正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!日本国民党を応援します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

写真は米イージス艦から打ち上げられる「SM-3」


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070629-00000015-maip-pol


集団的自衛権 行使容認を提言へ 首相の安保法制懇
6月29日17時12分配信 毎日新聞

 政府は29日午前、憲法9条解釈の見直しを検討する安倍晋三首相の私的懇談会「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇、座長・柳井俊二前駐米大使)の第3回会合を開き、首相が提起した4類型のうち、米国に向かった弾道ミサイルへの対処について議論した。安倍首相は会合の冒頭で「同盟国の米国に弾道ミサイルが落ちれば甚大な被害が出る。そうなれば我が国にも深刻な影響が及ぶ」と語った。委員らの事前の主張から、会合では集団的自衛権の行使として、日本のミサイル防衛(MD)システムで弾道ミサイルを迎撃すべきだとの意見が大勢を占めた。前回会合で、集団的自衛権の行使として公海上の米艦を護衛することでもおおむね一致しており、今秋まとめる懇談会の報告書では、憲法解釈を変更し限定的な集団的自衛権の行使を認めるよう提言する見通しとなった。

 首相は会合冒頭「同盟国の米国に弾道ミサイルが落ちれば甚大な被害が出る。そうなれば我が国の防衛に深刻な影響が及ぶ」と述べ、同盟を重視する観点から検討するよう求めた。委員からは「撃ち落とせるものを撃たなければ日米安保が根幹から揺らぐ」など迎撃容認論が相次いだ。迎撃の法的根拠については「(危険を払いのけるという)警察権は無理な解釈。集団的自衛権の行使とすべきだ」との意見が多かった。

 これまで政府は、米国を狙った弾道ミサイルを日本のMDシステムで迎撃すれば、憲法解釈で禁じている集団的自衛権の行使にあたる可能性が高いと説明。日本のMDシステムは「あくまでも我が国を防衛することが目的」と答弁してきた。

 国際平和協力活動に関する(1)攻撃された他国軍隊の援護(2)戦闘地域内での他国軍隊に対する後方支援−−の残る2類型については、参院選後に議論する。
―――――――






馬鹿馬鹿しいニュースだ。

支那やロシアや北朝鮮から、「米国を狙った弾道ミサイルを日本がMDで撃ち落したら、東京と大阪に核ミサイルを撃ち込むぞ!」と脅されたら、それでお終いだ。

日本自身が核武装しておかなければ、核武装した支那やロシアや北朝鮮を相手に、核武装した米国と共に戦うことなど不可能だ。



そもそも、MDでは支那や北朝鮮やロシアの弾道ミサイルを撃ち落せない。

MDの迎撃実験が成功するのは、支那や北朝鮮やロシアの弾道ミサイルより大きくて遅い実験用のミサイルが、事前に飛んで来るコースを知らされているからだ。

実験用ミサイルよりも速くて小さい支那や北朝鮮やロシアの弾道ミサイルが、いつ、どこに飛んで来るか分からない実戦では役に立たない。

1991年の湾岸戦争でも迎撃成功率はせいぜい9%、イスラエル軍事筋によれば1%と言われている。

石破や久間などの族議員がアメリカのMD関連企業などからキックバックを貰うだけではなく、防衛省の幹部までが天下り先の確保などのためにMDが役立つという嘘宣伝に加担しているとしか考えられない。

日本がMDを配備することによって核武装を踏み止まれば有難いと考えている支那の手先勢力である野党やマスコミは、この膨大な日本国民の税金の無駄使いを追求しない。

インターネットや一部の出版物でしか真実は分からない。



アメリカは、巨額のMD開発費用を日本へのMD販売で補いながら、日本のMD関連技術を吸い取ることができるし、更には日本の自主核武装も思い止まらせることが出来るのだから「一石三鳥」だ。

はっきり言って、アメリカはMDが役に立つなんて全く考えておらず、日本人を騙して日本からカネと技術を奪い取りながら日本に核武装をさせない道具としか考えていない。




kanazawa_sanetoki2004さんから重大なコメントを頂いたので本文に追加(7月1日午前3時頃)

ロシアやシナ、北朝鮮が米国本土を狙って弾道ミサイルを撃つ場合、沿海州からシベリア上空を経由するはずなので、海自SM3には迎撃のチャンスそのものがあり得ません。グアムやハワイを狙うなら日本列島上空を通るかもしれませんが、そういう長距離を飛ぶミサイルは飛翔高度も高いので結局SM3では届かない事になるでしょう。
98年に日本列島を通過したテポドンの最高高度は300kmでした。SM3は実験高度160kmです。だからMDは政治的兵器で実戦では役に立たないと元国防総省顧問セオドア・ポストル教授は警告しています。
2007/6/30(土) 午前 0:05 [ kanazawa_sanetoki2004 ]

政府は日本に対して用いられるのはノドンであると決めてかかっているようですが、推力に余裕のあるテポドンが用いられた場合SM3は無力です。SM3が届かない高い高度ややたらに低い高度の軌道を経由する事も出来るからです。高くした場合ミッドコースを過ぎて再突入時の限られたタイミングでしか迎撃のチャンスがありません。しかもその時の落下速度も速くなりますから、命中せずにニアミスに終わる事も有り得ます。低い高度にした場合迎撃する時間的余裕がなくなります。MDは北朝鮮の技術力ですら突破が可能な危ない物です。
99%迎撃可能だとか寝言を垂れている久間は利権の為なら国民の命などどうでも良いと思っているとんでもない野郎です。
2007/6/30(土) 午前 0:22 [ kanazawa_sanetoki2004 ]




●MDは役に立たない

MDは全く役に立たない 『中国の「核」が世界を制す』伊藤貫著
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/3942761.html

MD実験用の攻撃側ミサイル「アリーズ」は「ノドン」より大きくて遅い。
実験で成功しても実戦では役に立たない。
MDは無理だから核武装して抑止力を持て!
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/4586467.html

PAC3は遅くて大きいミサイル(アル・サムードやアビバル100)でさえ半分も迎撃できない。
速くて小さい支那の東風21や北のノドンは迎撃不可能
セオドア・ポストル教授(MIT)もMDは役に立たないと指摘
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/13737690.html

<ミサイル防衛>海上配備型の発射実験実施へ
海自が初めて
だから何なの?
仮に実験に成功しても実践では役に立たないのがMDの恐ろしいところ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/16882873.html

迎撃地点の探知防止・PAC3擬装作戦・首都圏の基地巡回・防衛省方針
MDは役に立たない
キッシンジャー氏:日本の核武装警戒、74年の米公文書で判明
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/17635394.html


●MDは役に立たないが、核シェルターは有効

核シェルターとMD。MDは役に立たないが、核シェルターは大いに有効。
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/4542490.html










↓応援クリックお願いします。↓

人気ブログランキング
https://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00〜24:00)1回以上応援クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

この記事に

閉じる コメント(47)

顔アイコン

たしか、kanazawa_sanetoki2004 様のいうセオドア・ポストル教授の意見とは、「BMDに関する首相への提言」(野矢テツヲ氏訳)でしたよね?(違ってたらごめんなさい。)あれについては私もよい資料だなと思っていつも読んでいて、MDへの対抗手段の知識・迎撃の困難性はよく存じています。伊藤貫氏の著作も読んでますから「核の傘」の消滅や核武装の必要性もわかっています。

ただ、核武装は(1)経済制裁の問題(2)原発の問題があります。原発の問題とは、は現在平和目的に限定されている原子力協定は、核武装時には破棄されてしまうのではという問題です。他の「実験場がない」とか、「唯一の被爆国日本が・・・」とかは大した問題ではありませんが、ここがネックです。仮に(あくまで仮に、ですよ)MDが完成し、核武装なしでいいならそれがベストです。 削除

2007/7/10(火) 午前 1:21 [ トロイメライ ] 返信する

顔アイコン

実は、私もMDでは絶対無理と考えていました。しかしあえてこのような議論をさせていただいたのは、MDは将来も役に立たない、とする根拠が少々、私たち核武装派には薄い、とある軍事に詳しいかた(MD推進派)のブログを見て思ったからでもあります。
たとえば、赤外線シーカーについてです。物には必ず固有の熱量があるそうです。そして物体、体積が違うと持っている熱量は変わり、よって放出する赤外線量も違うと。つまりデコイと弾頭の表面の温度を同じにしても必ず赤外線放出パターンは違ってくるそうです。そして絶対温度0K(0ケルビン、絶対零度)である宇宙空間においてこれらの赤外線の違いをキャッチするのは比較的容易であり、画像赤外線シーカーなら識別は可能になる・・・・・とこんな感じのことを書かれていました。つまり、将来赤外線シーカーならポストル教授が指摘していた赤外線欺瞞も突破しできる可能性があります。(もちろん中ロもMD対抗手段を開発させていきますから事は単純ではないですね) 削除

2007/7/10(火) 午前 1:49 [ トロイメライ ] 返信する

顔アイコン

kanazawa_sanetoki2004 様は「MDで阻止を考えるよりも「撃たれない事」即ち抑止が先だと言っているのです。」とおっしゃっています。ここが少し私と意見を異にするところかもしれません。
抑止には「懲罰的」と「拒否的」の二つがあります。懲罰的とは「核抑止」のように敵が攻撃したら攻撃し返すだけの能力を持つことによってできる抑止です。一方「拒否的」のほうは、敵の作戦成功可能性を下げることで、敵に、軍事行動は国益に合わないと認識させることです。MDや、日本の防衛に特化した防空能力(戦闘半径の短い
F15など)はこれにあたります。
さて、MDが仮に(あくまで仮に)9割5分程度の迎撃を可能にしたとしましょう。すると、中国の核恫喝は大きく効果が減ります。米国の核の傘の履行の確立上昇と、日本も恫喝に屈服する可能性は低くなります。中国はこれを認識しているから核恫喝すらもしなくなる・・と予想できます。(もちろんこれは、MDが仮に完成したとき話でそうなるかは問題にしていません。ただ、MDでも完成すれば抑止はできる、と言いたかっただけです。) 削除

2007/7/10(火) 午前 2:10 [ トロイメライ ] 返信する

顔アイコン

>>トロイメライさん

拒否的とは、専守防衛と同類なのでは?

極端な話、95%でも核を100発打ち込めば、
5発は入る計算になりますし、
そもそも、中国は、MDに必要な軍事衛星を破壊する技術を持っています。しかも、軍事衛星を防御する技術がありません。
まず、衛星をどう守るかを考えねばなりません。

それに、拒否的抑止では、中国には手も足も出ないし、そもそも届かないわけですから、日本は5%の不安を抱えて、中国は不安は0%なのです。
本気で衝突すれば、中国は、こちらの射程外から、ミサイルをボンガボンガ撃っていれば良いわけです。
勝てない可能性はあっても、負けることは絶対にないわけですから。 削除

2007/7/10(火) 午前 2:50 [ ESW ] 返信する

顔アイコン

MDだって無限にミサイルを撃ち続けるわけではありません。
こっちが、10000発の防衛ミサイルを持っても、向こうが11000発のミサイル(核でなくてもよい、むしろこちらのタマ切れを待って核を撃ってくると思う。)を持っていれば、1000発は絶対に防げないわけです。アメリカにぼったくられているので、(PAC3が20億くらいだっけ?1万発で20兆かよ…)防衛ミサイルの数も相当限られるでしょう。

ましてや、日本には、衛星なんぞろくにありません。
全部、アメリカ頼みです。MD完成度に比例してアメリカ依存度が上がってしまうのです。

完全なMDが出来たとしても、中国に脅されなくなる代わりに、アメリカに脅されるだけですよ。 削除

2007/7/10(火) 午前 2:50 [ ESW ] 返信する

顔アイコン

>トロイメライ さん
「BMDに関する首相への提言」(野矢テツヲ氏訳)をやっぱり読んでおられましたか。チャフとか出てきたので多分読んでいるだろうなと予想してはいました。
どのような形であれ、本物と偽物を混ぜ込む事は究極のババ抜きを相手に強要する事です。
外側から見て中身を見通せない以上、ババ抜きに応じるわけにはいきません。
全て対応しなければならなくなるでしょう。
そのようなスーパーKVは何時出来るのか、幾らかければ出来るのかが全く判らないのです。
そして、出来たのか出来なかったのかが解るのは核の投げ合いがあってから初めて解る事になるでしょう。
95%出来ると思っていたが、蓋を開けてみれば湾岸戦争のイスラエルのように10%以下かも知れません。
政治家にしてみれば、そのような物に国民の命を預けようという決断が出来ないだろうと私は思っています。

2007/7/10(火) 午後 6:41 [ - ] 返信する

顔アイコン

核武装ならば、何時出来る、幾らかければ出来るというのが概ね解っています。
懲罰的抑止が有効なのは歴史によって証明されてきた事です。
拒否的抑止が核に対して有効なのかは未だ証明されていないでしょう。
百発中五発着弾するならそれでもいいやと思うかも知れません。
じゃあ、あと数百発増やそうかと思うかも知れません。
核ミサイルを増産する速度と費用、イージス艦を建造する速度、費用どちらが速くて安いか言うまでもありません。
早いのか、安いのか、有効なのかを考えなければいけません。

2007/7/10(火) 午後 6:56 [ - ] 返信する

顔アイコン

>じゃあ、あと数百発増やそうかと思うかも知れません。
これがMDが核軍拡競争の呼び水になる理由です。
イージス艦のVLSは容易に数える事が出来ますから、それより多く持てばよいのです。そうすれば拒否的抑止は破られるでしょう。

2007/7/10(火) 午後 7:03 [ - ] 返信する

顔アイコン

兵頭二十八はアメリカが黙認してくれれば原子力協定に基いた制裁は無いと言います。
そりゃ黙認しているのだからそうでしょう。
黙認してくれなかったら、協定を破ってでもやるべき事はやるしかないと思います。
国民の生命が掛かっているのですから当然です。
「緊急避難」を言い立てて、核武装した後に謝りに行くしかないでしょう。
第二次大戦でドイツ軍を無害通行させたデンマークのようにです。
経済封鎖は出来ません。
日本は世界のGDPの17%を生産しています。
ある日突然その17%のGDPが消えてなくなれば、世界経済へ与えるインパクトも大きいでしょう。
言葉を変えれば、であるが故に日本は核武装しなければならないのです。
17%のGDPがある日突然消えてしまったり、核を恐れて何処かの国を不当に優遇したりすれば、分母がやたら大きいだけに世界に与える悪影響も大きいのではないでしょうか。

2007/7/10(火) 午後 7:19 [ - ] 返信する

顔アイコン

ESW様へ。MDで重要な衛星は早期警戒衛星です。早期警戒衛星は高度3万6千kmにあり、今回の中国が破壊した偵察衛星の高度よりはるかに高い高度で飛翔しています。今回の衛星破壊実験ではMD無力化が証明されていません。(ただし、平松茂雄氏は将来的にレーザーを使えばMD無力化の可能性がある、と述べてることを付け加えておきます。)
拒否的抑止について、もし伊藤貫氏の著作をESW様がお読みになっているのならご理解いただける、と思いますが中国は非常に慎重で、成功が確実視されるぐらいにならないと軍事行動はしません。日本側が簡単に屈服しそうになければ中国は容易に軍事行動を起こしにくい状態になります。MDの迎撃が高確率になればアメリカの核の傘の効果が見込めるためでもあります。 削除

2007/7/10(火) 午後 10:34 [ トロイメライ   ] 返信する

顔アイコン

kanazawa_sanetoki2004 様へ
拒否的抑止については、ESW様へのコメントをご覧下さい。仮に
核ミサイルを撃つ状況になったら中国の勝利とはいえない、というのは(アナーキーなこの国際社会でも)さすがに数千万規模の虐殺は許容されないからです。中国の経済が外資に頼っているのはご存知でしょう。
確かに、MD側・攻撃側の双方の軍拡競争にどちらが軍配があがるか予想するのは困難です。ただ、裏返せばそれはMD側にも可能性があることです。
今回私がMD肯定しつつ否定するような曖昧なコメントをしたのは、MDの評価の仕方について一石を投じたい、と考えたからでもあります。現在MDの評価は親米右派(久間氏が代表)などの、「絶対に当たる」と、左派と核武装派の「絶対に無理」の両極端が中心で、しかもその根拠が薄いのに断定してる人が多いと思います。未来の軍拡競争の結果を予想する、というのはそう簡単に断定できることではないのではないでしょうか。 削除

2007/7/10(火) 午後 11:01 [ トロイメライ ] 返信する

顔アイコン

本当はもっと議論を続けたいのですが、あいにく私はもうすぐ試験があるので、今回の議論は終わりにしたい、と思っているのですがよろしいでしょうか?自分で吹っかけて始めて自分でやめるような形になってしまったことは申し訳なくおもっています。 kanazawa_sanetoki2004様、 ESW様、私の意見への反論どうもありがとうございました。また、次の機会に議論しましょう。 deliciousicecoffee様 長々とコメント欄を占領して申し訳ありませんでした。ありがとうございました。 削除

2007/7/10(火) 午後 11:05 [ トロイメライ ] 返信する

顔アイコン

>ただし、平松茂雄氏は将来的にレーザーを使えばMD無力化の可能性がある、と述べてることを付け加えておきます

なんか文末が生意気な言い方になってました・・・ESW様申しわけありませんでした。 削除

2007/7/10(火) 午後 11:09 [ トロイメライ ] 返信する

顔アイコン

撃った方が得か撃たない方が得かを判断するのは支那共産党であって、日本人ではありません。
試験がんばってください。

2007/7/11(水) 午前 1:02 [ - ] 返信する

顔アイコン

>>トロイメライさん
気にしていませんよ。また、機会があったら、続きをやりましょう。

この時期の試験だと、学生の期末試験か、就職試験ですか?
いい結果が出ますように(-人-) 削除

2007/7/11(水) 午後 3:45 [ ESW ] 返信する

[ トロイメライ ]さん。

日本が核武装して経済制裁を受けることはありません。

【核論議 是か非か】「非核」変更は空理空論:前原誠司に対する反論⇔NPT脱退や核開発で制裁されることはない
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/6945441.html

2007/7/12(木) 午前 0:39 coffee 返信する

[ トロイメライ ] さん。自国に報復される恐れが無い日本のMDより、自国に報復される可能性がある日本の核武装のほうが、遥かに相手の核攻撃を抑止します。
日本のMDより日本の核武装のほうが、支那の安全保障戦略にとっては、よりダメージが大きいという簡単な事実を理解しなければなりません。
支那が自国にふりかかる新たなコストの問題からMDに反対していますが、連中の本心を言えば、それで日本人がMDを核武装の代用品になると思い込み、日本が核武装を諦めるならそれは大局的な戦略として彼らにとって勝利を意味します。

2007/7/12(木) 午前 0:43 coffee 返信する

[ トロイメライ ] さん。そして、それはアメリカの対日戦略においてもやはり勝利を意味します。
莫大なカネのかかるMDの買い手確保、しかも日本は非核のままゆえに相変わらず米国のコントロール下からは外れません。
結局、日本は最終的な局面で周辺の大国に生存権を握られたままになります。
まず抑止力(核武装)を持った後に公共の核シェルターをつくり、それでも予算が余っていればMDを考えれば良いのです。
MDは独自の核抑止の保有(日本の核武装)の代わりにはなり得ないのです。
日本の政治家は国民の生命・財産を危険に晒したまま、「MDの利権」を模索しているにすぎません。

2007/7/12(木) 午前 0:44 coffee 返信する

[ ESW ] さん。[ kanazawa_sanetoki2004 ] さん。
ご丁寧に説明して頂き感謝です。
大変助かります。m(._.)m

2007/7/12(木) 午前 0:46 coffee 返信する

物理的効果以前に、アメリカは自国の核で日本を守る気なんかないでしょう。

2007/9/28(金) 午前 10:16 [ ネオ若狭 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事