正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!日本国民党を応援します。

全体表示

[ リスト ]

現在、当ブログで受付中の投票「大東亜戦争は日本の自衛か?侵略か?」は、8月31日が締切なので、まだ投票していない人は投票しよう!

http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/POLL/yblog_poll_list.html





■年表(事実確認)


●1895年4月17日、日清戦争の講和条約である下関条約締結。朝鮮独立の承認など

●1898年
日本の抗議にもかかわらず、米国が謀略によってハワイ王国を併合
米西戦争、米国がフィリピンとキューバを狙ってスペインと戦争


●1899年、義和団の乱。支那で欧米人が虐殺される。欧米列強は日本に支援を要請し日本軍を中心とした多国籍軍が鎮圧

●1899年〜1903年、アメリカ・フィリピン戦争。米国がスペインから独立させたフィリピンを植民地に。

●1902年、キューバがスペインから独立

●1903年、パナマがコロンビアから独立。米国は独立運動に介入しパナマと運河条約を締結。米国は運河地帯の永久租借権を獲得しパナマを実質的植民地に。


●1905年9月5日、日露戦争の講和条約であるポーツマス条約締結。南満州の鉄道譲渡など

●1909年、米国は、満鉄の国際管理を提案し満鉄の権益への介入を試みるが、日本の立場を認めた列国の反対で失敗

●1910年8月22日、日韓併合条約調印


●1911年、辛亥革命が起こる。

●1912年、中華民国の成立を宣言。モンゴルやチベットなども清朝からの独立を宣言。第一次満蒙独立運動


●1914年、パナマ運河開通

●1914年〜1918年、第1次世界大戦

●1915年1月18日、袁世凱政府に21か条要求


●1916年、第二次満蒙独立運動

●1919年
パリ講和会議で日本は国際連盟規約宣言の中に人種平等の原則(人種差別撤廃条項)を挿入することを提案し、17票中11票の賛成を得たが、委員長ウィルソン大統領は、「斯かる決議には全員一致を要する」との理由で拒絶。
6月28日、第一次世界大戦の講和条約であるベルサイユ条約締結

●1922年
2月6日、支那に関する九カ国条約締結
11月13日アメリカ最高裁が「黄色人種(日本人)の帰化権はない」と判決。すでに帰化した日本人の権利まで剥奪できるとした。

●1923年、米国によって日英同盟が解消される

●1924年、「絶対的排日移民法」が成立。米国は、ヨーロッパからは毎年何十万人もの移民を入れていた時、日本人移民を一人も入れない法律を作った。


●1926年、蒋介石が北伐開始

●1927年
3月24日、南京に入った北伐軍が日本領事館を襲撃、日本人居留民に対する略奪、暴行、強姦、殺害。英・米領事館なども同様で、英と米は軍事行動。揚子江から英米軍艦が砲撃

7月25日、張作霖が日本との満鉄併行線敷設禁止協定を無視して満鉄併行線を建設。米国は張作霖に資本提供

●1928年
5月3日、済南において蒋介石軍が日本人居留民に対し、略奪・暴行・強姦・土産物商人ら十数名を虐殺

6月4日、張作霖が爆殺される

●1931年
6月27日、満州で中村大尉殺害事件
7月2日、満州の万宝山で朝鮮人農民(日本国籍)が支那人農民に襲撃される。朝鮮の各都市で朝鮮人が支那人を多数殺害
その後、満州などで排日運動激化。米国は張学良に兵器工場建設を援助

9月18日、満州事変。関東軍が張学良軍を追放。遼寧省、吉林省、黒龍江省、コロンバイル等は独立を宣言
10月、満州各地の代表が溥儀に出馬要請

●1932年3月、溥儀、満州国の執政(国家元首)に就任(1934年3月に皇帝に即位)


●1935年
11月9日、日本海軍准尉中山秀夫が上海国際租界で射殺される。

●1936年、
1月21日、汕頭の日本領事館の日本人警官が射殺される。
7月10日、三井物産の日本人社員が国際租界で射殺される。
8月24日、成都事件。日本人記者2名が惨殺される。


12月12日、西安事件。蒋介石が張学良に騙され西安で監禁される。共産党の周恩来が蒋介石に抗日戦線の統一を約束させ釈放

●1937年
7月7日、盧溝橋事件。演習中の日本軍が銃撃される。
7月9日、停戦協定が成立。蒋介石は4個師団と戦闘機を北支に派遣。
7月10日、200人以上の支那兵が迫撃砲で攻撃再開
7月11日、停戦協定が成立。日本政府、北支への派兵を声明。
7月13日、支那兵が移動中の日本軍トラック2台に手榴弾を投げ込み全員を爆殺
7月14日、支那兵が日本の騎馬兵を惨殺
7月16日、事件を収集させようとする宋哲元に対し、蒋介石は「日本の策謀に乗じるな、戦備を整えよ」と打電

・7月16日、アメリカのコーデル・ハル国務長官が日本の対支政策を非難
7月17日、蒋介石がラジオで『生死関頭』演説を行い戦争の決意を表明
7月25日、郎坊事件、日本軍が攻撃を受ける。
7月26日、広安門事件、日本軍が攻撃を受ける。
7月28日、日本軍が北支への攻撃を開始。
7月29日、通州事件。日本人居留民約260名が虐殺される。
8月9日、和平会談の予定だったが、海軍陸戦隊の大山中尉が惨殺される。
8月13日、蒋介石軍が包囲した上海の国際租界の日本人居留区を攻撃開始
8月14日、支那軍が上海市街のホテルなどを爆撃。これを日本軍の仕業と世界中に宣伝。
8月23日、支那軍が上海のデパートを爆撃。これも日本軍の仕業と世界中に宣伝。

・10月5日、ルーズベルト大統領が「戦争伝染病を隔離せよ」と演説
11月2日、広田外相が正式にドイツ大使に仲介を依頼し、日本側の和平条件を提示。
11月6日、駐支ドイツ大使が日本の和平案を伝えるが、蒋介石はこれを蹴る。
12月10日、南京を包囲された支那軍が日本の降伏勧告を無視
南京陥落後、日本はまたもや和平を持ちかける。

●1938年
1月2日、ドイツ大使トラウトマンが日本の和平案の返事を聞くために蒋介石を訪問しようとしたが、蒋介石は会わず。
1月15日、日本の和平案を蒋介石が蹴る。
1月16日、日本政府が「国民政府(蒋介石)を相手とせず」と声明。
6月12日、蒋介石軍が黄河の堤防を決壊させる。 日本軍による救出活動も虚しく住民60万人が罹災し12万人が行方不明。支那軍はこの黄河と揚子江の堤防決壊を日本軍の仕業と世界中に宣伝


●1939年
3月、米国は支那が軍用機や発動機を購入のために1500万ドルを借款
6月13日、ソ連が支那に1億5千万ドルの借款
7月26日、米国が日米通商航海条約を破棄

●1940年
1月4日、米国が錫、屑鉄の対日輸出額を前年度の半分にすると通告 
3月30日、汪精衛政府が南京に遷都。ハル国務長官は重慶政府支持を声明
6月5日、米国が工作機械の対日輸出を禁止
7月31日、米国が航空機用ガソリンの東半球への輸出を禁止
9月26日、米国が屑鉄の輸出を全面禁止
9月25日、米国が重慶政権に2500万ドルの借款
9月27日、日独伊三国同盟成立
11月3日、米大統領が重慶政権に更に5000万ドルの追加借款
12月2日、米国が蒋介石の重慶政府に一億ドルの借款供与
12月10日、英国が重慶政府に100万ポンドの借款供与


●1941年
3月31日、ルーズベルト大統領が提出した武器貸与法案が成立。米海軍が護衛する輸送船団により連合国へ武器供与を開始
7月23日、ルーズベルト大統領など米国首脳がフライング・タイガーによる日本本土爆撃計画に署名
7月25日、在米日本資産を凍結
8月1日、米国が対日石油輸出を全面禁止
11月26日、ハルノート提示
12月7日、真珠湾攻撃



●1945年
8月9日、ソ連が日ソ不可侵条約を破って侵攻し参戦
8月14日、ポツダム宣言受諾

12月9日、NHKラジオ番組「真相はかうだ」の放送開始。引き続いて放送された「真相箱」、新聞に掲載された「太平洋戦争史」、東京裁判などと共にGHQは「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」という洗脳工作を実施

●1946年5月3日、東京裁判開廷

●1947年
5月3日、日本国憲法施行
7月13日、マッカーサーが「すでに政策目標の基本的で最も重要な事項の大部分、すなわち武装解除と非武装化は完璧に達成された。日本は外部から制御しなくても、今後100年間、近代戦に備えるような再軍備はできないだろう。」と報告



●1951年5月3日、米国議会上院の軍事外交合同委員会でマッカーサーは、「日本が戦争に飛び込んでいった動機の大半が安全保障のためであった。」と証言







人気ブログランキング
https://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

この記事に

閉じる コメント(13)

顔アイコン

中国が世界におこなった仕打ちを考えれば
日本が朝鮮に中国におこなった恩恵を考えれば
今、中国が朝鮮が日本におこなっている仕打ちを考えれば
何も言えないような気がする 削除

2007/8/23(木) 午後 10:31 [ 平和主義者が来る前に・・・・ ] 返信する

顔アイコン

旧日本軍が中国や朝鮮におこなった仕打ちを考えれば、日本人は何も言えないような気がする。 削除

2007/8/23(木) 午後 11:12 [ 平和主義者 ] 返信する

顔アイコン

本当は旧日本軍は悪い奴らじゃなかった
支那は朝鮮は一つも日本から仕打ちなんて受けていなかった

本当はもう資料をよんで日本に
全然罪がない事がわかったから

旧日本軍がryって書き続けてるのは偽者の方だから
俺の偽者には注意してね 削除

2007/8/24(金) 午前 1:05 [ 平和主義者 ] 返信する

顔アイコン

なにをいっているんだ!
オレは仕事で書き込んでいるんだ、邪魔をするな!
1回の書き込みで50円ももらえるんだぞ
ニートのオレにとっては貴重な仕事なんだ! 削除

2007/8/24(金) 午前 6:54 [ 平和主義者 ] 返信する

顔アイコン

50円? どこだよ、それ? 創価か? 総連か? うちは20円しかくれない。 そっちのが割いいな。 教えろよ。 削除

2007/8/24(金) 午前 8:56 [ 平和主義者 ] 返信する

マッカーサーも朝鮮でシナと戦ってみて日本の国家防衛が理解できたって情けないおっちゃんや、何せ部下を見捨ててフィリピンから逃げたおっちゃんです。それよりこの時、マッカーサーはシナを核攻撃してトルーマンに解任されましたね、これってトルーマンは日本核攻撃を人体実験やと認めていた、という証拠やと思うんですけど。

2007/8/24(金) 午後 3:29 [ ネオ若狭 ] 返信する

世界史で受験した人間としては、勉強になる記事ですね。だいたい欧米がアジアに進出しペリーが日本に来なかったら、今のお台場は無かったはず(笑)。平和な江戸時代はもっと長かったでしょうね。

2007/8/24(金) 午後 6:07 [ war*wa*agoo* ] 返信する

顔アイコン

当時の国務長官アルジャー・ヒスはスターリンのスパイでした。だからこそ日本には原爆を使って朝鮮戦争では…というダブルスタンダードも立派にやってのけたのでしょう。それ以来民主党は全然進歩していませんがね。

2007/8/24(金) 午後 7:07 [ y_n**atani6*6 ] 返信する

顔アイコン

残念ながら、議論すること自体「今は」不毛です。現実を見れば解りましょう? 将来を担うべき日本人の多くが、嘗ての戦争に対して無知に過ぎるだけでなく、戦争そのものに強い嫌悪感を抱いているのは間違いありません。かくいう私もその一人。「避けられなかった運命の一つ」として見ることしか出来ません。
もっとも、戦争抜きであれば闘志は持ち合わせていますが…

2007/8/24(金) 午後 11:47 [ IB ] 返信する

顔アイコン

マッカーサーの銅像があるんですが
見る度、見かけるたびに複雑な気持ちになります・・・
コレはまた勉強させていただきました!!
キポッ♪

2007/8/25(土) 午前 4:09 東京ベンズ 返信する

この年表、転載させてね☆ 傑作!

2007/8/27(月) 午前 9:17 naomi_shararan 返信する

顔アイコン

まさに[平和主義者]は【売国奴】也!

自身の国の[魂]を自身の生活の為?とは云え
≪印象を貶めている行為≫に加担している。

ある先人はいわく
『国を支えて、国に頼らず・・・!』と!。 削除

2007/9/3(月) 午前 8:15 [ 某平成人 ] 返信する

2007/9/4(火) 午後 10:45の内緒さん。
自衛だったのに、その真実を知らずに自衛ではなかったと思い込んでいる人が多いことが問題です。
日本政府にも訴えていますが、政府は馬鹿だし、特アを恐れて真実を主張していません。
年表は公平・公正に事実を列挙しています。

2007/9/8(土) 午前 0:50 coffee 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事