過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

「花祭り」

神戸、花祭り(降誕会)


イメージ 1
新神戸駅前の新生田川の満開のさくらと東福寺



4月8日はお釈迦様の誕生日です。

新幹線の新神戸駅の近くの、曹洞宗、東福寺では、

毎年、お釈迦様の誕生日をお祝いし、

「いのちを尊重する日」として、花祭りが行われています。


イメージ 2


イメージ 3



きれいな花で飾られた屋根の、お堂の中には、生まれてすぐの、

お釈迦様の、右手をあげて天を指し、左手を下げて地を指して

「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげ ゆいがどくそん) 」と

言われたとされる、「誕生佛」があります。

お参りの人々は、お釈迦様に甘茶をかけて、お祝いをされていました。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


この甘茶をかけるいわれは、お釈迦様誕生のとき、天から2匹の龍が降り、

甘露(かんろ)の雨を降らせ、お釈迦様に産湯を使わせ、

洗い清めたと言う言い伝えによるそうです。

産湯を頭からかけるのは、2匹の龍がかわるがわるに、

甘露を天から降らしたと、言われていることによるそうです。


用意されたお湯呑みで、甘茶をいただきます。

また、水筒に入れていただくことも出来るそうです。

この甘茶は、「甘露」といわれ、神々の常用の飲み物で

これを飲めば、不老不死になるといわれています。



この日には、特別にお願いをして、本堂を拝観させていただきました。

この本堂は、総ケヤキの重厚な建築で、神戸市の美術建造物に

指定されております。

金箔が施された欄間は見事な彫刻です。

イメージ 7


幸いにも、太平洋戦争の空襲からも免れましたが、

大震災では、亀裂が入り、壁が崩れるなどの大きな被害がありましたが、

長い歳月をかけて修復されています。


イメージ 10
庫裏の内部

庫裏も立派ですが、「旭 玉観(あさひ ぎょくかん)」の筆による

襖絵は見事なものです。

イメージ 8
武内宿禰の生い立ちの画(私の想像です)


イメージ 9
獅子の子落しの図


この他に、松竹梅が描かれた部屋があります。





全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事