Ddogのプログレッシブな日々

保守系サラリーマンによる保守主義者のブログ (消極的親米保守)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

【日経平均09/03/03 3分足1日のチャート】

今日の日経平均は▼50.43円の7,229.72円とはいえ、東証は強かった。公的資金の買いとはいえ、13時過ぎにボードが赤い字でプラスに転じた時には感動すらした。
今朝モーニングサテライトを見たときには、昨年10 月の安値をトライする動きを覚悟したのだが、東証の6000円台突入を覚悟したのだが、▼50.43円の7,229.72円は東証のNYとのデカップリングを期待できるのではないかとも一瞬ではあるが思わせる動きである。

それなのに今日の駅売りの夕刊紙は
イメージ 2

イメージ 3

いや、まったく日本のジャーナリズムは、危機扇動者か!

だが、思考回路がもっと浮世離れしている連中が永田町にいた!

【政府から株価対策に慎重意見、首相「安易にやるべきでない」:ロイター】2009年 03月 3日 18:32 JST
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-36784620090303
[東京 3日 ロイター] 3日の参院財政金融委員会では、3月決算期末を控えて株安が波乱要因に指摘されるなか、政府・与党が検討に着手した株価対策を中心とした金融・資本市場安定化策に対する質問が相次いだ。
 麻生太郎首相や与謝野馨財務・金融・経済財政担当相らは慎重な見解に終始。期末が迫るなか、株価対策の実現性は依然として不透明だ。
 麻生首相は公的資金を活用した株価下支え措置など株価対策の必要性を問われ、「企業や金融を考えた場合、銀行システムが引っくり返ると影響が大きい」としながらも、「そうしたところを救済せざるを得ないなど、よほどのことがない限り、安易に(株価対策を)やるべきではない。極めて保守的、慎重でなければならない」とし、金融システム全体に不安が生じるような事態にならない限り、政府が市場に介入すべきではないとの考えを示した。
 株価対策は現在、与謝野財務相の要請を受けて、自民党・国際金融危機対応プロジェクトチーム(PT)の柳沢伯夫衆院議員を中心に検討が進められている。
 対策検討を要請した与謝野財務相は同日の財金委員会で「株価が急落すると、金融機関や生保などの経営に重大な影響を与え、一般企業の経営を何らかのかたちで圧迫する。それによって雇用が不安定化する」と株安が金融システムの支障を通じて実体経済・国民生活に悪影響を与える可能性を指摘。
 ただ、「株価をどう支えるかは、日本経済がどのような状況にあるかという深い情勢判断、洞察の下で行うべき。あらゆる事態に対応できるよう、頭で考えておかないと怠惰のそしりは免れない」と具体策について言及を避けた。
 与謝野財務相から要請を受けた柳沢氏も「株式市場対策で株価をどうこうするというのは、よほどの検討をしなければならない」と慎重なトーンをにじませた。 

<取得機構による社債買い取り、「趣旨超えている」> 

 株価対策について政府・与党内では、3日の財金委員会で買い取り再開を可決した銀行等保有株式取得機構の対象拡大など機能拡充を中心に検討が行われている。(略)

 ETFについて柳沢衆院議院は「今後、勉強していきたい」と述べるにとどめ、社債についても麻生首相が「(取得機構の)本来の趣旨を超えている。今すぐ(買い取る)という段階にはない」と否定した。
 取得機構の拡充には法改正が伴うため、与党内には日銀によるETFの購入を期待する声も出ているが、これについても与謝野財務相が「(日銀への買い入れ要請は)現時点で全く考えていない」と発言。日銀の白川方明総裁も「要請は来ていない」と断言した。
 3日の財金委員会では、取得機構の株式買い取りを再開させる法案を与野党の賛成多数で可決するとともに、民主党の要請で、必要な場合は買い取り対象の拡大など迅速な対応に含みを持たせた付帯決議を行った。付帯決議に法的な拘束力はないが、与謝野財務相は付帯決議を受け「政府としても、趣旨を踏まえて配意したい」と表明。今後、株価が一段と下落すれば、対策の具体化が急速に進む可能性は否定できない
まったく・・・・この人達はマスコミと真逆で危機感が足らない!小沢一郎代議士第一秘書逮捕で頭が幸せモードだったのだろう。

東証日経平均が底を打つにはNY市場も落ち着いてもらう必要がある。NY市場のダウの高値からの下落率は52%に達し、第二次世界大戦以来の下落率で、1937 年から1942 年までの下落率と並んだ。これ以上の下落となると大恐慌以来になり、相場が大恐慌時と類似してきた。

イメージ 4

【1929大恐慌の株価チャート:NYダウ1920〜1960】<小さな石ころの上で>http://www.fujii.org/blog/biz/investment/663.htm
【NY市場急落でも、日本はしっかり!:森田レポート】
http://www.miller.co.jp/kmp00_01/visitor/report/point/index.html
29年の大恐慌の時(約89%の下落)と同じならば、12636ドル下落しますので、NYダウは1561ドルまで下がることになります。また、黄金分割の61.8%押しならば5903ドル、そして2/3押しならば5250ドルとなります。

現在は6763ドルですから、14198ドルから見ますと、既に52.3%下落し1/2押しを突破していますので、下値抵抗ラインは6000ドルか5250ドルと言うことになります

しかしながら為替談議http://blogs.yahoo.co.jp/ddogs38/24284905.htmlにも書いたがリスク回避時の資金逃避先として円よりもドルが選好されるようになってきた。為替のドル高が期待できることから未だ世界恐慌の猶予はあろう。

【2月米ISM製造業景気指数は若干改善:ロイター】2009年 03月 3日 03:18 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-36766620090302
[ワシントン 2日 ロイター] 米供給管理協会(ISM)が発表した2月の製造業景気指数は35.8で、前月の35.6から若干改善した。
 市場予想の33.8ほど落ち込まなかったものの、引き続き判断の分かれ目となる50を大きく割り込んだ。
 雇用指数は26.1に悪化し、過去最低となった。
昨日発表の2月米ISM指数は景気指数は若干改善されたうえ、個人消費支出も1月は前月比がプラスで、前月比ベースでの最悪期は昨年末で脱した可能性もある。客観的数値は、マスコミが恣意的に危機を扇動しても、危機は単に新聞を売る為の見出しであるか見極めるヒントである。相場が戻った時には、買いを煽るのもマスコミ、こうしたISM指数とか、消費支出などの指標をこういった相場ではチェックは怠ってはいけません。目先は日米の株式が底値圏の時期にあることを示唆するので、これ以上一方的に売り込むことは難しいだろう。(大丈夫かなここまで書いちゃって・・と少々自信はないが、書きました!)
イメージ 5
http://chart.miller.co.jp/chart.cgi?0200I
NYダウの13 週移動平均カイリ率は16%で通常の突っ込み感は出ており、昨年10 月・11 月と同水準の超突っ込み状況となった場合で13 週▲24%カイリで6266 ドルとなるので、当面3月中の想定される安値は最悪その近辺と考えた方がいいでしょう。

4月2日のG20 首脳会議までに、しっかりした景気対策ではなく、金融対策をしないと、ブログにて今回のそろそろ株式相場は底打ちするかもしれない記事にたいして、皆様へ経緯書を提出することになってしまうでしょう。それよりも、金融危機から、第二次世界恐慌と呼び名を変えなくてはならないかもしれない。

円安基調に反転したドルについて、もう少しだけ解説します。

米長短金利が1 月以降日本など他国の金利に比べ相対的に上昇してきている。年明け後のFRBの信用供給減少や、米財政赤字拡大に伴う国債発行増加見通しが、金利上昇要因のややネガティブな要因ではあるが、ドル・円相場は日米金利差の影響を高く受けるために、日米金利差の拡大とともに、円安・ドル高方向に動いてきている。ドル高・円安の余地が大きくはないが、円ドルに関してはドル高基調である。

資源国通貨が商品価格と比例しやすいことと、商品価格はドル建てが多いため、商品と通貨ドルの価値が反比例しやすい傾向にある。また、新興国が国内金融市場で調達しきれない成長原資を投資ファンドやシティやウォール街などから資金調達する結果、ドルは世界経済が拡大し、原油など商品相場高のときにはドル安基調で、世界経済が後退し、商品相場安のときにはドル高基調の傾向がある。

特に米金融機関が信用リスクを背景にドルの流動性確保に動いていることが、米国へのドルの還流(リパトリ)を招き、世界的なドル需給のひっ迫によるドル高効果を強めている。経常赤字を抱える新興国からの資金流出と通貨安という問題が、ユーロ圏に飛び火し、通貨ユーロの価値を低める要因になっているのに対し、米国の通貨ドルは経常赤字国であるにもかかわらず、基軸通貨であるために上昇基調にある。世界同時不況と信用収縮が収まらない限りは、米国経済が悪くてもドルは堅調に推移しやすい。


【仮説:サブプライムローンドル防衛説】

【仮説:金融危機自作自演説】
http://blogs.yahoo.co.jp/ddogs38/19753668.html
【ビックスリー救済法案否決と、オバマ幻想 (仮説:金融危機自作自演説-◆ 】
http://blogs.yahoo.co.jp/ddogs38/21154137.html

米国はサブプライムローンを意図的に駆使し、米国経済と米ドルは逆に防衛しているのではないか?

米国の経常赤字はここ10数年間に約6〜7兆ドル近い経常赤字をだしながらも、米国の景気拡大と強いドルと金利高によって中国・日本などの黒字国の膨大な貯蓄を、マーケットを提供する見返りとして吸い上げてきた。米国の景気拡大を支えてきた一つのエンジンは住宅ブルである。

日本も1980年代後半に土地・不動産バブルを膨らませ90年代初頭にバブルが破裂し「失われた10年」を経験した。今回の米国の住宅バブル崩壊は、日本のバブル崩壊を遥かに凌駕するものである。日本はバブル崩壊のリスクを一国で背負い込んでしまいデフレから脱却するのに10数年かかってしまった。もし、今回の危機を米国一国のみで背負った場合、米国は「国家破綻」に追い込まれていたであろう。

米国はサブプライムローンを組み込んだCDO,そしてCDSを世界中の金融機関・国家、特にユーロ圏に売りさばいた。これは住宅ローンを細かく組み込み金融工学を駆使した運用有利な商品でなお且つ高格付けあったことから、世界各国の金融機関は皆運用に取り入れた。

ご存知の通り、CDO・CDSは暴落し、資金の出し手であるライバルユーロを千尋の谷へ突き落とした。更に、原油バブルも爆発し、ユーロに傾いたアラブ諸国と、ロシアを奈落の底へ突き落とす事に成功。さらに自国の消費を冷え込ませ、輸出依存の中国経済も当に地獄へと突き落とそうとしている。肉を切らせて骨を切るがごとく、結果としてサブプライムローンを駆使し米国は、経済とドルの価値を維持する事に成功した。

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

お久しぶりです。このブログではたしか”お犬番”でした。

相場が悪いときこのブログを見て、Ddogさんが株式相場のことを書いているとほっとします。

ニューヨークはまだ下がるのではないかと思っていますがどうでしょう?

日本株だけが底打つのは難しいのではないでしょうか?

経済学とか難しいことより、毎日相場のコメントを書いてくれるとありがたい。

ブログに力を入れすぎてリストラされないように頑張ってください。 削除

2009/3/4(水) 午後 5:59 [ お犬番 ] 返信する

顔アイコン

私はこれからアメリカ株式の暴落があると思います。Ddogさんはアメリカが復活するとお考えですか?すでにアメリカ金融機関の大半はバランスシートが毀損しており、どれだけ公的資金を注ぎ込んでも回復不可能なレベルになっていると思いますよ。それに伴って日本の株式も平均株価3500円くらいまで暴落することを予想しております。日本の株価が底打ちですって、笑わせます。

2009/3/4(水) 午後 11:07 [ sto*k*finde* ] 返信する

顔アイコン

株死にたまふことなかれ
http://blogs.yahoo.co.jp/ddogs38/19015962.html

君死にたまふことなかれ
与謝野晶子

ああをとうとよ、君を泣く、 君死にたまふことなかれ、
末に生まれし君なれば 親のなさけはまさりしも、
親は刃をにぎらせて 人を殺せとをしへしや、
人を殺して死ねよとて 二十四までをそだてしや

堺の街のあきびとの 旧家をほこるあるじにて
親の名を継ぐ君なれば、 君死にたまふことなかれ、
旅順の城はほろぶとも、 ほろびずとても何事ぞ、
君は知らじな、あきびとの 家のおきてに無かりけり。

君死にたまふことなかれ、 すめらみことは、戦ひに
おほみづからは出でまさね、 かたみに人の血を流し、
獣の道に死ねよとは、 死ぬるを人のほまれとは、
大みこころの深ければ もとよりいかで思されむ。

<Ddogさんの正体がこれからうかがえますね。堺 削除

2009/3/5(木) 午前 7:47 [ 太郎冠者 ] 返信する

顔アイコン

相変わらず、敵ばかり作ってますね。(笑)初心者さんにはDdogさん

のブログの価値を理解するには難しいかもしれませんね。たとえば、

いまの相場情勢では、誰でもNY株や日本株は下がると書いています。

ところがこの人は人々と違う意見をわざわざ書くんです。私はDdogさ

んを阿修羅BBSで2003年頃、阿修羅で見かけたのは最初ですね。阿修

羅の大勢の世論に流されず、自分の意見を押し通す偏屈な人間と思っ

ていましたが、ところがその後Ddogさんの見通しが正しいことが多か

ったことを覚えていました。

すべて正しいとは限りませんが、Ddogという文字をなぜか頭に残って

いました。Ddogさんのブログを見つけて去年からWatchしています

が、Ddogさんの意見は鋭いですね。Ddogさんが世間一般と同じ意見を

このブログで書いていたら私は読みません。だから価値があるので

す。Ddogさん、私は応援してますので、気にしないでブログを更新し

て下さい。 削除

2009/3/5(木) 午後 0:23 [ お犬番 ] 返信する

顔アイコン

お犬番さんどうも有難うございます。お犬番さんには励まされます。頑張ってブログを更新したいと思います。こうやって文句をつける人が多いのも逆に励みになります。何故って、興味が無ければ、こんな硬派な相場というより経済学に近い個人ブログに毎日400人も500人も訪れてはこないので、ありがたいと思っています。昨年の10月末に一日で680人の方が訪問されましたがその後は300人台で安定していましたが2日の日は585人を記録しました。相場が悪いときに頼りにされてると感じ発奮しています。

2009/3/5(木) 午後 10:16 Ddog 返信する

顔アイコン

stockyfinderさん、ご意見有難うございます、私もNYダウは6200ドル近辺までの下値を予想しています。大恐慌並なら確かに3500ドルがはじかれます。だからといって日経平均も3500円ということは短絡的です。ちなみにFOREXWATCHERでは6994円を割ったらフィボナッチで計算すると4300円だそうです。(3/1にブログ参照)相場は下がると思う人と、上がると思う人が命から二番目に大切なお金を賭けて予想しあうものですので、張った段階ではstockyfinderさんの意見も然り、私の意見も然りで、どちらも正しいのです。ただ残念なことにいずれは結果が出ます。私の経験則では少数派についた方が勝ちとなりますので結果が楽しみですね。

2009/3/6(金) 午前 0:38 Ddog 返信する

顔アイコン

太郎冠者さんは天才です!与謝野晶子の有名な「君死にたまふことなかれ 」を読んで、私が何者かわかるって???すごいなー!!天才だよ!じゃあ聞くけど私って何者?・・・実は本人もわかっていないかもしれません。単なる変わり者です。ただちょっと本を読んでいるものでネ ・・・これは、与謝野晶子をパロディをしても多くの人は原文を知らないから、載せたに過ぎん。なぜ与謝野晶子かというとその孫は、世界中で財政出動だ!と言っているのに財政再建とかぬかし、日本を悲しみの渦に飲み込もうとしているのです。その為の皮肉です。予算無き子と皮肉ってたの気づきました?

2009/3/6(金) 午前 0:46 Ddog 返信する

顔アイコン

Ddogさん回答ありがとうございます。極端な意見を申しました、素直にあやまります。私も然り、投資家の一人にすぎません。一意見として取って下さい。あなた様のブログは尊敬に値する内容とレベルですね。また、ゲストにして下さい。ブログ楽しみにしています。がんばって更新してください。

2009/3/6(金) 午後 9:36 [ sto*k*finde* ] 返信する

顔アイコン

>これは、与謝野晶子をパロディをしても多くの人は原文を知らないから、載せたに過ぎん。
原文が国体に問題だから、だれも載せんのでないかの。この原文を
知ったら右翼が騒ぐんでないかの。
今の財務省のトップは、与謝野晶子の子孫なの?いいにくいことをはっきりという点は、Ddogさんの長所か欠点か? 削除

2009/3/7(土) 午後 4:11 [ 太郎冠者 ] 返信する

顔アイコン

太郎冠者殿からお返事をもらえるとは思っていなかった。お返事をいただき感謝します。大事な読者の方へ少々皮肉を書き申し訳ございませんでした。

私の思想(消極的親米保守主義者)的立場からすると、確かにこの詩には少々抵抗があります。私は経済関連3大臣兼務する与謝野馨を嫌悪しています。こいつこそ財務省の省益を代弁し、国益より優先する国賊だと考えています。

与謝野馨の国賊的思考は代々血ではないかということをパロったつもりでしたが・・・ 。言いにくいのではなく、与謝野馨は与謝野晶子鉄幹夫妻の孫であることは周知された事実だと思っていたもので・・・パロったのですが、知らなかったのですか?

司馬史観に影響を受けているDdogは、乃木将軍とは無能な指揮官であったということが頭に刷り込まれております。晶子の反戦詩も、天皇陛下から預かった大切な帝国陸軍兵を無謀な突撃で犬死させた、暗愚な乃木への当てつけと思うと、ある意味では私も受け入れられる側面もあります。

2009/3/7(土) 午後 10:17 Ddog 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事