正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!日本国民党を応援します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ソ連側証人として東京裁判に出廷した瀬島龍三が死去

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070905-00000045-san-soci

瀬島龍三氏死去 秀才中の秀才 数奇な運命
9月5日8時3分配信 産経新聞
(一部抜粋)
11年間のシベリア抑留中には、ソ連側証人として東京裁判に出廷。40代半ばで入社した伊藤忠商事で、会長にまで上り詰めた。
――――――






先月8月15日、当ブログで瀬島龍三氏の2年前のコメントを紹介したが、その瀬島氏が昨日老衰のため死去した。

8月15日に紹介した瀬島氏のコメントを改めて紹介しよう。


――――――
≪伊藤忠商事元会長・瀬島龍三氏≫

 ■「負ければ賊軍」しみじみ実感

 東京裁判の本質は、勝者が敗者を腹いせや、復讐のために裁いたにすぎなかった。いわゆるA級戦犯の方々は、国家の責任を背負われたのだと思う。昭和天皇は被告の方々を「忠誠を尽したる人々」と言われたが、その通りだと思っている。

 私はシベリア抑留中の昭和二十一年十月、旧ソ連によって東京裁判に証人として出廷させられた。法廷は極度に緊張した雰囲気だったが、被告の方々は泰然としていた。キーナン首席検事の尋問も受けたが、いかにもやり手だなという感じを受けた。

 法廷で最も痛ましいと思ったのは、被告席にいる東条英機大将をはじめ、かつての指導者、大先輩たちの姿だった。少なくとも「国のためによかれ」と指導にあたったにもかかわらず、戦いに敗れ、その責めを一身に負い、追及されていた。「勝てば官軍、負ければ賊軍」のつらさをしみじみと考えさせられた。

 今になって、A級戦犯や東京裁判に対する国内の評価が割れているのは、裁判の結果に対する日本政府の対応がまずかったのではないか。


 政府が早い時期に「東京裁判の判決は受諾したが、裁判は法に基づく適正な運用がなされたものではなく、被告の方々は国家を代表して責任をとらされたものだ」などと締めくくりを行っていた方が、処理しやすかっただろう。(談)
2005/08/01, 産経新聞
――――――




瀬島氏の上のコメントは、サンフランシスコ平和条約11条で外務省が誤訳をし、日本政府も外務省の誤訳を今日に至るまで踏襲していることに対する批判である。

ところが、先ほど、ureeruhiroshi(ヒロシ)さんのブログを見たら、ちょうどこの問題について論争が繰り広げられていた。

日本政府と同様に今でも外務省の誤訳を鵜呑みして、「日本はサンフランシスコ講和条約で東京裁判を受諾した」と勘違いしている日本人は多い。

しかし、日本がサンフランシスコ講和条約で受諾したのは、「東京裁判の諸判決」であって、決して「東京裁判」ではない。

今日はこのことについて説明しておきたい。





サンフランシスコ平和条約11条で日本が受諾したのは、「judgements=判決」つまり「刑の執行の継承(刑の即時停止の防止)」であり、裁判そのものを受諾した訳ではない。

「judgement」という英単語は、uncountable nounの場合には稀に「裁判」と和訳する事もあるが、サンフランシスコ平和条約11条の場合は、「Judgements」と複数形になっており、その場合には、countable nounだから、「裁判」にはならずに「判決」となる。

通常「裁判」を意味する「trial」、「proceedings」と区別されるべきことは、例えば権威ある法律辞典『Black´s Law Dictionary』の説明からも明白なのだ。




もっと判り易いのはスペイン語正文だ。

スペイン語正文では、日本は諸軍事法廷の「判決」(las sentencias)を受諾し、それらの法廷により言渡された刑(las sentencias pronunciadas por ellos)を執行すべきものと書かれている。

スペイン語の「sentencia」は、【判決】または【宣告された刑】を意味するが、【裁判】を意味する言葉ではない。

英語でもフランス語でもスペイン語でも、日本が受諾するのは【裁判】ではなく【判決】(刑の執行の継承)だと言っているのに、日本語の訳だけが【裁判】を受諾するとなっているのだから、日本が誤訳を記載して放置しているだけのこと。




つまり、日本が受け入れたのは、「刑の執行の継承(判決)」であって、「裁判の内容や判決理由(裁判)」ではない。

「判決を受諾する」ということは、「刑の執行を継承する」ということであって、「(侵略や虐殺などを捏造された)裁判の内容や結果を受諾する」ということではない。

服役中の者など全員をいきなり無罪にしたら、既に死刑を執行された者もいたために連合軍が悪者になってしまってマズイから、便宜上第11条があっただけで、これによって刑の執行の即時停止を阻止したに過ぎないのだ。

当時の法務総裁(法務大臣)や外務省条約局長や国会議員などの解釈や見解もそのようなものだった。

また、これは世界の国際法学界の常識も全く同じだ。


――――――――
要するに、十一条の規定は、日本政府による「刑の執行の停止」を阻止することを狙ったものに過ぎず、それ以上の何ものでもなかったのです。日本政府は十一条の故に講和成立後も、東京裁判の「判決」中の「判決理由」の部分に示されたいわゆる東京裁判史観(日本悪玉史観)の正当性を認め続けるべき義務があるという一部の人々の主張には、まったく根拠がありません。
 筆者は昭和六十一年八月にソウルで開催された世界的な国際法学会〔ILA・国際法協会〕に出席して、各国のすぐれた国際法学者たちと十一条の解釈について話し合いましたが、アメリカのA・P・ルービン、カナダのE・コラス夫妻(夫人は裁判官)、オーストラリアのD・H・N・ジョンソン、西ドイツのG・レスなど当代一流の国際法学者たちが、いずれも右のような筆者の十一条解釈に賛意を表明されました。議論し得た限りのすべての外国人学者が、「日本政府は、東京裁判については、連合国に代わり刑を執行する責任を負っただけで、講和成立後も、東京裁判の判決理由によって拘束されるなどということはない」と語りました。これが、世界の国際法学界の常識なのです。
佐藤和男監修『世界がさばく東京裁判』
――――――――






●1946年5月3日、東京裁判開廷

●1948年12月23日、東条英機ら7人絞首刑執行

●1951年
9月、サンフランシスコ平和条約調印
11月、大橋武夫法務総裁
「戦犯は国内法においてはあくまで犯罪者ではない」

●1952年
4月28日、サンフランシスコ平和条約発効
外務省の西村熊雄条約局長
「平和条約の効力発生と同時に、戦犯に対する判決は将来に向かって効力を失うのが国際法の原則だから、第11条はそういう当然の結果にならないために置かれたもの」(第11条は、刑の執行の即座停止の阻止が目的)
政府は拘禁中の全ての戦犯の全面赦免を関係各国に要請

5月1日、木村篤太郎法務総裁が戦犯の国内法上の解釈についての変更を通達。戦犯拘禁中の死者は全て「公務死」として、戦犯逮捕者は「抑留又は逮捕された者」に。(平和条約で戦争犯罪の撤回を認め、戦犯は国内法上の犯罪者とみなさず)

6月7日、戦犯の釈放を求める全国的な署名運動は、4千万人達成

12月、社会党の古屋貞雄衆院議員
「敗戦国にのみ戦争犯罪の責任を追及するということは正義の立場からも公平の観点から考えても断じて承服できない」






■結論
日本は、「侵略した」だの「虐殺した」だの有りもしないことをでっち上げられた東京裁判の内容や判決理由を受諾してはいない。









人気ブログランキング
https://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00〜24:00)1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

この記事に

閉じる コメント(42)

顔アイコン

なお 今の段階ではカブさんだけが法律的理解をしていると申しておきましょう 他の方は こーひーさんも含めて論外です さてトラバしてバトル始めます 面白いですよ みなさんもみてね

2007/9/8(土) 午前 9:08 ure*ruh**oshi 返信する

顔アイコン

↓「講和条約のガセネタにまどわされないで」というTBで林景一国際法局長の答弁が引用されていますが、実はこの答弁には次のような続きがあります。
「したがって、私どもといたしましては、我が国は、この受諾ということによりまして、【その個々の事実認識等につきまして積極的にこれを肯定、あるいは積極的に評価するという立場に立つかどうかということは別にいたしまして】、少なくともこの裁判について不法、不当なものとして異議を述べる立場にはないというのが従来から一貫して申し上げていることでございます。」
この答弁の前部分には
「ただ、重要なことはそのジャッジメントというものの中身でございまして、これは実際、【裁判の結論におきまして】、ウェッブ裁判長の方からこのジャッジメントを読み上げる、このジャッジ、正にそのジャッジメントを受け入れたということでございますけれども、」
という前置きがあります。 削除

2007/9/8(土) 午後 11:12 [ nmwgip ] 返信する

顔アイコン

で、この答弁の元になった山谷えり子議員の質問には
「我が国は、昭和二十六年、東京裁判、そして各国で行われた戦争犯罪者を裁く裁判を受け入れ、サンフランシスコ講和条約を締結、平和条約十一条において日本国が戦争裁判を受諾し、その意味で再審はできません。」
という文言があるんですね。
つまりこの答弁は、【事実認識の当不当は別にして】講和条約で解決済みである以上、裁判所条例や事実認定を理由にして東京裁判他戦犯裁判に、国家として異議を唱えることは出来ない、という趣旨のものです。
自分に都合のいい部分だけを切り抜いて都合の悪い部分を伏せている時点で、本当に〔論外〕なんですが。
こんなレベルで議論したいなんて〔論外〕ですねw 削除

2007/9/8(土) 午後 11:15 [ nmwgip ] 返信する

顔アイコン

瀬島さんの御冥福をお祈り申します 瀬島さんには 松井閣下建立の興亜観音を一緒に参詣させていただき また大叔父がシベリアで最後に近くまで御一緒しました 国民として 大東亜戦争を 敵に裁ける訳もない事は 論議の余地なく明白です いずれ宰相が我が政府を代表し 裁判めいた猿芝居による 我が国家指導者の殉難に対して けじめをつける日の到来を信じ かつその実現の為 一身を捧げる事を 故人にお誓いします

2007/9/9(日) 午前 0:21 [ 笠哲哉 ] 返信する

[ tack_rm ]さん。勝ってる間も、負け出してからも、相手が和平の実現を望まず、戦争をしたくてしょうがなかったのですから、やむを得ません。
日本が勝ってる間に、最初に原爆開発に成功でもしてれば、アメリカも和平に応じたでしょうが。

2007/9/9(日) 午前 4:39 coffee 返信する

[ ごるふぼーる ]さん。ソクラテスと同じことを最近では戸塚宏がやりました。
―――――
【正論】渡部昇一
2007/01/09, 産経新聞

戸塚ヨットスクールの戸塚宏氏は「裁判」とその「判決」の違いを誰にもわかるように示してくれた。
戸塚氏はスクールの生徒を死なせたということで傷害致死罪という告発を受け、それにもとづく裁判の判決を受けて服役した。刑務所に入る時、戸塚氏は「懲役判決を受けたので国民の義務を果たして参ります」と言った。刑務所の中で彼は規則をよく守る模範囚だった。当然、刑期を短縮して仮釈放されるはずであった。しかし戸塚氏は仮釈放されることをことわった。というのは仮釈放されるためには罪を認めて「悪うございました」と言わなければならない。戸塚氏は業務上の過失致死でならいくらでも謝ることができたが、傷害致死や監禁致死という裁判を認めることはできなかったのだ。東条英機被告たちも東京裁判を否定し、あれは自衛戦であったと言いながら(後のマッカーサーの意見と同じ)、判決には服したのである。

2007/9/9(日) 午前 5:09 coffee 返信する

ib200574さん。ここで問題にしているのは、条約の不備というよりは、条約の翻訳や解釈です。

2007/9/9(日) 午前 5:19 coffee 返信する

ヒロシさん。そう、誤訳して放っておいてる外務省や歴代政府は馬鹿なのです。

2007/9/10(月) 午前 1:08 coffee 返信する

[ ossanzetto ]さん。 ossanzettoさんに「解り易い説明で私は納得・・・」と言って頂ければ十分です。
これに関しては、徐々に真実が広まり、定説が正されると期待してます。

2007/9/10(月) 午前 2:34 coffee 返信する

[ kousotsudr ]さん。「もののふのこころ」復活おめでとうございます。
いろんなアプローチによって、日本は、平和に対する罪(侵略など)や人道に対する罪(虐殺など)を認めたのではないといえるのでしょう。
ただ、「裁判」と訳すのは日本語として不自然です。

2007/9/10(月) 午前 7:29 coffee 返信する

まずは、精神の復興からです。
http://www.meix-net.or.jp/~minsen/kako/bunko/m18.htm
サンフランシスコ講和条約11条を破棄通告しましょう!
帝国憲法改正を成就させて
講和条約・日本国憲法全部を破棄通告しましょう!

2007/9/10(月) 午後 0:00 いのしし 返信する

中野学校さん。あー、そのようなことを昔誰からかYahoo!掲示板で教えてもらったことを思い出しました。
国民の税金→ODA→「イートンジョン」など国賊企業や国賊政治家・・・本当に許せません!!

2007/9/10(月) 午後 11:48 coffee 返信する

[ nmwgip ]さん。詳しい説明ありがとうございます。
nmwgipさんの説得力は圧倒的で抜群です。

>A級戦犯(正確には「a項戦犯」)のロジックは、日本だけでなく国際社会にも受け入れられていないのです。

まったくそのとおりですね。

>条約は字句のみではなく、その解釈も含めて効力を持つものですから、「裁判」のままでも別に問題はありません。

本来はそうでも、悪用する輩や誤解する連中が後を絶たないのが現実です。

>Judgementsで裁判という用法は無いと思います。

やはり、訳を変更してしまうのが将来に禍根を残さない最善策のように私には思えます。

2007/9/10(月) 午後 11:59 coffee 返信する

[ nmwgip ]さん。流石です。
私ではとてもそこまでのヒロシ君に対する反論は出来ませんでした。
本当に良くご存知でいらっしゃいます。

nmwgipさんのHPも、いつの間にか凄く充実してきてますね。
今度ゆっくり拝見させて頂きます。

「南京大虐殺」はWGIPのメインテーマです
http://1st.geocities.jp/nmwgip/nanking/NankingWGIP.html

2007/9/11(火) 午前 8:29 coffee 返信する

顔アイコン

改めてトラバするけれど 瀬島さんとカラカラ帝さんは無知から判決を刑の宣告と勘違いし裁判を有罪の判決と勘違いしているよ 戸塚さんは自分が有罪の判決を受けたことを隠して懲役刑の判決 つまりセンテンス・何回もいってるだろうが のみ受け入れたみたいに言ってるよ 有罪が不服なら上訴するなり再審請求するなり争う方法があるでしょ みんな戸塚さんや東京裁判の被告人たちが有罪の判決を受けたことを隠してるんだ それを刑の判決だけ受けたみたいにすりかえてるんだ それが分からない? いかに悪質なガセネタかまだ気がつかない?

2007/9/11(火) 午前 8:42 ure*ruh**oshi 返信する

顔アイコン

青山会さんどんどん僕の記事ひろめてね

2007/9/11(火) 午前 8:45 ure*ruh**oshi 返信する

顔アイコン

↑で触れた林景一国際法局長の答弁を含め、平和条約第11条の解釈に関する国会答弁を集めたページを作成しましたので、宜しければご参照下さい。
私のサイトのトップからリンクを貼っています。
URLは以下の通りです。(但し、先頭のhを省いています)
ttp://1st.geocities.jp/nmwgip/SF11.html 削除

2007/9/13(木) 午後 9:57 [ nmwgip ] 返信する

[ nmwgip ]さん。素晴らしく充実した資料をHPに収録したもんですね。

http://1st.geocities.jp/nmwgip/SF11.html

保存推奨です!

2007/9/16(日) 午後 10:15 coffee 返信する

顔アイコン

諸判決に判決理由は含まれない。
ダラダラ述べられた平和に対する罪やらのデタラメは、「判決理由」だ。
「言い渡された判決」は、「死刑」とか「終身刑」とか、「懲役何年」とかだ。

本当にサヨクはあらゆる印象操作にいそしむねw
東京裁判ではダラダラと「判決理由」を述べるのに、何日もかかったみたいだが、
それが終わった後、「判決言渡し」は1948年11月12日に為された。

2008/12/15(月) 午後 10:13 [ hud*um*ouo*48s*sh* ] 返信する

顔アイコン

[ hud*um*ouo*48s*sh* ] さん
出鱈目を何日もかけて述べることが、東京裁判の大きな目的の1つだったのでしょうね。

2009/1/11(日) 午後 1:55 coffee 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(5)


.


みんなの更新記事