はちょっと違っていて、
付けてある色の上にカーソルを持っていくと
「×」印が浮かび上がるので、クリック。
すると色が取れちゃいます。

まあ、ここまでは一般的に知れ渡ってるようだけど・・



イメージ 6

[Snow Leopardのフォルダ→El Capitanの画面]
さて本題ここから。

Snow Leopard内で「ラベル」で色を付けたフォルダやファイルを、
El Capitanに持っていって、その色を外そうと思い、
右クリックで「タグ」を見ても、
該当の色がない!「×」印もない!

イメージ 7

[Snow Leopardのフォルダ→El Capitanの画面]
「え?でも赤あるじゃん!」と
「タグ」の赤丸選択してみたら、
消えるどころか、赤がもういっこ付いちゃう始末。

イメージ 8

[Snow Leopardのフォルダ→El Capitanの画面]
これ、
ファインダー状態でツールバーから
Finder>環境設定>タグのタブを開くと解りますが、
色に付けられてる名前が違うためにこんなことになっちゃうようなのですよ。
Snow Leopardで付けたラベルの色は「レッド」、
El Capitanにあるタグの色は「Red」。
どっちも赤じゃん!なんですけどねぇ・・。

イメージ 9

[Snow Leopardのフォルダ→El Capitanの画面]
ちなみにこの画面で、
「レッド」選択して左下の「ー」(マイナス)クリックすると、
全てのレッドのフォルダの色が消せます。
が、
選んで消したいときには、これじゃちょっと・・。

イメージ 10

[Snow Leopardのフォルダ→El Capitanの画面]
で、そのやり方。
色を消したい(ラベル、タグを取りたい)数が少なければ、この方法が簡単。

消したいフォルダ選んで、右クリックでサブメニュー開き
「情報を見る」をクリック(またはショートカットで、コマンド+I〈アイ〉)

イメージ 11

[Snow Leopardのフォルダ→El Capitanの画面]
そこで開いた情報の画面に、タグの項目があるので、
そこでDeleteするだけ、それだけ。

イメージ 12

[Snow Leopardのフォルダ→El Capitanの画面]
ラベル、タグを取りたいファイル、フォルダが
5〜6くらいまでなら、これでちゃちゃっと消せますね。



イメージ 13

[Snow Leopardのフォルダ→El Capitanの画面]
もっとたくさんあるときは、コッチのほうが便利かなー?という方法もあります。
先の、Finderの環境設定を利用します。

イメージ 14

[Snow Leopardのフォルダ→El Capitanの画面]
要は、
この右クリックで出てくるサブメニューの「タグ」のところに、
今までどおり、
その使ってる色があれば、一番いいってことですよね。

イメージ 15

[Snow Leopardのフォルダ→El Capitanの画面]
なので、サブメニューのタグに、今使ってる色を登録しちゃいます。

登録できるのは7色までなので、
「よく使うタグ」の中から、
使わない任意の色を1コ、ドラッグして消します。

イメージ 16

[Snow Leopardのフォルダ→El Capitanの画面]
ほいで、
「サイドバーに表示するタグ」のリストに表示されている、
消したい色(Snow Leopardで付けた色)を選んで、
「よく使うタグ」の中にドラッグして持ってきます。
これで登録OK。

イメージ 17

[Snow Leopardのフォルダ→El Capitanの画面]
これで右クリックで「ラベル/タグ」の色を
簡単に外せます。

これなら色を外したいフォルダだけ選んで、
いっぺんに外せますよねー。

この記事に

開く コメント(2)

「web関係はさ、やっぱスマホよりMacでアップする方が楽でさ」
うんうん同感。
「ホントはInstagramもMacでやりたいんだよねー」
あ、それできるよー。

そんな会話を友人としていて、やり方を伝授。
仕事でインスタやってるその友人、
写真はPhotoshopで色調整とかしてるんですよ。
だからそのままMacでインスタアップする方が楽なんすよ。

あ、あとね、
私の世代だとね、やっぱキーボードで文字打つのが楽ってのもあるかなー。


以前、Mac上で動かせるAndroidのエミューレーターで遊んでる時に
http://mac.club16.net/archives/1300
それでInstagramをアップする日記は書いたことあったけど、
Instagramのアップだけなら
もっと、てか超かんたんに
普通にブラウザできるやり方あるんすよ。

Google Chromeと、Safari、Firefoxが使えますが、
ひとまずChromeでのやり方。
(Mac mini2014/El Capitanでやってます)

イメージ 1

いわゆる「開発者モード」で作業します。
web製作者などがブラウザで使う機能ですね。

Chromeの右上(1)をクリック、
開いたウインドウから「その他のツール」(2)を選んで、
そこから「デベロッパーツール」(3)を選択。

イメージ 2

グラウザ上の半分くらいに
コードばかりの画面が登場します。
その上にある、スマホ&タブレットのアイコン(4)をクリックすると

イメージ 3

開いていたサイトが、
スマホで見ているような状態になります。

イメージ 4

ここで、Instagramにログイン
https://www.instagram.com/?hl=ja
すると、Instagram側で
「あ、スマホで見てるなコイツ」と勘違いして、
スマホ同様の画面が呼び出されます。

イメージ 5

結果みごとスマホまんまのInstagramを
開くことが出来ます。
これでアップもOK。

イメージ 6

Safariはもっと簡単で、
環境設定>詳細の
「メニューバーに“開発”メニューを表示」
にチェックを入れると、

イメージ 7

メニューバーに「開発」という項目が出現するので、
そこから「ユーザーエージェント」を選択すると、
iOSの項目が出てくるので選択。

これでInstagramを開くと、
Chrome同様スマホ状態で見られます&いじれます。

イメージ 8

Firefoxの場合は、
ツールバーから
ツール>ウェブ開発>開発ツールを表示
で、Chromeと似た画面が開き、

イメージ 9

これもChrome同様スマホ&タブレットアイコンのクリックで、
スマートフォン画面として
Instagramを開くことが出来ます。

Safariが一番ラクだけど、
どれもけっこう簡単にできちゃいます。

この記事に

開く コメント(0)

全199ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事