Ddogのプログレッシブな日々

保守系サラリーマンによる保守主義者のブログ (消極的親米保守)

今日の進歩

すべて表示

尖閣侵入中国潜水艦は囮だったのか?


イメージ 2

潜没潜水艦の動向について
防衛省 平成30年1月12日

 本日午後、尖閣諸島北西の東シナ海海上において、第15護衛隊所属護衛艦「おおよど」(大湊)及び第6護衛隊所属護衛艦「おおなみ」(横須賀)が、同諸島大正島の接続水域を昨日航行した潜没潜水艦が浮上、中国国旗を掲揚して航行しているところを確認しました。
防衛省としては、これらも踏まえ、当該潜水艦が中国潜水艦であることを確認しました。

イメージ 1

中国国旗を掲揚して航行する当該潜水艦

尖閣接続水域の潜没潜水艦は中国籍 政府が正式確認、駐日大使に抗議 海自が追尾、中国旗掲げる
【産経ニュース】2018.1.12 19:03 

政府は12日、10〜11日に尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域を潜没航行した潜水艦について、中国海軍所属であることを確認したと発表した。海上自衛隊の護衛艦が追尾していた潜水艦が12日、東シナ海の公海上で海面に浮上した際に中国国旗を掲げた。潜水艦が護衛艦を挑発する意図があった可能性もある。

これを受け、外務省の杉山晋輔事務次官は12日、程永華駐日大使に電話で「新たな形での一方的な現状変更で、事態の重大なエスカレーションだ」と抗議した。杉山氏は11日も程氏を外務省に呼んで抗議しており、2日連続の抗議は異例だ。

政府は11日の時点で潜水艦の国籍を公表していなかった。自衛隊は通常、潜水艦のスクリュー音などで国籍を特定するが、防衛省は「情報収集能力が特定される」として公表を見送っていた。

しかし、海上自衛隊の護衛艦「おおなみ」と「おおよど」は、潜水艦が11日に接続水域を出た後も追跡。12日午後になって尖閣諸島北西の公海上で潜水艦が浮上した際に公然と国旗を掲げたため、防衛省は公表に踏み切った。


防衛庁の写真から判断するとセイルの形状から旧式の原子力攻撃潜水艦 漢型であろうと思っていたが、防衛省は商型であるとの発表があった。

小野寺五典防衛相は15日、尖閣諸島(沖縄県石垣島)周辺の日本の接続水域を10、11両日に潜没航行した中国海軍の潜水艦は、「商」級の攻撃型原子力潜水艦だったと記者団に明らかにした。小野寺氏は「国際的な常識から、潜水艦が潜航したまま相手の領海近くに航行することはあってはならない」と中国軍を批判し、「毅然(きぜん)とした対処をしていく」と強調した。

防衛白書によると、商級は最大射程40キロの艦対艦ミサイルを搭載。対地攻撃用の巡航ミサイルも搭載している可能性がある。小野寺氏は商級の能力について「搭載される巡航ミサイルは長射程だと認識している」と述べ、「原子力潜水艦は長時間潜航でき、深い深度を航行すると、より発見しにくい」とも指摘した。

また、小野寺氏は「潜没潜水艦を確認した後、海自の護衛艦から繰り返し、この船に伝わるような形で警告を発した」と語り、追尾の際、相手に音波をぶつけるソナーを用いた経緯を示唆した。
商型のセイルの後背は垂直に落ちているが・・・写真では、漢型の特徴であるセイル後背部下が若干末広がりに見えるのだが?写真では見にくいので、音紋を取っている海自の発表が正しいのであろう。

商型は旧式化した091型(漢型)の後継として開発された2006年の12月に一番艦が就役した中国海軍第二世代の攻撃型原潜である。ロシアからヴィクターIII型原子力潜水艦の技術を導入して静粛性の向上を図っているが、ドラを鳴らして潜航していると言われる漢型よりは改善したとはいえ、アメリカ海軍の評価では、静粛性はヴィクターIII型に劣るとされている。

現在2番艦が就役しておりあと2隻が建造中とされています。

今回の事件でわかったことは、商型といえども、中国の原子力潜水艦は自衛隊の対潜能力をもってすれば、その位置を常時把握されているということだろう。

これは、日本の潜水艦乗りの感覚からするとありえない失態だ。日米の演習で自衛隊の潜水艦はほとんど発見されたことがない。P-3C導入時やP-1導入で多少海自潜水艦も発見されやすくなったとはいえ、海自潜水艦は発見が難しい。だが、中国の潜水艦は容易に発見されてしまうようでは、そのステルス性が最大の武器であるはずの潜水艦が、実戦で役に立たないことを意味する。

だが、中国の狙いは、もしかしたら別にある。銅鑼を鳴らしてやってきたのは、わざとだった可能性が高い。

中国軍がすべての必要な手段で領土主権・安全の利益を維持=国防部 【中国網チャイナネット】2018-01-12 13:59:44 | 

 国防部新聞局によると、11日午前、日本の海上自衛隊の艦艇2隻が、中国領・釣魚島の赤尾嶼から北東の接続水域に入った。中国海軍の「益陽」ミサイル護衛艦が直ちに行動し、同海域で全過程を追跡・監視した。中国軍はこれまで通り必要なすべての手段を講じ、国家の領土主権及び安全の利益を断固守っていく。国防部ウェブサイトが伝えた。 

記者からは「日本の防衛省が11日に発表した情報によると、中国海軍の艦艇が同日、釣魚島の領海外の接続水域に入ったという。国防部には情報の裏付けと、関連状況の紹介を願う」という質問があった。国防部新聞局は、次のように回答した。 

11日午前、日本の海上自衛隊の艦艇2隻が、中国領・釣魚島の赤尾嶼から北東の接続水域に入った。警戒任務を担当する中国海軍の「益陽」ミサイル護衛艦が直ちに行動し、同海域で全過程を追跡・監視した。中国軍はこれまで通り必要なすべての手段を講じ、国家の領土主権及び安全の利益を断固守っていく。日本側の艦艇はすでにこの接続水域を離れている。 

釣魚島及び付属島嶼は古くより中国固有の領土であり、中国側の艦艇の関連海域における活動は完全に正当かつ合法であることを強調する。日本側はこれを心中知りながら悪人のくせに先手を打って訴え、黒白を転倒し、是非を一緒くたにし、中国軍の正当かつ合法的な権利を守る行動を喧伝している。我々はこれに強い不満と断固たる反対を表する。

中国軍はこれまで通り必要なすべての手段を講じ、国家の領土主権及び安全の利益を断固守っていく。

「中国網日本語版(チャイナネット)」 2018年1月12日

イメージ 6

中国国防省などは同国艦艇の接続水域航行について「海上自衛隊の艦艇2隻を追跡、監視した」と主張し日本側の行動がきっかけだったと強弁している。

そして、中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報(英語版)は12日付で、中国が尖閣諸島問題で「突破口」を求めていたとする匿名軍事専門家の分析を紹介した。

もしかしたら、中国の主張はあながち強弁ではなく、日本が嵌められた可能性がある。尖閣侵入中国潜水艦は囮(おとり)だった可能性すらある。

この事件をきっかけに中国は海警(巡視船)に加えて海軍の艦船を派遣する“攻勢”を本格化させる恐れがある。

日本が潜水艦を国際法に沿って追跡をしていたら、海自の軍艦を尖閣に派遣したという既成事実/実績として使われてしまうのである。尖閣を虎視眈々と狙う中国に一本取られてしまったのであろうか?いや、ここで潜水艦の追跡を止めてしまえば、余計に中国を増長させることになり、どっちにしても、中国の策略に嵌められてしまったのだ。中国は孫子の兵法で、尖閣を奪取する意図は満々である。

我が国は理不尽な威圧に対して、怯まず脅しに屈しない姿勢を貫くしかない。

中国潜水艦が日本の接続水域で潜航したことを受け、改善基調にあった日中関係は仕切り直しを余儀なくされている。政府は27、28両日に河野太郎外相を中国に派遣し、中国側の真意を探る方針だが、李克強首相ら中国首脳部との会談は調整が難航している。

河野氏の訪中では、王毅外相、中国外交担当トップの楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)国務委員との会談がほぼ固まった。河野氏は首脳往来の活発化を改めて求める一方、潜水艦の潜航に抗議する方針。日本政府は河野氏訪中で、潜水艦の行動が中国政府全体の意志に基づくものか、「現場の暴走」によるものかを見極めたい考えだ。

ただ、中国の外務省は軍の行動を把握していないことが多く、王氏や楊氏では満足のいく回答ができる保証はない。12日に杉山晋輔外務事務次官が程永華駐日大使に抗議した際は「程氏が事実関係をまったく把握していなかった」(日中関係筋)という。

このため政府は、軍の行動を知りうる立場にある李氏らの会談を中国側に求めている。岸田文雄前外相が平成28年4月に訪中した際は、李氏が会談に応じた前例もある。しかし、27、28日は土日に当たり、中国側は「政府首脳部は土日に対応しない」としている。

政府は首脳部との会談が実現しなくても王、楊両氏との会談を「ミニマム」とし、河野氏訪中を実現させる方針だ。それでも、潜水艦をめぐる中国の意図が明確にならなければ、現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」への協力などに大きな障害となりそうだ。(大橋拓史)


その他の最新記事

すべて表示

タイトル 登録日時 URL EA-18Gグラウラー電子戦機を自衛隊が導入検討?  2018/1/8(月) 午後 0:43  https://blogs.yahoo.co.jp/ddogs38/40565446.html ...すべて表示すべて表示

タイトル 登録日時 URL Submarines of the World 世界の潜水艦 その3 、インド・中国 2017/6/30(金) 午後 11:52  https://blogs.yahoo.co.jp/ddogs ...すべて表示すべて表示

北朝鮮 金主席生誕105周年 「北極星」初公開(17/04/15)   米の挑発に「殲滅的攻撃で応じる」 平壌で大規模軍事パレード、核実験など確認されず   【産経ニュース】2017.4.15 12:47 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事