デルボマーズ佐藤のブログ

ザ・リアルマッコイズ茨城の情報はこちら→→http://www.realmccoys-ibaraki.com

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全323ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

先日の更新でカスタムペイントに触れましたが・・・
完成して出来上がって来ましたので、早速、ご覧頂きたいと思います。
イメージ 1
今回はご覧の2着です!
如何でしょうか?


この画像だと何のアートか判りませんよね?
では、コレで如何でしょうか?
イメージ 2
A−2に施されたアートはディズニーキャラで有名な「アリス」です!
可憐な少女のアリスを大人なの雰囲気にして描いて頂きました。


そして、こちらのG-1に描いて頂いたのが、同じくディズニーキャラで有名な「アリエル」です。
イメージ 3
リトルマーメイドの可愛らしいアリエルを大人の女性として描いて頂いています。


描いてくれたのは、勿論、僕の知人であるRIO・IWAIです!
近年、彼はアニメキャラをベースにバーガスやエルブグレンに負けじと劣らずのコンセプトで描くのを主としています。


ザ・ウォーリアーズに展示しているジャケットは実売もしていますが、ご自身の1着として描いて頂くのも良いのではないでしょうか?


お気軽にスタッフにご相談頂ければと思います。


この記事に

既にデルボマーズのブログの方でご紹介させて頂いているようですが、この秋よりバブアーの取り扱いをスタートさせました。
イメージ 1
なんか、僕の前にしっかりとデルボマーズのブログで語られているので、後追いになってしまいますが、バブアーは19世紀創業の老舗ブランドです。


嘗て、スティーブ・マックイーンが着ていたとされるジャケットとしても有名です。


バブアーの特徴としましてはオイルドコートをしているモノが有名ですが、これらのジャケットは非常に重く、「着る人を選ぶのでは?」との思いから、取り扱い初年度の今期はキルティングジャケットに厳選させて頂きました。
イメージ 2
僕が古着屋としてデルボマーズを創業した頃は、このバブアーのジャケットも取り扱いっていましたが、この時代は「バーバー」と呼ばれていたので、なんだか、「バブアー」と呼ぶには聊か抵抗がありました。


来季の展望は現在の所、決めていませんが、お客様の反応を見ながらボリュームを考えてみたいと思っています。


お取り扱いはデルボマーズになりますので、ぜひ、お試し頂ければと思います。

バブアー→→→こちら

この記事に

トパーズとの商談会

以前、某メーカーさんに「御社の展示会は商品説明会ですか?商談会ですか?」と質問した事があります。


商談会と商品説会、似ている様で実はとても違うと僕は思っています。


商品説明会とは、その名の通り、メーカーの新作を「あれこれ・・・」と説明される事を示しますが、僕は、この商品説会より商談会の方を重んじています。


これまで多くのヴィンテージを見て、触って、着て来た僕の経験と、多少なりとモノ創りをして来た経験から、商品説明はさほど重要視するモノではありません。


また、近年、各メーカーがWEB商品情報をエンドユーザーに発信している事を踏まえるとご理解頂けるのではないでしょうか?


一方の商談会には様々な要因が含まれており、今後の展望は勿論ですが、弊社が得意不得意のアイテム、更には今後伸ばして行きたいジャンルまでと、かなり、幅を持たせた内容で行って行きます。


ザ・リアルマッコイズの展示会に至っては、これらに半日以上の時間を費やしています。
また、展示会を行っていないリゾルトに至っても、年に数回の割合で林さんとミーティングをさせて頂いています。


そんな中、先日、昨年からお取り扱いを始めたトパーズの遠藤さんが来社して下さりました。
イメージ 1
トパーズの遠藤さん・・・
実は、この方もダッパーズの野尻さんと同様に「じっくりと時間を掛けて」商談する事を望まれており、店舗ではなく、態々、オフィスにお越し頂いています。
イメージ 2
僕は朝方の人間なので、早朝9時から商談を開始するのですが、ここで費やす時間は2時間〜3時間。


外野の居ない2、3時間は非常に濃い商談が出来、近況報告を始め、今後の展望をお話しさせて頂いています。
イメージ 3
トパーズはダッパーズ同様に、まだお取り扱いを始めて日が浅い事もあり、「売りのスタンス」の相談からするのがメインとなりますが、作り手の話しをを何処までお客様方に伝えて行くかは非常に重要な事となります。
イメージ 4
そして、このやり取りが続いて行く中で、いつしか、「売れるアイテム」よりも、「伝えたいアイテム」を重んじる様になって行くんですよね。


創業時からお付き合いのあるフルカウントやフェローズがそうである様に、僕がお客様方に伝えたいのは、「モノより人」だったりましす。


画像の商品を仕入れるかは、まだシークレットですがトパーズの服は「伝えたい要素」が多分に含まれていますので、是非、楽しみにして頂けたら嬉しい限りです。

トパーズ→→→こちら

この記事に

携帯電話の無い時代

「またかよ・・」と、思われるかも知れませんが、つい先日、ようやく撮り溜めしていた東京ラブストリーを観終わりました。
イメージ 1
まぁ、高が1話程度のドラマですが、掛かりましたねぇ・・・時間。
いやぁ、昔観ていたのでストーリは解っているんですよ。
だからこそ、切な過ぎて「今日は観るの止めよう」となって来る訳です。


このドラマを観ていると僕が若かった時代、携帯電話が無かった時代を本当に思い出すんですよね。


携帯電話が一般的に普及したのは今から20年位前でしょうかね?


僕がお店を始めた頃はビジネスマンの極一部しか使っていなかったのですが、年々普及して行き、お客様に連絡する電話番号も固定から携帯に変わって行ったのを鮮明に覚えています。
イメージ 2
ドラマでカンチとリカの擦れ違いを観ていると、「あぁ、携帯が有ったらなぁ・・・」なんて、思っちゃう訳ですよ。


僕だって、二人の様に長い時間待った事も待たされた事もあり、待っている時なんかは、「事故か何かあったのかな?」なんて、思ったり、自分が遅れた場合はダッシュで駆けつけたりと・・・


僕はLINEとかは殆ど使いませんが、今だったらスマホのテクノロジーを駆使して、「ごめん、遅れる!」とか、「今向かっている!」って、入れれば良い訳ですからね。
イメージ 3
ホント、このドラマ切な過ぎるんですよ。。。


そんな、僕を姿を見て嫁は「もう、観るの止めたら・・」って云うんですけど、恐らく、今後このドラマが地上波で放映される事は無いでしょうから最後まで頑張ってみましたけど、今は本当に便利な時代だとつくづく思いました。


でも、やっぱり、良いドラマでしたね。
ストーリーと云うか、今では懐かしい公衆電話を始めとする、当時の産物を垣間見る事が出来たのは良かった様な気がします。


とりあえず、東京ラブストーリーも観終えた事ですし、溜まりに溜まった録画ドラマを一気に観るとしますかね?


この記事に

先日、レインボーサンダルやボースポーツブランドのお馴染みのヘッズの佐藤社長と会場ミーティングをさせて頂きました。


この日は、「千葉界隈で落ち合いましょう!」と云う事になり、早朝から千葉の某ポイントサーフィンをご一緒させて頂きました。
イメージ 1
帰りに、「食事でもして行きましょう!」と云う事になり、佐藤社長が「タマゴ屋さんに行きましょう!」と誘って頂き、成田市郊外にある「タマゴが堪能出来る食堂」に連れって行って頂きました。


この店は、ご飯ではなく、なんと、タマゴが食べ放題なんです!


400円払って、ご飯とみそ汁、小鉢、漬物を頂き、後は好きなだけ「玉子食べてぇ!」って、食堂なんです!
イメージ 2
テーブルの上には、ご覧の赤いタマゴがどっさり!
イメージ 3
更に、海苔やカツ節も無料なので、お好みに合わせてトッピングも出来ます!
イメージ 4
食べ放題なんで、日頃は1個しか食べないタマゴを2個も食べる事にしました。
イメージ 5
シャカシャカして、タマゴかけご飯専用の醤油を混ぜてご飯にドバぁ〜!
イメージ 6
そこに刻み海苔をトッピング!
イメージ 7
うめぇ!
やばべぇ!
こんな贅沢な食べかは初めてだ!


これで400円は安すぎる!
タマゴかけご飯最高!


是非、成田方面に行かれて方は足を伸ばしてみては如何でしょうか?


この記事に

全323ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事