ここから本文です
がんばれ!女社長!!
八街市のとある駆出し不動産。。日々奮闘する女社長と、スタッフの徒然日記なのです。。。

書庫無題

記事検索
検索

冠水地獄

昨日の我が社の風景・・・・

イメージ 1

のどか・・・でしょ?

水が引いたあとが 地獄です。

ドブの臭いと 訳の分からないゴミが散乱しています。

大臣さんでも 市長さんでもいいので 早く何とかしてください

いろいろあったけど・・夏休み・終わった。

人並みに ポケモンにもはまってみたし・・・人並みにスカイツリーにも行ってみた。


遠出もなく のんびり孫達と過ごした貴重な8日間。

楽しい事が沢山あって思い出せないくらいなのだが・・・孫のそうくんには笑わせてもらった。

泊まりにきたもののツマンナイ顔していたので 退屈しのぎに 晩御飯のエビフライを作ろうって 冷凍海老

を買ってきて 孫達に包丁を握らせた。

1尾・2尾・・・・・3尾・・・  そうくんの様子がおかしい・・・。

その場に沈み込んでしまったのだ。

「そうくん どうした」     そうくん「・・・・・キモチ悪い」

顔面蒼白・・・・。もっとも名前が蒼 なのでこんな事もあるのか・・・?

海老の背綿を取っていたのだが モノによっては かなり太い背綿があって 彼はこの背綿にやられたらしい。

近頃はかえるの解剖も中々出来ない事情もあるらしいが 心やさしい(?) そうくんは 海老の解剖に 貧血

を起こしてしまったらしい。

おばあちゃんの頃の話をしても始まらないが・・・・「おばあちゃんなんか おままごとに赤とんぼをとってきて

尻尾きりして遊んだ」 などと言って 娘を激怒させた事もあるので ここは つまらない説教はやめたが・・・。

これからは つまらない社会の勉強などは おばあちゃんの出る幕はなさそうだ。

とりあえず こんなお盆休みを のんびりまったりやって 昨日から 後半戦 又始めました。

お陰さまで 何とか忙しく 働いています。


今日の八街は 溶けるように暑いです。

10時にお客さんのところに出かけて 11時に戻り 会社にこもっています。

仲間の S君が故郷に帰って もう会えなくなりました。

実家のお蕎麦屋さんを継ぐんだそうです。

ぐ〜っと淋しくなりました。   でも・でも・・・・少し苦い思い出になりました。

実は 春から もう決まっていたそうです。   婚約者との間に子供さんが出来て まあ寿退社?  ですかね。

私が知らされたのは 6月も押し迫ったある日・・・。  7月一杯でやめる事になりました  とにかくにこチャン

マークなのだ。 そりゃそうですよね。 今まで一人ぼっちだったのが 奥さん出来て 子供も出来る。

おまけに実家に帰って とうちゃんかあちゃんの傍で 蕎麦屋ですもん・・・・・。

でも 子供は1ヶ月では産まれないよ。     1月も2月も3月もダンまり 。7月に産まれるなら もうとっくに分かっていたんじゃないのお〜。

もっと早く言ってくれるタイミングはなかったんですかね〜。

まあ 年よりはだから嫌われるんでしょうね。   なんの翳りも無くニコニコマークのSくんは 昨日で下請け会社

を退職したらしいですよ。

あ〜つまんない!

きゃあ〜〜〜

と・・・31年ぶりに行ってきました。・・・・同級会

宮城県の片田舎・・ 宮城県立加美農業高等学校・・・

イメージ 1
写真は沢山写して来ましたが・・・・帰って 現像してみたら なんとはげ頭ばかり写っていましたのでカットさせて

いただきます。  なにしろ31年ぶりにあった同級生・・・・。

ジッと目をみて・・・・「あんだ・・・だれ?」  「オレ・オレ」 女性陣は さすがにみんな若々しく いいとこの

御隠居さん って感じですが・・・農業科の爺さんたちは よく見れば・・・ん〜あいつかな〜って感じで 最後まで

誰だかわからず帰ってきました。  はるばる400キロ クルマを飛ばして帰ったのは  もう最後かも・・・という

想いがありました。 どちらかと言うと目立たない地味な女学生でした。  遠く千葉の田舎町で 恐らくもう誰も

思い出すこともなくなるであろう自分のルーツを残したかったのです。   宮城県 加美郡色麻町 私の母校で

す。宮城県大崎平野は ささにしきのふるさと。 同級生ががんばって作ったお米を今日もご馳走になりました。

「ほら! もってっげ。」って30㌔の米袋 2袋クルマに積んでくれました。 震災で津波にながされて亡くなった

同級生1人・ 家族を亡くした人1人・・・でもみんな元気にがんばっていました。  沢山の笑顔と幸せをもらって

46年前のタイムカプセルから還ってきました。 みんなありがとう!       




老犬 ミルク

我が家の  ・・・・・正確には娘の家のチワワは 哀愁漂うミルクです。

間抜けな顔も 長年見慣れたら なかなかのハンサム・・・だと思ったら 実はおばあちゃんだったらしい・・・・

今日は 特別に 動物嫌いの私が 唯一可愛いがっているミルクを ご紹介します。

イメージ 1

後ろ姿も 素敵です。

目も見えず 耳も遠い老犬・・・日がな 寝てばかりいるのですが 会社に出勤の日には このマットがお気に入り

一日何を見ているのか・・・。 可愛がってくれた 多古のおじいちゃんをおもいだしているのかな〜。

イメージ 2

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事