全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

宝塚市、平井(ひらい) 八坂神社(やさかじんじゃ)のご紹介です。


御 鎮 座 地


本社は、宝塚市の東の端、平井地区に鎮座されております。

この地は昔の、川辺郡長尾村、大字平井で、平居とも書きました。

当社の東上には弓場池があり、さらに北方は「親保山(250m)」でその山麓が当社の森となっています。

この弓場池は、かって平井の里の田圃を潤す「神水」として、また周辺には自然の井戸が出来、この井戸

のもとに、人々が住み着き、平井の村落が形成されたそうです。

当社の森の上は、宅地造成が進み、広い住宅地になっていますが、さらに上には、

燈明山古墳群、万籟山古墳、などががあります。

また、この地には、源頼光の四天王の一人、藤原保昌(ふじわらのやすまさ)が住んでいました。

平井保昌とも称していました。


御  由  緒


当社の創建は、寛仁二年(1018)に、藤原保昌(ふじわらのやすまさ)の祭祀に

始まると伝えられております。

また、宝徳元年(1449)の創始とも伝えられています。

御祭神は、素 盞 鳴 命 (すさのおのみこと)

     白 山 姫 命 (しらやまひめのみこと)


ご  本  殿


ご本殿は、覆い屋に納められており、外から見ることは出来ませんが、説明板によりますと、


本殿は、通常規模の、一間社春日造り 杮葺(いっけんしゃかすがつくり こけらぶき)で、

一部が修理がなされているが、ほとんど創建当初のままでよく保存されている。

身舎はきわめて簡素で、古い様式の特徴を多く残している。

本殿背面のびわ板に「貞享元年(1684)子ノ三月八 上ふき」と記されており、

この頃に屋根の葺き替えや細部の修理が行われたようである。


全体の様式技法からみて、室町時代後期(16世紀中頃)の建立と考えられ、

この地方の神社建築のすぐれたものの一つである。


境 内 の 稲 荷 社、 祠、 役 行 者 像 など


境内、社叢の中には、末社稲荷社の他に、

社殿の左に石室があり、その中に「役行者(えんのぎょうじゃ)」が祀られています。

役行者(634-706)は修験道(しゅげんどう)の開祖とされています。

さらに森の奥に、石の祠があり前面の蓋が外されて、御神体が見えているが、

祭神は不明です。



ご参考  :宝塚市平井二丁目16−14
      阪急宝塚線 山本駅  北へ 6分  (大宝寺の東隣)




     

閉じる コメント(28)

顔アイコン

この辺りから川西の方の山へ向かう入り口だったのでしょうね。
今では平井山荘など、住宅地が開けていますが、途中に寺有り、瀧有りで修験者には好都合のポイントだったのでしょうね。

2008/7/19(土) 午前 11:53 越木岩神社 返信する

顔アイコン

のどかな雰囲気の中に鎮座され歴史のあるお宮さんですね。
すごいですね。
四天王に一人が創建に関わっているのですね。
厳かな感じがまします。
ポチッ!!

2008/7/20(日) 午前 10:15 today_kids 返信する

顔アイコン

NORIさんの神社訪問としては珍しく緑の多い鎮守様ですね。文化財としても市民に大事にされているようですから鎮守の杜は安泰でしょう。ね

2008/7/21(月) 午後 0:41 Hirojii 返信する

顔アイコン

♪村の鎮守の神様の〜〜と、おもわず歌ってしまいました^^
千年もの長い間、皆を守って下さっているのですね〜
狛犬さん、いいお顔です^^ポチ♪

2008/7/22(火) 午前 10:56 kanon 返信する

顔アイコン

JINさん、折角の市指定文化財で室町時代後期の建立と考えられる本殿も、覆い屋に納められており、外からは覗き見ることも出来ないのが、残念です。

2008/7/22(火) 午後 4:05 NORI 返信する

顔アイコン

やまとひめさま、静かな森に鎮座されております。
でも、参拝中も蚊が出てきてあちこち刺されました。

2008/7/22(火) 午後 4:08 NORI 返信する

顔アイコン

Nobikitさん、巡礼街道があり当社はその一番東の端にありますが、山の麓にあたり鎮守の森のまだ上に住宅地があるとは想像できませんね。
しかし宅地開発はどんどん進んでおります。
傑作ありがとうございます。

2008/7/22(火) 午後 4:12 NORI 返信する

顔アイコン

ぶんわんさん、この拝殿は、参集殿を兼ねているのだとおもいますが〜〜。
こちらでは時々見かけることがありますよ。

2008/7/22(火) 午後 4:15 NORI 返信する

顔アイコン

クロコダイルさん、やはりそのようですか。
水を守ることは住民の命を守ることですものね。
ありがとうございます。

2008/7/22(火) 午後 4:18 NORI 返信する

顔アイコン

トロさん、神社巡りでは古くのことが解かってきますね。
この地には、源頼光の四天王の一人、藤原保昌が住んでいました。
私も初めて知りました。ありがとうございます。

2008/7/22(火) 午後 4:22 NORI 返信する

顔アイコン

右近さん、おっしゃられる様に、管理が行き届いているとはいえないようですね。
宝塚市ではこの神社のみですね。当番制がないのかもしれませんね。
ポチありがとうございます。

2008/7/22(火) 午後 4:27 NORI 返信する

顔アイコン

グッドライフさん、役行者さんは時々神社境内に祀られていますが、
石室に祭られているのは初めてです。
いいものですね。

2008/7/22(火) 午後 4:30 NORI 返信する

顔アイコン

越木岩さま、なるほど、おっしゃられる様に、修験者のポイントでもあったわけですか。
ありがとうございました。

2008/7/22(火) 午後 4:33 NORI 返信する

顔アイコン

きょうこさん、この地には、源頼光の四天王の一人、藤原保昌が住んでいました。
私も初めて知りました。
ポチありがとうございます。

2008/7/22(火) 午後 4:35 NORI 返信する

顔アイコン

ヒロ爺さん、この神社の社叢の大きいのには驚きました。
かなり上までありました。
ただ、管理が今一つというところがありますが、これも、宝塚市の他社が全てきれいにされているので、ここが目立つ結果になっているようでした。

2008/7/22(火) 午後 4:39 NORI 返信する

顔アイコン

Kanonさん、なかなか由緒ある神社ですね。
狛犬さんの顔を、じ〜〜と見ていると意外と可愛いですね。
ありがとうございました。

2008/7/22(火) 午後 4:41 NORI 返信する

ふむふむ☆
この狛犬さんは台座も低めだし、
ちょっと古めな雰囲気ですね〜\(^o^)/

石段が、いい味だしてて
ステキです!

2008/7/23(水) 午前 0:42 [ oniwa ] 返信する

平井山荘に同級生が住んでいます
ここの上のほうって ふじが丘? 満願寺滝之上にも友達がいます
あのあたりもどんどんと開発が進んでいますね
こんな由緒正しき神社もあるのですね
管理が問題ですね
新住民がおおいし 川西の飛び地など入り組んでいるところだからでしょうか

2008/7/23(水) 午後 9:20 TOSSY 返信する

顔アイコン

ひめねこさん、流石に目の付け所が違いますね。
この狛犬さんの台石が低いのが特徴でもあるようですが、
安政四年、150年前の作品です。
石段も1800年前後の物のようです。

2008/7/24(木) 午後 5:21 NORI 返信する

顔アイコン

TOSSYさん、やはり地元に近い関係で、お知り合いが多いようですね。
この辺りも開発が盛んに進められた所のようですね。
飛地があるのが面白いですね。

2008/7/24(木) 午後 5:24 NORI 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事