ここから本文です
星に願いを!!
山梨で上を見てます!

たまにはキジでも。。

こんにちは、
今日は3連休の真ん中の日曜日で、気温は14℃位まで上がったようです。
でも昨年に比べて寒いです。3月に入って10℃以上になったのは2回目ですね。
昨日はマイナス4℃で朝刊を取りに行くため外に出たら キジが鳴いていました。
マイナス4℃なんですけどね。。。3/1の寒い朝にも鳴いてました。
真冬はマイナス10℃以下にもなるこの地で冬眠もしないで何をしているのでしょうか? キジが鳴くのは春の求愛時(3月〜7月)が殆どのようです。
こんな感じで踊りながら鳴きます。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9
これは2年前の5月に撮影しました。
この街にはキジ鍋のお店もあるようですが、さすがにこの近所の野生のキジは使わないでしょうね。 国鳥であるにも関わらず食べられてしまうなんて気の毒です。
住宅地が広がり、林や草地が減ってきているのでキジ達も住処を失いつつあります。 自分は他所から来たので偉そうなことは言えませんが(買った土地は既に空き地でした)、キジたちや他の野生動物の生存を考えて開発を行ってほしいです。

この記事に

開くトラックバック(0)

こんばんは、
少し暖かくなってきましたがここの朝は相変わらず氷点下で、午後になると必ず曇り、最高気温予想より2℃以上も低い状態が続くにも関わらず、毎日、時間ごとの予報で晴れマークを連発している日本気象協会とは何者でしょう? 仕事やる気あるのかな?
あと2,3日すればまた半月になりますが、夜も0:00頃までは確実に曇りの状態です。昨年のようにGWまで夜は晴れない状態になりそうな気がします。

さて、今日の一枚は3/4に撮影したNGC5128 (ケンタウルスA)別名 電波銀河です。一応は撮影しましたが総露光時間はたった15分です。
なぜかといえば、 対象が南に低いので望遠鏡がほぼ水平になってしまいます。
すると望遠鏡についたカメラが窓に当たりそうになっていたので、室内でウロウロ落ち着かない状態だし、一枚ごとに隙間の確認をしたりしていたので振動で星像も暴れています。事が起こってからでは遅いので接触前に撮影を中止しました。
この対象は特別に500mmのミラーレンズのお出ましになりそうです。

イメージ 1
DATA
Date:2017-3-4
Object: NGC5128 ケンタウルスA (電波銀河)
撮影場所:自宅ベランダ
赤道儀: SS-One 赤道儀
カメラ: Canon EOS X7I (新改造) LPR-N フィルター
鏡筒: Borg 77EDII (焦点 :510mm F値:6.6)X Borg マルチフラットナー 1.08XDG  FL: 551mm、 F値:7.13
オートガイド: SS-One Autoguider Light、 カメラ:ASI120MM、 ガイド鏡 サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4
Light Frames:ISO 3200 100secs X 10 計:約15分 Dark : なし、 Flat: なし、 Dark Flat: なし、 Bias: 10 を DSSで  コンポジット
Capture One Express で画像処理

最近、同業者の方々もブログの更新がほとんど無いですね。
星雲などの派手な対象が少ない事と銀河は地味で小さいのが理由でしょうね。
私も、春の対象は次回で最後にして、いきなり夏へワープします。

この記事に

開くトラックバック(0)

こんばんは、
約一週間ぶりの更新です。 撮影機会が少ないのと天気が良くないので在庫がショートしております。
今日明日明後日と天気が悪いようで、積雪も予想されていますが雨量は大した事なさそうです。また満月期なので雨は歓迎です。(水不足の心配もありますからね)
さて、今日の一枚は春の銀河、おとめ座界隈のM58、シャムの双生児銀河とM59(だと思われる)です。
画像中央がM58で、中央右下の2つの銀河が衝突しそうなのがシャムの双生児銀河と呼ばれているそうです。左下エッジギリギリの銀河がM59だと思います。本当はM60も含めて撮りたかったのですがあまりに銀河が多いので迷子になりました。


イメージ 1

DATA
Date:2017-3-4
Object: M58 & シャム双生児銀河&M59
撮影場所:自宅ベランダ
赤道儀: SS-One 赤道儀
カメラ: Canon EOS X7I (新改造) LPR-N フィルター
鏡筒: Borg 77EDII (焦点 :510mm F値:6.6)X Borg マルチフラットナー 1.08XDG  FL: 551mm、 F値:7.13
オートガイド: SS-One Autoguider Light、 カメラ:ASI120MM、 ガイド鏡 サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4
Light Frames:ISO 3200 120secs X 4、150 secs X 12 枚   計: 38分 16枚、 Dark : なし、 Flat: なし、 Dark Flat: なし、 Bias: 16 を DSSで  コンポジット
Capture One Express で画像処理


やはりFL500mm前後の望遠鏡では小さいですね。
小型の反射望遠鏡が欲しくなりましたがお安いのではBKP130ですかね。
幸せの黄色い鏡筒は高すぎます。
BKP130か大砲のEdgeHD800に行くべきか? 後者ならベランダからの撮影は絶対無理ですよね。 FL2000mmをなんちゃって軸合わせで星が点像になるわけがない。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事