正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!日本国民党を応援します。

全体表示

[ リスト ]

 国際関係の上で「侵略」と言う言葉が、満足に定義されたことは一度もない。
「パリ不戦条約」の草案政策にイニシアチブをとったのはアメリカだった。
ケロッグ=ブリアン条約(訳注=ケロッグ米国務長官とブリアン仏外相によって草案がつくられた)と呼ばれるパリ不戦条約は、外交手段としての戦争を「非合法」とした。

しかし、ケロッグは戦争禁止条項から特に「正当防衛」を除外している。
中国は日本を侵略者として告発したが、日本は日本軍の行動は「国家の存亡にかかわる利益を守る」ための「正当防衛」であると反論した。



 米国政府は日中間に起きたこの問題を裁定したくないのだ。
米がためらっているのは、この問題を裁定すれば自らの立場を苦しくするからだ、と日本はみた。



第一に、米は1927年、中国で武力を行使(米艦船の南京砲撃)したばかりである。
理由は日本と全く同じで、横行する中国人「盗賊」から自国民と財産を守る、というものだった。
今後も同じ手段に訴えることがないともかぎらない。
だから、あとで自分たちに返ってくるような公式は出せないのだ。



第二に、将来ニカラグアやメキシコでの権益を守るために、海兵隊を送らなければならないような事態を考えると、外国の干渉を許すような政策はとれないのだ。
このジレンマを解いたのが「門戸解放」政策と九ヶ国条約という公式である。
これなら、中国と日本の双方に当てはまるし、侵略を定義しなくても、現状を固定でき自分たちの権益は守れるだろう。

(中略)



 中国からみれば、九ヶ国条約は中国の主権を保障するどころか、否定するものだった。
何よりも先ず、中国における西欧列強の特権的地位を「固定化」し「合法化」するための合意である。

これらの条約は、中国にとって、屈辱的であるばかりでなく、恒常的な不安定要因であった。
中国は何年にも亙って、不平等条約を解消しようとしてきた。
条約に抵抗して1925年、イギリス排斥運動を起こした。

1927年、中国革命軍は九江と漢口のイギリス租借地を武力で奪取した。
1928年、蒋介石は列強が行動を起こさなければ、1931年までに自分の責任に於いて、条約を破棄すると通告した。


P280-281
『アメリカの鏡・日本』ヘレン・ミアーズ著(1948年)








人気ブログランキング
https://blog.with2.net/in.php?671525


くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

この記事に

閉じる コメント(15)

顔アイコン

欧米の意のままに物事が進んでいた時代では 誰を信じて良いものかを見極めるのは容易な事ではなかったのでしょう・・・!ポキッ♪

2007/5/16(水) 午前 1:00 東京ベンズ 返信する

顔アイコン

http://www.akashic-record.com/y2007/cvsnk.html ついに、支那と北朝鮮が戦争か!これ、信じられますか? 読み応えあります

2007/5/16(水) 午前 1:31 kurokuma 返信する

顔アイコン

そういえば、テロをすべて否定した小泉声明を危惧する意見もありますね。チベットがシナ共産党にテロで抵抗したら、シナを応援してチベットを攻撃するのか、という意見です。

2007/5/16(水) 午前 8:26 [ wak**akaido*5*5 ] 返信する

顔アイコン

民間組織が人を殺害したらテロで、国家が軍隊で人を殺害したら正当防衛、治安維持活動となるのでしょうか?民間人への無差別殺人や特定人物を狙った殺人は、誰が行ってもテロに定義される?強者の身勝手な論理に見えます。 削除

2007/5/16(水) 午前 8:46 [ なっとく ] 返信する

顔アイコン

パリ不戦条約を金科玉条のようにして日本はこれを破ったとばかなことを書き込んでいるブロガーがいますね。この記事を読ませたいと思います。傑作に○!

2007/5/16(水) 午後 1:01 [ 太郎ともも ] 返信する

顔アイコン

盗人にも3分の理と言うように理屈はなんとでもつけられます。勝てば正当防衛負ければ侵略呼ばわりされるのが相場です。今度は絶対勝つ戦争しなくてはなりません??。今朝の産経見ましたか、島根県の有効記念碑の東海の文字を訂正したらぎゃぎゃ言ってきてますが、韓国は勝者のつもりですかね。やつらの背骨ポキポキ言わせてやりたい。ポキッ?

2007/5/16(水) 午後 2:53 [ 日隈玄斎 ] 返信する

顔アイコン

国後、色丹、歯舞、択捉、この4島と竹島は侵略いがいの何ものでもありません。ポキッ

2007/5/16(水) 午後 4:26 神無月 返信する

侵略か否かはその戦争をしたものが定義づけることであれば誰も「侵略した」なんて言わないでしょう。「正当防衛」だったと考えますよね。アメリカの利権によってルールが変わるのは現在のスポーツでも全く一緒ですよね。ポキッ♪

2007/5/16(水) 午後 4:55 れおん 返信する

顔アイコン

アメリカは門戸開放と言いますが、門は開かれていたと思います。元々アメリカはシナ市場にあまり関心が無かったと思います。(今も無いでしょう)パリ不戦条約は「国家意思として作戦計画を先制発動するのは止めましょうね」という条約で、国家意思として作戦計画を先制発動した1937年8月13日の蒋介石は侵略者と言われなければなりません。権益を守るための出兵は正当防衛ににあたります。

2007/5/16(水) 午後 11:07 [ - ] 返信する

[ なっとく ]さん。世の中には、多くのおかしな論理が罷り通っていますね。

2007/5/17(木) 午前 2:26 coffee 返信する

金沢さん。アメリカは日本から満州と支那の権益を横取りしたかったのでしょう。支那事変とりわけ1937年8月13日の動向は仰るとおり支那による完全な侵略でした。

2007/5/17(木) 午前 3:15 coffee 返信する

顔アイコン

大して難しい話ではない。方法は何でも良いからとにかく勝つ。その上で人心を掌握するのが正義の常識でしょう。

2007/5/19(土) 午前 0:51 [ IB ] 返信する

顔アイコン

現在は国連総会決議3314が最も国際的に広く認められた定義となっています。国際刑事裁判所の締約国会議は、この総会決議3314に基づいてさらに定義を深め具体化すべく、特別部作業部会を立ち上げ現在も協議を進めています。既に大枠として、決議3314が国際コンセンサスを得られる唯一のベースとなることが合意されています。なお、この特別作業部会にはロシア、中国、フランス、イギリスなど、アメリカを除く安保理常任理事国全てが参加しています。

国連総会決議3314については:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%80%A3%E7%B7%8F%E4%BC%9A%E6%B1%BA%E8%AD%B03314

侵略犯罪に関する特別作業部会については:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%B5%E7%95%A5%E7%8A%AF%E7%BD%AA%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E7%89%B9%E5%88%A5%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E9%83%A8%E4%BC%9A

2008/4/8(火) 午後 3:40 etranger3_01 返信する

顔アイコン

旧日本軍が中国や朝鮮におこなった仕打ちを考えれば、日本人は何も言えないような気がする。 削除

2008/11/29(土) 午後 10:55 [ 平和主義者 ] 返信する

顔アイコン

[ 平和主義者 ]

大きい声を出して100回読め!

民衆を虐殺する支那軍・民衆を救出する日本軍
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12624238.html
支那の「極悪暴虐・大虐殺」と「卑怯な逆宣伝」のまとめ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12704324.html
支那軍による虐殺
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11717562.html

朝鮮の変遷・李氏朝鮮時代→日本統治時代→現在
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/21665810.html
李氏朝鮮時代→日本統治時代・日本が朝鮮半島に残した資産
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25876198.html

2008/12/23(火) 午後 10:17 coffee 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事