その他

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 前のページ ]

イメージ 1

ここのところ、用事が重なり、記事の更新も出来ず、

また、皆さまえの、ご訪問も滞りがちになり、

申し訳なく思っております。


一つ一つ片がつき、本日やっとのことで記事の

更新ができました。


雑用の中の一つに、「こうべ市民美術展」の

写真の部に出品をしていました。

何と!!「入選」させていただきました。

写真は小生の作品と頂いた「楯」です。


この他にも、出品している作品の一部に、

「西宮カメラ散歩」があり、お暇な時にでも

覗いて頂ければ光栄です。



この中で、「春フォト20選」は、1点のみ。

     「夏フォト20選」は、投稿せず。

     「秋フォト20選」は、3点

     「冬フォト20選」は、4点

     「フォト365」は、2点

それぞれ、選ばれております。撮影者のイニシャル「N.Y]が私の作品です。

ご笑覧ください。


今後とも何卒宜しくお願いします。

神戸のバイオガス

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

下水汚泥から生まれたバイオガスで、市バスが走っています。


神戸市では、私が毎日流す下水汚泥で、市バスが走っているとなると、うれしいですね。



神戸市では、下水汚泥から生じる消化ガスを精製して得られた

バイオ天然ガス「こうべバイオガス」を市バスの一部と

市の関係一般車両に供給されています。


バイオガスはCo2 を出さず、大気汚染物質も殆ど排出しないなど

クリーンエネルギーで、価格もガソリンよりはるかに安価だといわれています。

ただ、対称車両が、天然ガス対応車両でなければなりません。


この東灘処理場は、阪神大震災で大きな被害が出ましたが、

復旧工事の中に、このバイオガス精製設備の計画予算を組み込み

実現したもので、まさに〜〜「災い転じて福となす」としたことは

神戸の力強さを表わしているのかも知れません。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

神戸港の地球深部探査船「ちきゅう」



神戸、六甲アイランド西側岩壁に寄航している世界最大級の、

地球深部探査船「ちきゅう」(全長210m、57000ton)が

15日(日)、内部の公開がされました。


早朝から沢山の見学者が押し寄せ、数時間待ちの、

長蛇の列となりましたが、幸いにも暖かい好天に恵まれ

苦にもならない様子でした。


ちきゅうは、巨大地震の観察などを目的に05年に建造され、

独立行政法人「海洋研究開発機構」が管理し、海底の掘削調査

をしています。


昨年11月より、スクリュウの修理のために寄航していましたが

この付近は、コンテナー基地で一般の者は入れませんでした。

対岸から見ていましたが、その形すらも殆ど解からずにいましたが

今回、修理も終わり、内部まで自由に見学できることとなりました。

近づいてその大きさに驚きましたが、中でも掘削塔の高さは約130mで、

神戸のシンボル、「神戸ポートタワー」よりも高いとのことです。


操舵室は広く、昔の操舵輪は無く、中央に小さなハンドルらしきもの

があるだけです。

また、この世界の技術の粋を集めた巨大船にも、神棚さんが祭られているのが印象的でした。

ちなみに、中のお札さんは伊勢神宮の「天照皇大神(あまてらすおおみかみ)」でした。

勿論、隣には「金比羅大神」のお札もありました。


地球の深部探査は、水深2500mの海底からさらに、7000m

の地球の深部まで掘削して、採取した土や岩をCTスキャン等で調べています。


最近の独立行政法人など、問題視されている中、この任務内容の

公開は、そのPRに関係者の真剣さが表れているかに見受けました。

開く トラックバック(1)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

太平洋側で素晴らしい 「サンセット」 がみられます。

場所は、紀伊半島の白浜町「三段壁」からです。

クリスマスイブのサンセット、すてきでしょう。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

神戸の東灘区の、山神社(さんじんじゃ)参拝で、岡本から八幡谷の登山道に入った。しばらく進むと
左側に道祖神が祀られている。反対の右側は絶壁。足を踏み外せば、命は無さそう。

道祖神の台座に、
「コノ道沿イニ西北西ヘ百五十米程ハ、昔、白光谷ト呼バレタ行場デ、
     白永大神 (ハクナガ)
     白光大神 (シラミツ)
     永光大神 (ナガミツ) ト申サレル三柱ノ主神ガ鎮座サレ、
 多クノ行者ヲ導キ、諸人ヲ助ケ給ウ」 と刻まれています。

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 前のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事