正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!日本国民党を応援します。

全体表示

[ リスト ]

Yahoo!掲示板


投稿者 :
rekisisiranai


日本の戦争責任


責任なし5 済南事件1


これは「責任なし4 第一次南京事件」の続きです。


 1928年、蒋介石が第二次北伐を開始すると、日本は南京の二の舞は御免と、居留民保護の為、出兵(山東出兵)を決めた。中国から「統一を妨害するのか」と言われ、一時ちゅうちょしたが、やはり出す事にした。

 −以下、児島襄著『日中戦争』より抜粋引用−
‐‐‐‐

 済南で斉藤少将は、どうやって居留民を守るのか、熟慮した。
 −「濁流はすべからく道を造りて流すべし」−

 日本人居留民が住む商阜地は租借地ではない。従ってなるべく衝突をさけ武力行使以外の方法で始末すべきである。それには通行路を与えれば良い。

‐‐‐‐

 5月1日午前6時ごろ国民革命軍入城、第9軍・第40軍・第1軍・第41軍と続々入城して来た。
 この頃、街の雰囲気は一変して来た。

 商阜地東部監獄から囚人が解放され、入城した部隊の内、特に第40軍所属の少年兵が市内を走り回り、宣伝ビラを民家の壁に貼った。
 「排斥日本帝国主義」「反対日本出兵」など、いずれも反日ビラであり、中には張作霖と日本女性が「乱舞」している図柄もあった。

 少年兵は、わざと日本軍歩哨に近づき白眼を向いて敵意を示しながら、その前面の街路樹にビラを貼った。
 国民革命軍第1軍第22師第64団が入城する際、兵士の一人が日本人民家に掲揚中の日章旗を奪い破棄した。

 その後も革命軍の入城は続き済南には約十万の将兵が充満した。
 日本軍はたったの五千人で国民革命軍の人海の中に点在する形となった。

 蒋介石は入城後、佐々木中佐を通じて、日本軍の撤兵、警備区域の撤去などを申し入れた。

 斉藤少将は、師団長に連絡する事なく防禦物の撤去を命じた。 日本側が徹夜で撤去作業をしていると、中国兵の一団がその作業を妨害し、あえてその前で中国市民に反日演説を行う者もいた。

‐‐‐‐
 5月3日、午前9時20分ごろ、国民革命軍の暴兵約30人が麟趾門街の『満州日報』取次販売店吉房長平宅に乱入し、掠奪を始めた。

 久米川小隊は現場に急行、到着してみると、先着した二人の巡査のうち岡田巡査が暴兵に袋叩きにされ、佩剣を奪われ、射殺される寸前であった。

 久米川小隊はとっかんし、暴兵は東方約百米の民宿に逃げ込んだ。兵舎に利用された民家は、強固な土塀の中に数家屋が密集していて、出入口は一箇所しかなく、二人の中国兵が立哨していた。

 久米川小隊が近づくと歩哨は発砲し、屋内からも射って来た。久米川小隊は応戦し、中隊に伝令を送った。

 銃声を合図の様に国民革命軍兵士は商阜地内の随所で掠奪と射撃をはじめた。

 天津歩兵隊第四中隊本部には、久米川小隊からの伝令が届く前に「緯一路三馬路交差点付近で中国兵多数が日本人民家を襲っている、国旗を破棄している」という急報が伝えられた。

 斉藤少将は日中交戦を知り、装甲車を出動させようとしたが、中国兵がいち早く電話線を切断したので、旅団司令部にも師団司令部にも、電話連絡出来なかった。

 おっとり刀で日本軍部隊は現場に急行したが、民家の土塀越しに射弾が集中し、前進が困難であった。

 それでも中国兵がたむろする民家を一軒づつ掃討して行くと、民家のほとんどが掠奪・暴行されていた。
 「支那人民ノ柱ニ縛ラレアル等 惨状目モ当テラレズ」と言った光景も少なくなかった。

‐‐‐‐

 午前11時 蒋介石は停戦を要望、福田中将も応じた。 しかし、中国側は発砲を止めなかった。

 旅団司令部は、参謀菊地中佐が、中国側に停戦を勧告すべく、捕らえた康明震を派遣した。

 康明震と他二人は白旗を振りながら二馬路を西進したが、中国側が容赦なく射って来るので、康明震らは立ち止まって前進を拒否した。

 田中伍長が先頭に立ち「不打(うつな)」「不打」と叫んで一行を引率したが、緯五路二馬路交差点に差しかかった所、南側民家に潜伏した中国兵の機銃射撃を受け田中伍長は戦死。

 一行は遺体を収容して旅団司令部に引き返した。

 つづく








■関連記事

山東出兵・済南事件
張作霖が爆弾で暗殺される
張学良は親日の楊宇霆を殺害し、国民党の南京政府に接近
『世界政治と東亜』G・F・ハドソン著14
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/17846464.html

【今日は何の日?】第一次山東出兵:1927年
済南等の巨大権益と居留民保護・妥当な国際的習慣で羨望の的
ジョン・ヴァン・アントワープ・マクマリー著『平和はいかに失わわれたか』(1935年)
田中上奏文
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/20640509.html








くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
http://kutsulog.net/cat03-1.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします

この記事に

閉じる コメント(13)

顔アイコン

旧日本軍が中国や朝鮮におこなった仕打ちを考えれば、日本人は何も言えないような気がする。 削除

2007/10/16(火) 午後 11:20 [ 平和主義者 ] 返信する

顔アイコン

まったくシナ人の悪逆非道ぶりには呆れます。 削除

2007/10/17(水) 午前 8:05 [ シナの呪い ] 返信する

傑作 くつクリ♡

2007/10/17(水) 午前 10:13 naomi_shararan 返信する

シナ共産党も国民党軍も、「人民の海の中で戦え!」。海にされた人民の悲劇の責任はすべてシナにあります。

2007/10/17(水) 午前 10:48 [ ネオ若狭 ] 返信する

またまた勉強させていただいております。

2007/10/17(水) 午前 11:52 [ 世の中感謝 ] 返信する

顔アイコン

シナは本当に卑怯な手を使い日本兵を殺害していたんですね・・・ 削除

2007/10/17(水) 午後 2:33 [ ノシノシ ] 返信する

顔アイコン

1989年の天安門事件でも支那軍は市民や学生を虐殺しました。やはり同じ血ですね。傑作!!

2007/10/17(水) 午後 5:53 虎巨人88 返信する

顔アイコン

傑作・クリック☆

2007/10/18(木) 午後 4:32 fan*as*99w*rl*77 返信する

顔アイコン

傑作!続きへ!

2007/10/19(金) 午前 0:17 カラカラ 返信する

[ 平和主義者 ]君。

大きい声を出して100回読め!

民衆を虐殺する支那軍・民衆を救出する日本軍
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12624238.html
支那の「極悪暴虐・大虐殺」と「卑怯な逆宣伝」のまとめ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12704324.html

朝鮮の変遷・李氏朝鮮時代→日本統治時代→現在
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/21665810.html
李氏朝鮮時代→日本統治時代・日本が朝鮮半島に残した資産
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25876198.html

2007/10/20(土) 午後 10:04 coffee 返信する

[ シナの呪い ]さん。私は支那の極悪非道ぶりを学校できちんと教ええるべきだと思います。

2007/10/20(土) 午後 10:58 coffee 返信する

[ ノシノシ ]さん。日本人は支那人によって散々悲惨な目に遭わされて参りました。
もう関わり合いを持つのはやめましょう。

2007/10/21(日) 午前 2:22 coffee 返信する

顔アイコン

転載させていただきました。

2018/4/20(金) 午前 2:07 [ いかづちまる ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事