正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!日本国民党を応援します。

全体表示

[ リスト ]

『悪魔の飽食』は旧ソ連のプロパガンダだった
中川八洋・筑波大学教授
「正論」平成14年11月号




・・・GHQの占領下で、米国は石井四郎ら731部隊関係者を調査した。

 その報告書を次にリストする。

 1.サンダース・レポート(1945年11月および同12月)
 2.トンプソン・レポート(1946年5月)
 3.フェル・レポート(以下、1947年6月20日のものを「第一」、24日のものを「第二」という)
 4.ヒル・レポート(1947年12月)

 森村誠一は、『続・悪魔の飽食』の中とじ写真Bのトンプソン・レポートを「フェル・レポート」、写真Cのサンダース・レポートを「トンプソン・レポート」と誤記している。悪意はなさそうだが、このような杜撰さは「ホラー小説」にすぎない、その著作全体の捏造性と無関係ではないだろう。

 軍医中佐サンダースのレポートにも、獣医中佐トンプソンのレポートにも、「石井731部隊」が人体実験を行ったという記述は一行もなく、細菌兵器の実用化に至らなかったと結論している。

トンプソン・レポートの結論の部分を引用しておこう。
・・・・・・・・・
4.・・・生物兵器を実用的な武器として開発する上で障害となった。5.生物兵器が実用化されても、日本がそれを使ったとは思えない。すなわち彼らは化学兵器による報復を恐れていた。
(常石敬一『標的イシイ』、大月書店、327頁、以下のカッコ内頁数も同書)。
・・・・・・・・・

 人体実験をしたと主張する最初の文献は、1947年6月20日付フェル博士の、米国陸軍科学戦部隊長あてに送った「第一レポート」である。そのなかで、旧・石井731部隊の「重要人物19人」が「1ヶ月かけて作成した」と称する「人間を使った細菌戦研究について60ページの英文レポート」なるものに言及している。(256頁)。しかしこの「60ページの英文レポート」を米国に送付した(持ち帰った)形跡はほぼ絶無である。そして、なぜか、その「要約」だけを送付している。

 すなわち、「60ページの英文レポート」には19名のサインがなければならないが、「要約」にはサインは不要であるから、フェル博士が「要約」すべてをでっちあげた可能性が高い(仮説1)。

・・・【中略】・・・

 とくに「フェル第一レポート」全体は、捏造と推断できる内容に満ちすぎている。端的にいえば、空想された“創り話の虚偽報告”である。例えば、石井四郎が「目下、細菌戦計画の全貌について執筆中である」(256頁)とも述べているが、執筆された形跡は絶無である(仮説5)。仮にそんな計画が存在したとすれば尚のこと、石井は拷問されても書くことはないのは当たり前ではないか。そもそも731部隊の技術水準は、爆弾すら完成させられず、実戦体制に入っていた英国などとは異なって細菌戦を計画立案するレベルにも達していなかった。

・・・【中略】・・・

 第二レポートにあるように、全くの部外者で専門家でもない亀井貫一郎やアラマキ・ヒロトをなぜフェルは「調査」したのだろうか。(註:亀井は戦前社会大衆党代議士のマルキスト、アラマキはその秘書で、二人とも医者ですらない部外者)ここにも、フェルの不可解な行動がある。第二レポートでの人体実験についての言及はこの亀井が「増田から聞いた」という“伝聞”しかない。しかし、この時インタヴューされた増田本人はそんなことは何も語っていない。・・・

・・・【中略】・・・

 フェル博士は、米陸軍細菌兵器研究所キャンプ・デトリックのパイロット・プラント・エンジニアリング部の主任であるが、軍医(軍人)ではない。その経歴は調査する必要があるが、自らのレポートにこれだけの創作話を書くとすれば、そして第一レポートの内容が二年半後のハバロフスク裁判での「偽証」と同一であることを考えれば、フェルがソ連のエージェント(工作員)であった(仮説9)、と推定できる。

・・・・・・・・・

しかし、第一レポートにある、全面的な創作であろう“幻の60ページの英文レポート”の「要約」は、米国政府・軍内を徘徊したらしく、1947年8月5日付で海軍情報局長が関係者に配布している(423頁〜434頁)。しかし、米国政府・軍に対するフェルの偽情報工作は失敗したのかも知れない。フェルが6月に帰国してから4ヵ月後の1947年10月、キャンプ・デトリックは、ヒル博士(基礎科学部主任)を再派遣した。フェルに対する疑いの調査も任務だったのかも知れない(仮説10)。

 このヒル・レポート(同年12月)は、信頼性が全くないフェル・レポートとは異なり、おどろおどろしい「物語」などは全くない。冷静に一分野に限ってのみ人体実験を行ったと分析している。すなわち、「人間について各病原体毎の感染に必要な各細菌の量に関するものである。こうした情報は人体実験に対するためらいがある、われわれの研究室で得ることはできない」(265頁)と述べている。



「人間に感染する細菌の量を人間で実験した」というのである。731部隊にかかわる論争はこの一点の真偽を確定することに限ってのみ根拠がある。が、他の事項に関しては論争する以前のものばかりで、何らの根拠も存在せず、妄想の域のものばかりである。加えてヒル・レポートは、人体実験の「唯一の物的証拠」は、石川太刀雄丸が敗戦前の1943年に日本に持ち帰った病理標本だけ、と結論付けている。731部隊にからみ、人体実験の“証拠”はそれ以外まったく存在しないのである。


・・・【中略】・・・

 第二次世界大戦中、細菌兵器を攻勢作戦で使用できる態勢にあったのは英国、ロシア、米国の三ヶ国であった。化学兵器では最先進国のドイツはなぜか細菌兵器では遅れをとった。石井中将が発明した宇治式爆弾のお粗末さを見てもわかるように、日本は、英米露から見ればB兵器の後進国であった。

 前に述べたフェル第一レポートですら、「我々(米国)が大規模生産という点でも、気象学の研究という点からも、実用的軍需生産という点でも、日本より十分優れていたことは明白である」と述べている。・・・【中略】・・・石川太刀雄丸がもっていた病理標本のほかは、米国は石井731部隊から学ぶものがなかった。東京裁判に訴追しなかったのは、取引をしたからではない。「免責」という言葉を与えたようだが、初めから訴追する気がなかった。石井731部隊の訴追にソ連の謀略の匂いを、米国は充分に嗅ぎとっていたからである。
―――――――――




一言付け加えるならば、病理標本(臓器標本ではない)は大量の臨床例があれば人体実験をしなくても作成できる。
そして満州は風土病の宝庫だった。
病理標本の存在だけで、人体実験の実在を断定することは不可能だ。




以上は、
・・・・・・・・
Yahoo!掲示板
トップ > 生活と文化 > ニュース、時事問題 > 海外ニュース > 南京大虐殺・従軍慰安婦強制連行の嘘

2006/ 1/10 21:58 [ No.8235

投稿者 :
nmwgip
・・・・・・・・
より
(様式等を若干修正)




石川太刀雄丸が日本に持ち帰った病理標本
ペストに関するQ報告(英訳レポート)の一部
「731生体解剖標本」
  ↑  ↑  ↑
実は、新京や農安でペストが流行した際の死亡者の病理解剖標本らしい…



■関連記事

731部隊の人体実験・細菌戦は嘘(全て作り話)1・松村高夫の「731生体解剖標本」の怪
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12852767.html





過去4回の記事と5回目の当該記事を併せて考えると、731部隊の人体実験とか生体解剖などというものが、嘘、捏造、でっち上げ、プロパガンダ、作り話、フィクション、ホラー小説…であったことが確実だ。


次回からは、731部隊の細菌戦が、嘘、捏造、でっち上げ、プロパガンダ、作り話、フィクション、ホラー小説…であることについて述べる。








人気ブログランキング
https://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

この記事に

閉じる コメント(14)

顔アイコン

生体解剖ぐらいやっただろうと思い込んでいたのでした。昔本多勝一の本をあさり、読みまくったことがあったせいのようです。毛沢東こそ現代の釈迦だろうと思っていました。今となってはなんだか懐かしいのはどうしてでしょうか。笑えますね。

2007/2/4(日) 午後 6:38 [ 日隈玄斎 ] 返信する

顔アイコン

悪魔の飽食とは森山誠一が書いた本の題名ですね。写真の大部分が他の記録を曲げて登載したそうです。当時流行したペストなどの病気を治療中の写真の説明が、人体実験と嘘だったことは有名ですが、以後、無視されたままです。森山誠一さんの詳しい懺悔文を読みたいです。当時の日本の全ての分野の水準で優れていたのはゼロ戦と戦艦大和が有りますが、科学水準はまだまだ未熟でした。現在と同じように判断するのは滑稽です。

2007/2/4(日) 午後 7:02 [ 琵琶湖研究室 ] 返信する

日隈さん。7312部隊の生体解剖というのは、九州大学の事件にヒントを得たソ連がハバロフスクで捏造し、その後30年以上経ってから、思い出されたように創作されたホラー小説です。本多勝一の本が嘘で、毛沢東が釈迦じゃなかったと気が付いただけでも本当に良かったです。

2007/2/5(月) 午前 0:26 coffee 返信する

琵琶湖さん。当時の経緯などを補足して頂き、ありがとうございます。家永教科書裁判だって、森村誠一著『悪魔の飽食』を根拠にして教科書に載せようとしたので文部省が待ったをかけたために争った裁判です。勿論731部隊以外の捏造についても争われましたが、これが重要な争点でした。裁判では森村誠一が証人として頓珍漢な証言をするわ。政府側の証人だった秦郁彦まで『悪魔の飽食』を一次資料などと出鱈目を言うわで滅茶苦茶でした。森村誠一も秦郁彦も腹を斬れ!

2007/2/5(月) 午前 0:40 coffee 返信する

顔アイコン

そうだたんですか・・・。それは初めて聞きました。731部隊展みたいなものをデパートなんかでやってたような気がする。騙されたかもしれないが、他にも非人道的な行為をしてきた事も事実・・・。

2007/2/5(月) 午前 2:38 koikoi 返信する

デパートなどでは、よくそのような展示会をしますよ。全て出鱈目ですが。「他にも非人道的な行為をしてきた事も事実」と仰いますが、具体的に述べて下さい。空想だけで物事を述べてはいけませんよ。

2007/2/5(月) 午前 3:03 coffee 返信する

顔アイコン

展示会をやるなら「社民党と北朝鮮の友好の歴史展」、「日本共産党の暴力的革命歴史展」、「中共のチベット侵略展をやって欲しいです。

2007/2/5(月) 午前 5:08 虎巨人88 返信する

同感です。ただ、読売新聞は、侵略とは関係ない単なる「チベット展」をやっただけで支那駐在特派員が追放されたことがあるそうです。特派員が1度も追放されたことのない日本の新聞社は、朝日1社のみです。

2007/2/5(月) 午前 7:58 coffee 返信する

顔アイコン

現代においても中国ではペスト・コレラ・炭疽菌・腸チフス感染者が毎年のように出ています。日本からは考えられない事ですが・・ましてや60年前の戦時中、石井部隊の戦医達が様々な感染症への対処に苦慮していたと偲ばれます・・こうもり

2007/2/5(月) 午後 4:05 こうもり 返信する

はい、後日述べますが、石井部隊はソ連や支那の細菌戦から日本軍や支那住民を守るために防疫・給水に活躍しました。

2007/2/6(火) 午前 1:32 coffee 返信する

顔アイコン

旧日本軍が中国や朝鮮におこなった仕打ちを考えれば、日本人は何も言えないような気がする。 削除

2008/8/21(木) 午前 2:35 [ 平和主義者 ] 返信する

顔アイコン

これもまた、先に言った者勝ちですか!
宣伝工作というのが頻繁だった当事ですものね

ポキッ

2008/8/21(木) 午後 9:00 神無月 返信する

顔アイコン

(追加)戦前社会大衆党代議士のマルキスト
そして、ソ連…ハイなるほどな〜!!

2008/8/21(木) 午後 9:25 神無月 返信する

顔アイコン

[ 平和主義者 ]

大きい声を出して100回読め!

民衆を虐殺する支那軍・民衆を救出する日本軍
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12624238.html
支那の「極悪暴虐・大虐殺」と「卑怯な逆宣伝」のまとめ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12704324.html
支那軍による虐殺
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11717562.html

朝鮮の変遷・李氏朝鮮時代→日本統治時代→現在
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/21665810.html
李氏朝鮮時代→日本統治時代・日本が朝鮮半島に残した資産
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25876198.html

2008/8/26(火) 午前 8:26 coffee 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事