全体表示

[ リスト ]

ドラマ『死六臣』

KBSが特別企画ドラマと銘打って、水木ドラマの枠で放送している時代劇です。

このドラマ
北朝鮮の放送局が制作しているものを放送しているっていうのが
大きな特徴。

セットや衣装などはKBSが協力をし
演出、脚本、出演などは全て北朝鮮の方で行っているのだそうです。
(芸能ニュースより)

全24回の予定で、まだ始まったばかり。
視聴率は・・・・今のとこ取れてないみたいです。

私も、ちらっと見たのですけど
少し古めかしい感じのする演出と音声がなんだか別のとこから聞こえる感じ・・・というのが
最初の印象でした。

その後、見てないのですけど^^;

番組ホームページはこちら
http://www.kbs.co.kr/drama/sayugsin/view/vod/index.html

それにしてもKBSの意欲は感じます。
経済や観光・文化の面で、少しずつ現実的な南北交流が
すでに始まっているということなのです。

話は少し変わりますが
先日、大田の東区を散歩していてこんな史跡を見つけました。

イメージ 1 

死六臣の一人が住んでいた家の跡なのだそうです。

イメージ 2 



こんなところにお住まいだったんですか。
漢城(ソウル)からは、ずいぶん離れていますね。

大田の東区には宋時烈という儒教家の史跡もあります。

大田って、比較的新しい街(日本植民地時代に発展)というイメージが強かったのですけど
朝鮮時代にもそれなりに文人、思想家が住んでいたんですね。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

こんな文化交流が進んでいるなんて知りませんでした。他にはどんな交流があるのでしょうか? ところで、朱蒙の日本語吹き替えが始まりました。24話で完結なので、すごく省略しているのですが、なかなかよいカットの仕方だし、日本語なので分かりやすいし、ファンが増えそうな予感!! 削除

2007/8/18(土) 午後 9:14 [ komura ] 返信する

顔アイコン

観光交流では、日本でも始まった頃に報道もされてた金剛山観光。私は船で行くものだと思っていたら、今では陸路(バス)で行くのだそうです。これは行ってきたという人から聞きました。

このブログで一年くらい前に紹介しましたが、高句麗、高麗などの国宝類を貸与して、国立博物館などで展示したし。

それと開城には、韓国企業が入居している工業団地があります。

2007/8/19(日) 午前 10:22 [ dea*on*5 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事