ここから本文です
星に願いを!!
山梨で雲を見てます!

書庫星野

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

こんばんは! Mattです。
しかし寒いですな〜! 昨日は3:00pm頃から雪が降り出して屋根には3〜5cmも積もりました。 今朝の最低気温はマイナス4度位だった様です。
昨日の暖房費は昨年4月の平均/日は120円程度だったですけど、昨日は4倍掛かってます。 真冬並みです。 理由は日が高くなって窓から陽射しが入らないからです。 1月中旬なら外気温が低くても(例えば最高3度)、室内は暖房止めても23度近くまで上がります。 もちろん暖房を停止した時が20.5位ならの話です。

前回の新月期はあまり気合が入らなかったのでパスしましたが、そろそろ天の川銀河の季節なので4月の新月期は気合を入れようと思います。 当面天気は良さそうな予報になっていますが、夜はどうなのか? 

さて、今宵の一枚は3/31の深夜に撮影したアンタレス界隈の作品です。
この日は結局1品料理で終了(2:00am起床)、4:00am頃には薄明が始まるからです。 さて今夜は晴れるかな?


イメージ 1

DATA
Date:2019-3-31  26:34
Object: Antares Region
Loc::2F Balcony

Equipment:
   Equatorial Mount: SS-One
   Camera:
Canon EOS 6D (HKIR) Filter : N/A
  
Telescope (Lens):Tamron(SP AF70-200mm F2.8 Di LD [IF] MACRO)FL:77mm、F3.5 used
  
Autoguide: SS-One Autoguider、 Camera:ASI120MM、
  Guide scope :サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4

Light Frames:ISO 2500 30-120secs  X 36,  Total Exp.Approx. 1h:14m

Composite: DeepSkyStatcker (DSS 4.1.1)
Light: 46、Dark: N/A,  Flat: 16、 Dark Flat: 16、 Bias: 16
Flat Corrections: DSS V.4.1.1
Color Fogging Correction: FlatAidePro
Development:Capture One 12.0

Level Adjustment: N/A

結構きれいな背景で気に入っているのですが、やはりブルーが出ない!

おまけ
コンデジ DC-FZ85(Lumix)で撮影した椎茸のような吊るし雲と富士山+きれいな青空
イメージ 2

同じく別の日に撮影した白い春霞の富士山(これでは星は撮影する気にならない)
イメージ 3

幸か不幸か、今は寒いので空がクリアなので撮影にはいいかも! でも今夜はまたマイナス4度の予報

今冬最後のオリオン座

こんばんは、Mattです。
今日は山梨、神奈川の予報は見事に外れほとんど青空は出ませんでした。
早朝と13:00頃に1時間程度、なにやら琵琶湖?付近から帯状の雲が笑笑湧いて細ながら我が家の上(富士山と甲府盆地の間)を3時間あまり太陽を覆っていました。
おかげで寒いです。(家が温まらない)
やはり、こういった雲(結構多いですよね)を予報できなければ(翌日の予報は無理でしょうが)1時間毎の予報では当ててほしいですよね。でなきゃ意味なし!
さて、今宵の一枚は今冬最後と思われるオリオン座の星野写真です。
撮影は1/10です。 42分露光!
イメージ 1


DATA
Date:2019-1-10 22:10 ~
Object:The Orion & neighborhood
Loc.:2F Balcony

Equipment:
   Equatorial :Skymemo S
   Camera:
Canon EOS X7I (新改造)w. IDAS HEUIB-II フィルター
  Telescope (Lens):
Sigma 18-35mm F1.8DC HSM (ART) 20mm F3.5 Used
 
Light Frames:ISO 1600  60secs X 42 , Total: Apprx
: 42m
Dark : None、 Flat: 16、 Dark Flat: 16、 Bias: 16 を Bias とともにDSS でコンポジット

横浜では天の川は見えませんが
オリオン座は幼い頃からなじみがあって好きな星座なので見れなくなるのは寂しいですね。

こんばんは、Mattです。
巷では数年に一度の寒波と騒いでいますが、
去年はこの地でマイナス10度以下が1週間も続いたし、
2,3年前に沖縄や台湾で雪が降りました。 あの時の寒波は太平洋上、台湾方面までもが雪雲(霜降り肉のような雲)が大きく広がってました。
あまり数年に一度とか多用するとよろしくないような気が私はするのですが如何でしょう?

さて、今宵は昨年11月(昨年は11月の新月期頃から好天に恵まれました)に撮影したオリオン座エリアの再々処理をUpします。
この画像は去年もUPしましたが(2枚め)、
9月〜11月の暗黒期に腐りながら去年の画像で遊んでいて思った以上に処理できたので更に昨夜再々処理してみました。たった30分露光でよく撮れたと思っています。
ただ左上にアンプノイズが出ているのが残念。
イメージ 2



DATA
Date:2017-11-24
Object: Orion & neighborhood
Loc.:2F Balcony

Equipment:
   Equatorial SS-One
   Camera:
Canon EOS X7I (新改造)w. IDAS HEUIB-II フィルター
  Telescope (Lens):
Sigma 18-35mm F1.8DC HSM (ART) 29mm F3.2 Used
  Autoguide: SS-One Autoguider、 Camera:ASI120MM、
  Guide scope :サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4

Light Frames:ISO 1600  70secs X 26 , Total: Appr. 30m
Dark : None、 Flat: None、 Dark Flat: None、 Bias: 16 を Bias とともにDSS でコンポジット

Development:Capture One
Finalized by Gimp2

下記が昨年UPした画像

イメージ 1

皆様、ご無沙汰でございます。 冬型の気圧配置なったら活動を開始するMattです。
3ヶ月+ぶりの更新になりますが、 一部の星友さんが生きているか気にかけてくださっていたようでご心配をおかけしました。
この夏(もう秋? 近年の秋は夜曇るし、もう冬型の気圧配置になってきた)は昨年よりはマシでした。 昨年は八ヶ月未更新GW明けから11月中旬まで新月期はアウトでしたが今年は天の川、夏の星雲などは撮れたので良かったです。 ただ台風が多く来て、私の街でも24号で約42mの瞬間最大風速が吹きました。21号(だったかな)の時は停電してしまい、約14時間電気なしでした。
ただ、私は停電には慣れていて、テキサスに住んでいた時にハリケーン IKE(アイク)の被害で停電になり19日間も電気なしでした。 同僚の奥様(岡江久美子さん似の美人)に洗濯を申し出てくれて下着洗ってもらうのが恥ずかしかった思い出があります。(え? 私の嫁? さあどうなんでしょう ご想像にお任せです)
それとNYにいた頃に2003年8月に起こった北米北東部の大停電も経験しています。この時はマンハッタンで働いていて、NYC北部の郊外に電車で通勤していましたが、当然帰れませんので、マンハッタンに住んでいた仕事上のお客様の住居(32Fに階段で上がってビルの屋上でアメリカ人の太ったおばちゃんと星空を見ていて流れ星をみた苦い?記憶もあります) このお家には10名ほどが避難民となりました。
ちなみにNYにお仕事で滞在している人は大半が郊外に住んでいます。マンハッタン(NY市内)に住んでいる人はお若い方(家賃高いけど)が多いようです。

本題とずれました。
昨夜はオリオン座流星群でした。 13夜ということもあり空は明るかったので条件は悪でした。 でも久々に快晴でしたのでEOS X7IとスカイメモSを引っ張りだして11:30pmから一時間ほど撮影しました。30秒X100枚程度撮りましたが一枚も写っていませんでした。 眼視で観望も撮影中にしましたが、オリオン座からかなり西側で一個流れました。
何もないのもつまらないので20枚程度をコンポジットしてみました。
月が明るいので多方面からの乱反射が激しいの強調はひかえました。
イメージ 1

DATA
Date:2018-10-21 11:30〜

Object: The Orion
Loc::2F Balcony

Equipment:
   Equatorial Mount: Skymemo S
   Camera:
Canon EOS X7I (新改造) Filter : HEIUB-II(FF)
  
Telescope (Lens):Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM ART (FL :18mm F-Stop:2.8)
   Lens Filter Kenko Pro-Softon (A)


  
Autoguide: N/A
  Guide scope :N/A

Light Frames:ISO 800 30secs  X Approx.20,  Total Approx. 10m

Composite: DeepSkyStatcker (DSS 4.1.1)
Dark: N/A,  Flat: N/A、 Dark Flat: N/A、 Bias: 10
Flat Corrections: N/A
Color Fogging Correction: N/A
Development:Capture One 11.2
Gimp2: N/A

これで打ち止め!

みなさん、こんばんは!
昨年11月から急激に夜晴れるようになり(その前半年位は酷かった)、毎月新月期に撮影して比較的定期的に更新してきましたが、ついに今月で終わりです。
今宵の一枚は最後の在庫になります。5/21 23:04に撮影したアンタレス・エリアです。各星々の色は正しく出ていると思いますが、薄いですね。
これも半月期に撮影したものでまだ西側にお月さまが微笑んでいました。

イメージ 1

DATA
Date:2018-5-21  23:04〜
Object: Antares Region
Loc::2F Balcony

Equipment:
   Equatorial Mount: SS-One
   Camera:
Canon EOS 6D (HKIR) Filter : N/A
  
Telescope (Lens):Tamron(SP AF70-200mm F2.8 Di LD [IF] MACRO)FL:103mm、F4.0 used
  
Autoguide: SS-One Autoguider、 Camera:ASI120MM、
  Guide scope :サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4

Light Frames:ISO 3200 100-150secs  X 36,  Total Approx. 1h:12m

Composite: DeepSkyStatcker (DSS 4.1.1)
Light: 36、Dark: N/A,  Flat: 18、 Dark Flat: 18、 Bias: 18
Flat Corrections: DSS V.4.1.1
Color Fogging Correction: FlatAidePro
Development:Capture One 11.1

Level Adjustment: N/A

私の機材は16日頃に乾燥剤と共に夏眠に入りました。 夏至が過ぎて7月になって晴れの日が増えてきたら起きてくるかも知れません。鏡筒は(仕舞うと通気が悪くなるので)和室のオープンスペースで寝転んでいます。

大阪圏で大きな地震がありました。まだ余震も続いていますし、同程度の地震の可能性も指摘されています。 どうか用心してください。 被災してしまった方々の早期に回復、復旧、そして不幸にもお亡くなりになってしまった方のご冥福をお祈りします。  早く平和な日常に戻りますように! 

更新ペースは落ちますが、昨年のように半年以上更新なしにはならないと思います。
今年は一応惑星撮影の装備はあるので、何かはお見せできるのでは???
それでは!

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事