正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!日本国民党を応援します。

全体表示

[ リスト ]

Yahoo!掲示板


投稿者 :
rekisisiranai


日本の戦争責任


責任なし8 満蒙独立運動2


これは「責任なし8 満蒙独立運動1」の続きです。


 (以下、波多野勝著『満蒙独立運動』PHP新書2001年3月刊行より要約引用)

 川島は、下関で辛亥革命の報に接します。そこで彼は、清国の民生部顧問だった旧知の宮島大八に

 「日本が覇権を確立するには満州・東部蒙古を占領すべきである。それにはまさに崩壊しようとしている清朝を助け、黄河以北三国を独立せしめ、以南は革命国家の自由に任せる事で、平和を回復する方が、列国の利益になる」

と電報しました。

 しかし、西園寺内閣は、介入を好みません、軍人や政府の人間が余計な事をしないようにと警告しました。

‐‐‐‐

 一方、清朝の忠臣、良弼・鉄良らは親王たちとともに、清朝の命脈を支えるべく宗社党を結成しました。
 ところが、良弼が中国のテロによって爆殺されたのです。

 そこで川島は、有力皇族をかくまうべく、粛親王や他の皇族たちを満州へ逃がしました。
 しかしながら、満州は既に、革命党や、馬賊、匪賊に入り込まれていて、

 “このままではいずれ満州も袁世凱の手に渡る”と恐れた川島は、無名の保護国を建国することを考えました。
 これは後の満州国につながる発想です。

 そして川島は、多くの軍関係者や大陸浪人を集めて運動を起こしました。

 12月6日、川島は参謀本部の福島次長を通じて横浜正金銀行から二万両の借款をカラチン王に与えるよう依頼し、
カラチン王に三万発の弾薬を送ったのです。

 しかし参謀本部は露骨な日本の介入を好みません。
 それは川島も心得ていて、宗社党関係者の勝手な行動ということにしました。

 明治45年1月13日、北京の高山公通大佐から福島次長に「蒙古挙兵の準備は着々と進んでいる」との電報がありました。
 そこで参謀本部は、2月に守田利遠少佐を蒙古に派遣し、高山大佐には清朝皇族の動向調査を命じます。

 ここに陸軍と清朝皇族との接触が始まります。
 一方、多賀少佐は、武器等の供給について、カラチン・巴林王たちと連絡を取り、満州で準備を整えつつある事を報告してきました。

 3月13日、カラチン・巴林王は、松井、木村両大尉に付き添われて、北京を発ち満州へと向かいます。
 この動きは、既に満州に勢力を持っている張作霖にとっては、気が気ではありません。

 ところが、この工作が突然中止させられました。理由は外国の干渉です。
 イギリスは袁世凱に中国統一をやらせようとしていたので、満州分離を許すわけにはいきません。

 ロシアにも同様の視点がありました。そこで圧力をかけてきたわけです。
 日本政府としては黙認していただけですから、外交問題となると即座に中止に動きだしました。

 といっても、現地では工作が進んでいますので、すぐにはやめられません。
 そこで武器だけでも送り届けようとしたのですが、この輸送隊が中国軍に襲撃され失敗しました。

 日本政府は関与を否定し「浪人たちの仕業」とします。
 川島は、粛親王たちに害が及ぶことを恐れ、工作を中止しました。しかしあきらめたわけではありません。

‐‐‐‐

 一方、かって孫文を支持した内田良平は、宋教仁が殺されるに及んで革命を見限りました。

 そして大正2年7月、政府に 「日本は南満州及び東蒙古に独立政府を作り、この政府と特別条約を結び、我が保護国としてこれを統覧す」という案を提示したのです。

 これは、前に川島が考えた案とよく似ています。
 もちろん政府はウンとは言いません。やんわりと断りました。

 同年7月、内田は満蒙問題の解決と称して対支研究会を組織し、他の12の団体と連合して統一戦線を組みました。
 当然、川島はこのグループに参加していきます。

 つづく












●関連記事

合法的独立国家「満州国」
満州事変は日本の警察行動
満州と支那は別物
自発的な独立運動
『アメリカの鏡・日本』ヘレン・ミアーズ著15
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/20361357.html

9月18日は満州事変勃発(柳条湖事件)記念日(2)
支那人「寧ろ日本の支配を」
無責任な国連決議
事変後の治安回復と発展
満満蒙独立運動、復辟運動、張作霖の独立宣言、満州事変、満州国建国の年表
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25371089.html

責任なし7 満州事変の背景
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/26545300.html

責任なし8 満蒙独立運動1
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/26573808.html






くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
http://kutsulog.net/cat03-1.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

旧日本軍が中国や朝鮮におこなった仕打ちを考えれば、日本人は何も言えないような気がする。 削除

2007/10/21(日) 午後 10:43 [ 平和主義者 ] 返信する

顔アイコン

満州国の構想は、実は辛亥革命の時からあったとは・・・
まさに目から鱗です。

むしろイギリス、ロシアは満州、モンゴル独立の正当性に
無知、無関心だったようですね。

・・傑作

2007/10/21(日) 午後 10:51 [ - ] 返信する

傑作 くつクリ!

2007/10/22(月) 午前 8:08 naomi_shararan 返信する

顔アイコン

袁世凱のほうが利用しやすいと踏んでいたのでしょう。
日本の傀儡になるということもいやだったのでしょうねえ。
この企てに英国をくわえていたら良かったのかもしれません。
傑作に◎!

2007/10/22(月) 午後 2:59 [ 太郎ともも ] 返信する

[ 平和主義者 ]君。

大きい声を出して100回読め!

民衆を虐殺する支那軍・民衆を救出する日本軍
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12624238.html
支那の「極悪暴虐・大虐殺」と「卑怯な逆宣伝」のまとめ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12704324.html

朝鮮の変遷・李氏朝鮮時代→日本統治時代→現在
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/21665810.html
李氏朝鮮時代→日本統治時代・日本が朝鮮半島に残した資産
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25876198.html

2007/10/25(木) 午前 0:23 coffee 返信する

[ ossanzetto ]さん。傑作ありがとうございます。
もともと、辛亥革命が、支那人(漢民族)が満州王朝である大清帝国から独立しようとして始められたものです。
支那(漢民族)が、大清帝国(満州王朝)から独立したからといって、漢民族の新国家(中華民国)がモンゴルやチベットの独立宣言を認めずに袁世凱が侵略に乗り出すなんておかしいのです。
ましてや、独立した新国家が、宗主国だった満州まで自国にしてしまうことの不自然さは酷いです。

ソ連やイギリスは、清と締結した条約によって美味い汁を吸っていたため、その状態をそのまま継続したかったので丸ごと新国家に継承させようという意図もありましたが、仰るとおり、やはり無知という要因も大いにありました。

2007/10/25(木) 午前 0:26 coffee 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事