ここから本文です
星に願いを!!
山梨で雲を見てます!
みなさんご無沙汰でございます。Mattです。
ようやくこの山梨南東部近辺も20度超えとなりましたが、
明日からまた氷点下の最低気温に戻ります。
今、室内温度は22度位ありますが、明後日には17度位までしか上がらないでしょうね。
さて、この数日は私の画像処理ソフトがバージョンUP(有料)があったので導入しました。マスク機能が向上したので、これで明暗(輝度)、円形マスクができるようになり、背景の処理が楽になります。

さて、今宵は折角コンデジを買ったので3/21のお月さまを手持ち撮影してみました。MモードでAFでの撮影
イメージ 1
Panasonic DC-FZ85 F-Stop:8 ExposureTime: 1/160  ISO:100  FL:1200mm

それと今冬にUPした薔薇とコーン星団近郊の写真をUpgrade版で再処理したものと前回のUPしたものをUPします。

まず前回のUP版
イメージ 2

そしてUpgrade版で再処理したもの↓
イメージ 3
いかがでしょうか? 個人的にはインプルーブしているかと。。

さて、ブログ閉鎖問題2019ですが私は一体どこへ行くのでしょう?
既に新たな星に移住した方も居るようですし。。

この記事に

開くトラックバック(0)

こんばんは! Mattです。
最近(毎度のこと)、天気予報が当たらない。。
今日も晴れ後曇りが雨後晴れ(日が出たのは2時過ぎから30分程度)、
一昨日も晴れ後曇りがほぼ一日中曇り、月曜が曇り時々雨がほぼ一日中晴れ!
明日は晴れ予報だがアテになりません。 完全に不信感を持ちました。
だいたい朝9時の衛星画像で半日後位は予想できますよ。
同じ失敗を何度も繰り返す学習能力のない輩!!
で、そろそろ新月期ですが、今回はダメそうですね。
後半に期待? もし駄目なら銀河祭りは志半ばで終了です!

で、また12月まで駄目な可能性(最近の2、3年通りなら)のために、
コンデジ買いました。と言ってもコンパクトじゃないです、結構でかいです。
本当はSkywatcherのAZ-GTiが欲しいのですが、晴れなきゃ意味なしという事で!
。 この手の超望遠のデジカメはネオ一眼と言われているらしいですが、センサーは豆です。後ほど紹介します。

さて、今宵の一枚は最悪今年最後の銀河になります。(Yahoo ブログ上最後、私も廃業もするかも)
撮影は2/11 25:12~ なんでも「Koi Fish Galaxy」とStellarium上ではなってます。この夜は大気が不安定だったのか荒れましたね~!
イメージ 1


DATA
Date:2019-2-11 25:12~
Object: NGC4559−Koi Fish Galaxy
Loc.:2F Balcony

Equipment:
   Equatorial SS-One
   Camera:
Canon EOS X7I (新改造)HEIUB-II(FF)
  Telescope (Lens):
Celetron C5  FL:1250mm、 F-Stop:10.0 X Celestron F63 Reducer X0.63 FL: 787mm、 F-Stop:6.3
  Autoguide: SS-One Autoguider、 Camera:ASI120MM、
  Guide scope :
サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4
Light Frames:ISO 3200  140secs X 21,   Total: Apprx. 49m
Composite: DeepSkyStatcker (DSS 4.1.1) Dark: N/A,  Flat: 18、 Dark Flat: 18、 Bias: 18

Flat Corrections: DSS
Color Fogging Correction: FlatAidePro=N/A 
Development:Capture One 11.2


で購入したカメラは初めてのPanasonicカメラ Lumix DC-FZ85です。
イメージ 2

価格は3万ちょい、
メジャーな箇所は
1.光学ズームで1200mm(35mm換算)
2. 広角で20mm~
3. F値が 2.8~5.9 とまあ明るい
4. 4Kが使える
5. RawもOK

せめてチルトモニターだったら良かったが固定
今日、外に何かいないか試し撮り

居た居た  鳥のカップル、どちらさまですかね?
イメージ 3

約300m先の電柱のカラス?
イメージ 4

約30m先の駐車場にいるカラス(足元はクルミ)
イメージ 5

約25m先のカラス(食事中) (2400mmで撮影)
イメージ 6

曇っていたのでこんなものでしょう。

なので天体から離れる可能性(天気が悪い)があるのでコンデジで富士山周りの生き物、UFOなどを撮影(ブログ用)しようかと思って手を出したのですがYahooがブログを止めるとは!!! これは私に廃業しろと言っているのか?

この記事に

開くトラックバック(0)

こんばんは!Mattです!
今日は予報に反して結構晴れました! 日中も15度まで気温が上昇しました。
実は最近私の予報は90%以上当たってます! 昨夜の予報では今日は曇り中心の雨か雪となっていたのですが(東海~関東の沖に南岸低気圧発生のため)、昨夜の衛星画像から、私の出した予報は南に影響ありで内陸部は陽射し多しとしたら、私の予報以上になりました。 2/10位から衛星画像、Windytyなどで予報をたてていますが、6時間後以内なら90%当てられますね。 但し、自分の街だけですよ。

さて、今宵の一枚は
半月ど真ん中の2/11 23:52~撮影した M90とM89です。
まあM89はおまけのようなものですけどね。
この日は大気の状態が悪かったのかガイドが暴れまくってボツが30%くらい出ました。このM90も結構大きくて明るいので来季も撮るでしょうね。
イメージ 1

DATA
Date:2019-2-11 23:52~
Object: M90&M89
Loc.:2F Balcony

Equipment:
   Equatorial SS-One
   Camera:
Canon EOS X7I (新改造)HEIUB-II(FF)
  Telescope (Lens):
Celetron C5  FL:1250mm、 F-Stop:10.0 X Celestron F63 Reducer X0.63 FL: 787mm、 F-Stop:6.3
  Autoguide: SS-One Autoguider、 Camera:ASI120MM、
  Guide scope :
サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4
Light Frames:ISO 3200  140secs X 24,   Total: Apprx. 56m
Composite: DeepSkyStatcker (DSS 4.1.1) Dark: N/A,  Flat: 18、 Dark Flat: 18、 Bias: 18

Flat Corrections: DSS
Color Fogging Correction: FlatAidePro=N/A 
Development:Capture One 11.2

それと今日あるものを注文しました。 あまり天体では使用しないと思いますが、
近年の春から秋までのネタ不足(冬しか夜晴れない)解消の意味も込めてですね。
まあ想像はつくのではないでしょうか?

この記事に

開くトラックバック(0)

こんばんは! Mattです!
今日は14:00頃に雲が湧いてきましたが、その後は再び青空が優勢になりほぼ日没まで太陽が出ていました。 おかげで西側に窓がある階段の室温も少し上がりました。

さて、今宵の一枚は2/6 24:02から撮影したM88です。
初めて撮影した対象でしたが結構大きくて明るいので来季も撮影するのは間違いないですね。 約1時間露光です。 しし座のNGC2903に似ているかと思います。
イメージ 1

DATA
Date:2019-2-6 24:02~
Object: M88
Loc.:2F Balcony

Equipment:
   Equatorial SS-One
   Camera:
Canon EOS X7I (新改造)HEIUB-II(FF)
  Telescope (Lens):
Celetron C5  FL:1250mm、 F-Stop:10.0 X Celestron F63 Reducer X0.63 FL: 787mm、 F-Stop:6.3
  Autoguide: SS-One Autoguider、 Camera:ASI120MM、
  Guide scope :
サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4
Light Frames:ISO 3200  140secs X 25,   Total: Apprx. 59m
Composite: DeepSkyStatcker (DSS 4.1.1) Dark: N/A,  Flat: 18、 Dark Flat: 18、 Bias: 18

Flat Corrections: DSS
Color Fogging Correction: FlatAidePro=N/A 
Development:Capture One 11.2


お月さまも少しずつ欠けて来ましたが、満月期に連日夜は晴れていたこの地域も新月期に向かうに連れてまた雲のでる日へと変貌して行くんでしょうね。  予報もそうなってきました!
まあ、個人的には今回は撮り残しているソンブレロ、クジラ銀河、電波銀河の3種とチャンスがあればアンタレス付近のカラフルエリアですかね。 ちょうど中途半端な時期なので今回はよほど条件が良くないと撮影しないかも知れません。 まあ3月下旬から4月上旬も花粉、黄砂、PM2.5、春霞などで視界は悪い(例年、天気も悪い)ので期待はできませんがね。 まあ最近の気候はおかしいから連日の快晴なんてあるかもです。

この記事に

開くトラックバック(0)

こんばんは!
今日は午後から久々の雨です。 雪じゃありません。
もう2月中旬ですが今冬の積雪は先日の14cmが最高です。
例年ではこの10倍位(数回に分かれて)は積もります。もうドカ雪は無いですかね? まあ3月に入れば積もってもすぐに解けてくれるので有り難いですけどね。

さて、今宵の一枚は2/6 25:42~撮影したM100銀河です。
これは比較的淡いですが大きいのできれいですし、円形に渦巻く美しい銀河ですね。
露光時間は約51分でした。
イメージ 1

DATA
Date:2019-2-6 25:42~
Object: M100
Loc.:2F Balcony

Equipment:
   Equatorial SS-One
   Camera:
Canon EOS X7I (新改造)HEIUB-II(FF)
  Telescope (Lens):
Celetron C5  FL:1250mm、 F-Stop:10.0 X Celestron F63 Reducer X0.63 FL: 787mm、 F-Stop:6.3
  Autoguide: SS-One Autoguider、 Camera:ASI120MM、
  Guide scope :
サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4
Light Frames:ISO 3200  140secs X 22,   Total: Apprx. 51m
Composite: DeepSkyStatcker (DSS 4.1.1) Dark: N/A,  Flat: 18、 Dark Flat: 18、 Bias: 18

Flat Corrections: DSS
Color Fogging Correction: FlatAidePro=N/A 
Development:Capture One 11.2
Gimp2: Level Adjustment (N/A)

これを撮影中に火球クラスの流星? らしきものが写ってました。その画像がこちら↓
よくこの狭い所に入り込んだものだと感心してしまいました。
流れ星などは期待していると出没しませんが、ふとした時に出現しますね。
イメージ 3


実はこの前日かその前にも撮影していたのですが、雲爺が笑笑と現れ、中断となりました。
薄雲もあったので30分で止めましたが今回(↑)の画像には含んでいません。

イメージ 2
やはり違いますね。



この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事