デルボマーズ佐藤のブログ

ザ・リアルマッコイズ茨城の情報はこちら→→http://www.realmccoys-ibaraki.com

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全309ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

クラッシクなガンダム

僕がガンダムのネタのブログを書いていいて反応するスタッフは・・・
一人にもいません。


実際にはザ・リアルマッコイズ茨城店のナスビ君が反応しているとお思いますが、まぁ、店長の小澤やザ・ウォーリアーズの甘太郎君は完全に「解らない世界なのかな?」と感じています。


という事は・・・
きっと、このブログを普通に「アメカジ屋」のブログとして読んで下さっている方々も「理解はされていない?んだなぁ・・・」と最近悟る様になりました。


まぁ、そもそもこのブログは情報発信がメインと云うよりも、お客様方とのコミュニケーションを主において書いているので、それは別に良いのですが前置きが決まった所で、今日もガンダムサウンドです!


しかも、今回は主題歌と云うよりは、劇中の場を盛り上げてくれる挿入歌にスポットを当ててみました!


まずは、こちらです!
イメージ 1
恐らく、僕がガンダムサウンドで初めてクラシックサウンドを意識した曲だと思います。
作曲は巨匠、三枝成彰。


なんと、彼がZガンダムの挿入歌を創っていたのには本当に驚きました!


三枝成彰と云えば、僕の中では松田聖子の瑠璃色の地球に手を加え、アレンジした事が印象的でしたが、その巨匠がガンダムソングを・・・


そして、その楽曲は「艦隊戦」・・・
Zが活躍する場面場面でこれが流れるんですよねぇ。
そりゃぁ、もう、興奮ですよ!


そして、お次も三枝成彰サウンドで「逆襲のシャア」の挿入歌です!
イメージ 2
その中の「νガンダム」と云う曲と「オーロラ」と云う曲です。
νガンダムの方は正にアムロ専用機となったνガンダムの強さを象徴するような力強い楽曲でビームライフル一撃でレンズ小隊を退散される程のインパクトがありました。


また、オーロラに至っては最後のシーンで流れるのですが、アムロとシャアがアクシズショックに巻き込まれた直後に流れます。


この最中に赤ちゃんの泣き声が入るのですが、これは小説版でアムロの子供を身ごもったベルトーチカの子供だと云われいます。


双方とも僕の中では色々な意味で感慨深い曲なんですよね。


そして、そして、最後はやはり、コレですね!
「ガンダムUC」の「ユニコーン」です!
イメージ 3
この楽曲には正直やられました!
作品も勿論そうですが、見事にガンダムサウンドを継承したなと思いました。


劇中で聴いた瞬間に一発で感じました。
申し分なく、パーフェクト以外の言葉が見付りません。


更に最終話の主題歌も本当に良いですねぇ。
Aimerの歌声が力強くもあり、説得力もあり、「あぁ、良いアーティストだなぁ」と素直に思えた程です。


ここの所、頻繁にガンダムネタを綴って来ましたが、とりあえず、この辺でいったん終了です。
お付き合い頂きまして感謝です。


この記事に

半袖にシルバー

梅雨特有の肌寒さとジメジメ感が激しいこの頃ですが、今年は例年以上に早く半袖を着る様になりました。


と云うのも、やはり、この時期ならではの半袖ですからね。
新作着たいし、去年余り着なかったシャツも着たいし・・・


そんな事を思っていたら「長袖は秋まで良いかなぁ?」と、思う様になった訳です。


で、半袖になってみた所、思たんですよ。。。
腕周りが「寂しいなぁ・・・」てね。


早速、ごそごそとジュエリーを掘り出し見る事に・・・
で、目に留まったのがこれらです。
イメージ 1
お気に入りのアリゾナバングルもあれば、お世話になった故人から頂いたモノまで、ジュエリーを見ていると色々と思い出が蘇って来ます。
イメージ 2
今年は宮尾さんのホイールワークスのジュエリーも欲しいと思っているので、この時期ならではの半袖楽しみたいと思います。


デルボマーズ、ザ・ウォーリアーズの両店では様々なシルバージュエリーをご用意してますので、是非、ご覧になって頂ければと思います。


この記事に

6月は弊社の店舗のオープンが重なった月であります。
先日、お陰様で12周年を迎えましたザ・ウォーリアーズは6月10日にオープンしました。


そして、今日、6月18日はデルボマーズがオープンした日です。
1994年6月18日。
今から24年前になります。
イメージ 1
1994年と云いますと、実は、あのアイススケートの羽生選手やエンゼルスの大谷選手と同じ歳と云う事になります。


ですから、デルボマーズは羽生世代なんですね。


日頃、羽生選手や大谷選手は「ここまでこれたのは多くの方の支えのお陰」とコメントしてますが、デルボマーズも全く同じで、お客様、各メーカーさん、メディア関係者、そして、様々な業者の方々に支えて頂き今があります。


今、弊社は店長の小澤を筆頭に、甘太郎君とナスビ君が本当に頑張ってくれて社を盛り上げ支えてくれています。


彼等と共に今後も様々な方への感謝を忘れる事無く、邁進して行きますので、今後とも羽生世代のデルボマーズをどうぞよろしくお願い致します。


この記事に

半袖ボタンダウン

大変ご好評を頂きました弊社のオリジナルレーベル、DelBombers&co.・ホワイトレーベルのボタンダウンシャツ


サイズやカラーも残り僅かとなり、略完売の状態となっています。
お買い上げ頂きましたお客様方には心から感謝申し上げます。


お求め頂きましたお客様方から「次は半袖が欲しい!」との声を沢山頂き、企画も念頭に入れましたが、ホワイトレーベルは「アイテムへの切っ掛け」がコンセプトである事から「反則技」を続けて行くよりも「半袖への想いはメーカーさんのアイテムで!」との想いから、生産は見送りました。


ただ、僕は個人的にモノを創る環境を持ち合わせている事から「異なるコンセプトで!」を念頭に企画したのが、こちらの半袖ボタンダウンです!
イメージ 1
弊社のオリジナル商品ではありませんが、カリフォルニアブランド「SURF A PIG」にホワイトレーベルのボタンダウンを採り入れたモノになります。


ですから、ご覧の様な襟創りは勿論ですが、素材、型紙も全くホワイトレーベルと同様になります。
イメージ 2
ただ違うのは、ポケット口に「SURF A PIG」のアイコンが入ります!
イメージ 3
また、ブランドコンセプト上、サイズはM〜XLとなりますが、カリフォリニアレーベルらしく、シックなネイビーのボタンダウンもラインナップにあります。
イメージ 4
商品詳細は別のブログで綴っていますので、是非、そちらも覗いてみて頂けると嬉しいです。
どうぞよろしくお願い致します。


SURF A PIG・ボタンダウンシャツ→→→こちら

この記事に

以前の更新でザ・ウォーリアーズのテコ入れ?を書かせて頂きましたが、そのメインであるアリゾナフリーダムのコーナーを小さくではありますが創らせて頂きました。
イメージ 1
コーナー創りにはアリゾナフリーダムの店長である山口君が自ら陳列してくれてブランドロゴをあしらったプレートも置かせて頂きました。
イメージ 2
世に似た様なインディアンジュエリーは五万とありますが、弊社とアリゾナフリーダムのお付き合いは彼是20数年になります。


まだ、デルボマーズが土浦駅の商店街で店を構えていた時に、当時の店長が態々お越し下さり、以来、お取引をさせて頂いています。


更に、僕のマリッジリングにおいてはアリゾナの鈴木社長自ら創って下さた経緯もあり、その想い入れは深くあるメーカーの一つです。


沢山のシルバーメーカーがある中でアリゾナフリーダムをお客様方に伝えて行きたい理由は多々ありますが、僕の中では「信頼」の二文字が非常に大きい様に思えます。
イメージ 3
今回のコーナー開設は、まだまだ、その序章に過ぎませんが、お客様方に楽しんで頂ける様なボリュームを創って行きたいと思っています。
イメージ 4
ザ・ウォーリアーズのアリゾナフリーダムにご期待頂ければと嬉しい限りです。
どうぞよろしくお願い致します。


この記事に

全309ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事