正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!日本国民党を応援します。

全体表示

[ リスト ]

 またその一方で、幼稚園から大学に至るまであらゆる教育機関が、日本に対する敵意を幼児や若者の心に注入するために利用された。これは国民党が蒋介石の指導の下に1927年南京に政府を樹立した時、とりわけ顕著になった。1928年5月、南京の国民教育会議は次の決議を採択した。


1、国家の屈辱に関する豊富な資料を、中学校及び小学校の教科書に載せること。

2、われらの国家的屈辱に関する事実を宣伝し、どの国が中国の最大の敵であるかを国民に印象付けるために、あらゆる機会を用いて学校を利用すること。

3、国家の屈辱の描いている地図と絵を用いること。そしてあらゆる機会を利用して生徒の注意をそれらに向けさせること。

4、中国の最大の敵を打倒できる方法を、教師と生徒は共に学ぶこと。



 この計画の中にある中国の「最大の敵」とは日本を意味していた。この計画が採択される以前においてさえも、幼稚園の本には次のような言葉が載っていた。


 日本は敵だ!日本は中国から澎湖諸島と台湾を奪い、遼東半島を奪った。日本は侵略国だ。国民政府は、日本の侵略を阻止しこれらの領土を取り返すことを目的とする政府だ。


 これと同じ話はあらゆる教育機関で、別の言葉で繰り返し述べられている。実際問題として、中国は澎湖諸島にはっきりとした名称をつけたことはこれまで一度もなかった。台湾(フォルモサ)は1894年の日清戦争後に日本へ割譲された。遼東半島は1904〜5年の日露戦争後に、日本が中国からではなくロシアから獲得したものである。

(中略)



 例えば1936年8月、2人の日本の新聞特派員(大阪毎日と東京日日の外国関係ニュース担当)が投石され、刺され、物を奪われた上に殺害された。その犯人は四川省成都の暴徒と化した少年少女である。


(中略)

○北支

 1、1935年5月、日本贔屓の傾向のある2人の中国人新聞編集者が天津で殺害された。

 2、1935年8月、満州国国境から天津に向け走行中の満州国・中国国際列車が匪賊に襲撃された。調査により判明したところでは、彼らは天津の反日組織に扇動されていた。約20名の乗客が殺害された。

 3、1935年12月17日、天津の日本軍守備隊総司令官多田陸軍中将の邸宅に爆弾が投げ込まれ、中国人召使が負傷。

 4、1936年1月2日、天津付近のタークーで2軒の日本人商店が中国正規兵により略奪された。

 5、1936年6月19日、山東省防東で日本人が中国人に射殺された。

 6、1936年6月26日、北京付近で中国正規兵が、豊台日本軍守備隊に所属する日本人兵士を襲撃し重傷を負わせた。それに対する謝罪を要求して中国軍兵営に赴いた日本陸軍大尉が中国兵に刀と銃剣で斬りつけられた。

 7、1936年7月22日、天津の市役所所属の中国人警備兵が、天津の日本総領事館に勤務する2名の警官を領事館前で銃撃。1人死亡、1人重傷。

 8、1936年8月23日、河北公共治安部隊の数名の兵士が、天津の日本語学校を襲撃し略奪。日本人教師に暴行を加え拉致。

 9、1936年10月、反日組織に扇動されたストライキが発生。山東省青島の日本人経営の紡績工場が2週間閉鎖。

 10、1937年5月23日、満州国大連沖で操業中の日本漁船2隻が、中国の税関パトロール船に発砲された。中国人税関警備兵がこの日本漁船に乗船し捜索したが、犯罪に関するものは何も発見されなかった。

 11、1937年6月1日、中国人暴徒が天津付近の日本人経営の農場敷設を襲撃。1つの倉庫と3つの住居に放火し、多数の日本人従業員が負傷。


○中支

 1、1935年11月9日、日本海軍准尉の中山秀夫が上海国際租界で射殺された。(本件に関しては第8章で詳細に述べる)

 2、1935年12月20日、漢口で大規模な反日デモ。

 3、1935年12月21日、約1千名の中国人学生が「日本帝国主義を倒せ!」「全ての日本人を上海から追い出せ!」と叫びつつ反日ビラを配布し、上海国際租界の中心部を行進。

 4、1935年12月26日、上海国際租界にある日本海軍の本部公館に爆弾が投げ込まれた。

 5、1936年1月7日、3千人の学生が南京の孫文墓地に集まり、反日デモを行った。同時に、南京の日本総領事館前でもデモが行われた。

 6、1936年7月10日、東京三井物産上海支店の日本人社員が国際疎開で射殺された。

 7、1936年7月18日、中国人暴漢が日本人を殴打し、重傷を負わせた。日本人の女や子供に投石する事件や上海の中国人が日本人に対して行う暴力行為は、日を追うにつれ増加。短期間にそのような事件が20件以上も報告されている。

 8、1936年8月7日、南京の日本総領事館の松村秘書官が上海に到着した際、彼の外交上の地位を承知の上で、中国人税関職員は彼の携行していたかカバンの中を調べた。

 9、1936年8月24日、四川省成都で大阪毎日及び東京日日の特派員ともう1人の日本人新聞特派員が1万人の中国人暴徒(その大部分は少年少女)に襲われ、最も残忍なやり方で殺され、他の2人の日本人が重傷を負った。中国当局は暴動を抑えるための手段を何ら講じなかった。南京の中央政府も同様に無関心だった。四川省当局は必死で証拠隠滅を図り、日本の外務省が成都に派遣した調査団を妨害。日本の度重なる抗議の後8月26日、国民政府は行政部門の特別会議を招集し、日本国籍をもつ者に適切な保護を与えるよう各地方長官に命令を出した。

 10、1936年9月19日、漢口の日本領事館の警官が中国人に射殺された。

 11、1936年9月23日、日本海軍の水兵が上海の街路で射殺された。他の2人の水兵は重傷を負った。

 12、1936年9月26日、湖南省湘潭にある日本の汽船会社の事務所に中国人暴徒が放火。

 13、1936年9月29日、長沙の日本総領事館に爆弾が投げ込まれた。

 14、1936年10月、上海の中国警察による日本人の女や子供の逮捕・拘留が気紛れの不法状態で行われる事件が増加。

 15、1936年11月11日、日本の汽船会社の日本人船乗りが上海で射殺された。

 16、1937年2月13日、漢口で日本人実業家の妻が中国人に襲われた。


○南支

 1、1936年1月6日、汕頭で2千人の中国人中学生が、対日戦を要求するデモ行進を行った。

 2、1936年1月21日、汕頭の日本領事館に所属する日本人の警官が、出勤途中中国人に射殺された。

 3、1936年1月、中国警察と税関警備兵が広東の36ヶ所の中国人事務所を襲い、日本商品を没収。

 4、1936年7月3日、広東の中国人商店は反日組織により、日本商品ボイコット相互組合に加入することを余儀なくされた。

 5、1936年9月3日、広東省パクホイで日本人薬局経営者が、19路軍の中国人兵士に惨殺された。暴徒が薬局を急襲した時、家族は夕食中であった。経営者(中野)は街路に引きずり出され、殴るけるの暴行の上殺害された。その間、彼の中国人妻は筆舌に尽くしがたい虐待を受けた。店は完全に略奪された。広東の日本領事館職員が事件の調査のため汽船でパクホイに赴いたが、19路軍が力ずくで上陸を妨げたため広東に戻らざるを得なかった。そこで20日間足止めを食い、ようやくパクホイに入ることができた。

 6、1936年9月6日、汕頭で反日デモが発生。にほんじん経営の商店で働く中国人が退職を余儀なくされた。

 7、1937年3月、広西省当局は反日感情を煽り立てる目的のためだけに、全日本人を広西省から追放した。

 8、1937年5月22日、汕頭の日本領事館に勤務する警官が中国警察の集団暴行を受けた。

P121-128
『シナ大陸の真相』K・カール・カワカミ著









■参考記事

南京虐殺は嘘72・支那軍による虐殺12・支那事変の前後編
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11800672.html


(一部抜粋)

1936年
6月19日、山東省防東で支那人が日本人を射殺
7月10日、上海国際租界で三井物産の日本人社員が射殺される
8月24日、四川省成都で大阪毎日新聞上海特派員渡辺洸三郎と上海毎日新聞記者深川経二の2名が、支那人少年少女らに極めて残虐に殺される
9月3日、広東省北海で19路軍の支那兵が、薬局経営者の中野順三を街路で殴る蹴るの上虐殺
11月11日、汽船会社の日本人船乗りが上海で射殺される




幣原喜重郎の対支宥和政策で図に乗った国民党は反日教育を激化(1927年頃)、1936年頃の殆どの外国排斥テロは日本向け。









人気ブログランキング
https://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

クリック、よろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

いずれにしても日本はずるずると戦争へ引き込まれていったのです。日本と支那を戦わせることが、露や米英の目論みでした。今振り返ってもいかんともなしがたかった。戦争を回避出来なかったと思っています。

2007/2/26(月) 午後 6:46 [ 日隈玄斎 ] 返信する

流石日隈さんです。私も同じ分析です。ソ連、米英、そして支那や日本の共産主義者が世界大戦を目論んで無理矢理日本を世界大戦に巻き込んだと言って間違いないと思われます。日本は、それを回避することが不可能でした。

2007/2/27(火) 午前 1:01 coffee 返信する

顔アイコン

格好の標的になってしまった理由の一つに、差が歴然とあった という事も 逆恨み街道を走らせたのでしょうか!?・・・ポキッ♪

2007/4/3(火) 午前 2:10 東京ベンズ 返信する

B78星雲さん。それもあったでしょう。しかし、最大の原因は、やはり宥和外交(弱腰外交・国際協調外交・事勿れ主義外交)でしょう。外交は喧嘩するくらいではないと駄目です。

2007/4/4(水) 午前 0:56 coffee 返信する

顔アイコン

日本もこういう外交をしていれば良かったのですね!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%87%E7%9C%8C%E4%BA%8B%E4%BB%B6
万県事件(まんけんじけん、ワンシェンじけん)は1926年に中国四川省万県で発生した事件。1926年、英国の商船が現地の軍閥とのトラブルの末拿捕された。英国側は商船奪還のため砲艦2隻を派遣して砲撃を加え、万県の町を破壊した。 これによって中国人は縮み上がり、長江一帯の反英運動は終息した

2008/8/10(日) 午前 0:07 [ うに ] 返信する

顔アイコン

通州以前は中国軍の動きもそれほどではなかったというのもありますが、斉南事件を見るとやはり「日本人商店だから略奪に会った」としか思えません。
あまり知りませんから多くはいえませんが、白人達の商店などは平常時に略奪暴行にあっていたのでしょうか。

「日本を見下す風習があった」
「白人は強いから逆らわなかっただけ」
等でしょうか、、

近くにいて派兵が早く、大量派兵ができる国をわざわざ対象にすることじたいが???

斉南の後は、反日教育ですか、、、
何を考えて、共産党は国民党と日本軍を戦わせたのでしょうか?
国民党を潰したいのであれば、侵略意欲が日本より何倍もある白人連中とやらせればよかったのではないでしょうか?

2008/8/10(日) 午前 0:19 [ うに ] 返信する

顔アイコン

尼港事件のウィキも酷いですね、シナと朝鮮人のことは一言も言及されていません。履歴を見ると消されています。
しかも途中から
にこうじけん⇒にこうしけん
になってます。ひらがなを良く知らない連中でしょうか。

2008/8/10(日) 午前 0:42 [ うに ] 返信する

顔アイコン

旧日本軍が中国や朝鮮におこなった仕打ちを考えれば、日本人は何も言えないような気がする。 削除

2008/8/10(日) 午後 0:38 [ 平和主義者 ] 返信する

[ bkkthaikutsuotoko ]さん
とにかく、支那に対しては、甘やかしたり、譲歩したりすると、相手は付け上がります。
武力をバックに高圧的に対処しないと駄目なのです。
今だって、日本に対する侮蔑行為の数々をアメリカやロシアに対してはしていません。

2008/8/13(水) 午後 1:18 coffee 返信する

[ 平和主義者 ]

大きい声を出して100回読め!

民衆を虐殺する支那軍・民衆を救出する日本軍
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12624238.html
支那の「極悪暴虐・大虐殺」と「卑怯な逆宣伝」のまとめ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12704324.html
支那軍による虐殺
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11717562.html

朝鮮の変遷・李氏朝鮮時代→日本統治時代→現在
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/21665810.html
李氏朝鮮時代→日本統治時代・日本が朝鮮半島に残した資産
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25876198.html

2008/8/13(水) 午後 4:05 coffee 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事