全体表示

[ リスト ]

トニー

ザ・ザことマット・ジョンソン、'00年「ネイキッドセルフ」というオリジナル・アルバムをリリース以降、
なんと!かる〜く10年程、新譜をリリースしていませんでした。
 
 
そして、ようやく出された新譜はなんと!サウンドトラック!!
 
 
 

イメージ 1「Cineola Volume 1: Tony - A Soundtrack By The The 」(11年リリース)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この作品、最初は去年の2010年5月にザ・ザの公式サイトにオーダーするという形式で発売されていたんですが、その時点では、私はまだ購入していませんでした。
 
しかし、今年の初めからザ・ザにどっぷりハマってしまい、日・英・米アマゾンでザ・ザ関連の作品を検索することが多くなり、2月頃に英アマならこのサウンドトラックもそろそろおいてあるんじゃないかと試しに検索してみたところ、一般的には11年2月末にリリースということで、予約を扱っていました(実際は延期され3月8日リリース)。
 
で、どちらかというと、日本でも売れているということに貢献したい私は、日本アマゾンでも予約を受け付けてないかと調べてみたところ、なんと!予約を受け付けているではりませんかっ!!
ということで、日アマで予約してゲットしましたー。
 
  ※まだ購入可能です。欲しい方はこちらからどうぞ。
 
 

そんなわけで、公式サイトにオーダーして既にゲットしている方より多分10カ月くらい(?)遅れて聴くことになったわけですが、まあ、何と言ってもオリジナル・サウンドトラックの作品です。
「曲」というより効果音ですかっ?!と言いたくなるような楽曲だらけ(笑)。ちゃんとメロディがたっているという曲は2〜3曲くらいでしょうか(爆!)。
 
"1曲くらいボーカルものもあるかなぁ"
 
などという淡い期待も見事に撃沈!
 
ということで、人にお薦めできるのかと言われるとちょっと二の足を踏んでしまうんですが、個人的には、ちょうどこのアルバムを聴くころにはマット・ジョンソンさんが丹精込めて作ったであろうことが感じられる「音」であればどんなものでも愛せる状態に既になっていたので、かなり聴いています(笑)
というか、震災後すぐは音楽も全く聴く気がしなかったんですが、しばらくして何か聴いてみようかとだんだん思うようになってきても「何となくどんなボーカルものも聴く気がしないんだなー」と感じていた期間、「あー、これなら聴ける」と思ってしばらくはこればかり聴いていたんですよね。全くタイミングの問題だったのかも知れませんが、このアルバムがあってどこか助けられたんですね。
 
 

ところで・・・。
 
 

サウンドトラックというからには、当然、なんらかの「フィルム」が存在します。

その映画「トニー」は、ジェラード・ジョンソンという監督が監督したインディー映画で、フランスのあるフィルム・フェスティバルではインディー映画部門で賞を獲得したそうです。
 
 

イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
      ※購入されたい方はこちらから→ UK版 US版 
       英字幕を表示可能です。どちらも一般的な日本のDVDプレーヤーでは再生できないと思い        ますが、私は、PCで再生させるのには映像方式がPALもNTSC方式も関係ないので、リ        ージョンが日本と同じ「2」になるUK版を購入しました。(念のため)
 
 
 
 
で、そのジェラード・ジョンソン監督、マットさんの姓と同じですが、ジョンソンという名前はありふれた名前なので、最初は偶然の一致なんだろうと思ってましたが、なんと!兄弟であることが分かりました。
 
しかもその映画で主演しているピーター・フェルディナンドという俳優さんは「いとこ」とのこと。

 
 
イメージ 3
 ※左に写っているのが主演のピーター・フェルディナンド、中央ジョージ・A・ロメロ(ナイト・オブ・
    ザ・リビングデッド等ホラー作品を手掛ける映画監督)、そして右が監督ジェラード・ジョンソン。
 
 
 
ジェラードさん、見た目から判断してマットさんからみたら「弟」さんでしょうか。
 
 
しかし、「どんだけ親族でまかなっているんだよ!(笑)」
 
と、ツッコミ入れたくなりますね〜。

しかも主演に音楽担当と映画制作として重要なパートを占めるところww
 
まあ、皆さん才能あるんですね。
 
 
 
 
さて、肝心の映画の内容はというと、

端的に言うと、ロンドンのシリアルキラーが主役のお話です。
 
といっても、ハリウッド映画のような派手なホラー/スリラーものではないし、映画「羊たちの沈黙」に出てきたレクター博士のような知的でダーク・ヒーローな側面をもつキャラクターでもありません。
主人公トニーは、何と言うか、いわゆる社会的地位の低い人間で、定職に就く気もなく失業保険で日々を送っている。いかにも風采の上がらそうな見た目もあってどこに行っても軽んじられる存在。でも、実はシリアル・キラーだったというストーリーなんですが、ストーリー展開は実に淡々としていて起伏に富んでいるということもありません。(ここらについての詳しい内容は、実に素晴らしい「あらすじと感想」を書かれている方のブログを見つけたので、参考にして下さい)
 
個人的な感想としては思うのは、凶悪なシリアル・キラーそのものをテーマにした娯楽映画という趣旨のものではなく、言うなら、英国の社会的な問題、都市生活者の希薄な人間関係や孤独など、そういったものを作中でよく表現するための手段として、主人公のキャラクターをシリアル・キラーに選んだと思わせる内容の映画でないかということ。
そういうわけで、地味と言えば地味な映画なんですが、私個人としては観終わった後に、「あ〜、そういえばずっとこんな映画を観たいと思っていたんだよ〜。」という充足感が得られる映画でした。
 
まあ、兄のマットさんは音楽、弟のジェラードさんは映画とメディアは違えど、表現したいことは兄弟同じと言えるんですかね?
 
 
 

動画は映画のエンディングにあたるんですが、そのときにかかるテーマ曲。
「The Lust For Unsung Dreams」です。
(英アマではDL購入ならサントラ収録曲が1曲から購入できるようになっているんですけど、日アマでも1曲単位で購入できれば、この曲お薦めなんですけどね・・・)
 
 
 
 

しかし、主演のピーター・フェルディナンドさん、役柄で変な風体してますが、ずーと観ていると、体系・体格、顔立ち(特に鼻?)がけっこうマットさんに似てる気がしてくる。
むしろジョンソン家の兄弟の一人って言われても違和感ない気がする!(笑)
 
 
 
 
 
 

閉じる コメント(4)

『トニー』ご覧になったんですね!
サントラは買ったのですが、映画は観てません。
なんか面白そうだな!私も買ってみようかしらん?
ジェラード・ジョンソン監督、頭が寂しげなところもマットに似てますね〜(笑)。
ジョンソン家は、才能豊かな人が多い!
それにしても、マット・ジョンソン、新譜は作ってるんでしょうか??
そっちのほうも気になりますね〜。

2011/12/16(金) 午前 8:06 aquamulsa 返信する

顔アイコン

AQUAさん>たしか、サントラ、公式サイトでいち早く購入されてましたよね!
映画、思っていた以上に良かったです。フランスでは賞をとっているので、何気にフランス映画が好きな日本人は多いので日本人の感性にも合うかもしれません。WOWOWさんあたりは未公開映画も放送することがあるので、いつか日本でも放送されることがあればいいな〜、なんて思ってます。
あと新譜はまたもやサントラになりそうじゃないですか?「MOONBUG」っていうアポロを題材にしたドキュメンタリーの音楽担当してるみたいだし。映画は題材が題材だけにヒューストンの国際映画祭で賞をとったみたいですが。

あ、やっぱり頭が気になりますか(笑)。髪の色も一緒ですね。≪みゃん≫

2011/12/16(金) 午前 9:26 デッキ&みゃん 返信する

あらすじ読んでまいりましたー。静的狂人ですね。
エンディング動画のピーター・フェルディナンドさん、それっぽくてホントに怖い。
と、思わせるとこが上手い役者さんなんですね、きっと。この凍りつく雰囲気、観たいわ!
で、ジェラード・ジョンソン監督、カッコいいじゃない❤ やっぱしマット・ジョンソーーン!!(笑)
に似てる!より優しげな雰囲気をお持ちね☆ メジャーデビュー作が受賞ですか。凄い!
音楽も、このピアノもこのシンセもマット・ジョンソーーン!!がっ、と思うと悶絶❤
ジョンソン一家は、どっか狂気と表裏一体なのかしら。と思わせるとこがステキですー☆☆☆

2011/12/18(日) 午後 0:20 ぐる〜ぶ 返信する

顔アイコン

ぐる〜ぶさん>やっぱり、似てるけどジェラードさんの方がどこか優しげですよね〜。見た目から判断して多分アンディ、マット、ユージーン(故人)、ジェラードの順じゃないかと思うのですが、末っ子特有の「おっとり感」が雰囲気にありますよね。
そうそう、ピアノの音やシンセの音に悶絶されている方は、是非サントラ購入して下さい(笑)。よろしかったらDVDも。ジェラードさん「トニー」の前には「MUG」ていうショート・フィルムとパイロット版ともいうべきショート・バージョン「トニー」を撮っているだけなんですけど、それらもDVDに収録されてます。
今すぐ購入しても、届くのは冬休みに突入してからだと思いますが、休み明けにDMCとともにこっそりご堪能下さい(笑) ≪みゃん≫

2011/12/18(日) 午後 1:29 デッキ&みゃん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事