正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!日本国民党を応援します。

全体表示

[ リスト ]

Yahoo!掲示板


投稿者 :
rekisisiranai


日本の戦争責任


責任なし3 ロシア・ソ連の反日工作


これは「責任なし2 中国の反日策謀」の続きです。

 ロシアは日清戦争の翌年、日本を仮想敵国とした秘密同盟条約リーフンチャン・ロバノフ条約を中国と結びました。
 日本に負けた中国を利用しようという魂胆でしょう。

 この条約によって中国は日露戦争前後の数年間、日本の不利になるような秘密の援助を与える事になります。
 日露戦争で日本が勝ち、ロシア革命が起ると、ロシアの工作は終わりますが、変わって、今度はソ連の工作が始まりました。

‐‐‐‐
 ソ連は、中国に1924年国民党の軍官学校を設立させ校長に蒋介石を任命しました。
 ソ連大使館付武官室は「この学校は我々の提案で設立され、我々の資金で維持されて来た。

 1924年10月、この学校に約千名の学生がいた」と報告しています。
 つまり国民党の軍官学校は最初からソ連の息が掛かっていたわけです。

 そしてソ連は、1925年1月モスクワに中国人学生のための中山大学を設立しました。

 この学校は中国人の入学だけを認めており経費は全て支給されるものです。

 これにより毎年数百名の共産主義者が祖国へ送り返され、コミンテルンの下で働くことになりました。
 彼らは、田舎で農民を集め集会を開き、地方都市でしばしば暴動を起こしただけでなく、大都市の外資系企業で盛んにストライキを頻発させました。

‐‐‐‐
 日系企業では、内外綿第五、第八工場、東洋紡績上海工場、青島の日本紡績工場などでストが起きています。
 5月14日に 内外綿第七工場でのストライキ中、警備員が発砲して労働者顧正紅が死亡しました。

 これに抗議して学生たちがデモを行うと、イギリス警官隊が発砲し13名の死者を出したのです。
 その為、上海の労働者・学生・商人が抗議ストを行い、各地に反帝国主義運動が波及しました。

‐‐‐‐
 これだけを見ると普通の抗議行動のように見えますが実はこれも仕組まれていたようです。
 彼らを煽動したのは陳独秀という共産党員で、彼の背後にはチェルカソフというソ連の宣伝工作活動の専門家が控えていたという事です。

 この宣伝工作活動家が北京駐在のソ連大使カラハンにあてた報告書には

 「綿糸工場の労働争議とそれに続くデモ、ストライキは、モスクワのコミンテルンが出した命令に従って前もって準備されていた、この事件をうまく利用するために43万ドルのソ連資金が使われた」

ことなどが示されていました。

 また1926年12月に 大使館付武官へ送られたソ連政府の指令は 「…列強間における現在の敵対関係を維持していく事も極めて大切である。とくに短時間で中国に大軍を動員できる日本を孤立させておく事は、とりわけ大切である…」 と言っています。

‐‐‐‐
 そして、1936年5月16日 コミンテルン上海本部は天津に次のような指令を出しました。

一、天津のヤチェイカ(共産党細胞)は、共産主義を通じて北京〜天津地域の学生たちの間に、日本軍の北支守備隊の
  増加と日本の密輸活動に関する暴露運動を行い、反日感情をかきたてなければならない。

二、夏休みの間に学生たちを動員して農村へ行かせ、農民たちの間に反日感情をひろめるために講義を行わせる事。

三、反日運動とボイコットを同時に行う事。ボイコットを実施するためには密輸問題を取り上げて、北支で出回っている
  日本製品は全て密輸品であると言わねばならない。

   こうすれば、日本製品に対する反感が広範囲にわたって引き起こされるだろう。同時に、日本製品を買う者に対して
  南京政府は罰則を用意している、という声明を出すことによって、日本製品の購入を阻止するよう努めること。

 この記述の大部分は(K・カール・カワカミ著『シナ大陸の真相』)よりの引用です。


‐‐‐‐
 そしてこの次に来るのが「盧溝橋事件に関するコミンテルンの指令」というわけです。

 この様に、ソ連は、早くから中国を操り、反日を煽っていました。

 次は、この排日運動が元で起こる、第一次南京事件を紹介します。








■関連記事

「1927年の南京事件への道」
国共分裂と共産主義者らによる外国排斥工作
『世界政治と東亜』G・F・ハドソン著10
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/17595597.html

「1927年の南京事件への道」
国民党(北伐軍)左翼(共産主義者)による南京事件勃発
蒋介石は英国との衝突を避け上海と漢口の左翼分子を鎮圧
『世界政治と東亜』G・F・ハドソン著11
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/17642028.html

右翼国民党は南京政府を樹立・左翼の漢口政府は崩壊へ
国民党内部の争奪戦で失敗した左翼は農村で勢力拡大
「共産主義運動=農民一揆」となる
『世界政治と東亜』G・F・ハドソン著12
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/17716518.html








くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
http://kutsulog.net/cat03-1.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

ロシアもシナも昔からひどい国ですね・・・ 削除

2007/10/14(日) 午後 10:16 [ ノシノシ ] 返信する

♪你ニイ (b´∀`d) ハォ好♪
中国はいいようにロシアに操られていたんですね。
そのおかげで、未だに反日思想が減らない。。
当時学の無い農民を扇動するなんて許せない事実です。

2007/10/14(日) 午後 11:37 honron 返信する

顔アイコン

旧日本軍が中国や朝鮮におこなった仕打ちを考えれば、日本人は何も言えないような気がする。 削除

2007/10/14(日) 午後 11:50 [ 平和主義者 ] 返信する

顔アイコン

共産党と国民党は不倶戴天の敵同士と思っていましたが、
これだと両方コミンテルンに育てられた兄弟のようですね・・

しかし身内に共産主義者を抱えた蒋介石がどう出るのか?
巻き込まれる日本の動向も気になりますが、
次回を期待しております。 傑作・ランクリ

2007/10/15(月) 午前 0:55 [ - ] 返信する

傑作★ 日露戦争に負けても、コソコソ・・やってたんだ。
工作員っていつの時代にもいるんだね〜

2007/10/15(月) 午前 9:35 naomi_shararan 返信する

ハル・ノートもコミンテルンの策謀だ!ロシアよ、この歴史的事実を認めろ!謝罪して北方領土を返せ!

2007/10/15(月) 午前 11:31 [ ネオ若狭 ] 返信する

顔アイコン

現在もこういう工作が行なわれていると考えた方がいいのでしょうねえ。
用心するにしくはなし。
傑作に◎!

2007/10/15(月) 午後 4:43 [ 太郎ともも ] 返信する

[ ノシノシ ]さん。支那とロシアの酷さは、今までにも当ブログで沢山紹介してきました。
興味がありましたら、

暗黒大陸中国の真実



シナ大陸の真相

で検索してご覧ください。

2007/10/18(木) 午前 2:22 coffee 返信する

[ 平和主義者 ]君。

大きい声を出して100回読め!

民衆を虐殺する支那軍・民衆を救出する日本軍
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12624238.html
支那の「極悪暴虐・大虐殺」と「卑怯な逆宣伝」のまとめ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12704324.html

朝鮮の変遷・李氏朝鮮時代→日本統治時代→現在
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/21665810.html
李氏朝鮮時代→日本統治時代・日本が朝鮮半島に残した資産
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25876198.html

2007/10/18(木) 午前 3:27 coffee 返信する

[ ossanzetto ]さん。「コミンテルンに育てられた兄弟」とは言い得て妙です。
傑作・ランクリ、ありがとうございます。

2007/10/18(木) 午前 7:37 coffee 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事