喜多さんの山歩記

登山やハイキングの記録です。ウォークを始めました。

全体表示

[ リスト ]

中ノ尾根山(2296m)

 浜松市で最高峰の中ノ尾根山に登った。好天に恵まれ富士山、中央アルプスなどが眺望でき、また、白倉林道沿いの紅葉は見ごろで大満足の山行であった。

  ’鯀厠啼擦了実上の終点にある登山口からカラマツの植林地内を登る。
最初は滑り易い急登であるが、10分も登ると緩やかな登りとなる。
イメージ 1


 ◆.ラマツはかなり落葉が進んでいる。
イメージ 2


  カラマツの林もまもなく終わり、太い針葉樹林の中を登るようになる。正に南アルプス深南部である。
 昨年の台風によるものか、数箇所で倒木が登山道を塞いでいる。巨木のため潜ったり、乗り越えたりするのが大変であった。
イメージ 3


 ぁ.好坤織韻濃くなるとガレの縁に出る。
ガレが進んでいるため、一部では北側の背丈より高いスズタケの中を踏跡を探しながら登る。
イメージ 4


 ァ,海良婉瓩ら振り返ると白倉川沿いは一面の紅葉である。
イメージ 5


 Α.レの縁からスズタケの中を登るようになる。
稜線手前に黒沢山への分岐があり、左手にとって中ノ尾根山へ向う。
一面のスズタケの中に枯木が立ち、その向うに丸い中の尾根山が見える。
3年前に登った時は、この付近から背の高いスズタケをかき分けて登った憶えであるが、今回はそのスズタケが腰くらいと低くなっていて歩き易い。よく見るとスズタケの先が一様に切られたようになっている。多分、ニホンシカに食べられたものと思われた。
イメージ 6


 А|罐糧根山への最後の登りである。この付近は登山道がはっきりしない。獣道を拾いながら登る。
イメージ 7


 ─[農の左方には中央アルプス、御岳、恵那山などがきれいに見える。
右が中央アルプス、左端が御岳。
イメージ 8


  御岳と恵那山の間に真っ白い雪山が見える。
白山と思われる。
イメージ 9


  右方は雲のため遠くは見えないが、深南部の不動岳からバラ谷山までが良く見える。
写真左から不動岳、鎌薙岳、黒法師岳、バラ谷山。
イメージ 10


  霞んではいるが頭に雪を着けた富士山が見える。
イメージ 11


  中ノ尾根山は背の高い樹林の中で展望はない。
ここから北方に10分も下ると、ドームと呼ばれる南アルプス最南端のお花畑がある。
イメージ 12


  白倉林道からの紅葉は見ごろですばらしかった。
イメージ 13


  白倉林道の紅葉。
イメージ 14


  白倉林道からの紅葉。
ゲート付近の紅葉は少し早いようだった。
イメージ 15


○ 山行日
  平成22年11月7日(日)
  晴

○ コースタイム
  登山口(08:22)――(10:41)中ノ尾根山(11:00)――(12:49)登山口 



  








 

閉じる コメント(3)

顔アイコン

中ノ尾根山!やっぱり行きたくなりました。
深南部の佇まい、素晴らしい!

2010/11/9(火) 午後 11:49 [ 森のマウンテンマン! ] 返信する

顔アイコン

私も、来年こそ行こうと思います。

2010/12/27(月) 午後 8:57 低山 返信する

顔アイコン

run様・低山様
深南部はいいですね。
中ノ尾根山ぜひ登ってみてください。

2010/12/28(火) 午後 7:59 [ 喜多 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事