正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!日本国民党を応援します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

Yahoo!掲示板
トップ > 生活と文化 > ニュース、時事問題 > 国内ニュース > 日本は核武装すべき?




公開された最新鋭迎撃ミサイル 2007/ 2/12 10:24 [ No.7917 / 7924 ]

投稿者 :
kanazawa_sanetoki2004



何のことかと思ったらPAC3だった。


公開された最新鋭迎撃ミサイル
2月9日21時47分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070209-05014757-jijp-soci.view-001
米軍嘉手納基地に配備された最新鋭の迎撃ミサイル「PAC3」。飛来する弾道ミサイルも迎撃することができ、初めて実戦に使用されたイラク戦争では、発射した9発すべてが命中したという(9日、沖縄・嘉手納基地)(時事通信社)


別冊宝島REAL057 p118軍事アナリスト黒井文太郎氏によると、イラク戦争中にイラク軍は20発近い短距離弾道ミサイル アル・サムードやアビバル100を発射した。アメリカ国防総省によるとそのうち9発のミサイルの迎撃に成功したらしい。
ホワイトハウス筋からは迎撃に使用したパトリオットは全部で22発だったとの情報が流れている。
撃墜率は5割以下。
アメリカ中央軍は最初は「戦場に展開されているのは全てPAC3である。」とし軍の報道官も「全てPAC3で撃墜した。」と発表していたが、その後のアメリカ各紙の報道でPAC3は広いエリアをカヴァーするのに充分な量が配備されず、殆どPAC2が対応した事が判明してきた。迎撃された9発中PAC3の戦果は2〜3発に過ぎない。
それでも半数近くを撃ち落したなら充分ではないかという判断もされようがそれは違う。
射程の短いアル・サムードやアビバル100は飛翔速度がマッハ1〜2程度で、なんとF15戦闘機よりも遅い。
弾頭の切り離されないタイプで的も大きい。
弾頭が切り離され的が小さく飛翔速度もマッハ9と言われているノドン、マッハ10以上と言われているシナの東風21などとは比べ物にならない。
PAC2は当たらない。
PAC3は届かない。
p119では、
悪く言えば騙されないようにしなければならないとある。
p120では、
それでも無いよりマシという意見もあるかもしれない。
しかし100歩譲って半数近くを迎撃できたとしても弾頭が核ならば全く意味が無い。
そんな中途半端な迎撃率に抑止効果がある筈も無く、「それなら沢山打ち込んでしまおう」となるだろう。

kanazawaの記憶によるとPAC3は中距離弾道ミサイル以上の速度で落下してくる弾頭に対する迎撃実験はしていない。

>初めて実戦に使用されたイラク戦争では、発射した9発すべてが命中したという

話が全く違うではないか!
時事通信社は少しは自分で物を調べろ。









張子の虎は張子の虎だ 2006/ 2/16[ No.4522

投稿者 :
kanazawa_sanetoki2004


米軍迎撃ミサイル 首都圏防衛に活用 空自配備補完、打診へ

 日米両政府が弾道ミサイルに対処するミサイル防衛(MD)で、米軍が保有する地対空ミサイル「パトリオット(PAC3)」を日本の首都圏防衛のため活用する方向で協議にはいる。イージス艦や米国の早期警戒衛星など日米の情報ネットワーク統合の具体化も図り、平成十八年度末をメドに日米のMDシステム構築をめざす。
 日米両政府が昨年十月に合意した米軍再編の中間報告では、MDについて「米国はPAC3やスタンダードミサイル(SM3)といった積極防御能力を展開」と明記。弾道ミサイルを探知するレーダー情報を共有することも盛り込んだ。
 これを受け、十六日に米国防総省ミサイル防衛庁(MDA)副長官が来日し、防衛庁との間でこれらの具体化を協議。今月末には米側からシーファー駐日大使やMDA長官、日本側は統合幕僚会議議長らが参加する会議を開き、情報共有の具体化へ向け意見交換する。
 一連の協議で、日本側は、北朝鮮などが弾道ミサイルを発射する兆候があった際、米軍が保有するPAC3を首都圏など都市部の防護に活用するよう求める方針だ。
 既に米側は、中国のミサイルに対応するため、F15戦闘機部隊を置く沖縄・嘉手納基地の防護を重視する考えを伝えている。PAC3も嘉手納に配備する意向とみられるが、大型輸送機で運搬可能なため、緊急時に首都圏などへ機動的に展開するよう打診する。
 日本が米軍のPAC3の柔軟な運用を求めるのは、航空自衛隊が運用するPAC3の配備完了が平成二十二年度末までかかり、それまでの「空白期間」を米軍に補完してもらう狙いがある。また、PAC3の迎撃可能半径が約三十キロと狭く、「配備完了後も確実な迎撃を担保するには、米軍PAC3との重層的な防護の傘が必要」(自衛隊幹部)との見方もある。
 空自PAC3の配備は当面、首都圏の入間(埼玉)、名古屋や大阪に近い岐阜、九州の春日(福岡)の三カ所。重要基地がある千歳(北海道)、三沢(青森)、那覇への配備は決まっておらず、こうした「空白地域」の防護にも米軍PAC3を運用したい意向だ。

【用語】PAC3
 湾岸戦争で活躍した地上配備型パトリオット(愛国者)ミサイルの3番目の型。米軍はイラク戦争で初めて実戦投入し、弾道ミサイルの迎撃に成功。ミサイル防衛は2段構えで、イージス艦搭載の海上配備型スタンダードミサイル(SM3)で撃ち落とし、失敗した場合に迎撃するのがPAC3で「最後の砦」と呼ばれる。1発5億円といわれる。
産経 2月15日

***

PAC3はIRBM以上の落下速度で突入して来る弾頭に対する迎撃実験は行われていない。
2003年のイラク戦争ではイラク軍の発射した9発のミサイルを迎撃した事になっている。当初はアメリカ軍はPAC3で迎撃したと発表したが、実際はPAC2であったらしいという事がアメリカ各紙の報道で明らかになっている。
PAC2でも撃ち落せたならば良いではないか?と言う意見もあるが、この時のイラク軍のミサイルはアル・サムードやアビバル100というF−15戦闘機よりも低速で弾頭の切り離されないタイプのミサイル(的が大きい)だったのだから、マッハ9で落下してくるノドンミサイルとは比べ物にならない。
PAC3は射程が20〜30kmしかないので、イラク戦争でもあまり役に立たなかった。
それどころか友軍機を誤射するというトラブルまで表面化している。
ノドンを一発も撃ち落せない代わりに自衛隊機と米軍機をバッタバッタと撃ち落すかもしれない。

しかも、PAC3が張子の虎だという事は既にシナや北朝鮮にばれてしまっている。
奴らとて観戦しているのだから。

マサチューセッツ工科大学教授でペンタゴン顧問のセオドア・ポストル教授は、「MDは当てにしてはいけない。」と日本のマスコミ等でも論文を寄稿している。
防衛庁にも公開質問状を送っているらしいが、無視されたままだそうだ。
(サピオ誌)

MDは防衛族議員と官僚どもの利権でしかない。真剣に国民を守ろうとはしていないのだ。

結局SM3の一段構えでしかないのだが、全量阻止は不可能である。
「阻止」に100%は有り得ない。

しかし、抑止ならば100%が充分有り得るのである。

物事の順序としては、独自核抑止力を整備した上で、余力があればMDを考えるのが当然であろう。







MDは全く役に立たない 『中国の「核」が世界を制す』伊藤貫著
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/3942761.html


MD実験用の攻撃側ミサイル「アリーズ」は「ノドン」より大きくて遅い。実験で成功しても実戦では役に立たない。MDは無理だから核武装して抑止力を持て!
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/4586467.html


核シェルターとMD。MDは役に立たないが、核シェルターは大いに有効。
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/4542490.html


<ミサイル防衛>海上配備型の発射実験実施へ
海自が初めて
だから何なの?
仮に実験に成功しても実践では役に立たないのがMDの恐ろしいところ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/16882873.html

この記事に

閉じる コメント(45)

顔アイコン

率直な質問です。露は東欧へのMD配備に対して強固に批判するの?相手国が嫌がる事は外交カードとして有効なのでは。又、日本の国土形状及び人口集約度を考慮した場合に対中・露・米に対して相互確証破壊は成立すると現実的に考えられるのですか。歴史上証明された理論が無検証に、日本に適用されると考えることは無謀です。アジアでの覇権を望む中国に対するには、核保有も有りかなと考え始めた矢先の疑問です。 削除

2007/2/23(金) 午後 0:57 [ ukigusa ] 返信する

金沢さん。ロシアのトーポリM実戦配備の情報ありがとうございます。攻撃側の囮なども次から次へと低コストで高度化するなどMD無能力化対策を打ち出しているので、とてもMDが役立つ時代は到来しそうにないですね。未来永劫無理でしょう。

2007/2/23(金) 午後 9:44 coffee 返信する

金沢さん。核武装して相互確証破壊状態に持ち込むことが唯一無二の核抑止政策であることに同意いたします。 素直に証明された核抑止政策を実行せずにMDに巨額の日本国民の税金を注ぎ込む日本政府に怒りさえ覚えます。

2007/2/23(金) 午後 9:45 coffee 返信する

ukigusaさん。ロシアが東欧へのMD配備を批判するのは、ジェスチャーだと言っても過言ではないでしょう。ロシアがMDを嫌がる理由は、MDを無能力化するのが面倒臭いからです。多少はカネも労力もかかりますから、「MDなんて、どうせ役に立たなく出来るのだから最初から諦めて、こっちに手間ひまかけさすな」と言いたいところでしょう。嫌がるジェスチャーをすることによって、日本や東欧に、「MDは役立つ」と錯覚させることによって、唯一の核抑止である核武装を日本や東欧にさせない効果もあります。

2007/2/23(金) 午後 9:46 coffee 返信する

ukigusaさん。自国に報復される恐れが無い日本のMDより、自国に報復される可能性がある日本の核武装のほうが、遥かに相手の核攻撃を抑止します。日本のMDより日本の核武装のほうが、支那の安全保障戦略にとってダメージが大きいというのは簡単な事実です。支那が自国にふりかかる新たなコストの問題からMDに反対していますが、連中の本心を言えば、それで日本人がMDを核武装の代用品になると思い込み、日本が核武装を諦めるならそれは大局的な戦略として彼らにとって勝利を意味します。

2007/2/23(金) 午後 9:47 coffee 返信する

ukigusaさん。そして、それはアメリカの対日戦略においてもやはり勝利を意味します。莫大なカネのかかるMDの買い手確保、しかも日本は非核のままゆえに相変わらず米国のコントロール下からは外れません。結局、日本は最終的な局面で周辺の大国に生存権を握られたままになります。

2007/2/23(金) 午後 9:48 coffee 返信する

ukigusaさん。日本の国土形状及び人口集約度を考慮した場合にも、対支・対露に対して相互確証破壊は成立します。 http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/6308429.html に、「フランスの核抑止論」と、ケネス・ウォルツ教授らが唱える「サフィシエンシー・sufficiency(十分性)理論」と、兵頭二十八の「対支核抑止論」について述べているので読んでみてください。

2007/2/23(金) 午後 9:49 coffee 返信する

顔アイコン

返答ありがとです。 削除

2007/2/23(金) 午後 10:48 [ ukigusa ] 返信する

どう致しまして。また何かあればおいでください。分かることでしたらお答えさせて頂きます。

2007/2/24(土) 午前 0:54 coffee 返信する

顔アイコン

まさかまたインチキ実験だったのか?SM−3。「新鋭イージス艦あたご、弾道ミサイル探知・追尾能力無し。」http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070313-00000129-jij-polベースライン7で探知・追尾能力無しならば、この前の迎撃実験はどうやって探知・追尾したのでしょう?予めコースと高度が教えられていた?

2007/3/16(金) 午前 1:23 [ - ] 返信する

金沢さん。見逃していた貴重なニュースを教えて下さりありがとうございます。最新型イージス艦で、弾道ミサイルの探知・追尾や迎撃能力の開発が進んでおらず、「弾道ミサイルに対処できる能力はない」と言うなら、やはり、弾道ミサイルは迎撃できないということでしょ。 迎撃実験は仰るとおり、事前に飛んで来るコースがインプットされていたのでしょう。

2007/3/16(金) 午後 10:47 coffee 返信する

顔アイコン

通りすがりですが。 DDG177「あたご」はBMD能力は最初から付与していませんし、そもそもその計画すら存在していません。海外遠征任務用が主要任務向きのためMD艦隊に入っていないんですね。 MDで使用されるのはこんごう級4隻です。こちらを改良して使用されます。

2007/3/31(土) 午前 8:40 [ - ] 返信する

顔アイコン

湾岸戦争でイスラエルのパトリオットミサイルが当たらないというニュースを聞いて、「ありゃ?」と思ったのを記憶しています。核ミサイルの場合「ありゃ?」ではすみません。核には核でしょうね。

2007/3/31(土) 午前 10:24 しんのすけ 返信する

iidabashi1232000さん。そうなんですか。私はその辺の事情に疎いのでいろんな方のいろんな情報はとても参考になります。いずれにせよ、実戦においてはMDで弾道ミサイルを迎撃することは出来ませんけどね。また、何かご指摘ございましたらよろしくお願いします。

2007/3/31(土) 午後 4:53 coffee 返信する

しんのすけさん。湾岸戦争でのパトリオットミサイルを見ても分かるように実戦で攻撃側のミサイルを迎撃することは出来ません。撃たせないことに集中するべきです。核シェルターとの比較だけでもMDは役に立ちません。

2007/3/31(土) 午後 5:01 coffee 返信する

顔アイコン

時事通信社の記事では以下のように述べています。 http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=NW&action=m&board=1143583&tid=ffckdca4o3kipaua49a4ya4ada1a9&sid=1143583&mid=8088 >あたごは米国で「ベースライン7」と呼ばれる最新型イージス艦で、既存の4隻の海自イージス艦より高度な防空機能を備えている。しかし、弾道ミサイルの探知・追尾や迎撃能力の開発が進んでおらず、米軍でさえ追いついていない。***米軍に無い物が「こんごう」に有るとは思えないが?いずれにせよ実験の詳細が知らされる事はありません。

2007/4/1(日) 午前 2:54 [ - ] 返信する

顔アイコン

「当たった!当たった!」と言うのは提灯記事かも知れず、マスゴミは自分で調べず、発表を只記事にしているだけかもしれない。自分達で検証出来ない物に命預けられますか?

2007/4/1(日) 午前 3:02 [ - ] 返信する

金沢さん。良く良く読んでみると、そういうことのような気がしますね。

2007/4/2(月) 午前 2:07 coffee 返信する

顔アイコン

旧日本軍が中国や朝鮮におこなった仕打ちを考えれば、日本人は何も言えないような気がする。 削除

2008/9/27(土) 午前 0:35 [ 平和主義者 ] 返信する

顔アイコン

[ 平和主義者 ]

大きい声を出して100回読め!

民衆を虐殺する支那軍・民衆を救出する日本軍
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12624238.html
支那の「極悪暴虐・大虐殺」と「卑怯な逆宣伝」のまとめ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12704324.html
支那軍による虐殺
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11717562.html

朝鮮の変遷・李氏朝鮮時代→日本統治時代→現在
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/21665810.html
李氏朝鮮時代→日本統治時代・日本が朝鮮半島に残した資産
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25876198.html

2008/10/3(金) 午前 8:19 coffee 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事