デルボマーズ佐藤のブログ

ザ・リアルマッコイズ茨城の情報はこちら→→http://www.realmccoys-ibaraki.com

全体表示

[ リスト ]

LEE&ラングラー

僕がデルボマーズを起業する前に勤め人として某ショップのオープンを立ち上げました。


そのショップには前回触れたラングラーをラインナップさせていた訳ですが、このラングラーが中々曲者でして、茨城と云う土地柄なのか?この地域には多くの量販店が連なっていて、ラングラージーンズはロープシリーズでは無いものの、常にセール玉アイテムとして量販店のワゴンを賑わせていました。


現在、ザ・ウォーリアーズおいて展開しているショットを取り扱時に、ショットの飯塚さんが「ようやく、ショットのライセンスが一つになりました」、「これからはショットをブランドにして行きます」と教えてくれました。


そう・・・一昔前のショットもラングラー同様に量販店のワゴンを賑わせるアイテムとして化していた時代があり、業界で「量販店に入ったブランドは終わった」と云われる事が多々ありました。


ラングラーも同様で、手に取る人々の殆どが「ラングラーなのに高いなぁ」と声を上げる人が多々いました。


しかし、「そのラングラーはロープじゃないでしょ?」と、云った所で、その辺の違いを判る人も余りいなかったのが当時の現状でした。


そこから、ラングラージャパンの倒産があり、その在庫をLEE・ジャパンが背負う形で今に至るのですが、当時のLEEの担当者が「ラングラーはブランドイメージが悪くなり過ぎた・・・」と漏らしていた程、「セール玉」のイメージがマーケットに伝わってしまっていました。


そんな事だから、LEE・ジャパン自体もラングラーの商品を思う様に企画出来ずにいたのが傍から見ていて感じ取れる程でした。


そして、時間の経過と共に紆余曲折を経て?遂に昨年ロープ・ラングラーシリーズがリリースされることになったのです!
イメージ 1
リーバイス501で云う所の13MWZLEEの102・ブーツカットで云う所の77MWZがリリースされたのです!


しかも、国内生産でありながら価格は8,000円台!
モノが高騰し続ける今の時代の中で奇跡的なプライスです!


また、この後には現在ご好評を頂いているLEE・アメリカンライダースシリーズの203同様にテーパードジーンズもリリース入荷予定となっています!


いずれも、これらのジーンズは価格の安さを訴えた受け皿のポジションでなく、僕の様にLEEやラングラーを気に掛けている方の為にザ・ウォーリアーズでライナップに至りました。
イメージ 2
「ジーンズショップを始めたい!」との想いからスタートした弊社だからこそ、このLEEとラングラーは必要不可欠なアイテムなのであります。


LEE&ラングラーを穿いてみたいと思いの方は、是非、ザ・ウォーリアーズへ!
そして、自称「変態」と云う方は、是非、デルボマーズへお越し頂ければと思います。


タイプの違うLEE&ラングラーをお試し頂ければと思います。


この記事に


.


みんなの更新記事