全体表示

[ リスト ]

尼崎市、若王寺(なこうじ)、熊野大神社(くまのだいじんじゃ)のご紹介です。



イメージ 1


御  鎮  座  地


当神社は、尼崎市の北東部、藻川の右岸に位置する

若王寺(なこうじ)地区に鎮座されています。

この若王寺の地名は、室町期以前に「若王寺」と称する

寺院が所在したことに因むといわれています。


御  祭  神


主祭神、 伊 邪 那 美 命(いざなみ の みこと)

天 児 屋 根 命(あめの こやねの みこと)

稲 荷 大 神(いなり おおかみ)


ご  由  緒


神社誌には、「創立年月不詳。明治六年八月村社に列せられる。」とありますが、

当社の伝承によれば、江戸時代初期17世紀に若王寺の

産土神として創始したと言われているそうです。

古来より雨乞いの神社として、農民の多くが、
参詣したそうです。


イメージ 2
入口付近、周辺は住宅になっています。

イメージ 3
大鳥居、前の鳥居が大震災で倒壊したため

その後に再建されました。

イメージ 4
立派な社号標です。

イメージ 5
標柱。宣揚文はありません。

イメージ 6
拝殿です。

昭和五十二年に、本殿、幣殿、拝殿、社務所が

尼崎市内最大の規模で竣工されました。

施工は、金剛組によるものです。

イメージ 7
拝殿内部。

イメージ 8
本殿など。

イメージ 9
手水舎

イメージ 10

震災の碑、倒壊した大鳥居の柱部分です。

イメージ 11
狛犬、吽像です。

砂岩製ですが、奉納の刻銘は不詳。

イメージ 12
狛犬、阿像です。



ご参考     :尼崎市 若王寺 1丁目 10-18


         市バス、若王寺下車  東に5分

この記事に


.


みんなの更新記事