正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!日本国民党を応援します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

焼き場に立つ少年
(1945年長崎)





1月に産経新聞が募集していた【オピニオンプラザ・私の正論】テーマ「核問題について考える」の入選作品が、今朝の産経新聞で発表されていた。

293編の応募があったが、審査員の大原康男氏によると、そのうち説得力のある反核保有論は皆無だったとのこと。

2つの入選作品のうち、「被爆関係者」が「反核運動」を批判した論文に感動したので紹介したい。










【オピニオンプラザ・私の正論】第388回
2007/03/06, 産経新聞

テーマ
「核問題について考える」

入選



「被爆国だから」は思考停止


 亡父は「特別」と形容される被爆者だった。そして「威力は自分が良く知っている。日本も持つべきだ」と言っていた。被爆と敗北、二つの現実がこう言わせた。自身が被災し、直後に街を彷徨(さまよ)って、惨状をつぶさに見たという。私は何人かの被爆者たちに接してきたが、彼らが体験を秘匿することは特になく、父と同じ意見の持ち主も少なからずいた。子供の頃、父が友人たちとそのような話をするのを聞いていた記憶を思い出す。私と同境遇の知人の経験もよく似たものだった。


 今の反核運動が被爆者とその子孫の何パーセントを代表しているのかを私は知らないが、国際関係を合理的に見て、父の意見に首肯している。しかし後に、私が高放射能環境下の業務に従事することになった時、父は「心配だ、自分は被爆者だから」と言った。心底に潜む恐怖の経験と合理的判断との葛藤の表れだったのだろう。技術的事柄を縷々(るる)説明しても心配が消えることは無かった。父の被爆体験は、所謂(いわゆる)「平和教育」や施設展示などを通じて、私たちには疑似体験として植え付けられている。ただし、それらは「核兵器」、時には「核発電」までをも、条件反射的に忌避すべきもの、糾弾すべきものとだけ仕向けられるものだった。このようなものは父や私には、抑圧とも思われた。物理学で核分裂現象が確信されて後、わずか7年余で父たちは核爆弾の被害に遭った。今ではその製造技術に関して秘密事項は皆無に近いと言われている。マンハッタン計画に始まる爆縮レンズ等の技術情報拡散過程の到達点が北朝鮮の現在である。1968年以前の核兵器国が特権的地位を持ち、その他諸国への拡散を防ぐための核拡散防止条約(NPT)体制の機能低下が明らかになった。元来、物理的強制力のない国際条約が技術拡散を完全には阻止できない性質である以上、現在の状況は予測されたことだと言える。中国はかつて、部分的核実験禁止条約(PTBT)に参加せず、国内の困難を抱えながらも核開発にいそしみ核兵器国になった。


 1971年の国連での中国招請・台湾追放決議が、この地位を最大限に活用したことの成果であるのは疑うべくもない。北朝鮮は金日成時代から、中国の通った道を忠実に辿(たど)っていたのである。彼らは「核兵器国」の地位が、富をも呼び寄せると思っている。経済支援では核廃棄を買えないのだ。
現在の中露韓の行為は北にとって、その証明に他ならず、彼らには北の核を「廃棄」させる意思はない。米国には非軍事的方法では、核を廃棄させる手段がない。結局、6者協議が最大限うまくいっても、合意時点での兵器技術レベルを維持した「凍結という名の核兵器保有容認」となるだろう。しかしそれとて、政治的協定の性質上、凍結とは名ばかりに違いない。


 現在の事態は反核運動が標榜(ひょうぼう)し、振りまいてきた想像図の対極にある。こうしてわが国にとって未曾有の安全保障上の脅威が現出した。にも関わらず、依然として「唯一の被爆国であるが故に、核兵器に反対」という観念の突出は、思考停止という他はない。私は自分の子孫に父と同じ被爆と敗北の経験をさせたくはない。手段が講じられるべきである。既視事実は示唆的だ。勢力均衡は唯一、核抑止に成功した方法だった。
第2撃能力の保持に各国は腐心した。好ましいとは思わないが、他に方法がない合理的工夫の産物であったと再評価しないわけにはいかない。1980年代の初め、西ドイツ、オランダ、ベルギー等は、米国の核ミサイル・パーシングIIを導入配備し、ソ連のSS20との均衡を取った。民間の反対運動があったが、それはソ連の工作活動の一環だと後に分かった。このような対峙、一種の忍耐比べの結果は衆知の通りである。当時、仏は北大西洋条約機構(NATO)の軍事機構から離脱し、独自の核兵器体系を備えていた。米国が身を犠牲にして「第2撃」を実行する確証が無かったからだ。安全保障のオプションとは、外交的手段は無論、軍事的なものも含んだ全方位を網羅して初めて成り立つ知恵の集大成であるはずだ。

 通常兵器の拡充や反撃能力の付与、ミサイル防衛(MD)計画推進などは、現在の脅威に対抗する重要な部分ではあるが、それがすべてではない。しかし、それすら躊躇(ちゅうちょ)し、強い反発が政治的力をもつ現状を見ると反核運動は罪作りだったのではないかとすら思うことがある。

現実的な安全保障への考察を排除するだけの、反核・平和の実現プロセスなどあり得るのだろうかと思える。

 「被爆関係者」であっても唯一の共通的意思などは、元々、存在しなかったと、そろそろ考えてもよい時期ではないだろうか。このことは世上で顕在化している、「被爆者とその子孫」の思いと背馳(はいち)していることは承知しているが、潜在的には存在する「意思」である。われわれには、広島・長崎だけが見るべき過去ではないのである。


中村新平(京都市・会社員)
昭和23年9月長崎県生まれ。58歳。







人気ブログランキング
https://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

クリック、よろしくお願いします

閉じる コメント(39)

顔アイコン

追伸
coffeeさん。下宿に来たのは母であり祖母ではありませんよw
「お婆さん」ではなく「お袋さん」です(苦笑)

2007/11/6(火) 午後 3:48 ken**ush* 返信する

kenmuushiさん。既に9カ国が核保有している以上、核保有は国際的に認められています。
NPTは何時でも脱退が認められています。
20カ国くらい核武装する方がバランスが取れて世界は安定するでしょう。

2007/11/9(金) 午前 1:20 coffee 返信する

顔アイコン

>20カ国くらい核武装する方がバランスが取れて世界は安定するでしょう。

根拠は?

2007/11/9(金) 午前 9:00 [ 可笑しき日本 ] 返信する

>>20カ国くらい核武装する方がバランスが取れて世界は安定するでしょう。

>根拠は?

力の均衡が保てる。
支那や北朝鮮が核兵器で日本を狙っているのに、日本や台湾が非核ではバランスが保てず、東アジアは安定しない。
欧州はロシアの動向次第だが、ソ連の脅威が復活すればEU諸国が核武装しないとバランスがとれなくなる。

2007/11/11(日) 午後 3:32 coffee 返信する

顔アイコン

根拠になってねーよ(失笑

>ソ連の脅威が復活すれば

今時それは考えられん。デムパは結構です(失笑

2007/11/11(日) 午後 10:25 [ 可笑しき日本 ] 返信する

可笑しき。

>今時それは考えられん。

ロシアがソ連のように核ミサイルを使用しかねない国になることは本当に考えられないのか?
だったら、ロシアも核を廃棄するべきだが、核開発にいそしんでいるのは何故なんだ?

2007/11/14(水) 午前 1:22 coffee 返信する

顔アイコン

は?「ソ連の脅威が復活する」=「ロシアがソ連のように核ミサイルを使用しかねない国になる」なのか?

中国の時と話は同じ。今は人間対人間の戦争ではなく、核兵器で国レベルでドッカンの時代なんだから、核保有国の側としても今それを使用するべき理由がない。

2007/11/14(水) 午前 9:27 [ 可笑しき日本 ] 返信する

可笑しき。

>は?「ソ連の脅威が復活する」=「ロシアがソ連のように核ミサイルを使用しかねない国になる」なのか?

そうだよ。

>中国の時と話は同じ。今は人間対人間の戦争ではなく、核兵器で国レベルでドッカンの時代なんだから、核保有国の側としても今それを使用するべき理由がない。

何を言いたいのか意味不明だ。
使用しないなら費用のかかる核ミサイルを廃棄すれば良い。
保有しているということは使用する可能性があるのだ。

2007/11/17(土) 午後 5:57 coffee 返信する

顔アイコン

>>中国の時と話は同じ。今は人間対人間の戦争ではなく、核兵器で国レベルでドッカンの時代なんだから、核保有国の側としても今それを使用するべき理由がない。

>何を言いたいのか意味不明だ。

…今まで何を調べて来て、このブログで何を発信してきたのかって所から、意味がない事になるな…

>使用しないなら費用のかかる核ミサイルを廃棄すれば良い。

核ミサイルを廃棄するには、現状では宇宙で爆発させるしかないので、地上に放射性物質が降ってくる可能性があるので出来ないという風に聞いた事があるのですが、私の知識が古いだけかもしれないので、もしあるようなら「核ミサイルを保持し続けるよりも、費用がかからず放射性物質への暴露が一切ない廃棄の仕方」を教えていただけませんかね。

2007/11/17(土) 午後 10:41 [ 可笑しき日本 ] 返信する

可笑しき。

>核ミサイルを廃棄するには、現状では宇宙で爆発させるしかないので、地上に放射性物質が降ってくる可能性があるので出来ないという風に聞いた事があるのですが、私の知識が古いだけかもしれないので、もしあるようなら「核ミサイルを保持し続けるよりも、費用がかからず放射性物質への暴露が一切ない廃棄の仕方」を教えていただけませんかね。

オマエの知識は古いというよりも、頓珍漢過ぎて驚いた。
核ミサイルを解体し、核弾頭から核物資を抜けば良いだろ。
アメリカもソ連も多くの核ミサイルを廃棄しているし、南アフリカは核兵器は保有していたが、完全に廃棄しただろ。

「リバース・エンジニアリング」
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/3949060.html

南アフリカ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/4539642.html

2007/11/19(月) 午前 7:58 coffee 返信する

顔アイコン

>核ミサイルを解体し、核弾頭から核物資を抜けば良いだろ。

へえ、メモメモ

>アメリカもソ連も多くの核ミサイルを廃棄しているし、南アフリカは核兵器は保有していたが、完全に廃棄しただろ。

アメリカとソ連が核ミサイルを廃棄して、数を減らそうと考えた理由があるはずでしょ?

しかも南アフリカは一旦核武装したのに完全廃棄した?それは何故ですか?

2007/11/19(月) 午前 8:50 [ 可笑しき日本 ] 返信する

顔アイコン

核兵器の恐ろしさは、作るときや手放すときでは無い。ただ持っている時が一番の脅威。但し、一番の脅威は存在地点にあり、事実上は一定範囲に等しく恐怖を振りまく。

2007/11/19(月) 午前 9:47 [ IB ] 返信する

可笑しき。

>アメリカとソ連が核ミサイルを廃棄して、数を減らそうと考えた理由があるはずでしょ?

不必要に多過ぎたから。

>しかも南アフリカは一旦核武装したのに完全廃棄した?それは何故ですか?

↓書いてあるから読め。

南アフリカ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/4539642.html

2007/11/24(土) 午前 0:24 coffee 返信する

顔アイコン

>↓書いてあるから読め。

他の人の掲示板投稿と、それに添えてあるお前の勝手な想像なんか誰も聞いてないなあ。

いいよもう答えてくれなくても。「必要になれば」自分で調べるから(失笑

2007/11/24(土) 午前 8:25 [ 可笑しき日本 ] 返信する

顔アイコン

粘着可笑しきは日常生活の大部分をコーヒーのブログアラシについやしているから自分で調べる気はない 削除

2007/11/24(土) 午前 8:53 [ 可笑しき便意兵 ] 返信する

可笑しき。

>>他の人の掲示板投稿と、それに添えてあるお前の勝手な想像なんか誰も聞いてないなあ。

>いいよもう答えてくれなくても。「必要になれば」自分で調べるから(失笑

なら勝手にしなさい。

2007/11/28(水) 午前 7:27 coffee 返信する

[ 可笑しき便意兵 ] 君。確かに自分で調べることは不十分だね。

2007/11/28(水) 午前 7:49 coffee 返信する

「繰り返しません、過ちは」は、日本が核武装を実現することにより、二度と核攻撃を受けないという日本人の決意であるべきです。私の母が受けた恐怖感こそ私の「日本核武装の実現」の出発点です。

2008/1/28(月) 午前 9:16 [ ネオ若狭 ] 返信する

顔アイコン

旧日本軍が中国や朝鮮におこなった仕打ちを考えれば、日本人は何も言えないような気がする。 削除

2008/10/2(木) 午前 1:44 [ 平和主義者 ] 返信する

顔アイコン

[ 平和主義者 ]

大きい声を出して100回読め!

民衆を虐殺する支那軍・民衆を救出する日本軍
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12624238.html
支那の「極悪暴虐・大虐殺」と「卑怯な逆宣伝」のまとめ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12704324.html
支那軍による虐殺
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11717562.html

朝鮮の変遷・李氏朝鮮時代→日本統治時代→現在
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/21665810.html
李氏朝鮮時代→日本統治時代・日本が朝鮮半島に残した資産
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25876198.html

2008/10/8(水) 午前 8:23 coffee 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事