メタボおやじのスキーライフ

ダイエットに成功しましたがまだまだメタボ

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

試乗 ノルディカ

ノルディカのDOBERMAN PITFIRE 72と80に
どちらも168cmで72の方は122/72/102 R15
イメージ 1
こちらはセンターが少し狭めのモデルなので午前中に
安定感もあり切れも良く、さすがノルディカという感じのスキーでした
重量は比較的ありますが乗った感じは軽快感があって
不整地でもそんなに気にならないように感じました。

80の方は同じ168cmで130/80/110 R15 です。
こちらは雪が緩んできた午後に乗りました
幅が広いので鈍重かと思いきや結構、軽快に滑ることができました
緩んだ雪でもスキーが浮いてくれて操作しやすいスキーでした。

ちなみに、この3台(乗ったのは2台ですが間に76というモデルが)
全く同じ構造、同じ材料で作られたスキーでRも同じです
センター幅を72㎜・76㎜・80㎜と基準にして
トップやテールの幅を同じように変えたものになります。
72が122/72/102 R15
76が126/76/106 R15
80が130/80/110 R15になります
見比べてみると同じように幅が変っているのがわかります。
日本ではセンター80㎜はあまり売れないだろうと予想していましたが
インターナショナルでは80㎜が一番の売れ筋になるそうです。
日本ではセンター幅が広い=フリースタイル系というイメージがあって
特に基礎スキーヤーには売れないだろうと…

余談ですが個人的にはセンターよりもトップ幅の狭いスキーが好きです
できれば小回り系でも120㎜を切るようなトップが
そうなると必然的にセンターは70㎜以下ぐらいになちゃいますが…

イメージ 2
72㎜は雪が緩んでからも履きましたが
やっぱりスキーが少し沈んでしまい、ターン弧の調整が少し難しく感じました
それでも小回りメインであれば72㎜かな〜
気に入ったのは80㎜どんな雪質にでも対応できそうです。
色なら76㎜が目立ちそうですね〜

76㎜は乗っていませんが中間なのでまあ予想は…
ただ同じ材料、構造、同じRだと幅が広ければ
トーションが同じにはならないような気がします
これは試乗会が終わってから思ったのでメーカーさんには聞いていませんが…
雪が柔らかいとトーションの影響は出にくいので
硬い雪で乗り比べてみないとわかりませんね。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事