田舎に暮らす

自然と生き物と、畑仕事、田んぼ仕事の365日

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全692ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ひよこ豆が発芽

イメージ 1イメージ 2イメージ 3
以下は昨日の文章。
今日もほぼ同じ。

<本日も分蜂なし。
またもや3群とも今にも分蜂しそうに高く飛び回るのだが…
風がすこぶる強かったことも少し影響しただろうか。>

ただし、今日は昨日よりもっと、今にも分蜂しそうだった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
畝に直接蒔いたひよこ豆が発芽した。
欠株はさほどなさそうだ。

知人がひよこ豆を水に浸してから蒔いたら、土の中で腐ってしまって蒔き直したと言っていた。
我が経験から言っても、豆類を蒔くのに水に浸す必要はまったくないと思う。

発芽したばかりの柔らかい豆や頭をハトやカラスに食べられないように、
ポットを入れるトレイを被せている。

ポットに蒔いたひよこ豆はまだ発芽してこない。

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

サツマイモの苗作り

イメージ 1イメージ 2イメージ 3
本日も分蜂なし。
またもや3群とも分蜂しそうに高く飛び回るのだが…
風がすこぶる強かったことも少し影響しただろうか。

サツマイモの苗づくりが思わしくない。
発泡スチロール箱に埋め込んだ紅はるかは、まったく変化なし。

SUN菜さんのやり方を参考にして、畑にじかに伏せ込んで籾ガラ燻炭を厚く被せ
(籾ガラがなくなってしまったので)、ビニールで二重にトンネルした。

イメージ 4
一方、土佐紅のほうは緑の葉が開いてきた。→
少しは苗が採れるかなと期待している。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1イメージ 2イメージ 3
本日も分蜂なし。
3群とも今にも分蜂しそうだったが。
同時に分蜂したらどうしよう…結局、杞憂だった。

家から離れられないので、逆に農作業がはかどる。
日に当てて芽出ししたショウガ3種類を植え、コンニャク玉を植え、
越谷いんげんを蒔き、エゴマを蒔き、パース二ップを蒔き、
バジル3種類を種蒔きし、あちこち草取りもした。

この記事に

開く コメント(0)

分蜂のリハーサル?

イメージ 1
午前11時過ぎに預かっている群の分蜂行動が始った。
巣箱の前面が蜂さんで真っ黒。
盛大に飛び回って巣箱前のモミジの木に掛け渡した集蜂板に大きな蜂球を作った。
が、何が理由か、もとの巣箱に戻ってしまった。

イメージ 2蜂球が静かになったら霧をかけようとスプレー片手に待ち構えていたのに、蜂さんたちはなかなか落ち着かず、蜂球から離れたり、また寄ってきたりを繰り返す。
おかしい、おかしい…と思っているうちに、蜂球がすこしずつバラけ始め、またワンワンと飛び上がり、飛び回り、やがて巣箱に吸収されてしまった。
こんなことは初めてだ。一体なんだったんだろう…
分蜂のリハーサル?
最後の最後、女王蜂を迎えに行ったのに「まだ出かける準備ができてないわよ」と嫌がられてしまった? 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨日もなんとなく奇妙だった。
朝から3群とも出入りが少なかった。
ところが、午後4時前に揃って盛んに出入りを始めた。
ひょっとしてこんな時間に分蜂か、まさか…と思ったほど。
奇妙なことが続くが、ともかくも分蜂はしたがっている。
明日も注視だ。

この記事に

開く コメント(2)

ほだ木を林間に

イメージ 1イメージ 2

1月10日に友人と一緒にほだ木にシイタケ菌を打ち込んでから3か月以上が経過した。
友人宅の軒下に置いていたほだ木を林の中に移した。

自分の分は家に持ち帰ろうとも思ったが、適当な場所がない。
人工的に日陰を作ってほだ木を置く場合は2、3日に一度は水をかける必要があるとか。

シイタケが出てくるのは来年の秋なのでゆっくり構えればいい。
友人宅の分と一緒に林の中に置いてもらった。

風の通りがよい場所だ。
間もなく木々の葉が繁って天然の日陰を作ってくれる。

この記事に

開く コメント(0)

全692ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事