正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!日本国民党を応援します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

写真
男装の麗人
東洋のマタハリ
川島芳子




Yahoo!掲示板


投稿者 :
rekisisiranai


日本の戦争責任


責任なし8 満蒙独立運動4


これは「責任なし8 満蒙独立運動 3」の続きです。


一方、郭家店近くで混乱が生じました。張軍の近くには日本陸軍守備隊の兵舎がありました。

 (これは恐らく張軍がわざと、日本軍兵舎のそばに布陣したと思われます。第二次上海事変でも中国軍は英国租界のすぐ側に布陣して日本軍の流れ弾が外国租界に当たるようにしていましたから。こういうのは中国軍の伝統でしょう。第三者を巻き込んで相手を非難させるのは)。

 流れ弾が兵舎に飛び込んで来るので、稲生田守備隊長が部下を率いてパプチャプ軍陣地に行き、撤退を要請しました。そして、これを約束させた後で、張軍陣地に向かうとなんと張軍側は軍使に発砲してきたのです

 (これも済南事件と同じで軍使に平気で発砲して来る中国軍の伝統でしょう)。

 この為、稲生田は公主嶺の日本守備隊に応援を依頼しました。その間に、張軍軍事顧問の菊池大佐が来て休戦協定を結ばせました。

 日本軍としては満鉄に被害があっては困るので、パプチャプ軍に退いてもらう事にしました。その代わり、パプチャプ軍に武器を与えるという条件でですが。もっとも、このことは外務省には内密ですけど。

 パプチャプ軍は9月2日引き揚げました。ところが、張軍は陣地を構築してパプチャプ軍に攻撃を掛けたのです。 (これも、盧溝橋や、紀元前3世紀、劉邦が項羽に対してとったのと同じ停戦協定破りです。停戦協定をまじめに守って引き揚げる者を攻撃するのは中国の伝統です)。

 この時、日本軍の公主嶺守備隊の一中隊が応援に駆けつけ、パプチャプ軍は張軍を追い払いました。
 パプチャプ軍は、ようやく内蒙古にたどり着きますが、その入り口で張軍に攻撃され、パプチャプは戦死しました。

----

 蒙古の独立運動は、中国の汚いやり方と、日本の中国に媚びた態度で潰されます。日本政府は、昔から中国に甘く、助けを求めて来るものを見殺しにしていたのです。 日本のこの態度は"瀋陽の領事館に駆け込んだ北朝鮮人を、中国の官憲が侵入して連行するのを許した"のと同じ態度でしょう。

 また公平とか内政不干渉の美名の下に、中国の蒙古侵略を許してしまうのも、現在、内政不干渉の名の下で、中国のチベット侵略を許しているのと同じ事でしょう。日本人の甘い性格は今も昔も全く変わっていません。

----

 2回目の満蒙独立運動に夢破れた粛親王は2月に訪日を打診しますが、日本政府は断りました。日本政府は北京支持にまわり「日本の復辟援助は事実無根」と言ったのです。(これなども現在、中国の顔色を伺って李登輝氏の訪日を拒否するのと同じ態度です)

 大正6年3月、旅順の粛親王は軍再編成の命を出しました。旧パプチャプ軍は再びハルハ河畔を出発、6月初旬進撃に移りハイラルに入り、そこでコロンバイルの独立宣言を発表しました。

 驚いたロシアと中国は、蒙古軍参加の日本人退去を二瓶領事に要請してきます。そこでやむなく外務省と参謀本部は動き出し、最も効果的な方法として、旅順の粛親王の滞在に圧力を加える事にしました。

 その為、川島は妥協せざるを得なくなり、無念の涙を呑んでやめることになりました。(またも日本は中国にいい顔をして満蒙の独立運動を潰してしまいました)。日本人が離れると、ロシア・中国の連合軍は蒙古軍を総攻撃し、ここに蒙古の独立運動はついえました。

----

 挙事に失敗した粛親王は大正11(1932)年2月旅順の邸宅で死去します。川島は旅順に駆けつけ葬儀に参列、粛親王の子供たちを引き取り、日本で教育を与えました。廉子と芳子は川島の養女となり、特に、芳子は男装の麗人、東洋のマタハリとなって活躍します。

 また、粛親王の第一王子は満州国宮内府侍従武官に、第七子は新京特別市長に、第14子はチチハル市長になりました。
 満州事変は、いわば満蒙独立運動の最後の総仕上げでもあったわけです。中国人に侵略された祖国を関東軍の手を借りて取り戻したのです。

1931年9月、柳条湖事件
   9月下旬、遼寧省、吉林省、黒龍江省、コロンバイル等は独立を宣言
   10月、満州各地の代表が揃って、天津に溥儀を訪ね出馬を懇請
   11月、溥儀、天津脱出
1932年 満州国建国、溥儀執政に就任

 関東軍は、川島らの満蒙独立運動を陰で応援していましたが、時の政府の中国への遠慮からことごとく潰されて来ました。
 今回は日本人の生存が脅かされた為、政府の意向を無視して、軍事行動に出て、ついでに満蒙独立運動もやったわけです。

 満州事変は、日本の自衛行動であると共に満蒙独立運動でもあったわけです。

 満州事変はこれで終わるのではなく、続きがありますが、その前に、中国の反日激化と第一次上海事変をとりあげます。









●関連記事

合法的独立国家「満州国」
満州事変は日本の警察行動
満州と支那は別物
自発的な独立運動
『アメリカの鏡・日本』ヘレン・ミアーズ著15
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/20361357.html

9月18日は満州事変勃発(柳条湖事件)記念日(2)
支那人「寧ろ日本の支配を」
無責任な国連決議
事変後の治安回復と発展
満満蒙独立運動、復辟運動、張作霖の独立宣言、満州事変、満州国建国の年表
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25371089.html

責任なし7 満州事変の背景
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/26545300.html

責任なし8 満蒙独立運動1
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/26573808.html

責任なし8 満蒙独立運動2
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/26608321.html

責任なし8 満蒙独立運動3
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/26648393.html






(参考)

――――――
 日本は満州国の建設についてこう説明するのだ。
満州がかつて中国の一部だったことはない。
全く逆で、中国のほうが満州帝国の一部だった。
満州人が北京に在って中国を統治している限りは、2つの地域の間に関係はあるだろう。


しかし、万里の長城が証明しているように、満州王朝の統治時代でも、満州の各省は中国の境外の地と考えられていたのだ。

 1912年の革命で満州王朝は倒れた。
これによって中国と満州の法的関係は切れたにもかかわらず、西洋列強は満州は中国の一部であるという擬制(フィクション)を続けている、と日本はいう。

・・・

 日本の説明では、満州の独立運動は長い時間をかけてはぐくまれ、現地住民が自発的に張の悪政からの独立を宣言できるところまで、熟成していたのだ。

P292-293
『アメリカの鏡・日本』ヘレン・ミアーズ著(1948年)
――――――






人気ブログランキング
https://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00〜24:00)1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

この記事に

閉じる コメント(20)

顔アイコン

旧日本軍が満州や蒙古におこなった功績を考えれば、どんなに褒められてもしょうがない気がする。 削除

2007/10/23(火) 午後 11:03 [ 平和主偽者 ] 返信する

顔アイコン

旧日本軍が中国や朝鮮におこなった仕打ちを考えれば、日本人は何も言えないような気がする。 削除

2007/10/23(火) 午後 11:33 [ 平和主義者 ] 返信する

顔アイコン


平和主義者のような精神病患者がブログや掲示板におこなった仕打ちを考えれば、佐藤陽一は何も言えないような気がする。 削除

2007/10/23(火) 午後 11:35 [ 平和主偽者 ] 返信する

顔アイコン

日本が支那に媚びるときはいつも間違い。
過去の過ちを反省し、台湾関係法を制定せよ!!今すぐ!

2007/10/23(火) 午後 11:59 [ fgd**002 ] 返信する

顔アイコン

シナは昔から最低の国である! 削除

2007/10/24(水) 午前 6:54 [ シナの呪い ] 返信する

ラストエンペラーの時代だ・・傑作 くつくり

2007/10/24(水) 午前 8:19 naomi_shararan 返信する

顔アイコン

平和主義者のような精神病患者がブログや掲示板におこなった仕打ちを考えれば、佐藤陽一は何も言えないような気がする。のサトウ陽一さんってソムリエの人ですか?
傑作に◎!

2007/10/24(水) 午後 5:40 [ 太郎ともも ] 返信する

顔アイコン

神風攻撃まで敢行し祖国を守ろうとした誇り高き旧日本陸海軍、
自国の市民や学生を虐殺し今もチベットを侵略している支那軍、
「正しい歴史認識」に傑作!!

2007/10/24(水) 午後 5:56 虎巨人88 返信する

顔アイコン

蒙古族が独立を願っていたと言うのは理解できますが、満州族の場合はどうでしょう 自主的な独立運動があったのでしょうか 満州族は漢族化が進んでいたと思いますが フギは満州語が話せたのでしょうか 満州文字が読めたのでしょうか 西太后はテンソクをしてなかったと思いますが 満州族はあまりにも少数で独立の主体になれたのでしょうか

2007/10/24(水) 午後 8:59 ure*ruh**oshi 返信する

顔アイコン

太平天国の乱を収集できず、李鴻章や曽国藩の軍閥の
台頭を招いた時点で、満州族のパワーは終焉していた
ようにも思えますが・・

この時期にそれぞれの民族が独立できていれば、
シナの大統一を免れ、幸せに暮せたかも知れません。

傑作!

2007/10/24(水) 午後 11:05 [ - ] 返信する

顔アイコン

蒙古にしろ、満州にしろ、何故日本政府は支那人に阿って見殺しにしたのでしょうか?当時も支那の見せかけの文化を尊重する勢力が、日本にも少なからずいたのでしょう。残念なことです。傑作

2007/10/25(木) 午後 0:17 カラカラ 返信する

♪你ニイ (b´∀`d) ハォ好♪
昔から日本は中国に対して弱腰なのは何故だろう?
多分に日本人のアイデンティティもあるのでしょうが・・・
善人過ぎるかもしれませんね。中国と手を切り台湾と友好を結ぼう!

2007/10/25(木) 午後 6:29 honron 返信する

[ 平和主偽者 ]さん。正論です。

2007/10/27(土) 午後 6:57 coffee 返信する

[ 平和主義者 ]君。

大きい声を出して100回読め!

民衆を虐殺する支那軍・民衆を救出する日本軍
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12624238.html
支那の「極悪暴虐・大虐殺」と「卑怯な逆宣伝」のまとめ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12704324.html

朝鮮の変遷・李氏朝鮮時代→日本統治時代→現在
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/21665810.html
李氏朝鮮時代→日本統治時代・日本が朝鮮半島に残した資産
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25876198.html

2007/10/27(土) 午後 8:09 coffee 返信する

[ シナの呪い ]さん。そのとおりです。

2007/10/27(土) 午後 10:31 coffee 返信する

ヒロシさん。満州語ができたかどうかと独立国家を望んだことは全く関係ないですね。
アメリカは英語を話しながら英国と独立戦争をしたのですから。

2007/10/28(日) 午前 8:43 coffee 返信する

[ ossanzetto ] さん。更に遡れば、太平天国の乱まで考察が及ぶでしょうね。
いつも傑作ありがとうございます。

2007/10/28(日) 午前 9:53 coffee 返信する

顔アイコン

傑作・クリック☆

2007/10/31(水) 午後 0:29 fan*as*99w*rl*77 返信する

大変勉強になりました。
傑作・ランクにポチ!

2008/11/16(日) 午前 9:55 shiraty5027 返信する

顔アイコン

「中国人に侵略された祖国を関東軍の手を借りて取り戻したのです。」
何を抜かす? 満州を侵略した関東軍が博儀を傀儡に仕立てたではないか? 主従を間違えるな。

2008/11/16(日) 午後 11:30 [ johnkim ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事