☆★☆セカンドはうす☆★☆

インスタと読書メーター主体になってる今日この頃…下書きだらけ…(;^_^A

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

惨殺された両親の仇討ちを流星に誓いあった三兄妹。
「兄貴、妹は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」
14年後…彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心だった。

ハヤシライスが看板メニューの洋食店『アリアケ』の経営者夫妻が殺された。
功一、泰輔、静奈の三兄弟がペルセウス座流星群を見に出ていた間の惨劇だった。
泰輔は店の裏口から出ていく男を目撃したが、犯人特定は難航し、時は流れる。
14年後。
ひっそりと肩寄せ合ってきた三人は、静奈と功一がたてつづけに騙されたことで、
静奈の美貌を利用した結婚詐欺で生き抜いていく。
その最後のターゲットが、レストランチェーン『とがみ亭』の御曹司・戸神行成。
功一のたてた作戦で、擬態名人の泰輔と静奈は行成に近づく。
 
だが…
 
泰輔が見た行成の父親は、あの夜に目撃した男だった。
静奈が口にした『とがみ亭』のハヤシライスは父親の味だった。
功一は、結婚詐欺ではなく、両親の仇を討つことを決意する。 

東野さんの新刊でした♪

ここ最近、東野さんの…
『夜明けの街で』 『ダイイング・アイ』 は…
なんていうか、ちょっと物足りないような…
東野さんぽくないような…
そんな印象だったんですけど…

今回は、久しぶりに、東野さん!って感じで読みましたね(o^−^o)

でも、ラスト近くまでグイグイ引っ張られたわりには、
あっけない決着だったような…
あっけないというか、コレはどんでん返しだったのかもしれないけど…

たぶん…

両親が死んでしまった(殺されてしまった)子供が大きくなって…
っていうあたりで『白夜行』をイメージしてしまってたので、
涙が止まらないような切ないラストになると覚悟してた分、
あまりに爽やかなラストだったので、
(「事件」って意味では、爽やかじゃないけど(^^;)
肩すかしをくったって感じなのかもしれないですね(ノ∀ ̄〃)ヘヘヘ

そんな文句を言いながらでもww
今回の作品は、久しぶりに楽しませてもらいましたね♪(←何様?!(^o^;)


まず、出だしがよかったですね。

喧嘩をしながらも中のいい兄弟が、窓から家を抜け出して流れ星を見ようとしてると、
妹に見つかってしまい、その妹もいっしょに出かけることになる。
出かけるときから曇っていたんだけど、
もしかしたらと見に行って…
やっぱり、見ることができなくて、おまけに雨まで降ってくるなんて、
これから、何か嫌なことが起こりそうな予感をさせて…

3人が家に帰り着くと、両親が殺されていて…

なんて、ジャジャジャァ〜〜〜〜ン ジャジャジャァ〜〜〜〜ンって、
サスペンスのオープニングが流れてきそうな感じでしたねww

弟・泰輔が犯人らしき人物を見ていて似顔絵まで作成されたり…
犯人の物と思えるビニール傘が残されていたり…

すぐにでも犯人は捕まるんじゃないかという展開にもかかわらず、
犯人はわからないまま、3人は施設に入れられて、
事件は解決しないまま14年が過ぎてしまう。

書かれていなかったけど…
きっと、幸せな14年ではなかったと思うんですよね。
3人とも、里子に出されるわけでなく、施設から巣立ってたみたいですけど…
3人が一緒でよかったんだろうなって想像するぐらいしかできませんでしたね。

で、出てからの3人といえば、
功一はデザイン会社で働くものの、ひどいめににもあい、
泰輔は何をやっても長続きしなく、
静奈は簡単に騙されてしまうし…

そんな3人が思ってしまっても仕方ない…かな?!

「この世は騙すか騙されるか。
 だったら、いつまでも騙されるほうにいるのは馬鹿馬鹿しい。
 騙すほうに回ろう。
 金は天下の回りもの。
 自分の金が他に回ったなら、今度は別のところから回収すればいい。」

って…。

それに、功一の頭脳があって、泰輔の擬態があって、静奈の美貌があれば…
詐欺の一つや二つ、やっちゃいます…よ?!

まぁ〜〜

キャラ読みの私的にはww
功一の実行力と頭脳に、ちょっとよろめきながら…
「詐欺」っていう悪いことをしてるにもかかわらず、
騙す相手が相手だけに…
「ヤレ〜ヤレ〜」なんて、ちょっと応援したくもなるような(^o^;
そんな感じでしたね。

あんな女、こんな女の演技をしながら、
いろんな男を手玉にとっていく静奈だったけど…
行成に出会ってからは、なんかいい感じに変わっていって、
でも、兄達との絆を断ち切ることはできないから、
わざと、なんでもないという態度をとるんだけど、
兄達には静奈の恋心がわかってしまって…

最初に詐欺のターゲットに選ばれた頃の行成は、
生真面目で単純なボンボンってイメージだったのに、
気がつくと、なんだかしっかりしたかっこいい男性になってて…
そんな変化して(素質はあったのに、出してなかっただけかなぁ)、いいのかぁ〜?
などと思いつつ…
その後半の行成は、静奈が惚れただけあるようないい男でしたね。

でも、私は功一のほうがいいですけど。ププッ ( ̄m ̄*)

まぁ〜〜〜〜〜〜
そんなこんなで、いろんな伏線が繋がってきて…
犯人もわかって…
ラストも爽やかさが残って…

ってな感じで、あっという間に読み終わりましたね♬

そうそう!
途中、兄弟二人が刑事に化けるんですけど…
その名前が、 草薙 加賀

東野さんが、こんなお遊びをするってのを、
はじめて見たような気がします。

思わず、ケケケッと笑ってしまって、
そばにいた娘が、ギョっとした顔で見て言いました。

「何、笑ってるん?」
「だってぇ〜ガリレオの草薙刑事と、赤い指の加賀刑事やからぁ〜」
「???????」

東野さんを読んでない娘には、その説明すら意味不明だったみたいで、
そのまま、ほったらかしにされてしまいました。(≧ω≦。)プププ

さぁ〜〜
早めに図書館に返しに行かないと…
でも、月曜日は休館日だから…火曜日かな。

早く返さないと…
私の後には、 1260人 が待っていますからぁ〜〜(⌒_⌒; タラタラ

この記事に

閉じる コメント(52)

名は体を表す!とばかりに、流星張りのストーリーラインに一気読みできる作品でしたね☆ガリレオも新作待ちだし、読書の秋を飽きさせない時期でくほくほですね☆☆
TBさせてください★

2008/10/18(土) 午後 5:47 ブックミン 返信する

アバター

>ブックミンさん ほんと一気読みしてしまうような流れがありましたよね♪
ガリレオも、2冊とも図書館で予約してますが…年内に回ってくるかなぁ〜〜(;^_^A
TBありがとうござました♬

2008/11/1(土) 午後 9:05 チュウ 返信する

最後のどんでん返しで犯人が分かったらあっけなく話が進んで終ってしまったという感はありましたよね。そうそう刑事の名前は笑えましたよね。トラバさせてくださいね。

2008/11/4(火) 午後 10:01 いっちー 返信する

アバター

>いっちーさん どうしても東野さんってだけで、すごいラストを期待してしまうから…あっけない感じがするんですよねww
あの二人の刑事の名前は、よかったですよね《*≧∀≦》
TBありがとうございました♬

2008/11/5(水) 午後 10:51 チュウ 返信する

1260人…( ゚Д゚)ヒョエー私の前には何人いたんでしょう?ドラマ開始前には読みたかったのにやっと回ってきました。
久しぶりに東野トリックを堪能できて大満足の作品でした(≧m≦*)
私も草薙と加賀には大受け。ファンサービスを東野さんがするなんてとヾ(*´∀`*)ノキャッキャ♪
トラバさせて下さいね♪

2008/12/11(木) 午前 8:26 金平糖 返信する

アバター

>金平糖さん 気になったので、今現在はどれぐらい待ってるのかな?って、また見てきましたww
1316人の予約が入っていて、予約件数の第一位になっていました\(◎o◎)/!
やっぱり、ドラマ化の影響は大きいみたいですねww
TBありがとうございました♬

2008/12/11(木) 午後 8:27 チュウ 返信する

アバター

1260人って…どれだけ利用者の多い図書館なんでしょうか^^;一人が2週間借りるとして、最後の人に回ってくるのは…(゚゚;)エエッ〜
地元の図書館はガリレオの新しい2冊でさえ30人台でした。
この本は読後感がさわやかでよかったですね〜^^
私はキャラ読みならやっぱり行成かな^^;

2008/12/11(木) 午後 9:53 ねこりん 返信する

1260人はちょっとスゴすぎます!ウチの図書館の全作品の予約とあわせても多いんじゃないかな?(笑)
絆の強い三人が詐欺師に落ちてしまったのはちょっと残念だったのですが、ラストの犯人と三人の絆が見れて読後感は良好でした^^TBさせてください☆

2008/12/12(金) 午前 0:46 チルネコ 返信する

アバター

やはり「白夜行」を思い出しますよね。それにしても刑事二人の名前!!そうだった〜〜!!読んだとき どこに出てきたっけ?それこそ、百夜行?ってすごく悩んだんだけど 言われて「そうそう!」って思いだしました。スッキリ^^。
この本は絶対にドラマになるだろうな〜って本を読んだ時から感じてましたが あっという間のドラマ化にびっくりでした。ニノは大好きだし 錦戸くん かわいいし クドカン面白いし!今すっごくはまってますv

2008/12/12(金) 午前 0:50 tammy 返信する

1260人! スゴイ数ですね〜〜Σ(´д`ノ)ノ
そうそう、草薙と加賀! 私も笑っちゃいました〜〜(≧m≦* )ププ オチャメな東野さん発見!でしたね〜〜♡ 久々に面白い東野さんに出会えて嬉しかったです♡
トラばらせて下さいね!

2008/12/12(金) 午前 9:28 るぅ 返信する

アバター

そうそう、途中まで推理しながら読んで、ハラハラしながら読み進めるのに、最後が爽やかすぎ?でしたよねぇ〜
なかなか楽しめた本でした(=^▽^=)
1260人って、、、スゴイなぁ。何冊あるんだろう?1260番目の人はいつ読めるのでしょうね^^;

2008/12/12(金) 午前 9:41 わぐま(*^。^*) 返信する

アバター

>ねこりんさん 5月の時点で、1260人だったのが…今現在は、1314人に増えていますwwちなみに蔵書数は116冊です。
ついでに…「ガリレオの苦悩」が1074人(82冊)。「聖女の救済」が1176人(92冊)。でした。この中の一人に私もいますけどww
TBありがとうございました♬

2008/12/12(金) 午後 9:10 チュウ 返信する

アバター

>チルネコさん 今は、1314人ですww
絆を詐欺師に使うってのは、ちょっと…でしたよね。でも、ラストが爽やかでよかったですよね♪
TBありがとうございました♬

2008/12/12(金) 午後 9:13 チュウ 返信する

アバター

>tammyさん ニノも亮ちゃんも、いい味だしてますよね。
クドカンの脚本は、クドカンらしくて面白いんだけど…東野さんの暗いイメージも見たかったんですよね。原作のイメージの兄弟でも、あの二人ならいけると思ってたんですけどねww
TBありがとうございました♬

2008/12/12(金) 午後 9:19 チュウ 返信する

アバター

>るぅさん 今でも、1314人ですよww
東野さんが、こういう遊びを盛り込むっていう意外性もよかったですよね♪
TBありがとうございました♬

2008/12/12(金) 午後 9:22 チュウ 返信する

アバター

>わぐまさん ラストは爽やかでしたよね。爽やかすぎるぐらい?ww
5月時点で、1260人だったんですが…今は、1314人ですww
蔵書数は、116冊です\(◎o◎)/!
TBありがとうございました♪

2008/12/12(金) 午後 9:24 チュウ 返信する

私はドラマは見ていないので、大きなことは言えませんが、
ちょっと3兄弟妹ともイメージが違うような?
ただ、小説としては、最後の結末は予想できませんでした!
兄弟が化けた刑事の名前“草薙と加賀”はサービスでしたね♪

2010/3/16(火) 午後 11:39 やっくん 返信する

アバター

>やっくん 原作を読んだときの脳内イメージとは、ちょっと違ったキャスティングだったんですけど…
クドカンの脚本で、そのカラーが前面に出ていたドラマだったので、これならこのキャストだなぁ〜とか思いながら…
東野さんの空気と、ちょっと違ってたのが疲れたので、亮ちゃん(泰輔)好きの娘にドラマはまかせましたww
今度は加賀さんがドラマ化ですよね(^_-)

2010/3/17(水) 午後 9:04 チュウ 返信する

顔アイコン

TBありがとうございました。
さすがに、今になると、図書館の待ち人数は0なのですが、それでも20冊の在庫は全部貸し出しに回されているという....

2011/6/5(日) 午前 1:36 [ Kiyochan ] 返信する

アバター

>Kiyochanさん 今でも東野さんは書架には並んでないですね><
コレなんて蔵書は3桁ぐらいあるのに\(◎o◎)/!
TBありがとうございました♪

2011/6/5(日) 午後 9:30 チュウ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(23)


.


みんなの更新記事