正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!日本国民党を応援します。

全体表示

[ リスト ]

Yahoo!掲示板


投稿者 :
rekisisiranai


日本の戦争責任


責任なし7 満州事変の背景


これは「責任なし6 張作霖爆殺事件」の続きです。

 父親を関東軍に殺された張学良は、日本の言いなりになるのを嫌い、蒋介石と手を組み、国民党勢力を満州に招き入れて、排日運動を激化させました。

 結果、関東軍は、我に二十倍する優勢にして抗日意識旺盛な、支那大軍の包囲下に置かれる事になりました。
 排日・侮日行為はますます組織的となり、在満邦人に対する投石や暴行などの事件が頻発するようになります。

‐‐‐‐

 そして中国は、満州人の所有地を日本人に売ったり貸したりする事を禁ずる条例や、
 それまで自由に行われていた日本人の鉱山事業を一切禁じる新鉱業法を制定したのです。

 その為、鉱山や製造業の分野に巨大な投資をしていた日本人や日本企業は、即座に営業を続けられなくなりました。

 また、中国は1930年、満鉄の東西に平行する二大幹線を作り、これを北寧線に連結、新たに良港を築いて連絡し、満鉄を潰す計画を立てました。そして7月から錦州の南のコロ島でドイツ資本による大規模な港湾建設工事を始めたのです。

 これに危機感を抱いた満州青年連盟の人たちは、無関心な日本人に注意を喚起するため、パンフレットを作り各地で演説、内地遊説に回りました。

‐‐‐‐

 一方、国民党の中央執行委員呉鉄城は1931年2月、党支部を作るため、満州に行き、3月26日党省部成立式を行い、飛行機5機で宣伝文を撒布、4月2日には排日演説を行いました。

 そして5月2日には、陳某がチチハルで全市中等学校生徒を集め、日本と東北(満州)問題に関し演説し、
 3日には5・3惨案記念式を挙行(5・3惨案とは済南事件の事で、自分達のやった残虐行為を、日本軍が中国人にしたかの様にすり替えた物)

 5月9日には国恥記念日(対華二十一か条の要求を受諾した日)として、各機関・学校を休業、各戸は一斉に弔旗を掲げ、宴会は停止とさせました。

 この事によって民衆の反日意識は確実に高まって行きます。

‐‐‐‐

 結果、満州では朝鮮人に対しても迫害が酷くなり、敦化やその他の地から満鉄沿線の長春に、朝鮮人が避難してきました。
 この避難してきた朝鮮人農民と地元の中国人農民との間でいさかいが起こったのです。

 万宝山付近の荒地に入植した朝鮮人農民が、伊通川から水路を引こうとすると、武装した中国人農民が実力で妨害、水路を破壊しました。このため日本警官隊との間で銃撃戦になります。

 この時、朝鮮では「万宝山で朝鮮人農民が中国人に襲撃され死傷者が出た」という『朝鮮日報』の号外が出た為、激怒した朝鮮人が朝鮮の各都市で中国人を襲い暴動に発展しました。

 出動した日本警官は武装していなかったので、群衆を制御できません。
 この時の、中国人死者は100人を超え、生死不明63人、負傷者は160人に達し、数百戸の中国人家屋と財産が灰燼に帰したと言います。

 この事件により、中国の反日気運は一気に高まり、国民党宣伝部は、これを日本が朝鮮人を扇動してやらせたと宣伝しました。

‐‐‐‐

 同じ頃、満州では、中村震太郎大尉殺害事件が起きます。大尉は対ソ作戦の兵要地誌作成の為、南興安嶺付近を旅していたのですが中国軍につかまり射殺されました。

 日本は抗議しますが、中国側は否認し「日本によるデッチ上げ」と新聞で論陣を張ったため日本側が硬化し、関東軍は、あくまで白を切るなら実力で捜査すると威嚇したのです。

 満州を視察して帰った政友会の森代議士は「事実上交戦直前の状態」と報告しています。
 事の重大性をやっと認識した中国は中村大尉殺害を認めました。

‐‐‐‐

 中国は、このように無茶苦茶な事をし、日本人が生きて行けない法律を作り、日本人を迫害し、圧迫していたのです。そして、それを正当化するため反日宣伝を行いました。

 日本人が生存できないまで追い詰められた為、関東軍は、百姓一揆のように、満州事変を起こしたのです。これは生存権確保の行動です。

 張学良の悪政に憤激した満・漢・鮮人の間には、清朝の廃帝を祖先の地に迎えようという運動が起き、1931年10月に満州各地の代表が揃って、天津に溥儀を訪ね出馬を懇請しました。 かくして、満州国は成立します。

 ところが、この満州事件には実は、もう一つの側面があるのです。それは「満蒙独立運動」です。

 次は満蒙独立運動についてです。












●関連記事

「朝鮮人が支那人を大虐殺 」
『リットン報告書』 第3章 .日支両国間の満州に関する諸問題
6、萬寶山(万宝山)事件に於ける反支暴動
7、中村大尉事件
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/7665650.html

満州事変の背景
『暗黒大陸中国の真実』ラルフ・タウンゼント著(1933年)16
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11635470.html

日本の満州占領に理あり
『暗黒大陸中国の真実』ラルフ・タウンゼント著(1933年)21
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12006286.html

9月18日は満州事変勃発(柳条湖事件)記念日(1)
満州と支那は別物
満州事変以前は張作霖、張学良親子が率いる武装盗賊が強盗殺人をやりたい放題
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25369930.html

9月18日は満州事変勃発(柳条湖事件)記念日(2)
支那人「寧ろ日本の支配を」
無責任な国連決議
事変後の治安回復と発展
満満蒙独立運動、復辟運動、張作霖の独立宣言、満州事変、満州国建国の年表
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25371089.html

責任なし6 張作霖爆殺事件
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
ロシアの歴史家ドミトリー・プロホロフはソ連特務機関が暗殺したと断言・謎が残る張作霖暗殺
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/26510769.html






参考

●満州事変までの満州では武装盗賊が強盗殺人をやりたい放題



張作霖、張学良親子は、武装盗賊の頭領で、満州で強盗殺人をやりまくっていた。

――――――
清国衰弱と共に満州には多くの中国人が流入し、日本の後援を受けた張作霖が独立国とした(張作霖、張学良が満州の民衆を搾取していた実態や、張作霖の度重なる危機を関東軍が救った話は古野直也氏著の近著「張家三代の興亡」が好著である)。
 張作霖父子は中国征服に乗り出し、20年先の税金まで一般人から取り、日本や朝鮮人にも法外な税金を徴収したり、土地、会社などを没収したりしたので日本に対する忘恩行為と言われたが、特に朝鮮人は虐待された。
(略)
 当時、朝鮮人は日本人だったが、日本人としての権益を認めず、朝鮮語、朝鮮服の使用を禁止したり、朝鮮学校の没収を行い、帰化を強制し、あげくには帰化朝鮮人まで追放し、殺害、略奪の対象になった。

『ノモンハン事件の真相と戦果――ソ連軍撃破の記録』小田洋太郎・田端元著
――――――









人気ブログランキング
https://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00〜24:00)1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

この記事に

閉じる コメント(21)

顔アイコン

旧日本軍が中国や朝鮮におこなった仕打ちを考えれば、日本人は何も言えないような気がする。 削除

2007/10/20(土) 午前 5:23 [ 平和主義者 ] 返信する

顔アイコン

↑平和主義者、何も言わない事が何か問題解決につながるのか?
貴君はいつも同じことを繰り返し書き込んできているが貴君のやっている事は極めて悪質な嫌がらせ行為に他ならない。
コーヒーさんにだけでなく、その他大勢の良心的閲覧者に対する冒涜であり常識あるネット社会に対する卑劣な挑戦でもある。
貴君は”平和主義者”と自称しながら支那の人権弾圧や北朝鮮の拉致を肯定している。
名前を変えたらどうですか?”テロ・人権弾圧肯定主義者”と!
「正しい歴史認識」に大傑作!!

2007/10/20(土) 午前 8:27 虎巨人88 返信する

張学良は結局シナ共産党に利用されただけですね、有名な、「皮膚の病か肺腑の病か」をとり間違えたということです。満州を日本と合同してロシアの脅威を排除し、殖産に集中していれば強力な「満州合衆国」ができていたでしょう。台湾で死ぬまで国民党に軟禁された張学良の人生は何だったんでしょう。

2007/10/20(土) 午前 9:17 [ ネオ若狭 ] 返信する

顔アイコン

シナも朝鮮も昔から変わってませんね・・・ 削除

2007/10/20(土) 午前 9:56 [ 嘆きの壁 ] 返信する

顔アイコン

シナに関わるとろくな事にならないのは昔から変わらないようです。 削除

2007/10/20(土) 午前 10:01 [ シナの呪い ] 返信する

シナと朝鮮には関わらないのが1番いいって事は、今も昔も
変わりませんね・・・傑作☆

2007/10/20(土) 午後 0:13 fan*as*99w*rl*77 返信する

顔アイコン

中国4000年のハッタリ! たちの悪い文化です・・・

2007/10/20(土) 午後 0:30 [ カメさん ] 返信する

顔アイコン

中国人のやり方は昔も今も変らないということですね。残酷で嘘つきということに関しては。福田首相では心もとないかも・・・

2007/10/20(土) 午後 1:13 民主党マンセイ 返信する

顔アイコン

すぐに人を襲ったり暴徒化するところがシナも朝鮮も昔から変わってないようですね。 削除

2007/10/20(土) 午後 7:58 [ ノシノシ ] 返信する

顔アイコン

しかしなぜ支那人とか朝鮮人の立場に立って考える日本人がいるのだろう。向こうから頼まれてもいないくせに。
傑作に○!

2007/10/20(土) 午後 9:06 [ 太郎ともも ] 返信する

顔アイコン

>張学良は結局シナ共産党に利用されただけですね

後半生は日本に対する復讐心のみ、という感じです。

張学良を切り捨てなかったことが、シナ大陸を
赤く染め上げてしまった原因とも言えそうですね。

・・傑作

2007/10/20(土) 午後 10:08 [ - ] 返信する

顔アイコン

張学良は支那共産党に騙されていたのです。支那共産党は張学良の幕僚に共産主義を吹き込み、後の西安事変へと繋がってしまったのですね。しかも張作霖学良親子は強盗の頭目だったわけですね。傑作

2007/10/21(日) 午前 1:10 カラカラ 返信する

顔アイコン

満州事変は、満州は日本人居住者にとってはきわめて厳しい環境となっていたから、その満州に平和と秩序を回復することをめざした防衛措置であると言えます。国際連盟でも問題視されていませんし、当然制裁もありませんね。傑作。

2007/10/21(日) 午前 11:48 dune 返信する

旧日本軍は、偉かった!傑作

2007/10/21(日) 午後 7:18 naomi_shararan 返信する

[ 平和主義者 ]君。

大きい声を出して100回読め!

民衆を虐殺する支那軍・民衆を救出する日本軍
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12624238.html
支那の「極悪暴虐・大虐殺」と「卑怯な逆宣伝」のまとめ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12704324.html

朝鮮の変遷・李氏朝鮮時代→日本統治時代→現在
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/21665810.html
李氏朝鮮時代→日本統治時代・日本が朝鮮半島に残した資産
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25876198.html

2007/10/21(日) 午後 10:26 coffee 返信する

[ 嘆きの壁 ] さん。支那も朝鮮も、昔も今も将来も、そう簡単に変わるもんじゃありません。

2007/10/22(月) 午前 1:17 coffee 返信する

[ シナの呪い ]さん。そうです。それは法則です。
石平著『「日中友好」は日本を滅ぼす!――歴史が教える「脱・中国」の法則』によれば、日本史上、支那と濃密な関係を持ち、支那に深入りした政権は往々にして短命に終わっています。

2007/10/22(月) 午前 1:29 coffee 返信する

[ ノシノシ ]さん。
支那人や朝鮮人は、何千年も前から変わらないのですから今後も変わることはありません。
これからも関わり合うのは避けましょう。

2007/10/23(火) 午前 0:46 coffee 返信する

[ ossanzetto ]さん。
確かに張学良がしでかした西安事件などを考えるとそうですね。
張学良が支那共産党を救ったために西安事件の10年以上先に共産党が人民を大量殺戮しまくって赤化させたのですからね。

2007/10/23(火) 午前 1:07 coffee 返信する

顔アイコン

転載させていただきました。
素晴らしい記事と思います。

2018/4/20(金) 午前 8:07 [ いかづちまる ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事