その他

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

「花祭り」

神戸、花祭り(降誕会)


イメージ 1
新神戸駅前の新生田川の満開のさくらと東福寺



4月8日はお釈迦様の誕生日です。

新幹線の新神戸駅の近くの、曹洞宗、東福寺では、

毎年、お釈迦様の誕生日をお祝いし、

「いのちを尊重する日」として、花祭りが行われています。


イメージ 2


イメージ 3



きれいな花で飾られた屋根の、お堂の中には、生まれてすぐの、

お釈迦様の、右手をあげて天を指し、左手を下げて地を指して

「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげ ゆいがどくそん) 」と

言われたとされる、「誕生佛」があります。

お参りの人々は、お釈迦様に甘茶をかけて、お祝いをされていました。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


この甘茶をかけるいわれは、お釈迦様誕生のとき、天から2匹の龍が降り、

甘露(かんろ)の雨を降らせ、お釈迦様に産湯を使わせ、

洗い清めたと言う言い伝えによるそうです。

産湯を頭からかけるのは、2匹の龍がかわるがわるに、

甘露を天から降らしたと、言われていることによるそうです。


用意されたお湯呑みで、甘茶をいただきます。

また、水筒に入れていただくことも出来るそうです。

この甘茶は、「甘露」といわれ、神々の常用の飲み物で

これを飲めば、不老不死になるといわれています。



この日には、特別にお願いをして、本堂を拝観させていただきました。

この本堂は、総ケヤキの重厚な建築で、神戸市の美術建造物に

指定されております。

金箔が施された欄間は見事な彫刻です。

イメージ 7


幸いにも、太平洋戦争の空襲からも免れましたが、

大震災では、亀裂が入り、壁が崩れるなどの大きな被害がありましたが、

長い歳月をかけて修復されています。


イメージ 10
庫裏の内部

庫裏も立派ですが、「旭 玉観(あさひ ぎょくかん)」の筆による

襖絵は見事なものです。

イメージ 8
武内宿禰の生い立ちの画(私の想像です)


イメージ 9
獅子の子落しの図


この他に、松竹梅が描かれた部屋があります。





イメージ 1
先日より
 
何度か当ブログで記事にさせていただきました。
 
発行日も決まりましたが(2010年4月2日)
 
陳列書店のリストは未だ私の手元になく、店頭での購入は安易ではないようです。
 
お近くの書店にご注文いただくか
 
インターネットで取り寄せていただければ、と思います
(クロネコヤマトのブックサービス、セブンネットショッピング、アマゾン、ジュンク堂、他)
 
 
ただし、本人の希望により、
店頭で陳列される市内の書店は
ジュンク堂(三宮センター街)らしいです
 
淡路島内では R28沿いの 宮脇書店 だそうです。
 
そこで 本人からもらったチラシです。。。
イメージ 2
 
これを最寄の書店にお持ちください という事のようです
 
そして、 本日の記事のタイトルにもした 娘の気持ちです。。。

          あとがき   より一部抜粋

。。。。。。略。。。。。
 
私はいじめにあっていました。
 
ほんとうに死んでしまいたいくらい・・・・・・。
 
。。。。。。略。。。。。
 
今、
誰かにいじめられている子、
誰かをいじめている子、
誰かを嘲笑っている子、
誰かを蔑んでいる子、
誰かを否定している子、
 
誰かに 『死』 という言葉を浴びせた子、
 
その 『誰か』 を見ている第三者。
 
色んな人に読んでほしい。。。。。。。略。。。。。。
 
誰かの親になっている人にも読んでほしい。。。。。略。。。。。
 
教師にも読んでほしい。。。。。。。。略。。。。。。
 
『いじめられるほうに 問題がある』という 
           大人の人達にも読んでほしい。。。。。。略。。。。。
 
母である私も
 
彼女のSOSに何も手助けする事ができませんでした。
 
いじめられている と打ち明けられたときも
 
日々の生活に必死で
 
彼女の心を真剣に受け止めてあげる事が出来ませんでした。
 
しかし
 
彼女は乗り越えてくれました。生きていてくれました。
 
 
生きていてくれて ありがとう 
 
そう 心から思っています
 
テレビのニュースから聞こえてくる
 
『子供の自殺』
 
胸が痛くなります。
 
一人でも多くの人に、子供達に、
 
『生きていたら、いい事 いっぱいあるよ』
 
この本を通して、感じてもらいたいです。
 
うまく、書けませんでしたが、今日は娘の気持ちを伝えたくて。。。
 
これからも、宜しくお願いします。

転載元転載元: 極楽ぷりん、今日は何処へ・・・

イメージ 1

詩集 「うそつき うさぎ」を読んで。





今朝から三宮に所用で出掛けましたが、

帰りに、書店に立ち寄り、今日からの発売された

詩集を買い求めてきました。


それは、 「うそつきうさぎ」   柴田 翼 著  文芸社 です。


神戸のある、中学校、そして高校と、いじめに遭った彼女自身の、毎日の思いが、

そして、アンビバレントな葛藤を、ありのまま日記に綴られた詩、

その中から、70篇が収録されています。


その中の1篇、 「ライアーラビット」



う そ つ き う さ ぎ は 言 い ま し た

 「大 丈 夫 だ よ  悲 し く な ん て な い よ」


そ れ を 聞 い て た 正 直 ウ サ ギ は 言 い ま し た

 「う そ つ い ち ゃ ダ メ だ よ」

う そ つ き う さ ぎ の 頬 に 涙 が 伝 い ま し た


そして、「あとがき」の最後には、


今、

誰かにいじめられている子、

誰かをいじめている子、

誰かを嘲笑っている子、

誰かを蔑んでいる子、

誰かを否定している子、


誰かに「死」という言葉を浴びせた子、

その「誰か」を見ている第三者。

いろんな人に読んでほしい。


教師にも読んでほしい。生徒の中には笑顔の仮面をかぶって心では

泣いている子がいるんだよってことをわかってほしい。


「いじめられるほうに問題がある」っていう大人の人たちにも読んでほしい。

いじめるほうが悪い確率ゼロパーセントの理由を教えてほしい。



それでわかってほしい。

十人十色なんだってこと。

その人らしい何かを持っているんだってこと。


私は一気に読み終えて今、現代の抱える問題のほんの少しを

解ったかに思えます。

そして、「子供手当て」「高校無償化」も大切かもしれませんが、

何よりも、教育現場の中身を知り、青春の尊い命を守らなければ、

ならないのでは、ないでしょうか。

考えさせらえる、良書でありました。


追伸 : 諒解を得ましたので、この著者のお母さんのブログ記事を

    転載をいたしました。

    あわせてご覧下さい。

開く トラックバック(1)

アーモンドが咲き始めました。



神戸の東灘区、東水環境センター、通称:「水辺の散歩道・うおざき」

アーモンド並木が咲き始めました。

まだ、チラホラですが、美しいピンク色で輝いています。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3



3月20日(土)に、アーモンド祭りが開催されます。

私も、アクアサポーターとして、お手伝いすることになりました。


イメージ 4
クリックで拡大してご覧ください。


楽しい催し物がいっぱいです。

お天気になることを祈っています。

芦屋浜の日の出

芦屋浜の日の出



南芦屋の浜から見える日の出です。

前日の天気図では西から高気圧(1022hp)が張り出してくる予定で

晴れ間が広がり、風も無い穏やかな夜明けを迎えることと思い

南芦屋浜に出かけました。

イメージ 1
大阪湾 1月30日 6:48  200mm  F:22  2秒  ISO200

ところが、どうも雲は厚そうで、日の出の撮影は出来そうもないと諦めかけていた時、

散歩の方が、「東側で三脚をすえてお一人が待機して見えますよ。」

と教えてくださった。

どうせ晴れ間が出ずにダメだろうと思いつつ、移動することにした。


お一人のカメラマンがお見えになった。

少し離れたところで撮影しようと三脚の準備に入ったところ、

まん前に真っ赤な明りが見える。なんの灯りかな〜あと思って見つめて

いるとだんだん大きくなってきた。

「日の出だ!!」

イメージ 2


三脚を据える暇もなく、手持ちで撮影に入った。

どうしてもレベルが出にくい。

イメージ 3


撮影ポイントがずれている。

カメラマンの方のそばに寄らして戴き、シャッタを切り始めました。

イメージ 4


カメラマンさんがいわく。「こんな朝日は珍しい」と〜〜〜。

なにか〜〜夕日のようですね。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事