全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

日本編、しめくくりです。
どうしてもこの作品を紹介したくて、日本編をのばしのばしにしていました。
映画の感想って難しい〜(>_<)!


日本に滞在している間に、一本の映画を観にいきました。
それは「世界はときどき美しい」。

5つのショートストーリーで構成されている映画です。


日常の中の埋もれている幸せ、美しさ、その香り。
口にだすほどではないけれど、なんとなく、でも存在している「何か」。

人に伝えようとするとうまく言えなくって怪訝な顔をされてしまうような自分だけの、
足元にある一瞬の幸せ、そんな時間を思い出させてくれます。

ため息をついてしまう詩のようにきれいで繊細で美しい画面、透明な音楽、
でも出てくる人物は現実感があってそれぞれの人生を自分なりに生きようとしています。

特に私が好きなのは第二章の「バーフライ」と第五章の「生きるためのいくつかの理由」。
ちょっと紹介させてもらいます。
ストーリーを追う映画ではないので、これをお読みになってからでも十分映画を楽しんで
いただけると思います。


第二章
「バーフライ」
榎本明さん演じる大阪の中年飲んだくれ。本当にどうしようもない。飲んでばっかり。
でも、「うわ、やられた」といいたくなるようなすがすがしい超越した笑顔なんですね。
映画のHPに書いてあったので載せちゃいますが、

「目を閉じて気を失えば明日になっている」

この言葉、最高だと思います。目の前だけをみていれば、夕方になって、夜になって、
そして朝が来て新しい一日が始まる。
すごくシンプルで、力強く、優しい励ましの気がしました。


第5章
「生きるためのいくつかの理由」
これはラストシーンが気に入りました。内容は避けておきます。ヒロイン(市川実日子)がかわいい!
特にあのワンピース!
このようなキュートさは日本ならではの感覚だと思います。
(このチラシに大きくでているのがヒロインです)

ヒロインのお兄さん役の草野康太さんもとても素敵な方です。
監督のマイアミ観光のお手伝いをしたので、監督が舞台挨拶をするときに映画を見に行きました。
草野さんの映画のイメージと実際に向き合って話した感じが別人にのように違っていたのには、
「さすが役者さんだな〜」と感心。


そして、音楽も素晴らしい!
優しく美しい、映画そのものの音楽です。
CDを買って、日々聴いています。

  映画HP:http://www.sekaihatokidoki.com/
映画ブログ:http://sekaihatokidoki.seesaa.net/

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

眼を閉じて、私は気絶しないで猛烈にたくさんの夢を見ます。しかも総天然色、音付き、感触付きのリアルな奴。ちょっとしたドラマです。こうやって昨日のことを少し忘れて、また新しく一日を始めるのは大切ですね。

2007/5/17(木) 午後 5:29 [ shino ] 返信する

顔アイコン

shinoさんの夢、いいですね。羨ましいです。味もついていたら最高ですね!感触つきとは、なんとも贅沢。今夜はどんな夢をみるのか、楽しみにしながら寝てきま〜す!

2007/5/18(金) 午後 1:33 [ dds**n_u*_200* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事