歴史大好き

いや、ほんとくだらない独り言のような駄文です。

全体表示

[ リスト ]

朝倉宗適教景 ケータイ投稿記事

私は福井の者です。郷土の名将と言われると彼が一番好きなので彼を取り上げて見ます。
初代英林孝景の側室の子として生まれ、三代貞景のとき敦賀郡司景豊の謀叛を密告することで功を立てたのが最初の手柄。
景豊は嫁の父にあたるので非情とはいえ戦国の世の習いと言ったところか。
九頭竜川の戦いでは30万を号する一向一揆を上流から二千の兵で突き崩して勝利の立て役者となり、空席だった軍奉行と敦賀郡司を兼任した。
その後は軍を束ねる重鎮として加賀の一向一揆、若狭の武田家への介入、美濃の対斎藤道三への織田との共同戦線、なにより後年にもっとも影響する六角氏からの浅井氏の独立支援。小谷城に金吾丸ができたのは朝倉金吾宗適の名をとってこの時にできたもの。
最晩年の加賀攻めは本来上杉謙信との共同戦線のはずが川中島の戦いによって単独での戦いを余儀なくされ、結局一進一退のまま陣没。享年七十九。
「武者は犬ともいえ畜生ともいえ、勝つ事が本にて候事」はわりと有名。
「老いたりといえど、行歩がかなううちは武者として捨てまじく候」という気概を持ち、生涯十九度の合戦で不敗を誇る。
勝ったり負けたりするから人間成長するのであって負けたことが無い私は不完全なんだ、みたいな自嘲とも自慢とも取れる言葉も残すちょっと嫌味な人。
ただ、彼が後進の指導を行っていたとは考えがたく、軍の担い手が居なくなったとも言える。
後、側室の、しかもかなり後の子だったため家格は低く、養子に景紀を迎えたのは彼の苦悩を物語っている。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

朝倉宗滴が戦に出た回数は、他の戦国武将と比べて少ないですが、その都度勝利を収めているので「名将」の地位を不動にしていますね(笑)
「武者は犬畜生〜〜」の有名な文句は、戦国時代のイメージを良くあらわしていますよね。

2010/8/16(月) 午後 10:43 [ 左衛門督 ] 返信する

ありがとうございます。ただ、朝倉家の戦い方は優勢勝ちを収める勝ち方がほとんどで、真剣勝負をした経験はあまりありません。九頭竜川の戦いはまさしく例外、朝倉は強兵、と言うイメージは持たないで下さい。

2010/8/16(月) 午後 11:02 [ 歴史大好き ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事