正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!日本国民党を応援します。

全体表示

[ リスト ]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070413-00000076-jij-soci

記述の削除、「いかがなものか」=教科書検定で仲井真沖縄知事
4月13日12時31分配信 時事通信

 高校日本史の教科書検定で、太平洋戦争末期の沖縄戦の集団自決に日本軍の強制があったとする記述に検定意見が付けられ、各教科書会社が修正したことについて、沖縄県の仲井真弘多知事は13日の記者会見で、「当時の状況全体としての判断が必要だと思う。(教科書にもともと)書かれていたものを削除するとか、変えるとかいうのは、いかがなものかと率直に思う」と述べ、結果として日本軍の関与に関する記述が削除されたことに不快感を示した。
 仲井真知事は「(住民に日本軍から)手りゅう弾が配られたというのは事実と認識している。軍命があった、なかったというより全体の状況の中で判断すべきものだ」と述べた。








この知事は何を言いたいのだろうか?

教科書にもともと書かれていたものが事実に反するから削除したことを理解できないのだろうか??

よくこれで知事が務まるものだ・・・





さて、今朝の産経新聞の【正論】欄に秦郁彦が、「沖縄戦の集団自決と大江氏裁判」と題した論説を載せていた。

最初に断っておくが、私は秦郁彦を史家としては極めて不適格だと評価している。

慰安婦問題で良い仕事をしたのは認める。

しかし、南京問題では明らかな捏造を幾つも事実認定し、家永教科書裁判では国側の証人として召喚されたにもかかわらず森村誠一著『悪魔の飽食』を731部隊の悪行の証拠としてアッサリ認めてしまい、昨年は富田メモの発言主を昭和天皇だと誤認して日経新聞にお墨付きを与えた。

史家と名乗るにはあまりにもズサン極まりない。
とにかく簡単に捏造日記やホラー小説などを証拠認定してしまうから性質が悪い。



秦郁彦の功罪【◎慰安婦、●南京、●富田メモ】と、
河野洋平の止まらぬ暴走売国行為【河野談話、ベトナム(フランス領インドシナ・仏印)大量餓死あいさつ…】(前半)
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/13309429.html




秦には、「慰安婦問題以外は口出しするな!」と声を大にして言い続けてきた。


ところが、今朝の産経新聞の【正論】を読んで一つ見直した。

「秦郁彦の功罪」の「功」の部分に「沖縄戦集団自決問題」を追加したい。

それにしても、大江健三郎は酷過ぎる。








沖縄戦の集団自決と大江氏裁判
【正論】現代史家・秦郁彦

両守備隊長の優れた人間性明らか


≪高校教科書修正の当否≫

 3月31日の新聞各紙は、沖縄戦における住民の集団自決に関する高校教科書の記述の修正結果を1面で大きく報じた。

 たとえば三省堂の日本史Aの「県民は日本軍に〈集団自決〉を強いられ…」とした申請を、文科省は「沖縄戦の実態について誤解するおそれのある表現」と指摘、主語を抜いた「追いつめられて〈集団自決〉した」へ変わった。他の教科書(6冊)の申請、指摘、修正もほぼ同じである。

 この修正に対し産経、読売は肯定的、朝日、毎日は否定的反応を見せたが、執筆者や出版社からの抗議は出なかった。教科書の記述が実態にそぐわないことに気づきはじめていた執筆者たちにとって、文科省の修正要求は「渡りに船」だったとも考えられる。

 しかし、朝日、毎日は「当日の軍命の有無ではなく」とか「検定は日本軍の加害性を否定するもの」のような識者の反論を掲載、4月4日付朝日新聞朝刊の「天声人語」は「修正後の表現は状況があいまいで、住民が自ら死を選んだ印象が強い。これまでの検定では合格していた表現なのに」と不満を並べている。

 慰安婦問題で官憲の強制連行はなくても、全体としての強制性はあったはずと強弁するに似たすり替え論法と見受けた。では事実はどうか。


≪稀に見る人権侵害的記述≫

 軍命令説の起源は、戦後まもない時期に沖縄タイムスが刊行した『鉄の暴風』(昭和25年)で、それが子引き、孫引きされて広まったのだが、渡嘉敷(とかしき)島の場合は曽野綾子氏の『ある神話の背景』(昭和48年)によって全面否定され、
赤松嘉次守備隊長はむしろ「自決するな」と制止した事情が明らかになった。

 座間味(ざまみ)島の場合も、自決を指示したのは村の幹部で、そのための手榴(しゅりゅう)弾をくれという要請を梅沢裕守備隊長は拒絶し、谷間で生きのびてくれと指示した事実が明確となり、県史もその線に沿った訂正をすませている。



 真相の解明がおくれたのは、別の事情もあった。遺族が厚生省(当時)の援護年金を受給するには、軍命令があったという形式を取る必要があり、両守備隊長も「お世話になった村のために」と了承し、沈黙を守りつづけた。

 そこで90歳の梅沢元少佐(と赤松氏の遺族)が「汚名」をそそごうと、作家の大江健三郎氏(と岩波書店)を相手どって平成17年夏、謝罪と著書『沖縄ノート』の出版差し止めなどを求め大阪地裁へ提訴したとき、私はついでに沈黙を守ればよいのにと思わぬでもなかった。



 だが、くだんの『沖縄ノート』を読んで、その思いは砕かれた。大江氏は両守備隊長を集団自決の命令者だという前提で、「ペテン」「屠殺(とさつ)者」「戦争犯罪人」呼ばわりしたうえ、「ユダヤ人大量殺戮(さつりく)で知られるナチスのアイヒマンと同じく拉致されて沖縄法廷で裁かれて然るべき」と「最大限の侮蔑を含む人格非難」(訴状)をくり返していたからである。

 しかし、他の孫引き本がほとんど絶版となっているのに、この本は昭和45年の初版から修正なしに50刷を重ね、現在も売られているのは信じがたい事実だった。

 こうした稀(まれ)にみる人権侵害的記述を有名文学者だからという理由で、許容する余地はないと私は感じている。




≪「自決せず生きのびて」≫

 裁判は進行中だが、原告側は座間味村役場の援護係だった宮村幸延氏が昭和62年に、集団自決は当時の村役場助役の命令だったが、遺族補償のため梅沢守備隊長の命令として申請した事情を記して、梅沢氏へ渡した「詫(わ)び状」を提出した。梅沢氏の無実を証する決定的証拠といえるもので、文科省の検定でも援用された。



 これに対し大江氏側は「詫び状」は宮村氏を泥酔状態に陥れハンコを押させたとか、守備隊長と記し実名は書いていないから特定できぬはずだとか、日本軍全体の非人間性に目を向けろ式の見苦しい弁明に終始している。


 その半面、法廷記録から浮かびあがってきたのは赤松、梅沢両氏のすぐれた人間性であった。25歳、27歳の若さなのに彼らは絶望的な戦況下、数百人の部下と島民をまとめ、冷静、沈着な判断力で終戦までの5カ月をしのいだ。「自決するな。生きのびなさい」と指示したのに、米軍の砲火でパニックに陥り死を選んだ島民を思いやって「汚名」を甘受した2人に比し、「現存する日本人ノーベル文学賞作家」の醜悪な心事はきわだつ。「私自身、証言に立ちたい」(17年8月16日付朝日新聞)と公言した大江氏は法廷で何を語るのだろうか。
(はた いくひこ)
(2007/04/14 05:06)








■関連記事

沖縄戦の集団自決・日本軍「強制」は修正
高校教科書の検定結果・文科省
渡嘉敷島集団自決の軍命令は否定
大江健三郎や岩波書店などは猛省せよ!
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/17016760.html








大江健三郎と比べると、秦郁彦がとても良い人に思える。

マジで、大江健三郎は、どうにかならないものだろうか?!

この記事に

閉じる コメント(34)

神無月さん。大江健三郎は、一種の病気だと考えて間違いないでしょう。

2007/4/16(月) 午前 2:01 coffee 返信する

顔アイコン

大江健三郎は作家として失格ですね。必要ありません。犯人にされた人がかわいそう。住民があれだけ文句を言うのには本音として、年金、弔慰金が貰われなくなるのでしょう。せやから事実判明しているのにいまだ反撥をしている。 削除

2007/4/16(月) 午後 5:49 [ ひろやん ] 返信する

顔アイコン

大江健三郎は作家として失格ですね。必要ありません。犯人にされた人がかわいそう。住民があれだけ文句を言うのには本音として、年金、弔慰金が貰われなくなるのでしょう。せやから事実判明しているのにいまだ反撥をしている。 削除

2007/4/16(月) 午後 5:50 [ ひろやん ] 返信する

顔アイコン

>金大中のノーベル平和賞は更に酷かったと***ひどすぎる…ノーベル平和賞、「逝って良し」ですね〜。

2007/4/16(月) 午後 11:23 [ mir*k*nino*i ] 返信する

顔アイコン

ノーベル・・・!? アメでも舐めて 唄ってろと・・たい!!! そんな馬鹿者の本読まなくて いい人生を歩ませていただいています・・・!!^0^0^ポキッ♪ フザケタ奴なんですねェ〜!?!

2007/4/17(火) 午前 3:34 東京ベンズ 返信する

[ ひろやん ] さん。私も、なぜ大江が事実が判明した後も往生際が悪いのか少し不思議に思っていましたが、秦の【正論】を読んで、大江が最初から何が何でも日本軍を悪者にしたい悪質で強硬な確信犯だったことが分かり「これじゃしょうがない」と思っています。

2007/4/17(火) 午後 11:59 coffee 返信する

顔アイコン

大江健三郎に何をいっても無駄でしょう。そうなれば面舵一杯、方針転換、何とか知恵を絞らんといけませんね。大江包囲網でも…。 削除

2007/4/18(水) 午後 4:05 [ ひろやん ] 返信する

[ ひろやん ]さん。マトモな日本国民が一致団結して正義の鉄槌を振り下ろす(非難する)しかないでしょう。それでも反省しないでしょうが、今までのようにいい気にさせておくよりは良いでしょう。

2007/4/20(金) 午前 0:23 coffee 返信する

顔アイコン

押して駄目なら引いてみよ。批難されても踏ん張るつもりなら、褒め殺すまで。おだてて天狗にさせればそのうちぼろを出すかも知れません。偏屈で正邪の両面性を持つ点で本多勝一に通じるところがあるかも?

2007/10/3(水) 午前 9:31 [ IB ] 返信する

顔アイコン

大江は小説を書いていればよし、史実を書こうなどと自分の能力を超えたことをしようとしたことに問題がある。大江よ身の程をわきまえて仕事をしろ、と言うことだ。人間には分がある、分不相応とはまさにこのことだ、小説屋に戻れ、「曖昧な主語のない、日本人の大江」の小説を書いていれば少しは世間も同情しようと言うものだ。ノーベル章をとってから少し天狗様になっているのだろう。くたばれ大江。

2007/10/4(木) 午前 9:34 kurokuma 返信する

顔アイコン

戦前の日本人の中には多数の凛とした方が方々におられました。歴史を紐解くと、それは素晴らしい人たちの連綿たる人格者の活動や行為であることに気が付きます。アメリカはこれを恐れて、占領憲法で、日本人をバラバラにしたかったのです。凛としていたのは、沖縄の部隊の若い将校もその1人だったのですね。

2007/10/10(水) 午前 11:51 [ 琵琶湖研究室 ] 返信する

顔アイコン

恥ずかしながら「沖縄ノート」のことは全く知らずに歳を重ねてきました。集団自決の真相を知ったのも比較的最近なのです。
大江健三郎の本を読んだことはありませんが、読まなくて正解でした。事実誤認があったのなら素直に認めて出版の差し止めに応じるべきです。旧日本軍と軍人達を悪と決めつけ、糾弾することが正義だと陶酔していたのかもしれません。人権侵害と共に国の誇りを傷つけた国賊として、極刑に処すべきでしょう。
傑作!

2007/10/14(日) 午後 7:01 しんのすけ 返信する

顔アイコン

当方にコメント・TBありがとうございました。受賞無効ってないんですかね。尤もカーターやゴアが平和賞もらっているとなると、ノーベル賞自体胡散臭いと言うか生臭いと言うか…文明って何ぞうあとまで思えてきてしまします。
傑作○

2007/11/11(日) 午前 0:55 [ y_n**atani6*6 ] 返信する

y_nakatani666さん。
カーターやゴアの受賞よりも、金大中の受賞が最悪でしょう。

2007/11/12(月) 午前 8:07 coffee 返信する

顔アイコン

日本軍が沖縄住民に集団自決を強制した事実は変えられない。 削除

2008/2/24(日) 午前 8:00 [ 平和主義者 ] 返信する

[ 平和主義者 ]。

>日本軍が沖縄住民に集団自決を強制した事実は変えられない。

そんな事実はない。

軍命令説は証拠力のない金城重明などの証言だけで破綻
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/26080556.html

「沖縄戦の真実」を封印
検定を撤回すれば将来に禍根を残す
照屋昇雄氏、宮城義男氏、梅澤裕氏、宮城初枝氏らの真実の証言
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/26433192.html

「軍の関与」も認めてはならない
【正論】集団自決と検定・"トリック報道"で世論誘導・藤岡信勝
【正論】集団自決と検定・それでも「命令」の実証なし・曽野綾子
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/26722620.html

2008/2/29(金) 午後 11:41 coffee 返信する

顔アイコン

↑あなたは捏造することが好きですか?

2008/3/30(日) 午後 6:45 琉球 返信する

顔アイコン

旧日本軍が中国や朝鮮におこなった仕打ちを考えれば、日本人は何も言えないような気がする。 削除

2009/1/28(水) 午前 0:49 [ 平和主義者 ] 返信する

顔アイコン

[ 平和主義者 ]

大きい声を出して100回読め!

民衆を虐殺する支那軍・民衆を救出する日本軍
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12624238.html
支那の「極悪暴虐・大虐殺」と「卑怯な逆宣伝」のまとめ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12704324.html
支那軍による虐殺
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11717562.html

朝鮮の変遷・李氏朝鮮時代→日本統治時代→現在
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/21665810.html
李氏朝鮮時代→日本統治時代・日本が朝鮮半島に残した資産
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25876198.html

2009/3/22(日) 午前 5:36 coffee 返信する

顔アイコン

手榴弾配布って よくいわれますけど ジリ貧で弾薬も欠乏してた陸軍が 自決せい!てゆうて 手榴弾を大盤振る舞いしますかね? 俺が兵隊なら戦うぶんに持っておきたいし もし指揮官なら配布なんかしないですわ 戦用に持っておきますわ… と 元自衛官の素朴な意見でした(^_^) 削除

2010/10/5(火) 午後 7:36 [ 赤殺し ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事