過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

生きた金魚のアート、「アートアクアリウム展」です。



大丸神戸店で、「アートアクアリウム展」が開催されました。


約40個の水槽の中で約50種3,000匹の金魚が泳ぐ姿をライトアップし、

「和」を感じさせる芸術作品として幻想的な空間を演出しているそうです。


イメージ 1
(クリックで拡大してご覧ください)

メインの作品です。

直径約2.3mの巨大な金魚鉢「花魁(おいらん)」で、

下の水槽も含めて約1,000匹の金魚が泳いでいます。


ライトアップが7色に変化するさまは、妖しげな雰囲気が

醸しだされています。

イメージ 2

巨大金魚鉢の上から八方に循環水が流れ落ちる

部分もそれなりにアートの雰囲気が出ています。



イメージ 3

行燈水槽「Andonrium(アンドンリウム)」です。


行燈を模した水槽で、中で泳ぐ金魚と側面のレースで

施されたグラフィックとが、常に変化して複雑な影絵が

出来るなど、新たな魅力が引き出されております。



イメージ 4

屏風水槽「Byoburium(ビョウブリウム)」です。

屏風の絵柄と色彩はどんどん変化する中で、

金色の金魚が泳いでいます。

絵柄は投影された影絵で常に変化をしています。



この他にも、壁掛け水槽「Zen Aquarium」、

万華鏡「Kalleidorium(カレイドリウム)」

などが上手に配置されていました。


この沢山の金魚の中には大変高価なものなどが入って

いるそうで、愛知県(訂正をしました)の金魚の産地、弥富から運びこんだようです。

生きる芸術品、スッタッフは24時間体制で管理されているそうです。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事