正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

真実の歴史を認識し、国益最優先の外交や日本の核武装の実現を目指します。維新政党・新風を応援します。

全体表示

[ リスト ]

●日本軍が南京などで行なったこととして虐殺が捏造されるとき、その虐殺行為が日本人の発想にはない方法であることが多い。

例えば、赤ん坊を次々と頭上高く放り投げ、落ちて来るところを次々と銃剣で突き刺す捏造フイルムなどは、昔NHKでも南京大虐殺のシーンとして放映していたから呆れてしまう。

支那や中帰連などの作り話に騙されたり、支那軍や不逞支那人の悪逆非道を日本軍の仕業に転嫁されないように注意が必要だ。

そのためには、支那の「伝統的な虐殺方法」「固有の残虐性」に関する資料を学んでおく必要がある。



――――――――
 張献忠は、女は人の心をまどわすとして、ことごとく殺すよう命令した。そして、妊婦の腹を裂いて胎児の性別をしらべた。また幼い子供数百人ずつを一団として、これを火の城で囲み、外側から槍や戟を突き刺して、彼らが悲鳴をあげて逃げまどうのを見て楽しんだ(80頁下)

Ω Ω Ω

 人を殺す方法には色々名前があった。「匏奴(ホウド)」というのは、手足を斬り落す方法である。「辺地(ヘンチ)」というのは、背筋で真二つに斬り離す方法である。「雪鰍(セツシュウ)」というのは、空中で背中を槍で突き通す方法である。「貫戯(カンギ)」というのは、子供たちを火の城で囲んで炙り殺す方法である。そのほかに、歩行にはなくてはならぬ筋(アキレス腱)を抜いたり、女の足を斬ったり、人の肝を搗き砕いて馬の飼葉にしたり、人の皮を剥ぎとって目抜き通りに張りだしたりした。

 また、皮を剥ぐときには、頭から尻まで一直線に裂き、鳥が翼をひろげたような恰好に、前にひろげるのだ。そうするとたいてい一日以上たってやっと息が絶えるのであった。もしもすぐに死んだ場合には、刑の執行人も殺された。(85頁上下)

Ω Ω Ω

 賊は病弱者に遇うと、たいてい鼻を削ぎ手を斬り落した。手を斬り落すには、男は左、女は右と定められていて、もしも間違えてさし出すと、左右とも斬られた。幼児は道ばたに棄てて馬蹄に踏みにじらせるか、空に投げあげて落ちてくるところを刀で突き通すかした。(91頁上下)

『蜀碧・嘉定屠城紀略 揚州十日記』彭遵泗他著、松枝茂夫訳

――――――――





然るに此の如き平和的国民も、自己より弱き者に対しては、如何にも残忍なり。
而して此の残忍を行ふや極めて平気にして、些かも自己の感情を興奮せしめず、平然として之れを為す。

彼等はその愛撫、飼育せる家畜を屠殺するに一本の釘を以て容易に之れを仆す事を得べく、或は之れを肥満せしむる為めには、睾丸を抜く事も往昔より平気に行はれ居れり。
人の肝臓が補腎の為めに益ありとしては之を摘出する事も彼等の習慣なり。
街頭に罪人を斬首するや、市人は堵を為して之れを傍観す。
而してその身首を異にするや忽ち携へ来れる瓶子に其の生血を汲み取り、之れを病人に飲用せしむるの風は、今日尚大市街に於て行はれつつある所なり。
陰険なる方法を以て常に殺人の行はれ居る事は、家庭的に政治的に見る所にして、その愛児を僅少の金銭にて他に売り渡すが如きも亦日常行はるる事実なり。
而して人の子を買ひ受けたる者は、身体を不具にして各種の観せ物となし、或は曲芸に使役し、或は之を娼婦に得る等恰も普通の商取引の如くに行はる。

故に支那人は強者に対しては従順なれども、弱者に対して残忍酷薄にして、之れを愛撫誘掖して以て自己と共に発達し向上せんとするの精神は毫も有せざるものと断ずるを妨げず。
斯の如き支那の国民性は、彼等をして政治的若くは社会的に発達せしむる上に、大なる障碍たるは言を俟たざる也。


『支那我観 対支新策支那小遊』松永安左衛門著








人気ブログランキング
https://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00〜24:00)1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

この記事に

閉じる コメント(15)

顔アイコン

南京虐殺はデッチあげにすぎないということを知ったのは、渡辺昇一氏の「封印の昭和史」からではなかったろうか。あれからでもかなりの年月がたちますが、いまだに議員の中にさえ有ったと信じている者がいるなど情けなさを通り越して唖然とする外は有りません。マスコミがキャンペーンを張ったら数日で方がつくのですが、なぜかそれをやりません。汚染がすすんでいるとしか云いようが有りません。

2007/1/19(金) 午後 3:37 [ 日隈玄斎 ] 返信する

安倍首相まで河野談話や村山談話を踏襲するくらいですから、政治家というのは事実を正々堂々と述べないようです。 去年、民主党の河村たかし議員が、南京大虐殺の再検証に関する素晴らしい質問主意書を政府に提出しましたが、政府は、「旧日本軍による南京入城後、非戦闘員の殺害又は略奪行為等があったことは否定できないと考えている。」という内容の空っぽの従来の見解を回答しただけでした。 http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a164335.htm マスコミは反対に河村議員のような言動を叩く始末です。

2007/1/19(金) 午後 10:39 益荒男 返信する

顔アイコン

政府の答弁書に「・・これまで公になった文献等から総合的に判断すれば、非戦闘員の殺害または略奪行為等があったことは否定できないと考えている・・」とありますが、公になった文献を概ね正しいとでもみているのでしょうか、真偽の検証をしたとでもいうつもりですかね。それとも云えない?のでしょうか。情けないかぎりです。

2007/1/20(土) 午後 2:21 [ 日隈玄斎 ] 返信する

河村たかし議員は、「…これまで公になった文献等が事実ではなさそうだ、おかしい」と言って質問主意書を政府に提出したのですが、政府はその文献が何かを具体的に述べることなく、こんな漠然とした回答をしたのです。何故ならば、具体的文献を示せば悉く信憑性を否定されてしまうからです。

2007/1/20(土) 午後 7:26 益荒男 返信する

顔アイコン

日本の広島と長崎の核弾のことは嘘だ、アメリカはその時、核弾は無かった。

2007/1/22(月) 午前 11:12 [ mar**apan00*200* ] 返信する

意味不明です。 アメリカが持っていた原爆をアメリカが広島と長崎に投下したのですよ。 学校で習いませんでしたか?

2007/1/22(月) 午後 10:36 益荒男 返信する

顔アイコン

旧日本軍が中国や朝鮮におこなった仕打ちを考えれば、日本人は何も言えないような気がする。 削除

2008/2/16(土) 午前 0:58 [ 平和主義者 ] 返信する

[ 平和主義者 ]君。

大きい声を出して100回読め!

民衆を虐殺する支那軍・民衆を救出する日本軍
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12624238.html
支那の「極悪暴虐・大虐殺」と「卑怯な逆宣伝」のまとめ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12704324.html

朝鮮の変遷・李氏朝鮮時代→日本統治時代→現在
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/21665810.html
李氏朝鮮時代→日本統治時代・日本が朝鮮半島に残した資産
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25876198.html

2008/2/20(水) 午前 1:48 益荒男 返信する

よく聞く支那人の猟奇性です。まったくヘドの出そうな残忍性です。
同じ人間とは思えません。日本人がこんな事する訳がないので、言うまでもなく旧日本軍の残虐行為なんて、捏造か、支那人のやった事かのどっちかです。

「傑作」&返礼TB

2008/9/3(水) 午前 8:29 [ - ] 返信する

顔アイコン

あれ!?コーヒーさん。下にある「トリックにかけられ鼻をそがれた美女」ってタイトルの記事、もしかして、戦国時代の支那の、楚懐王のエピソードじゃないですか?何だか削除されてるみたいですが。

もしそうなら、ウチの『兵法三十六計』の書庫の、「第10計 笑裏蔵刀 前編」の記事に書きましたよ。

2008/9/3(水) 午前 8:51 [ - ] 返信する

顔アイコン

[平和主義者]君は、別のブログでは「南京虫」名でまったく同じコメントを貼り付けてあちこち回っています。

気味が悪いですね。

「自称・平和主義者」ほど胡散臭い輩はいません。

2009/9/16(水) 午後 8:20 理瀬 返信する

顔アイコン

乱暴で暴力的な話ですね。

「暴支ヨウ懲」です。

2009/9/16(水) 午後 8:22 理瀬 返信する

顔アイコン

残酷な殺害方法は日本人ではなく支那の伝統ですよね。傑作・転載。

2009/9/16(水) 午後 8:49 [ パピヨン ] 返信する

顔アイコン

はじめまして!こんばんは。
このような現実をもっと日本国民は知るべきです。
マスコミの偏向報道と日教組の偏向教育により正しい歴史が教えられていませんね。

2009/9/16(水) 午後 11:10 ossa 返信する

顔アイコン

うちの爺さん、この時実際に南京にいた関東軍の生き残りだったんだが、爺さんは「虐殺なんてあるわけがない。関東軍が来て治安がよくなって良かった、って何回感謝されたか。医薬品をわけてやったらお礼って分厚いとんかつ揚げてくれてなぁ。」とよく語っていた。
寡黙な人だったから、人前に出て言うことはなかったが、孫にだけはわかってもらいたかったようで、繰り返し言われた。
南京は平和だったそうだ。便衣兵が悪さするのを討っただけだと言ってた。それが虐殺なんだろうか?

2010/11/4(木) 午前 10:51 [ 直樹 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事